ブラストン ジャケット(衿付)-青-LL BSC-41001-B-LL

ブラストン ジャケット(衿付)-青-LL BSC-41001-B-LL

1218円

ブラストン ジャケット(衿付)-青-LL BSC-41001-B-LL

ブラストン ジャケット(衿付)-青-LL BSC-41001-B-LL:市場をリードするファストトラック配送サービスは、日本の90%以上で週7日利用可能で、最短4時間から午後10時までの宅配サービスを提供しています。 【あすつく】,おトク情報がいっぱい!,【超歓迎】ブラストン ジャケット(衿付)-青-LL BSC-41001-B-LL
fc2ブログ
騒音・振動・低周波音・超低周波音などによる生理的影響をなくそう!  「おとしん」は、解決を目指すセルフヘルプグループです。相談受付中。苦しむ被害者がいることを多くの方々に知ってほしい。

更新日:2021年12月27日| New→冬休みのお知らせ  |関連記事|家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック|眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上)(下) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている |注目記事|おすすめカテゴリ|論文|










【お知らせ】


New→

拙ブログは 明日12月28日より冬休みになります。

本年も 拙ブログにご訪問いただき ありがとうございました。
来年が皆様にとって 良き一年となりますようお祈り申し上げます。

再開は 2022年1月12日(火)を予定しています。

おとしん 若林 (2021年12月27日)




・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。


・メール相談を行っています。

拙ブログ管理人の都合により
メール相談はしばらく中止させていただきます。
直接、飯田橋にご参加いただければ幸いです。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


---------------------------------------------------


New!⇒


※ 昨今の事情により3月29日(日)は中止になりました。
次回の日程は、決まり次第お知らせいたします。
よろしくお願いいたします。

(おとしん 若林)




次回の懇談会は2020年3月29日(日)に決定しました。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2020年3月29日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始       午前10時00分
   終了      午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。
※ 休止中です

---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


--------------------------------------------
注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。


NEW
--------------------------------------------
注目記事
--------------------------------------------


New!


2021/11/09
<6-フランス:「キラー」風力タービン~ChristelとLuc Fockaert夫妻>
2021年11月4日
ぜひ!→
6-フランス、ChristelとLuc Fockaert夫妻
◇Eoliennes. La cour d’appel de Toulouse reconnaît les nuisances et l’impact sur la santé
風力タービン.トゥールーズ(Toulouse)上訴裁判所は、不法妨害行為と健康への影響を認める

(Le Journal Toulousain | 2021年11月4日)
https://www.lejournaltoulousain.fr/societe/
cour-appel-de-toulouse-reconnait-les-nuisances-eoliennes-135529/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7557.html


トゥールーズ控訴院は、風力タービンの騒音と点滅、
およびそれらが健康に及ぼす影響を認め、
企業に11万ユーロの支払いを命じました




Nicolas Belaubre



風力発電所を管理している2つの会社を非難することにより、
トゥールーズ控訴裁判所は、
近隣に異常な不法妨害行為が存在し、
それらが健康に与える影響を認めています。



その決定は前例がありません。

7月8日、トゥールーズ控訴裁判所は
Castres裁判所の判決を破棄し、
風力発電所を管理している2社に地元の夫妻に
補償するよう命じました。

裁判官は初めて、風力タービンの近接性と
健康への影響に関連する
異常な近隣の不法妨害行為の存在を認識しました。



風力タービン症候群



「それは本当に安心です。
6年間の戦いの後、裁判官はついに私たちの苦しみと
『風力タービン症候群』を認識しました。」
彼らの家から数百メートル離れた
TarnのHaut Languedoc自然公園に
6基の風力タービンを建設した後、
夫とともに法的措置を講じた
Christel Fockaertさんは歓迎します。

6基の装置が家に張り出し、高さは58メートルに達しました。



「風力タービンは2秒ごとにフラッシュを放出します。
また、洗濯機と同等の連続騒音が発生します。
フラッシュの影響を減らすために、
外を照らさなければなりませんでした。
長期的には、これらすべての不法妨害行為は
健康に影響を及ぼします。」と、
頭痛と耳鳴りに苦しんでいる申立人は
2015年に自分の資産を移転して
売却しなければならなかったと詳細に述べています。



専門家の報告は不法妨害行為を見つける



トゥールーズ控訴裁判所は、
この風力発電所を運営する2つの会社に、
「損害賠償として」
約11万ユーロを支払うように命じることにより、
2020年1月、原告を棄却した
司法裁判所の最初の決定に反対しました。



「裁判所が命じた専門家の報告に頼るのではなく、
裁判官は状況を見るために個人的にそこに行くことを好みました。
その後、彼は決定する際に専門家の結論を無視しました。
これにより、その決定は上訴で容易に争うことができました。」と、
法廷闘争で原告のカップルを支援した地域集団
Toutes Nos Énergies – Occitanie Environnement (TNE-OE)の
共同書記であるEmmanuel Forichon氏は回想します。



判例法と規制への影響



しかし、Emmanuel Forichon氏は、
風力プロジェクトに満足していると
彼が考える文脈でとられた
「重要で勇気ある決定​​」を歓迎します。

「これまで、風力発電事業者と裁判所は、
不法妨害行為に起因する病状の問題について
全面的に否定してきました。
したがって、裁判官は、この方向で決定するための
彼の議論に固執することが必要でした。
特に、国の風力エネルギー開発政策の影響を強く受けており、
悪影響を及ぼしていると見なされる可能性のあるものはすべて、
ネガティブな目で見た」と彼は観察します。



彼はまた、この判決の重要性にも言及しています:

「私たちはすでに環境と生物多様性の問題、
景観への影響の問題を少し検討していますが、
人間の健康の問題は十分ではありません。
これは判例法を作成し、
とりわけ、規制を変更する可能性があります。
特に、この判決は風力発電所の
通常の運用の枠組みの中で行われたためです。



Emmanuel Forichon氏は、
エネルギー転換に必要なエネルギーミックスにおける
風力タービンの役割に異議を唱えたり、
「彼の協会内で議論の対象となっている」
原子力発電を促進したりすることなく、
Occitanieでの新しい風力タービンの創設に反対します。

「私たちの地域ではもう1つは必要ありません。
私たちは十分なダメージを与えました。」




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------




更新日:2021年12月27日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】




ぜひ!→
著者:William G. Acker、Acker & Associates
「Case studies that have convinced me that industrial wind turbines make people sick
産業用風力タービンは人々を病気にさせると私に確信させたケーススタディ」
については
以下の拙ブログカテゴリーをご参照下さい。
<1~38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>




・2021年12月27日に次の論文をエントリしました。

2021/12/27
38/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/27
38/38
38. Fight or Flight Response
闘争・逃走反応/戦うか逃げるか反応

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7619.html
―引用
2016年6月8日水曜日、ジェイ・ティベッツ博士
(Dr. Jay Tibbetts)はDaveとJim Protsmanと共に
Dave Enz氏の家にいました。
この会議の目的は、シャーリー風力タービンの
健康への影響にアクセスすることでした。
シャーリー風力タービンが稼働しているその日、
ジェイ博士は戦うか逃げるか
(ハイパーエアロゾルまたは急性ストレス反応とも呼ばれる)
と呼ばれる状態を経験しました。
これは、知覚される有害なイベント、攻撃、
または生存への脅威に応じて発生する生理学的反応です。
ジェイ博士は、彼の症状はすぐには始まらなかったと私に話し、
彼は症状を経験する前にしばらく家にいたと言いました。
ジェイ博士が逃走反応(Flight Response)を経験し始めたとき、
彼はDaveとJimに彼が経験していることを話し、
彼がこのストレス反応に精通していたので
それが何であったかを彼らに話しました。
逃走反応を引き起こす刺激は、
体の部分の振動、皮膚の振動、
またはタワーを通過するブレードと
その高調波によって生成される超低周波音や
騒音のような威嚇するような音である可能性があります。
これらの刺激は感覚視床によって拾われ、
感覚皮質にメッセージを送り、次に扁桃体に信号を送ります。
場合によっては、感覚視床は皮質を通過せずに
扁桃体に直接信号を送信します。
扁桃体は、交感神経系に信号を送ることによって、
闘争・逃走反応に反応する脳の一部です。
それは、副腎を刺激して、アドレナリン(エピネフリン)、
コルチゾール、ノルアドレナリンを血流に放出します
これらのストレスホルモンは、
体にいくつかの変化を引き起こします。
自律神経系には、車のアクセルペダルのように機能する
交感神経系と呼ばれる要素があります。
それは闘争・逃走反応を引き起こし、
体にエネルギーのバーストを提供するので、
知覚された危険に対応することができます。
緊急行動のために体を刺激する
これらのストレスホルモンの放出は、
以下を引き起こす可能性があります:
1.安静時心拍数の増加。
2.収縮期血圧と拡張期血圧の上昇。
3.筋肉、腕、脚、肩、脳、目、耳、鼻への血流の増加。
4.消化器系および体の表面、指、足の指への血流の減少。
5.呼吸数の増加、したがって酸素摂取量の増加。
6.呼吸数の増加によって時々引き起こされる息切れとめまい。
7.瞳孔を広げて、より多くの光を取り入れ、視力を改善します。
8.コルチゾールレベルの増加
9.聴覚がより敏感になる可能性があります。
10.発汗
11.手のひらの発汗
12.ハートドキドキ。
13.緊張した筋肉。
14.胸の痛みまたは緊張。
15.吐き気、腹痛または下痢。
16.めまいまたは立ちくらみ。
17チクチクする、しばしば指に。
闘争・逃走反応は、風力タービンの騒音に
さらされたときに人々が経験する症状の1つです。


B. Cumulative Danger from Over-Activation of Our Fight or Flight Response
私たちの闘争・逃走反応の過剰活性化による累積的な危険


ストレスホルモンが累積的に蓄積しているという証拠は圧倒的です。
時間の経過とともに適切に代謝されない場合は、
過度のストレスは、(頭痛、過敏性腸症候群、
高血圧などを引き起こす)自律神経系の障害や
(感染症、慢性倦怠感、うつ病、および狼瘡や
関節リウマチアレルギーなどの
自己免疫疾患に対する感受性を生み出す)
私たちのホルモンおよび免疫系の障害につながる可能性があります
。 ―引用終わり
=============================
関連する文書
=============================
2014/05/04
<⑦ 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>
⑦ ウィスコンシン州、レター、オーストラリア
◇Letter to AMA (Australia)
AMAへの手紙(オーストラリア)

(ジェイ·J·ティベッツ、医学博士, March 18, 2014 ~~)
https://www.wind-watch.org/news/2014/03/19/letter-to-ama-australia/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html



・2021年12月24日に次の論文をエントリしました。

2021/12/24
37/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/24
37/38
37. Acoustical Engineer Steven Cooper of Australlia proves
that wind turbine sensitized people can sense the inaudible
infrasound noise from wind turbines.
オーストラリアの音響エンジニアSteven Cooperは、
風力タービンに敏感な人々が風力タービンからの
聞こえない超低周波音を感知できることを証明しています

