商品の説明

"span"IM-DR80はPCからATRAC3の音楽データを高速転送できるNet MDに対応したポータブルMDレコーダ。MDLPにも対応し、アンプ部には独自のモバイル1ビットデジタルアンプを搭載。左右のチャンネルを独立分離させた4極プラグタイプのインナーイヤー型ヘッドフォンを採用している。最大の特徴は、USB、光デジタル/アナログ入力を各1系統、アナログ出力を2系統装備したクレードルタイプの「マルチリンクステーション」が付属すること。本体を置くだけで充電やPCとの接続が可能なほか、ステレオミニ入力を持つアクティブスピーカーなどと組み合わせて、手軽に音楽を楽しむことができるという。なお、マルチリンクステーションには液晶画面と操作キーを装備しており、再生/停止のコントロールや、編集なども行なえる。ATRACデコーダは24bit。最大約160秒(LP4時)の音飛びガードメモリや、重低音レベルを3段階から選択できるデジタル方式の「X-BASS」を採用。特殊再生機能として、再生スピード-30/-20/-10/+5/+15%に可変できる「再生スピードコントロール」機能や、イントロ、ランダム、ランダムリピート再生機能などを装備。さらに、任意の曲をディスク毎に最大10曲まで指定できる「お気に入り再生」機能も搭載する。バッテリはニッケル水素充電池で、付属の単3電池ケースとの併用も可能。充電池のみの場合、再生時間は約42時間、録音時間は約15時間(ともにLP4時)。単3電池ケース(アルカリ乾電池1本)と付属充電池併用時の再生時間は約122時間、録音時間は約40時間(同LP4時)。充電時間は約3.5~5.5時間。ATRAC用のLSIと高次ΔΣ変調回路を1パッケージ化したことで、長時間駆動を実現。

【工芸の解剖学】最高の履き心地を目指してつくった「ウールカーペットのスリッパ」

工芸 ものづくり 堀田カーペット

SHARP Net MD対応1ビットポータブルMDレコーダー IM-DR80-S

おすすめの読みもの