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7618.html
―引用
Steven Cooper氏は、
ケープブリッジウォーター(Cape Bridgewater)として知られる
風力発電所の重要な騒音研究を実施した音響エンジニアです
(このドキュメントの#1を参照)。
Steven氏は彼の研究室で可聴でない超低周波音を使用して、
風力タービンに敏感な人々をこの騒音にさらしました。
これらの人々は、ケープブリッジウォーター風力発電所の
近くの自宅での曝露中にこの騒音に敏感になりました。
Cooper氏は、この聞こえないノイズを使用して、
人々ができるかどうかを確認しました
この風力タービンの騒音を感知します。
Cooper氏がノイズをオン/オフするたびに、
すべての人がノイズを感じることができました。
風力発電業界は、騒音は聞こえないため、
人の健康に影響を与えることはできないと言っています。
聞こえないノイズを感知することは、
病気を証明するための第一歩です。
ウィスコンシン州グレンモアのShirely Wind Turbinesの近くに住む
Darren&Sue Ashleyの家族は、
風力タービンの起動時と停止時に、
風力タービンからの可聴ノイズなしに
風力タービンを感知できる家族です。
また、風力タービンは家の中からは見えないので、
何かを経験したときは、
タービンが回転しているかどうかを確認するために
外に出る必要がありました。
この感覚について話し合っている
Ashley家のU-Tubeビデオがあります。
このビデオは、
「Unvarnished Truth Shirley Wind Project Victims Speak Out」
と呼ばれています。
このビデオは、音響エンジニアが感作された人々の
多くが感知している可能性があると判断する
何年も前に作成されました( 超低周波音を聞く)。
一部の家には、可聴ノイズと非可聴の超低周波ノイズの
両方があることを指摘しておく必要があります
。―引用終わり
■youtube/Shirley Wind Victim Update: Ashley
https://www.youtube.com/watch?v=vBaOEgS3f1U
タービンが運転を開始した2010年12月以来、
ウィスコンシン州グレンモア(Glenmore)の
シャーリーウィンドファームプロジェクト
( Shirley Wind Farm Project)での
アシュリー家(Ashley Family)の生活。
=====================
関連する論文
=====================
2021/06/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2015年5月
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Cape Bridgewater Wind Farm Noise Study – Sensitisation, and Cause & Effect
ケープ ブリッジウォーター風力発電所の騒音調査 – 感作、および原因と影響

(Acoustical Society of America meeting|2015年5月)
http://acoustics.com.au/media/The_Cape_Bridgewater_Wind_Farm_Noise_Study_Cause_and_Effect.pdf
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America meeting, Pittsburgh, May 2015
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7372.html
―引用要旨:
2014 年に、オーストラリアのビクトリア南西部にある
ケープ ブリッジウォーター ウィンド ファームの近くにある
3 つの家屋で騒音調査が行われました。
それには、特定の地域住民によって報告された妨害に関連する
特定の風速と特定の騒音レベルを決定するための
測定を行うための具体的な概要が含まれています。
8 週間の監視期間中に使用された居住者の日記は、
3 つの異なる影響の重大性を説明しています:
騒音、振動、感覚を 1 ~ 5 のランクで評価します。
風力発電所の速度と出力と組み合わされた感覚指標は、
より高いレベルの感覚については、
風力発電所の特定の動作モードが最大レベルの妨害を
引き起こすと特定された因果関係を特定しました
。―引用終わり
=====================
関連する論文
=====================
2015-09-27
[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料⑤/⑤]
<41-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
2015年1月24日
ぜひ!⇒
41-オーストラリア
◇Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm
音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
results-of-an-acoustic-testing-program-cape-bridgewater-wind-farm/
著者:Acoustic Group(音響グループ)
■ おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5354.html
=====================
関連する論文
=====================
2017/09/21
ぜひ!⇒
⑧/⑭ ウィスコンシン州
■Cooperative Measurement Survey and Analysis of Low-Frequency
and Infrasound at the Shirley Wind Farm
シャーリー風力発電所における低周波騒音および超低周波不可聴音の
協調測定調査および解析

(2012年12月24日)
https://www.wind-watch.org/documents/
cooperative-measurement-survey-and-analysis-of-low-frequency
-and-infrasound-at-the-shirley-wind-farm/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4921.html



・2021年12月23日に次の論文をエントリしました。

2021/12/23
36/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/23
36/38
36. Developmental Tissue Damage Causing Flexural Deformities
In The Front Limbs Of Foals at the Lusitano Stud Farm In Portugal.
ポルトガルのLusitanoスタッドファームにおける子馬の前肢に
屈曲変形を引き起こす発達組織損傷

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7617.html
―引用
2006年11月、ポルトガルのAlto Do Folgorosa Facilityと
呼ばれる風力発電所が、それぞれ2.0MWの合計9基の
風力タービンのうち最初の4基を始動させました。
4基のユニットのうちの1基は、
法的措置のために後で削除され、
2008年9月に6つの追加ユニットを設置しました。
この風力発電所の近くには、
Torres Vedras Portugalのリスボン市の近くにある
Lusitano Stud Farm(種馬飼育場)があります。
風力タービンは、スタッドファームから
約350 m(1148フィート)から
800 m(2625フィート)の距離にあります。
この種馬飼育場は2000年から操業しており、
正常で体調の良い馬を飼育しているが、
2008年には生まれたばかりの子馬は屈曲変形を発症しました。
タービンによる病気のため、
家族はスタッドファームの家を出なければなりませんでした。
欠損した腱の組織分析が行われ、
LFNによって誘発された生物学的反応の
古典的な特徴が明らかになりました:
炎症過程がない場合のコラーゲンの増殖による血管壁の肥厚。
これはすべて、獣医学校で行われた研究で明らかになりました:
ポルトガル、リスボン工科大学獣医学部。
修士論文として書かれた研究は、
Mariana Alves- Pereria教授
(マリアナ・アルベスペレリア教授)によって
「​Acquired Flexural Deformity of the Distal Interphalangic Joint in Foals」
(遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬)と題されました。
この研究では、これらの馬は4年間監視されました。
この研究は、Teresa Margarida Pereiraosta e Curto
によって実施されました。
9頭は種畜飼育場で生まれ、
2頭は別のブリーダーから取得された合計11頭の
罹患動物が調査されました。
6頭の馬は雄で5頭は雌でした。
種馬飼育場に持ち込まれた2頭の子馬が、
考えられる遺伝的原因の調査を支援するために連れてこられ、
これら2頭も6か月後に奇形を発症しました。
影響を受けた子馬のうちの2頭は
最初の1頭から離れた牧草地に置かれ、
他の2頭はリスボンの獣医学部に入院しました。
それらの動物では、人道的な理由で
安楽死させなければならなかった動物を除いて、
奇形の部分的な回復を伴う、
それらの状態の改善が観察されました
。 ―引用終わり
==========================
関連する論文
==========================
2018/08/27
<振動音響疾患>
2012年
ポルトガル 
◇Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals.
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

■ダウンロード オリジナルドキュメント 英語
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf
■ポルトガル語 ドキュメントオリジナル ダウンロード
https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao
-interfalangica-distal-em-poldros.pdf
■おとしん機械
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5637.html
―引用
要旨 (Abstract):
2008年以来、ルシターノ(Lusitano)
スタッドファーム(種馬飼育場)では、
前肢の屈曲変形の高い罹患率が観察された。
この研究は、影響を受けた動物の組織変化の結果、
ならびにこの観察に至りうる環境条件
および管理変化を報告することによって、
この問題を評価することを目指している。
合計11匹の罹患動物を研究した。
これらの中で、完全な物理的および整形外科的検査、
具体的には、背側の蹄壁と床との間の角度の決定が行われた。
生検および剖検で収集された
いくつかの組織の放射線写真検査、CT画像化、
第3中大脳皮質の皮質骨の厚さの決定
および組織病理検査を、罹患した仔馬のサブセットで行った。
すべての動物には、
ウマのバランスの取れた商業的飼料が補充されていた。
考えられる遺伝的原因を調べるために、
別個の血統からの2匹の子馬を飼育場に持っていきました。
これらはまた、6ヶ月後に変形を発症した。
影響を受けた子牛のうち2頭は
最初の牧草地から離れた牧草地に置かれ、
2頭の仔馬はリスボンの獣医学部
(Faculdade de MedicinaVeterináriade Lisboa)に入院した。
人道的理由のために安楽死させなければならなかったものを除いて、
それらの動物では、その状態が改善し、変形から部分的に回復した。
組織病理学は、
(i)1匹の子馬で外科的筋膜切開術
  (surgical desmotomy)により得られた腱から、
(ii)3匹の子馬で腱生検を行い、
(iii)剖検中に1匹の子馬の組織で実行されました。
組織学的に最も顕著な変化は、
平滑筋の筋原線維の解離であった。
これは主に小腸で見られたが、
腱維管束のものを含む小毛細血管の壁にも見られた。
屈曲変形は、複雑で多因子性の病因論を有する。
それらは、骨およびその隣接する軟組織の
縦方向の発達の解離に起因するだけでなく、
疼痛に応答する腱 - 筋肉単位の短縮からも生じる。
ここで提示されたケースシリーズでは、
この問題の発生の明白な原因はなかったため、
異常な環境条件がこの病気の発症、
特に近年導入された病気の発症において
重要な役割を果たすかもしれないと仮説を立てた
。―引用終わり



・2021年12月22日に次の論文をエントリしました。

35/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/22
35/38
35. Unusual Bleeding and Problems with Menstrual Cycles
異常な出血と月経周期の問題

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7616.html
―引用
デンマークのHolbaek市にある
Developer Vattenfallによって設置された
10タービン風力発電所には、
Lammefjordens Perennial Farmの女性労働者が
不規則な月経を訴え、永続的な頭痛を抱えています。
この種苗場のオーナーであるBoye Jensen氏は、
健康上の問題で5人の女性労働者を辞めさせました。
Boye氏は彼のビジネスを閉鎖しなければなりませんでした。
Holbaek市は、承認された騒音測定値を
生成できるようになるまで、Hageholmのタービンを停止するように
Vattenfallに指示しました。
風力タービンは2.3MWのSiemensユニットです。
このインスタレーションは、デンマークのHolbaekにある
Hageholm Windmills Parkと呼ばれています。
Boye Jensen氏と彼の妻は彼らの家で病気になり、
静かに眠るためにGislingの家を借りました。
他の家族は家を出ました。
一部の居住者は、手や胸の圧迫感のうずきを経験しています
。―引用終わり
===================
関連記事
===================
2015/03/18
4-デンマーク、ドイツ
◇Macht der Infraschall von Windkraftanlagen krank?
4-(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?

(Wetzel Wirtschaftsredakteur 02.03.15)
http://www.welt.de/wirtschaft/energie/article137970641/
Macht-der-Infraschall-von-Windkraftanlagen-krank.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html
▼「胸の振動」
・・・2週間後、Jensen氏は、彼自身も不眠症で苦しんだ。
夜に、「胸の振動」を感じたと、彼は言います。
「私は、起床後すでに疲れ果てました。」
何人かの彼の庭師が、頭痛や月経の問題に苦しみました、
しかし、Jensen氏の本当の悪夢は、わずか数ヶ月後に開始しました。
▼低周波による聞こえない音
ロータブレードは、空気を圧縮しながら
風力タービンのタワーを越えて
掃引するときはいつでも、それが生じる。
20ヘルツ未満の振動は、
動物のためにだけでなく、人々のためにも有害です。
風力発電の反対派、
stilhed.eu、wcfn.org、windwahn.de
またはvernunftkraft.deのウェブサイトで、
科学出版の数十を参照してください。
自然保護の理由のために風力タービンを拒絶する
国際組織、『世界自然保護協議会』は、
「風力タービン症候群」の存在を示す
増大する文書を無視するデンマークの政府を
公開状で訴えました。
こういうことは、Jensen氏の
潅木市場向け菜園にパニックをトリガしました。
5人の従業員は、無断で彼女達の仕事をやめました。
Jensen氏は、会社を維持する方法がわからなかった。
彼はゆっくり縮小したチームと市場向け菜園を解決したかった。
「私の良心は、より多くの私のスタッフを
健康上のリスクにさらすことに合意できなかった」と彼は言う。
しかし、銀行は計画を受け入れず、
クレジットラインを終了しませんでした。
Jensen氏は、債務超過を発表しなければなりませんでした。
===================
関連記事
===================
2014/07/26
<音と健康:2014/01/06~>
2014年7月3日
ぜひ!→
デンマーク
◇Kæmpevindmøller lukker planteskole på Lammefjorden
巨大な風力タービンは、種苗生産所を閉鎖させる

(www.nordvestnyt.dk  | 3. juli 2ø14 )
https://www.wind-watch.org/news/2014/07/10/kaempevindmoller-lukker-planteskole-pa-lammefjorden/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2631.html
「ミンクの事例が一般に知られるところとなったとき
私のスタッフの5人は辞任しました。
あなたは、私のすべての女性従業員が
生理不順を訴えてきたことを
そして、数人の労働者は
永久的な頭痛がすることを知っている必要があります。
彼らはまた、慢性疾患を得ることを恐れています。
そして、私は、障害のある子を生む
彼らのうちの1人の原因になることを望みません。
だから、私は
私の生涯の企業を閉鎖しています。」と彼は言います。



・2021年12月21日に次の論文をエントリしました。

34/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/21
34/38
34. Towns That Have Voted Against Wind Farms
風力発電所に反対票を投じた町

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7614.html
―引用
バーモント州のStiles Brook風力発電所の
開発者であるIberdrola Renewablesは、
バーモントのWindhamとGraftonの町に
28基の風力タービン風力発電所を提案しました。
・・・・・2016年11月8日、町はこのプロジェクトに投票し、
Stiles Brook Wind Planを放棄しました。
投票者の61.63%がプロジェクトを拒否することに投票しました。
バーモント州の承認を得て、Iberdrolaは
このプロジェクトを進めることができましたが、
彼らはこのプロジェクトをキャンセルすることを決定しました。
・・・・・アメリカ鳥類保護協会とWindham財団は
このプロジェクトに反対しました。
バーモント州長官は、
居住者へのパートナーシップ支払いの合法性に疑問を呈しましたが、
バーモント州司法長官事務所はこの問題を検討し、
支払いが州選挙法に違反していないと判断しました
。―引用終わり
===================
関連記事
===================
2021/12/16
<7-バーモント州:Stiles Brook風力とWindham-Graftonの町>
2016年11月8日
ぜひ!→
7-バーモント州
◇Windham and Grafton reject controversial wind project
ウィンダムとグラフトンは物議を醸す風力プロジェクトを拒否する

(Vermont Public Radio | 2016年11月8日)
https://www.vpr.org/vpr-news/2016-11-08/windham-and-grafton-reject-controversial-wind-project
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7609.htm
―引用
火曜日にプロジェクトに投票した
バーモント州南部の2つの町によって、
産業用風力発電の開発はきっぱりと拒否されました。
スペインのエネルギー会社Iberdrola Renewablesは、
バーモント州で最大の風力発電プロジェクトを
ウィンダム(Windham)とグラフトン(Grafton)に
建設したいと述べました。
そして、火曜日に
両方の町がプロジェクトに反対票を投じました。

Anna Vesely Pilette氏はグラフトンに住んでいて、
彼女は計画に反撃するために働きました。
「2つの小さな町は、すべてのリソース、すべての弁護士、
すべてのロビイストを擁する巨大な企業に
立ち向かうことができました」とVesely Pilette氏は述べています。
「私はとても満足しています。」

火曜日の投票には拘束力はありませんでしたが、
Iberdrolaのスポークスマン、Paul Copleman氏は、
同社はプロジェクトから離れると述べています。
「私たちが示したように、ある時点でコミュニティが
彼らの決定を再考することを考えない限り、
私たちはプロジェクトの開発を中止する予定です」
とCopleman氏は言いました。
グラフトンでは、
風力発電プロジェクトは235対158の投票で倒れました。
ウィンダムでは、
有権者はプロジェクトを181から101で拒否しました。
どちらの町でも投票率は75%を超えていました
。―引用終わり



・2021年12月20日に次の論文をエントリしました。

33/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/20
33/38
33. Poland National Institute of Public Health & The Polish Senate
ポーランド国立公衆衛生研究所とポーランド上院

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7612.html
―引用
2016年7月1日、ポーランド国立衛生研究所と
ポーランド上院は、2.5MWタービンのタービン高さの10倍
または約4270フィートの産業用風力タービンの
強制的なセットバックを採用する新しい法律を可決しました。
※ 4270フィート= 1.301496 キロメートル
国立衛生研究所は、
産業用風力タービンで抱えている問題を評価しており、
恒久的な人間の職業を目的とした建物に
近すぎる風力発電所は、それらの近接居住する人々の
幸福と健康に悪影響を与える可能性があると考えています。
研究所の見解では、ポーランドで現在施行されている法律や規制は、
風力タービンからの騒音などの不十分な設備であるだけでなく、
十分な程度の公衆衛生保護を保証することもできません。
風力発電所(人間の健康を含む)の環境影響評価に
使用された方法論は、
毎秒5メートルを超える風速には適用できませんでした。
さらに、全周波数範囲(特に低周波数)と妨害レベルは
考慮されていませんでした。―引用終わり



2021/12/17
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2016年3月
ぜひ!→
ポーランド
◇Position of the National Institute of Public Health
–National Institute of Hygiene on wind farms
風力発電所における国立公衆衛生研究所-国立衛生研究所の見解

(国立公衆衛生研究所|2016年3月)
■国立衛生研究所
https://www.pzh.gov.pl/position-of-the-national-institute-of-public-health
-national-institute-of-hygiene-on-wind-farms/
著者:National Institute of Hygiene, National Institute of Public Health, Poland
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7610.html
―引用
国立公衆衛生研究所-国立衛生研究所は、
恒久的な人間の居住を目的とした建物に近すぎる風力発電所は、
近隣に住む人々の快適さと健康に
悪影響を与える可能性があるとの見解です。
研究所がその立場で考慮した人間の健康リスク要因は次のとおりです:
▪ 放射される騒音レベルと、タービンの技術仕様、
風速、および風力発電所周辺の地形と土地利用への依存性、
▪ 超低周波音放射および低周波ノイズ成分を含む空力ノイズレベル、
▪ 放出されるノイズの性質、
その変調/衝撃/音調特性および複数のタービンから
放射される波の干渉の可能性を考慮に入れて、
▪ ローターから氷が飛散するリスク、
▪ ローターブレードまたはその部品が落下してタービンが故障するリスク、
▪ シャドウフリッカー効果、
▪ 電磁放射レベル(タービンのすぐ近く)、
▪ 夜間の睡眠障害と騒音伝播の確率、
▪ 騒音の放出と騒音源の不受容の両方に関連する、
 (長時間の曝露の結果として)
 ストレスとうつ病の症状が発生するアノイアンスのレベルと確率。

研究所の見解では、ポーランドで現在施行されている法律や規制
(実際には騒音レベルのみを含むリスク要因に関して)は、
風力タービンなどの施設には不十分であるだけでなく、
また、十分な程度の公衆衛生保護を保証することもできません。
風力発電所(人間の健康を含む)の環境影響評価に
現在使用されている方法論は、5 m / sを超える風速には適用できません。
さらに、全周波数範囲(特に低周波数)と妨害レベルは考慮されていません
。―引用終わり



・2021年12月16日に次の論文をエントリしました。

32-m/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/16
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-m. Joe Yunk a farmer located at N2630 Townhall Road Kewaunee Wisconsin
lost 10 beef cattle after the start-up of the WPS Lincoln Wind Energy Facility
which started up in the summer of 2000.
Mr. Yunk had not lost any cattle prior to the wind turbine start-up.
Many families including Joe Yunk had experienced health problems
after the start-up. WPS bought two family homes near Joe’s home
who were claiming illness. So Joe retained a lawyer and filed suit with WPS.
Joe gave deposition in the summer of 2008 and was scheduled to go to trial
in September 2009. In August 2009 he was offered 3,000
(on a property appraised at 8,000, Joe took the offer.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7604.html
―引用
2000年夏に立ち上げられた
WPSリンカーン風力エネルギー施設の立ち上げ後、
ウィスコンシン州ケワニー(Kewaunee)の
N2630 Townhall Roadにいる農家のJoe Yunk氏は
肉用牛を10頭失いました。
Yunk氏は、
風力タービンの始動前に牛を失っていませんでした。
Joe Yunk氏を含む多くの家族は、
立ち上げ後に健康上の問題を経験していました。
WPSは、Joe氏の家の近くで病気を訴えている
2つの家族の家を購入しました。
そのため、Joe氏は弁護士を雇い、
WPSに訴訟を起こしました。
Joe氏は2008年の夏に寄託し、
2009年9月に裁判が行われる予定でした。
2009年8月に彼は163,000ドルを提供されました
(168,000ドルで評価された物件で、
Joe氏はその提案を受けました
。―引用終わり
----------------------
関連する文書
----------------------
2021/12/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年7月4日
ぜひ!→
ウィスコンシン州
◇My personal experience living in a wind farm
風力発電所での私の個人的な経験

(Comments|2010年7月4日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/my-personal-experience-living-in-a-wind-farm/
著者:Joe Yunk
2010年7月4日に提出されたコメント、
Wind Siting Rules、ウィスコンシン州公共サービス委員会:
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7602.html



・2021年12月15日に次の文書をエントリしました。

2021/12/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年7月4日
ぜひ!→
ウィスコンシン州
◇My personal experience living in a wind farm
風力発電所での私の個人的な経験

(Comments|2010年7月4日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/my-personal-experience-living-in-a-wind-farm/
著者:Joe Yunk
2010年7月4日に提出されたコメント、
Wind Siting Rules、ウィスコンシン州公共サービス委員会:
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7602.html
―引用
タービンが作動し始めたとき、問題を報告するために
WPSに直接ホットラインが設置されました。
私はタービンが作動する前の約2年間肉牛を飼っていましたが、
動物を失うことはありませんでした。
しかし、タービンが始動して間もなく、
肉用牛が病気になって死んでしまいました。
これをWPSホットラインで報告しましたが、
何も行われませんでした。
私は2年間で5,000ドル相当の10匹の動物を失い、
続ける余裕がありませんでした。
WPSに対する騒音苦情のため、1年以内に2つの家族の家
がWPSによって購入され、取り壊されました。
さらに、同時にWPSは他の隣人との妨害訴訟を解決していました。
彼らは私の隣人を買収することを申し出ていましたが、
苦情を止めるために
市場価格をはるかに下回る価格を申し出ました。
しかし、彼らは私に買収の機会を提供しませんでした、
私は抜け出したかったのです!
54年の故郷を離れるのは大変でした。
しかし、時間が経つにつれて、
絶え間ない睡眠不足と騒音とちらつきの苛立ちを抱えて
生活することで、私はWPSを訴えて、
引っ越す余裕があるように
家の公正な市場価値を支払ってもらうことにしました
。―引用終わり



・2021年12月14日に次の論文をエントリしました。

32-l/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/14
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-l. Ann & Jason Wirtz bought their farmhouse near the Town of Oakfield
in Dodge County on June 1, 1996. On this farm they raise alpacas.
In March of 2008 Invenergy started up their Wind Farm called
the Forward Energy Center located in Dodge and Fond du Lac County Wisconsin.
This Wind Farm has 86 wind turbines that are GE 1.5 MW units or 129 MW total.
The closest turbine is 1300 feet from the Wirtz home. Upon start-up the
Wirtz Family had troubles sleeping at night, and there was troubles
with their animals as well. Ann says the alpaca became jumpy
the first day the turbines went on line. Normally they are calm.
But on the day the towers started up, they seemed to panic.
They were on their back legs right away.
Ann said the herd had always been docile and healthy,
with no breeding problems. Since the wind farm started up,
their temperament has changed and none of the females have been able to
carry a pregnancy to full term.
Pregnancy always results in miscarriage or stillbirth.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7600.html
―引用
Ann&Jason Wirtzは、1996年6月1日に、
Dodge郡のOakfieldの町の近くにある農家を購入しました。
この農場で彼らはアルパカ(alpacas)を飼育しています。
2008年3月、Invenergyは、ウィスコンシン州Dodgeと
Fond du Lac郡にあるForward Energy Center
と呼ばれる風力発電所を立ち上げました。
この風力発電所には、GE 1.5MWユニットで
合計129MWの86基の風力タービンがあります。
最も近いタービンは、Wirtz家から1300フィートです。
起動時に、Wirtz家は夜寝るのに苦労しました、
そして彼らの動物にも問題がありました。
Annは、タービンがオンラインになった最初の日に
アルパカがびくびくしたと言います。
通常、彼らは穏やかです。
しかし、塔が建ち上がった日、彼らはパニックに陥ったようでした。
彼らはすぐに後ろ足でした。
Annは、群れは常に従順で健康であり、
繁殖の問題はなかったと述べました。
風力発電所が始まって以来、彼らの気質は変化し、
雌の誰もが満期まで妊娠することができませんでした。
妊娠は常に流産や死産につながります
。―引用終わり



・2021年12月10日に次の論文をエントリしました。

32-k/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/10
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-k.A recent study conducted by the Royal Veterinary College
and the Zoological Society of London conducted a study of health effects
on badgers by monitoring nine badgers living within 1km of wind turbines
verses 16 badgers (control group) living at least 10 km from
any wind turbines. They monitored the cortisol levels in the hair of
the badgers and found that the hair of the badgers living less than 1 km
from the wind turbines had 264 % higher cortisol level
than the badgers living at more than 10 km from any wind turbines. Their
conclusion was that the affected badgers suffer
from enhanced hypothalamo-pituitary- adrenal activity
and are physiologically stressed. So in summary the stress levels of the
badgers living near the wind turbines was 265 % higher
than the control group living more than 10 km away from the turbines.
This study was conducted in 2013.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7596.html
―引用
Royal Veterinary CollegeとLondon Zoological Societyが
実施した最近の調査では、
風力タービンから1 km以内に住む9匹のアナグマと、
風力タービンから10 km以上離れた場所に住む
16匹のアナグマ(コントロールグループ)を監視することにより、
アナグマに対する健康への影響に関する調査を実施しました。
彼らは、アナグマの毛のコルチゾールレベルを監視し、
風力タービンから1 km未満に住むアナグマの毛は、
風力タービンから10 km以上に住むアナグマよりも
264%高いコルチゾールレベルを持っていることを発見しました。
彼らの結論は、影響を受けたアナグマは
視床下部-下垂体-副腎活動の増強に苦しんでおり、
生理学的にストレスを受けているというものでした。
したがって、要約すると、
風力タービンの近くに住むアナグマのストレスレベルは、
タービンから10km以上離れた場所に住む対照群よりも265%高かった。
この調査は2013年に実施されました。
―引用終わり
-----------------
関連する論文
-----------------
2018/01/29
<風車による動・植物への悪影響> 
2016年5月
ぜひ!⇒
◇Wind turbines cause chronic stress in badgers (Meles Meles) in Great Britain
風力タービンは、英国のアナグマ(Meles Meles)に慢性的なストレスを引き起こす

(Journal of Wildlife Diseases|2016年5月)
■Stop These Things
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2016/06/agnew-wind-turbine-stress-badgers.pdf
著者:Roseanna C. N. Agnew 他
Journal of Wildlife Diseases
Roseanna Agnew, Valerie Smith and Robert Fowkes
May 2016 2016年5月
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5186.html



・2021年12月9日に次の論文をエントリしました。

32-h/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/09
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-h. The Ocean Breeze Emu Farm owned by Dave and Deb Van Tassel in Gullver’s
Cove Nova Scotia was forced to close due to the loss of 30 of their 38 emus. The
deaths began in 2010 when Nova Scotia Power started up 20 Industrial Wind Turbines
that were 1.5 MW each. During the 18 + years before the wind turbine start-up they did
not have any problems with their birds, no unexpected deaths and no agitation. Nova
Scotia Power started up this wind facility called Digby Neck Wind Farm in December
2010. The closest wind turbine to the Ocean Breeze Emu Farm was 850 meters (2789 ft)
from the farm.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7595.html
―引用
Gullver’s Cove Nova Scotiaの
Daveと Deb Van Tasselが所有する
Ocean Breeze Emu Farm
(オーシャンブリーズエミューファーム)は、
38羽のエミューのうち30羽が失われたため、
閉鎖を余儀なくされました。
死亡は2010年にNova Scotia Powerがそれぞれ1.5MWの
20基の産業用風力タービンを始動させたときに始まりました。
風力タービンが始動する前の18年以上の間、
彼らは鳥に問題はなく、
予期せぬ死や動揺もありませんでした。Nova Scotia Powerは、
2010年12月にDigby Neck Wind Farmと呼ばれる
この風力発電施設を立ち上げました。
Ocean Breeze Emu Farmに最も近い風力タービンは、
ファームから850メートル(2789フィート)でした
。―引用終わり



・2021年12月8日に次の論文をエントリしました。

32-g/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/08
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-g. In

2012 when the Waterloo Australia Wind Farm started up farmer Neil Daws chickens
started laying yolkless eggs. Later they did not lay any eggs. One of his neighbors a
long term sheep farmer reports a three-fold spike in birth defects since the turbine
start-up. Lambs have been born with no ears, with three legs and hoofs turned
backward. THE Waterloo Wind Farm has 37 Vestas V90-3MW turbines each 80
meters (262.47 ft ) tall with 44 meter long ( 144.36 ft ) blades.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7592.html
―引用
ウォータールーオーストラリア風力発電所
(Waterloo Australia)が立ち上がった2012年、
農家のニール・ドー氏(Neil Daws)の鶏は
卵黄のない卵を産み始めました。
その後、彼らは卵を産みませんでした。
彼の隣人の一人である長年の羊飼いは、
タービンの始動以来、
先天性欠損症の3倍の急増を報告しています。
子羊は耳がなく、
3本の足とひづめが後ろを向いて生まれました。
ウォータールー風力発電所には、
37基のVestas V90-3MWタービンがあり、
それぞれの高さは80メートル(262.47フィート)、
ブレードの長さは44メートル(144.36フィート)です
。―引用終わり
==================
関連記事/論文
==================
2021/07/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2012年4月
オーストラリア
◇Waterloo Wind Farm Survey April 2012
ウォータールーウィンドファーム調査2012年4月

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2012/07/
Waterloo-Wind-Farm-Survey-April-2012-Select-Committee.pdf
著者:Mrs. Mary Morris
Submission to SA Parliamentary Select Committee into Wind Power, 2012
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7390.html
-------------------------------
Zhenhua Wang氏の論文
-------------------------------
2021/12/03
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2011年11月21日
南オーストラリア州
◇Evaluation of wind farm noise policies in South Australia: a case study of Waterloo Wind Farm
南オーストラリア州のウィンドファーム騒音政策の評価:
ウォータールーウィンドファームの事例研究[summary brief.(概要)]

(University of Adelaide/修士論文|2011年11月21日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia/
■Stop These Thing
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2013/02/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia-waterloo-case-study-copy.pdf
著者:Zhenhua Wang
This study was conducted as part of a Master’s dissertation
by Zhenhua Wang at the University of Adelaide
summary brief.(概要)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7588.html



・2021年12月3日に次の論文をエントリしました。

2021/12/03
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2011年11月21日
南オーストラリア州
◇Evaluation of wind farm noise policies in South Australia:
a case study of Waterloo Wind Farm
南オーストラリア州のウィンドファーム騒音政策の評価:
ウォータールーウィンドファームの事例研究[summary brief.(概要)]

(University of Adelaide/修士論文|2011年11月21日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia/
■Stop These Thing
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2013/02/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia-waterloo-case-study-copy.pdf
著者:Zhenhua Wang
This study was conducted as part of a Master’s dissertation
by Zhenhua Wang at the University of Adelaide
summary brief.(概要)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7588.html
―引用
影響を受けた多くの回答者は、
風力発電所の騒音によって引き起こされている
アノイアンス/不快感に対処するために行動を起こしました。
例:「風が強いときによく眠るために他の場所に移動した」;
「よく眠れるように薬を飲んだり、医者に診てもらったりした」;
「風力発電所の騒音を遮断するために二重窓を設置」;
「木を植えた」;
「耳栓を使用した」;
「一晩中音楽を流した」。
何人かの回答者は、
風力エネルギー施設が設置されていない他の場所に
不動産を購入しました
。 ―引用終わり



・2021年12月2日に次の論文をエントリしました。

32-i/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/02
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-i. ・・・Out of 150 chickens Jim lost 50 chickens and numerous birth defects
which he never had before. The birth defects included missing eyes,
eyes sticking out of their head, twisted beaks, deformed heads and malformed legs.
He later found a study that was done by the United States Army Aeromedical
Research Laboratory on the Effects of Vibration and Amplitude on Developing Embryos.
This study goes into great depth and the procedure they used in the study of
how the birds hatch rates were diminished from low frequency vibration..・・・

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7584.html
―引用
養鶏場の経営者のJames Vollmer氏は、
ウィスコンシン州マローン(Malone)のWEエナジー
ブルースカイグリーンフィールド風力エネルギーセンター
(Blu Sky Green Field)の近くに住んでいます。
この風力エネルギーセンターには、
定格1.65MWのVestasV82タービンである
88の産業用風力タービンがあります。
Jimは、健康上の問題と家族の健康上の問題に加えて、
2008年5月19日にこの施設を開設して以来、
鶏に大きな健康上の問題を抱えています。
鶏を飼育してきた21年間、
ジムは2008年5月19日以降に始まった問題を
抱えたことはありません。
150羽の鶏のうち、Jimは50羽の鶏と、
これまでになかった多くの先天性欠損症を失いました。
先天性欠損症には、目の欠落、頭から突き出た目、
くちばしのねじれ、頭の変形、脚の奇形などがありました。
彼は後に、発生中の胚に対する振動と振幅の影響について、
米国陸軍航空医学研究所によって行われた研究※を発見しました。
この研究は非常に深く掘り下げられ、
鳥の孵化率が低周波振動によって
どのように減少したかについての研究で彼らが使用した手順です。
それはまた、彼が苦労していたのと同じ先天性欠損症を
引き起こしました。
彼は何年にもわたって数千羽の鳥を飼育しており、
風力タービンが始動するまで
これらの問題を経験したことはありませんでした。
Jimは彼の鶏のいくつかをタービンから離れた場所に
移動させようとしました、そして彼らは約3日間眠り、
そしてその後回復しました。
Jimはまた、自分の農場周辺の野生生物の減少に
気づいていました。風力タービンの前に、
彼は彼の納屋垂木の巣に最大22のツバメを持っていました、
しかしタービンが急に建ち上がったので、ツバメは去りました。
彼はまた、メンフクロウがいなくなったことにも気づきました。
問題を引き起こしているのは、
彼の鶏が適切に眠ることができないというのがJimの意見です
。―引用終わり



・2021年12月1日に次の論文をエントリしました。

2021/12/01
2/2-振動音響疾患~Lynne Knuth, Ph.D.>
2010年6月18日
ぜひ!→
2/2-ウィスコンシン州
◇AN EXCEPT FROM A POST TO THE DOCKET FROM A WISCONSIN BIOLOGIST:
6/18/10 What's on the docket for the Wind Siting Council?
Bad Vibrations: Wisconsin biologist weighs in on wind turbine siting guidelines.
ウィスコンシンの生物学者からのドケットへの投稿を除いて:
6/18/10 Wind Siting Councilのドケットには何がありますか?
悪い振動:ウィスコンシンの生物学者は、風力タービンの設置ガイドラインを検討する。

(Better Plan, Wisconsin|2010年6月18日)
■Better Plan, Wisconsin
http://betterplan.squarespace.com/todays-special/
2010/6/18/61810-whats-on-the-docket-for-the-wind-siting-council-bad-vi.html
著者:Lynne Knuth, Ph.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7582.html
―引用
風力発電所からの報告に基づくと、
風力エネルギーの結果として、
この国の石炭排出や原子力発電によるものよりも、
人や動物の生殖への影響
(不妊症、自然流産や流産、死産、先天性欠損症)が
はるかに悪化する可能性があります。
これは研究する必要があります。
ヨーロッパでは、
振動暴露は潜在的な生殖障害として認識されており
(EU指令92/85 / EEC)、
振動またはEMF暴露は、実験条件下で
人または動物に生殖問題を引き起こす可能性があります。
(Al-Akhras, 2008, Brown et al., 1992, Hardell and Sage, 2008,
Kim et al, 1999, Lahijani et al, 2007, Penkov , 2007,
Seidel, 1993, Uysal et al, 2004)
。―引用終わり



・2021年11月30日に次の論文をエントリしました。

2021/11/30
1/2-振動音響疾患~Lynne Knuth, Ph.D.>
2010年6月18日
ぜひ!→
1/2-ウィスコンシン州
◇AN EXCEPT FROM A POST TO THE DOCKET FROM A WISCONSIN BIOLOGIST:
6/18/10 What's on the docket for the Wind Siting Council?
Bad Vibrations: Wisconsin biologist weighs in on wind turbine siting guidelines.
ウィスコンシンの生物学者からのドケットへの投稿を除いて:
6/18/10 Wind Siting Councilのドケットには何がありますか?
悪い振動:ウィスコンシンの生物学者は、風力タービンの設置ガイドラインを検討する。

(Better Plan, Wisconsin|2010年6月18日)
■Better Plan, Wisconsin
http://betterplan.squarespace.com/todays-special/
2010/6/18/61810-whats-on-the-docket-for-the-wind-siting-council-bad-vi.html
著者:Lynne Knuth, Ph.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7576.html
―引用
科学文献によると、
低周波振動は排尿衝動(Frey et al、2007)、
月経不順、胎児死亡(Penkov、2007)を引き起こす可能性があります。
これは、妊娠できない、または自然流産、動物の先天性欠損症、
動物の腎臓の問題と解釈される可能性があります(Skilianov et al、2005)。
これらの影響はすべて、
Kewaunee(ケワニー)風力発電所で報告されています。
この風力発電所に残っている健康上の問題の多くは、
超低周波音/低周波音への曝露、または長期間にわたって
低周波音波への曝露によって引き起こされる
振動音響疾患によって説明できます
。―引用終わり



・2021年11月29日に次の論文をエントリしました。

2021/11/29
2/2-風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2001年7月2日
ぜひ!→
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡 リンカーン郡区(Township of Lincoln)
2/2-Excerpts from the Final Report of the Township of Lincoln Wind Turbine Moratorium Committee
リンカーン郡区風力タービンモラトリアム委員会の最終報告書からの抜粋

■ [AWEO.org]
http://www.aweo.org/windlincoln.html
著者:Elise Bittner-Mackin
[イリノイ州Bureau郡に、Stefan Noe(Illinois Wind Energy)が
IndiantownとMiloに提案した54.5MWの
33タービンCrescent Ridge風力施設に関する
ゾーニング審議会に提出するためにElise Bittner-Mackinが作成]
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7579.html
―引用
Russ Allen氏はウィスコンシン州DePereに
550頭の乳牛を所有しています。
彼の農場は、近くのWPSCタービンと
変電所の間の直線上にあります。
Russ氏は、農場の電流を減らすために
電気機器を設置する前の3年間、
1日に1頭か2頭の牛を失っていたと述べました。
約600頭の牛が死亡したと彼は言った。
Russ氏は、自分の農場には
非常に多くの電流が流れているため、農場の周りに
4番の銅線を5,000フィート敷設したと述べました。
ワイヤーは、建物や追加のワイヤーには接続されていません。
それでも、土壌との接触だけで電球を照らすことができます
。―引用終わり



・2021年11月26日に次の論文をエントリしました。

2021/11/26
1/2-風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2001年7月2日
ぜひ!→
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡 リンカーン郡区(Township of Lincoln)
◇1/2-Excerpts from the Final Report of the Township of Lincoln Wind Turbine Moratorium Committee
リンカーン郡区風力タービンモラトリアム委員会の最終報告書からの抜粋

■ [AWEO.org]
http://www.aweo.org/windlincoln.html
著者:Elise Bittner-Mackin
[イリノイ州Bureau郡に、Stefan Noe(Illinois Wind Energy)が
IndiantownとMiloに提案した54.5MWの
33タービンCrescent Ridge風力施設に関する
ゾーニング審議会に提出するためにElise Bittner-Mackinが作成]
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7577.html
―引用
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡で
風力タービンがオンラインになった後、
リンカーン郡区(Township of Lincoln)の監理委員会は
新しいタービン建設のモラトリアムを承認しました。
モラトリアムの目的は、
風力タービンの新築を18か月遅らせることでした。
これにより、1999年6月にオンラインになった
Wisconsin Public Service Corporation (WPSC)と
Madison Gas and Electric (MG&E)が設置した
22基のタービンの影響を評価する機会が町に与えられました。

次の文書は、タービン建設前に
町が直面していなかった問題に対処するために
モラトリアム委員会が直面した問題のいくつかと、
委員会が調査の結果として提案した
結果の変更のいくつかをまとめたものです。
この情報の検証は、
リンカーン郡区の職員から入手できます。
議題。
モラトリアム委員会は、
2000年1月17日から2002年1月20日までの間に39回会合しました。
(1)風力発電所が土地に与える影響を研究する。
(2)住民への影響を調査し、
(3)リンカーン郡区に2つの既存の風力発電所を
   建設するために使用される条件付き使用許可を確認します。
調査。
委員会は、町に住むすべての不動産所有者に送られた
風力タービンの知​​覚された影響に関する調査を実施しました。
各世帯は1票を獲得しました。
結果は、風力発電所の建設から2年後の2001年7月2日に
タウンボードに提出されました。
―引用終わり



・2021年11月25日に次の論文をエントリしました。

2021/11/25
<振動音響疾患/米国陸軍航空医学研究所によって行われた研究>
1994年10月
ぜひ!→
米国
◇Effect of Vibration Frequency and Amplitude on Developing Chicken Embryos
鶏胚の発育に及ぼす振動周波数と振幅の影響

(United States Army|1994年10月)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Shannon_Vibration_Pregnancy_Aviation_Study.pdf
著者:Samuel G. Shannon 他
Samuel G. Shannon
Al W. Moran
Linda C. Shackelford
and
Kevin T. Mason
Aircrew Protection Division
October 1994
United States Army Aeromedical Research Laboratory
Fort Rucker, Alabama 36362-0577
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7573.html
―引用
要約:
これらの調査結果を定義および検証するには、
さらなる研究が必要です。
全身の振動曝露は、発育中のニワトリ胚に有害です。
動物およびヒトの妊娠結果に対する
この潜在的な健康被害の
さらなる実験室および疫学研究が完了するまで、
妊娠中の陸軍飛​​行士は回転翼航空機で飛行してはなりません。
―引用終わり



・2021年11月5日に次の論文をエントリしました。

2021/11/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2012年8月19-22日
米国
◇Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough
低周波音からの知覚ベースの保護では不十分な場合があります

(Presented at Inter-Noise 2012|2012年8月19-22日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/salt-lichtenhan-internoise2012.pdf
著者:Alec N. Salt & Jeffery T. Lichtenhan
Presented at Inter-Noise 2012, New York, N.Y., August 19-22
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7544.html
―引用
要旨:
哺乳類の耳の聴覚と知覚は、
内有毛細胞(IHC)によって媒介されます。
IHCは、機械的振動と流体継手で結合されており、
速度に敏感であると特徴づけられているため、
低周波音にはまったく反応しません。
しかし、耳には、流体結合されておらず、
変位に敏感であると特徴づけられる、
より多くの外有毛細胞(OHC)も含まれています。
OHCはIHCよりも低周波数に敏感であり、
知覚されるレベルよりも低いレベルの
非常に低い周波数の音に反応します。
OHCは、II型求心性線維によって脳に接続されており、
ネットワークは低周波の知覚を
さらに減衰させる可能性があります。
これらの同じ経路は、
警告音や幻音(耳鳴り)にも関係しています。
これらの解剖学的構成のために、
知覚されない低周波音は、
まだ十分に研究されていない方法で
影響を引き起こす可能性があります。
低周波数の音に対する耳の反応は、
音声周波数範囲の音などの
高周波数の音の存在によって影響を受け、
高周波数の成分がない場合に生成される応答が
大幅に大きくなることを示すデータを提示します。
低周波音の生理学的効果は、
広く認識されているよりも複雑であると結論付けています。
この知識に基づいて、私たちは、知覚されない音が
耳によって明確に伝達され、
まだ完全に理解されていない方法で
人々に影響を与える可能性があることを
懸念する必要があります
。―引用終わり



・2021年11月1日に次の論文をエントリしました。

2021/11/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2014年3月27日
ぜひ!→
日本
◇Analysis of aerodynamic sound noise generated by a large-scaled wind turbine
and its physiological evaluation
大規模風力タービンが発生する空力騒音の解析とその生理学的評価

(International Journal of Environmental Science and Technology|2014年3月27日)
doi: 10.1007/s13762-014-0581-4
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs13762-014-0581-4
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/inagaki2015.pdf
著者:T. Inagaki, Y. Li, Y. Nishi
International Journal of Environmental Science and Technology
June 2015, Volume 12, Issue 6, pp 1933-1944
doi: 10.1007/s13762-014-0581-4
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7538.html
―引用
現代の大規模風力タービンから発生する空力騒音が、
工学的観点から測定および分析されました。
測定項目は、音、音圧レベル(超低周波音を含む)、
それに対応する生理学的評価でした。
15人の被験者は、記録された空力ノイズや合成周期音など、
さまざまな音刺激を受け、
[そして]生理学的評価として脳波で検査されました。
脳波のマッピングパターンから、
20Hzの周波数帯の音刺激後、
リラックスして集中した状態を示すアルファ1リズムが
他のケースの中で最も低い値を示したことが観察されました。
つまり、被験者は20 Hzの周波数帯域で音刺激を聞いた後、
リラックスして集中力を保つことができませんでした。
被験者がすべての音刺激を聞いたとき、
アルファ1リズムの誘発率はほとんど減少し、
周波数の減少とともにさらに減少しました。
一方、20Hzの周波数帯域での音刺激後の
ひずみ状態を示すベータ1リズムは、
他のケースの中で最も高い値を示しました。
したがって、超低周波音
(たとえば、低周波で人間の聴覚には聞こえない)は、
現代の大規模風力タービンのすぐ近くで
作業する技術者にとって
アノイアンス/不快感であると考えられました
。 ―引用終わり



・2021年10月29日に次の論文をエントリしました。

<27/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/29
27/38
27. Sensitization of people exposed to industrial wind turbine noise.
産業用風力タービンの騒音にさらされた人々の感作。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7537.html
―引用
一部の人々は、産業用風力タービンからの騒音に
さらされるとすぐに、不快感や健康上の問題を経験します。
しかし、しばらくの間騒音にさらされるまで
症状を経験しない人もいます。
この良い例は、ウィスコンシン州グレンモアの
シャーリーウィンドプロジェクト
(Shirley Wind Project in Glenmore Wisconsin)の近くで
家族と一緒に住んでいるPam Schauerです。
Pamの家族は風力タービンが始動するとすぐに症状を経験しましたが、
Pamは始動後約6か月まで症状を経験しませんでした。
したがって、要約すると、彼女が騒音に敏感になるまでに
6か月の騒音への暴露が必要でした。
オーストラリア上院に対するサラ・ローリー博士
(Dr. Sarah Laurie)の証言は、
産業用風力タービンからの負の健康症状を持っている
カップルのDavidとAlidaについて話します。
Davidはタービンの始動時に健康上の問題を経験しましたが、
Alidaは始動後4年まで症状を経験しなかったため、
風力タービンの騒音に敏感になるまでに少し時間がかかりました。
NASAと協力して産業用風力タービンを開発した
ニールケリー博士(Dr. Neal Kelly)は、
ブーン郡(Boone County)の住民に
重大な健康問題を引き起こした新しい2.0MWの
産業用風力タービンに関する重要な音響調査に関与しました。
この1985年の報告は、住民が風力タービンの騒音に
敏感になったということを示しています。
―引用終わり



・2021年10月28日に次の論文をエントリしました。

<26/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/28
26/38
26. Fibrosis ,Thickening and Scaring of Connective Tissue as a Result of Injury from
Exposure to Low Frequency Noise and Infrasound. This includes damage to Lung
Tissue, Heart Tissue, Blood Vessel Walls, Cardiac Valves and Pericardium Sac.
Exposure will result in abnormal growth of collagen in blood vessel walls, tracheal wall
pleural sac, stomach wall, and kidney glomeruli. Also the cilia that line the respiratory
tract are severely damaged. The following article on Vibroacoustic Disease was
presented at the 11 th International Meeting on Low Frequency Noise and Vibration
and its Control
“Vibroacoustic Disease- The Response of Biological Tissue To Low Frequency Noise”.
低周波音および超低周波音への曝露による損傷の結果としての
結合組織の線維症、肥厚および瘢痕化。
これには、肺組織、心臓組織、血管壁、心臓弁、
心膜嚢への損傷が含まれます。
曝露すると、血管壁、気管壁、胸膜嚢、胃壁、
および腎糸球体でコラーゲンが異常に増殖します。
また、気道を覆う繊毛はひどく損傷しています。
振動音響疾患に関する次の論文は、
低周波騒音と振動およびその制御に関する第11回国際会議
「振動音響疾患-低周波騒音に対する生体組織の応答」で発表されました。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7533.html
===============================
関連する論文
===============================
2021/10/27
<振動音響疾患>
2004年8月30日ー9月1日
ポルトガル
◇Vibroacoustic Disease – The Response of Biological Tissue to Low-Frequency Noise
振動音響疾患–低周波ノイズに対する生体組織の応答

(the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control|2004年8月30日ー9月1日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/bioresponse-sm.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira 他
Presented at the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control, Maastricht, The Netherlands,
30 August to 1 September 2004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7532.html 



・2021年10月27日に次の論文をエントリしました。

2021/10/27
<振動音響疾患>
2004年8月30日ー9月1日
ポルトガル
◇Vibroacoustic Disease – The Response of Biological Tissue to Low-Frequency Noise
振動音響疾患–低周波ノイズに対する生体組織の応答

(the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control|2004年8月30日ー9月1日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/bioresponse-sm.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira 他
Presented at the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control, Maastricht, The Netherlands,
30 August to 1 September 2004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7532.html
―引用
Summary 概要:
背景:振動音響疾患(VAD)は、低周波ノイズ(LFN)への
過度の曝露によって引き起こされる全身性の病状です。
1987年まで、過剰なLFN曝露の病理学的影響は、
認知および神経障害の領域に限定されていると
考えられていました。
死亡したVAD患者の剖検所見の後、LFNが全身、
特に心臓呼吸器系に影響を与えることが明らかになりました。
1992年に、げっ歯類はLFNに曝露され、気道は走査型
および透過型電子顕微鏡によって研究されました。
VAD患者からのインフォームドコンセントを得て
除去された心膜、気管、および肺の断片も、
光学顕微鏡および電子顕微鏡で研究されています。
このレポートは、LFN曝露に対する組織
および細胞の反応について
これまでに知られていることをまとめたものです。
■TUBULIN-BASED STRUCTURES(チューブリンベースの構造):
繊毛はチューブリンベースであり、
正常な心膜と気道に存在します。
VAD患者では、心膜繊毛は存在しなくなりますが、
気管と気管支の繊毛は異常な配置で分布します。
LFNに曝露されたげっ歯類では、気道の繊毛が剪断されたり、
クリップされたり、毛羽立ったりしているように見えます。
■ACTIN-BASED STRUCTURES(アクチンベースの構造):
蝸牛繊毛はアクチンベースの構造であり、
気道の気道に突き出ているブラシ細胞の微絨毛も同様です。
LFNに曝露されたげっ歯類では、
両方の構造が融合しているように見えます。
アクチンフィラメントは、細胞骨格の基本的な要素でもあります。
VAD患者の心膜では、細胞骨格の変形は、
LFNによって誘発されるアクチンフィラメントの
変化の結果である可能性があります。
■BIOTENSEGRITY HYPOTHESIS(バイオテンセグリティ仮説):
ほとんどすべてのヒトおよびげっ歯類の組織断片で
最も一貫した所見の1つは、
コラーゲンとエラスチンの異常な増殖です。
生体張力構造の原理は、
LFN曝露に対する組織および細胞の反応の説明に
寄与する可能性があるとの仮説が立てられています
。―引用終わり



・2021年10月26日に次の論文をエントリしました。

<25/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/26
25/38
25. The Royal Society is an independent Scientific academy of
the United Kingdom and the Commonwealth, dedicated to promoting
excellence in science.
The Royal Society Open Science is a peer-reviewed open access
scientific journal published by the Royal Society which covers
all scientific fields.
In August 2014 the journal published a study called
“Low-Frequency Sound Affects Active Micromechanics In the Human Ear”
by Dr. Markus Drexl and his team at the University of Munich.
Dr. Drexl is with the German Center for Vertigo and Balance Disorders
and the Department of Otorhinlaryngology, Head and Neck Surgery.
王立学会は、英国と連邦の独立した科学アカデミーであり、
科学の卓越性を促進することに専念しています。
Royal Society Open Scienceは、すべての科学分野をカバーする、
RoyalSocietyによって発行された査読付きの
オープンアクセス科学ジャーナルです。
2014年8月、ジャーナルは、
ミュンヘン大学のMarkus Drexl博士と彼のチームによる、
「低周波音は人間の内耳の能動的マイクロメカニクスに影響を与える」
という研究を発表しました。
Drexl博士は、ドイツのめまいおよび平衡障害センター
および耳鼻咽喉科、頭頸部外科に所属しています。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7530.html
―引用
騒音性難聴は、非常に敏感なマイクロメカニカルデバイスである
人間の蝸牛の過剰刺激に起因する最も一般的な聴覚障害の1つです。

蝸牛は、聴覚とバランスに不可欠ならせん状の空洞です。

Drexl博士は、実験室の条件で、低周波音(超低周波音を含む)が
内耳の感覚細胞に驚くほど強い影響を与えることを示しました。

正常な聴力を持つ合計21人のボランティアが、
80デシベルに相当する音圧レベルで90秒間30Hzの音にさらされました。

研究者たちは、自発的耳音響放射/(spontaneous otoacoustic emissions)
(SOAE)と呼ばれる現象を使用して、
内耳が信号にどのように反応するかを調べました。

SOAEは、内耳によって生成されるほとんど知覚できない音響信号であり、
外耳道に挿入された高感度のマイクで検出できます。

Drexl博士は、次のように述べています。
低周波音は、自発的な耳音響放射に対して
明確に定義可能な変調の影響を及ぼします。

30 Hzの信号に90秒間さらされた後、
被験者のSOARは周波数とレベルのゆっくりとした振動を示し、
それは最大2分間持続しました。

耳音響放射は通常同じ周波数のままですが、
ボランティアが低周波数のノイズを聞くと、
耳から発せられる音の周波数がゆっくりと振動し始めました。

研究者たちは、これは低周波数が内耳で働くメカニズムを
変えていたことを示していると言います。
ボランティアに低周波音を鳴らした後、振動は最大2分間続きました。

「驚くべきことに、蝸牛に対する低周波刺激の効果は、
刺激自体の持続時間よりも長く持続します」とDrexlは指摘します。
これは、低周波音によって生成される
内耳のメカニズムの変化として解釈できます。
これは、内耳に損傷が生じている可能性があることを示す
最初の兆候である可能性があります。
さらなる実験により、この現象が、
先進国における聴覚障害の最も一般的な原因の1つである
騒音性難聴に関連している可能性を探ります。

耳の音波を増幅する役割を担う外有毛細胞は、
内有毛細胞よりも低周波音に敏感です。

それらは耳音響放射の原因であると考えられており、
これらの結果は、低周波音波にさらされたときに
影響を受ける可能性があることを示しています。
チームは、結果が、たとえば風力タービン、
ブロック型火力発電所、および空調システムによって
生成される低周波音への曝露の潜在的なリスクの評価に
影響を与える可能性があると述べています。
「たとえば、風力タービンの隣に住んでいて、
これらの音を数か月または数年聞いた場合など、
長時間さらされた場合にどうなるかはわかりません。」
したがって、要約すると、風力発電所の超低周波音が
聴覚障害を引き起こす可能性があります。
これは、Green Bayの東側にある
クーリングタワー/冷却塔によって生成された
超低周波音にさらされている
Leona Ehrfurthに起こっているのを見ています。
また、Alec Salt教授が低周波ノイズにさらされた
モルモットの内有毛細胞に損傷を発見したことを
指摘したいと思います。
これは、彼のSAGEの論文
“Large Endolymphatic Potentials from Low Frequency
and Infrasonic Tunes in The Guinea Pig”
「モルモットの低周波音と超低周波音からの
大きな内リンパ電位」で取り上げられています
。―引用終わり



・2021年10月25日に次の論文を再エントリしました。

追加による更新→
2021/10/25
2019/05/26
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年1月9日
米国
◇Large endolymphatic potentials from low-frequency and infrasonic tones in the guinea pig.
モルモットにおける低周波および超低周波音からの大きな内リンパ電位

(Acoustical Society of America|2013年1月9日)
doi:10.1121/1.4789005
■The Journal of the Acoustical Society of America
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.4789005
■Wind Watch
https://docs.wind-watch.org/salt2013.pdf
著者:Salt, A. N., Lichtenhan, J. T., Gill, R. M., & Hartsock, J. J. (2013).
The Journal of the Acoustical Society of America, 133(3), 1561–1571.
doi:10.1121/1.4789005
The Journal of the Acoustical Society of America
2013 Mar;133(3):1561-71.
doi: 10.1121/1.4789005.
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6239.html
追加による更新→
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7528.html
―引用
要旨
低周波音および超低周波音に対する耳の反応は
広く研究されていません。
耳がどのように低周波音に反応するのかを理解することは、
環境における超低周波音が
風力タービンのような音源からより広く普及するにつれて、
ますます重要になっています。
この研究は、音響超低周波音(5Hz)からの
第3の蝸牛ターンにおける内リンパ電位が、
可聴範囲内のトーン
(例えば、50および500Hz)よりも大きいことを、
場合によっては、
ピーク間振幅は20mVより大きいことを示します。
これらの大きな電位は、
より高い周波数のトーンによって抑制され、
そして蝸牛の頂点でのKClの外リンパ注入によって
急速に廃止され、それらの第3ターンの起源を実証した。
5〜500Hzの内リンパ性等電位は、
周波数が低下するにつれて、
外リンパ電位と比較して増強された。
増強電位の起源を研究するために
プローブおよび低周波バイアストーンを使用した。
ポテンシャルは、正弦波電圧(Vo)と
加算された飽和応答として最もよく説明されました。
これは、超低周波音のバイアス効果に対して
平均60°位相が遅れていました。
V 0は、超低周波音の各半周期における
有毛細胞を通る持続的な電流変化によって引き起こされる
線条体電位変化からなど、
有毛細胞活性から間接的に生じると考えられる
。―引用終わり



・2021年10月20日に次の論文をエントリしました。

2021/10/20
<音と健康:2021/01/01~>
1960年
米国
◇(1960). Experiments in Hearing (McGraw-Hill, New York)
聴覚の実験 (McGraw-Hill, New York)

■Acoustical Society of America
https://www.abdi-ecommerce10.com/asa/images/product/medium/0-88318-6306.pdf
著者:von Békésy, G.
Experiments in Hearing
pp. 672–682.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7520.html
―引用
復刻版の序文:
この本の残りの部分は、ベケシーの研究の本質に関係しています。
それは、中耳と頭蓋骨を介した音の伝達から始まり、
その後、音の伝達に戻って蝸牛への音をたどる前に、
やや意外にも音響心理学に切り替わります。
蝸牛の力学と電気生理学は、
ベケシーの時代の知識の限界まで説明されており、
その多くはベケシー自身によって提供されました。
ベケシーの観察と測定の多くは取って代わられましたが、
これが起こる前に、それらはそれらに取って代わった
研究のために1つではなくいくつかの足がかりを提供しました。
「Experiments in Hearing(聴覚の実験)」には、
現代の聴覚知識の最も重要なルーツのいくつかが含まれており、
聴覚科学のリテラシーを主張したいすべての人が
必読と見なす必要があります。
―引用終わり



・2021年10月18日に次の論文をエントリしました。

2021/10/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1950年10月13日
米国
◇(1951) Microphonics produced by touching the cochlear partition with a vibrating electrode
蝸牛管体を振動電極で接触させることによって生成されるマイクロホン電位

(The Journal of the Acoustical Society of America|1950年10月13日)
https://doi.org/10.1121/1.1906721
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.1906721
著者:von Békésy, G.
The Journal of the Acoustical Society of America
Volume 23, Issue 1 , 18–28.
https://doi.org/10.1121/1.1906721
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7518.html



・2021年10月14日に次の論文をエントリしました。

2021/10/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2009年2月13日
米国、ドイツ
◇(2009) Displacements of the organ of Corti by gel injections into the cochlear apex
蝸牛頂へのゲル注入によるコルチ器官の変位

(Hearing Research|2009年2月13日)
https://doi.org/10.1016/j.heares.2009.02.001
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0378595509000306?via%3Dihub
著者:Alec N.Salt
Hearing Research
Volume 250, Issues 1–2, April 2009, Pages 63-75
https://doi.org/10.1016/j.heares.2009.02.001
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7516.html



・2021年10月14日に次の論文をエントリしました。

2021/10/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1999年7月27日
ぜひ!→
米国
◇(1999) Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes induced
by stimulation at infrasonic frequencies
超低周波音周波数での刺激によって誘発される縦方向の内リンパの動きと蝸牛内電位の変化

(The Journal of the Acoustical Society of America|1999年7月27日)
https://doi.org/10.1121/1.427101
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.427101
著者:Alec N. Salt and John E. DeMott
The Journal of the Acoustical Society of America
Volume 106, Issue 2 , 847–856.
https://doi.org/10.1121/1.427101
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7516.html



・2021年10月1日に次の論文をエントリしました。

2021/10/01
<振動音響疾患>
2007年1~4月
ぜひ!→
ポルトガル
◇(2007). “ Vibroacoustic disease: Biological effects of infrasound
and low-frequency noise explained by mechanotransduction cellular signaling,”
振動音響疾患:メカノトランスダクション細胞シグナル伝達によって説明される
超低周波音と低周波ノイズの生物学的影響

(Progress in Biophysics and Molecular Biology|2007年1~4月)
https://doi.org/10.1016/j.pbiomolbio.2006.07.011
オープンアクセス
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0079610706000927?via%3Dihub
著者:Alves-Pereira, M., and Castelo Branco, N. A.
Progress in Biophysics and Molecular Biology
Volume 93, Issues 1–3, January–April 2007, Pages 256-279
https://doi.org/10.1016/j.pbiomolbio.2006.07.011
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7496.html
―引用
要旨:
現在、超低周波音(0〜20 Hz)と
低周波ノイズ(20〜500 Hz)(ILFN、0〜500 Hz)は、
チェックされていない病気の原因です。
振動音響疾患(VAD)は、
ILFNに過度にさらされた個人に発症する全身の病状です。
VADは、航空業界やその他の重工業で採用されている
いくつかの専門家グループで診断されています。
しかし、ILFNの遍在性と、
ILFNに関する法律がないことを考えると、
VADは子供を含む一般集団のメンバーの間で
ますます診断されています。
VADは、炎症過程がない場合、
細胞外マトリックス(コラーゲンとエラスチン)の
異常な成長に関連しています。
VADでは、コラーゲンとエラスチンの成長の最終産物は、
構造的完全性の強化です。
これは、VAD患者とILFNに曝露された動物の両方の血管、
心臓構造、気管、肺、および腎臓に見られます。
VADは、本質的に、メカノトランスダクション病です。
細胞間および細胞内コミュニケーションは、
生化学的および機械的伝達シグナル伝達の
両方を通じて達成されます。
ILFNに曝露された標本に見られるように、
組織の構造成分が変化すると、
機械的に媒介されるシグナル伝達はせいぜい損なわれます。
EKG、EEGなどの一般的な医療診断テスト、
および多くの血液化学分析は、
生化学的シグナル伝達プロセスの機能不全に基づいています。
VAD患者は通常、これらの検査で正常値を示します。
ただし、心エコー検査、脳MRI、
または組織学的研究が行われ、
構造変化を特定できる場合、
すべてがVAD患者とILFNに曝露された動物で
一貫して有意な変化を示します。
周波数固有の影響はまだわかっておらず、
有効な用量反応を特定することは困難であり、
大規模な疫学研究はまだ不足しています
。―引用終わり



・2021年8月31日に次の論文をエントリしました。

2021/08/31
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月30日
ぜひ!→
南オーストラリア州
◇South Australia Wind Farm Guidelines Consultation
南オーストラリアウインドファームガイドラインコンサルティング

(The Acoustic Group|2019年9月30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/wind-farm-guidelines-consultation.pdf
著者:Steven Cooper,The Acoustic Group

Wind Farm Guidelines Consultation
Environment Protection Authority
GPO Box 2607
ADELAIDE SA 5001
DRAFT FOR CONSULTATION
WIND FARMS
ENVIRONMENTAL NOISE GUIDELINES 2019
ウィンドファームガイドラインコンサルテーション
環境保護局
GPOボックス2607
アデレードSA5001
相談のための草案
風力発電所
2019年環境騒音ガイドライン
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7453.html
―引用
Conclusion 結論:
南オーストラリア州の風力発電所の開発は、
農村住民に混乱を引き起こす
新しい産業騒音源の作成をもたらしました。
後知恵の恩恵を受けて、
南オーストラリアEPAによって導入されたガイドラインは、
実際の風力タービン騒音ではなく、
他の騒音源の基準に基づいており、
確立された騒音源と風力タービン騒音の違いを
特定していないことは明らかです。
保証期間中、風力タービンのサイズは大きくなり、
影響も大きくなりました。したがって、
ヨーロッパで大幅に容量の少ないタービンで
実施された風力タービンの騒音に関する
独自の研究の関連性に疑問が投げかけられます。

南オーストラリア州の
ウィンドファームガイドラインは当初から、
風力タービンの運転の結果として発生する音響的影響や
健康への悪影響を特定しないことにより、
ガイドラインの目的がどのように満たされるかを
特定する資料を提供していませんでした。
統計的には、風力タービンに近接する
コミュニティからの苦情の数は標準をはるかに上回っており、
居住者の快適さを保護するために行動する場合、
規制当局はそれ自体を無視することはできません。
著者が風力発電所に関して
住宅物件に参加する際に経験した主な問題は、
居住者が睡眠障害を報告することです。
影響を受ける一部の人々にとっては、
時間の経過とともに悪化しているように見えます。
これは、船酔いのアナロジーと互換性がありますが
すべての人が風力タービンの影響を
受けるわけではないことに注意してください。 …

風力発電所が健康への影響を生み出すことを示す
研究がないという条件で、言い訳がしばしばあります。
逆の場合、健康への影響がないことを示す研究がないと
言うこともできます。

研究が不足しているからです。

著者が行った研究により、実験室の状況では、
風力タービンに敏感になった人は、
聞こえない場合でも
風力タービンのsignal/シグナルの存在を
検出できることがわかりました。

風力タービンの悪影響を受けて(恒久的または定期的に)
施設から移転しなければならなくなった人や、
最近フリンダース大学が実施したテストに参加した人から、
睡眠研究の観点から
睡眠障害が発生したとのアドバイスを受けました。

変動(風力タービンの騒音だけに限定されない)の
調査に関連する著者によるさらなる研究は、
風力タービンから定期的に発生する過度の変調の存在が、
より大きなレベルの不快感を引き起こすことを
明らかにしています。
風力タービンの騒音に関しては、
A加重レベルに追加する必要があります。
―引用終わり



・2021年8月27日に次の論文をエントリしました。

2021/08/27
<論文:風力発電所の環境への影響~前縁侵食(LEE)とビスフェノールA(Bisphenol A)汚染>
2021年4月22日
ぜひ!→
ノルウェー
◇Forurensing fra vindturbinvinger
[Leading edge erosion and pollution from wind turbine blades]
風力タービンブレードによる前縁侵食と汚染

(THE TURBINE GROUP|2021年4月22日)
ノルウェー語バージョン
https://docs.wind-watch.org/Forurensin_Leading-Edge-Erosion.pdf

英語バージョン
◇Leading Edge erosion and pollution from wind turbine blades
5 th. Edition - English
風力タービンブレードからの前縁侵食と汚染
5 th.エディション-英語

(Leading Edge erosion|2021年7月8日)
DOI:10.13140/RG.2.2.33339.34080
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
353395665_Leading_Edge_erosion_and_pollution_from_wind_turbine_blades_5_th_Edition_
-_English?channel=doi&linkId=60fa20db169a1a0103aefae3&showFulltext=true
著者:Bård-Einar Rimereit 他
Leading Edge erosion
DOI:10.13140/RG.2.2.33339.34080
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7448.html
―引用
序文:
コミュニケーション不足のトピックに関するレポートを
まとめました;
風力タービンからのマイクロプラスチック
および可能性のある有毒化合物の排出。
排出量の推定値は、
ストラスクライド大学(University of Strathclyde)、
2021年のレポート
「Rain Erosion Maps for Wind Turbines Based on Geographical Locations
: A Case Study in Ireland and Britain」
(地理的位置に基づく風力タービンの雨による侵食マップ:
アイルランドと英国での事例研究)※
に基づいています。
風力タービンのブレードからの放出の問題について、
適切で公平な情報源を見つけることは困難です。
www.epoksy-europe.euからのレポートなど、
このトピックに関して公開されたレポートと行われた調査は、
ほとんどの場合、風力発電からの最も重要な収入源を
持っている著者によって実行されます。
Strathclyde(ストラスクライド)からのレポートは、
タービンブレードからの排出量を扱った数少ないレポートの1つです。
初版がリリースされてからわずか数日後、
ストラスクライド大学は
「Aker Offshore Wind、Aker Horizo​​ns、Strathclydeが協力して
ガラス繊維製品のリサイクルを加速する」と発表しました。
ストラスクライド大学の報告に基づいて
ノルウェーの風力タービンからの質量損失を計算することにより、
風力タービンブレードの前縁からの排出量を推定しました。
すでに2013年には、風力タービンのローターブレードが
ヨーロッパのエポキシ消費量の27%を占めていました。
製造方法にもよりますが、
ローターブレードのエポキシには
約33%ビスフェノールA(Bisphenol A)が含まれています。
それにもかかわらず、タービンブレードからの
マイクロプラスチック放出に関する入手可能な情報は
著しく少ない。
ただし、摩耗とメンテナンスに焦点を当てた
業界からの多くの報告があります。
これは、私たちが説明する問題を間接的に確認します。
ビスフェノールA(Bisphenol A)は
「ノルウェーの危険物質の優先リスト」に含まれています。
これらは健康と環境に深刻な脅威をもたらすと
考えられている化学物質であり、
ノルウェーの優先リストに掲載されています。

このリストは、当局が具体的に取り組むべき物質の
重要なツールとして機能し、
これらが使用量または排出量の削減のために取り組むことが
重要な物質であることを経済界に重要なシグナルを与えます。
この版は英語であり、ストラスクライド関係の研究者から
私たちに与えられた事実と情報を追加しました。
私たちは、見積もりと計算をサポートするための
事実と情報を理解しています

--------------------
文中のリンク先
--------------------

2021/08/26
<論文:風力発電所の環境への影響~前縁侵食(LEE)>
2021年1月22日
英国
◇Rain erosion maps for wind turbines based on geographical locations:
a case study in Ireland and Britain
地理的位置に基づく風力タービンの雨浸食マップ:アイルランドと英国での事例研究

(Journal of Bio- and Tribo-Corrosion 2021|2021年1月22日)
doi:10.1007/s40735-021-00472-0.
オープンアクセス
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007/s40735-021-00472-0
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Pugh-Stack-2021_RainErosionMapsWindTurbines.pdf
著者:Kieran Pugh and Margaret Stack
Journal of Bio- and Tribo-Corrosion 2021;7:34.
doi:10.1007/s40735-021-00472-0.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7447.html
。―引用終わり



・2021年8月6日に次の記事をエントリしました。

2021/08/06
<8-オランダ:条例、風力問題>
2021年7月5日
ぜひ!→
8-オランダ
◇Doctors concerned about planned wind turbines’ proximity to residential neighborhoods
計画されている風力タービンが住宅街に近接していることを懸念する医師

(NL Times | 2021年7月5日)
https://nltimes.nl/2021/07/05/
doctors-concerned-planned-wind-turbines-proximity-residential-neighborhoods
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7439.html
―引用
多くの医師が住宅街の近くに
風力タービンを建設する計画について心配している、
と彼らはTelegraafに言った。
彼らは、独立した疫学者に、これらのタービンを
家にどれだけ近づけることができるかについて、
公衆衛生研究所RIVMからの多くの報告を
研究するように依頼しました。
結果は8週間で期待されています。
疫学者の分析はまだ行われていませんが、
『Windwiki』という名前で結ばれた医師たちは、
風力タービンが住宅街に近いことが
地元の人々の健康に影響を与える可能性があると信じています。
『Windwiki』によると、
風力発電所に関連する騒音と距離の現在の基準は
柔軟性が高すぎるため、
不眠症や長期的なストレスなどの
深刻な健康への影響をもたらす可能性があります。・・・
―引用終わり



・2021年7月27日に次の論文をエントリしました。

2021/07/27
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2010年6月16日
ぜひ!→
米国
◇Response of the ear to low frequency sounds, infrasound and wind turbines
低周波音、超低周波音、風力タービンに対する耳の反応

(Hearing Research|2010年6月16日)
https://doi.org/10.1016/j.heares.2010.06.007
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0378595510003126?via%3Dihub
著者:Salt, A. N., and Hullar, T. E.
Hearing Research
Volume 268, Issues 1–2, 1 September 2010, Pages 12-21
https://doi.org/10.1016/j.heares.2010.06.007
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7424.html
―引用
要旨:
超低周波音は、体内で(呼吸、心拍、咳などによって)発生し、
空調システム、車内、一部の産業プロセス、
そして現在ますます普及している風力タービンなどの
外部ソースによって生成されます。
可聴域よりも低い振幅で提示される超低周波音は、
耳に影響を与えないと広く考えられています。
このレビューでは、聞こえるかどうかにかかわらず、
低周波音が耳の機能に
影響を与える可能性のある方法を検討します。
内耳には、低周波音の成分が脳に伝達される前に
それらを減衰させる精巧なメカニズムがあります。
耳の聴覚部分である蝸牛には、
内有毛細胞(IHC)と外有毛細胞(OHC)の2種類の感覚細胞があり、
IHCは「聴覚」を脳に伝達する求心性線維に結合しています。
IHCの感覚不動毛(「hairs/毛」)は
機械的刺激に「流体結合」されているため、
それらの応答は刺激速度に依存し、
音の周波数が低くなると感度が低下します。
対照的に、OHCは機械的刺激に直接結合されているため、
低周波数ではIHCよりも入力が大きくなります。
非常に低い周波数では、OHCは聞こえるレベルよりも
低いレベルの音によって刺激されます。
球形嚢などの他の感覚構造の有毛細胞は
超低周波音周波数に調整できますが、
これらの構造に結合する聴覚刺激は非効率的であるため、
空中超低周波音の影響を受ける可能性は低くなります。
内リンパの体積調節に関与する構造も
超低周波音の影響を受けることが知られていますが、
その感度も低いと考えられています。
ただし、耳が超低周波音に対して過敏になる
異常な状態があります。
ほとんどの場合、超低周波音に対する内耳の反応は
正常と見なすことができますが、
慣れない感覚や生理機能の微妙な変化に
関連している可能性があります。
これにより、風力タービンの騒音の
超低周波音成分への曝露が
耳の生理機能に影響を与える可能性が高まります
。―引用終わり



・2021年7月14日に次の論文をエントリしました。

2021/07/14
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月9–13日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Use of synthesised or actual wind turbine noise for subjective evaluation purposes
主観的評価目的での合成または実際の風力タービン騒音の使用

(Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9–13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-synthesised-v-actual-WT-sound.pdf
著者:Steven Cooper
Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics,
9–13 September 2019, Aachen, Germany: pages 912–919
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7410.html
―引用
要旨:
風力タービンのさまざまな運用シナリオの騒音特性を
主観的にテストするための正確な風力タービン騒音信号を
生成することには、技術的な困難があります。
テスト信号を超低周波音のみに制限する場合と、
フルスペクトルを使用する場合では、
主観的な応答に違いがあります。
提示された「ノセボ」効果の概念は、
フルスペクトルフィールド測定で観察された特徴
または圧力脈動を反映しない
「合成風力タービン超低周波音」の使用に依存してきました。
このようなテストで使用された
「合成風力発電所の超低周波音信号」の有効性が調べられ、
フルスペクトル信号と比較されます
。―引用終わり



・2021年7月13日に次の論文をエントリしました。

2021/07/13
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2018年5月27-31日
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Inaudible Soundscape of a Wind Farm
風力発電所の聞こえないサウンドスケープ

(Euronoise 2018|2018年5月27-31日)
https://www.euronoise2018.eu/docs/papers/395_Euronoise2018.pdf
著者:Steven Cooper
Euronoise 2018, (May 27-31, Heraklion - Crete, Greece)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7408.html
―引用
サマリー:
人々が交通騒音に慣れている一方で、
風力タービンの騒音に長期間さらされると逆のことが起こります。
人々は最終的に彼らに影響を与える騒音に敏感になり、
極端な場合にはこれらの人々に彼らの家を放棄することを要求します。
典型的な騒音目標は住居の外部に適用され、
内部の騒音環境には対応していません。
住居内の現場測定から
聞こえない風力タービンの騒音を使用するパイロット研究では、
敏感な人々が頭と足の感覚として
聞こえない風力タービンの騒音に反応することがわかりました。
風力タービンの拍子記号の脈動の性質と、
被験者による知覚に対する
そのような信号の変動の性質について説明します
。 ―引用終わり



・2021年7月12日に次の論文をエントリしました。

2021/07/12
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年8月28-30日
ぜひ!→
米国
◇A proposed theory to explain some adverse physiological effects of the infrasonic emissions
at some wind farm site
いくつかのウィンドファームサイトでの超低周波音放出のいくつかの有害な生理学的影響を
説明するために提案された理論

(5th International Conference on Wind Turbine Noise|2013年8月28-30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Schomer-et-al-physiologic-effects-infrasound-wind.pdf
著者:Paul D. Schomer 他
5th International Conference on Wind Turbine Noise, Denver August 2013
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7406.html
―引用
要旨:
少なくとも40年間、科学文献には、
低周波音と超低周波音によって
病気になっている人々の報告があります。
過去数年間で、風力タービンに関する
そのような報告の数が増えており、これは明らかに、
風力タービンがより普及していることに対応しています。
ウィスコンシン州シャーリーでの調査により、
次のような興味深い発見がありました。

(1)主要な効果については、
   ソースは非常に低い周波数、約0.8 Hz以下で、
最大の効果は約0.2Hzである必要があるようです。
(2)最大で最新の風力タービンは、
周波数がこの範囲に下がっています。
(3)乗り物酔いと風力タービンのアコースティックエミッションの
「病気」の症状は非常に似ています。
(4)内耳の同じ器官である耳石が、
両方の状態の中心にある可能性があるようです。

同じ臓器が同じ症状を引き起こす可能性があることを考えると、
1つの説明は、風力タービンのアコースティックエミッションが
実際にこの苦痛を起こしやすい人に
乗り物酔いを引き起こす可能性があるということです。
最後に、乗り物酔いに対する感度と
風力タービンのアコースティックエミッションに対する感度が
無関係である確率は、
1,000,000分の2未満であることが示されています。
―引用終わり



・2021年7月9日に次の論文をエントリしました。

2021/07/09
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2017年6月10日
オーストラリア
◇Reproduction of wind turbine infrasound and low frequency noise in a laboratory
実験室での風力タービンの超低周波音と低周波ノイズの再現

(The Journal of the Acoustical Society of America 141|2017年6月10日)
doi.org/10.1121/1.4988405
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.4988405
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical Society of America Volume 141, Issue 5 3805 (2017);
https://doi.org/10.1121/1.4988405
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7404.html
―引用
要旨:
対象の医療検査のために風力タービンから
超低周波音/低周波ノイズを生成するための
大型バッフルスピーカーシステムの使用には、
元の記録された信号の再現に問題があることがわかりました。
元の過渡時間信号の再現は達成されませんでした。
超低周波音の主観的テストに
合成信号を使用することが検討されており、
実際の実世界のサウンドファイルと比較した場合は推奨されません。
テストの結果と、臨床検査ではなくフィールドで
医学研究を使用するための推奨事項について説明します
。―引用終わり



・2021年7月9日に次の論文をエントリしました。

2021/07/09
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年4月21日
オーストラリア
◇Threshold of hearing versus threshold of sensation for low frequency and infrasound
聴力の閾値v低周波および超低周波音の感覚の閾値

(The Journal of the Acoustical Society of America|2016年4月21日)
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4950352
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical Society of America Volume 139, Issue 4 , 2150 (2016);
https://doi.org/10.1121/1.4950352
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7404.html
―引用
要旨:
風力発電所の影響を受ける居住者は、
必ずしも騒音ではない感覚の知覚を識別します。
減衰残響室で圧力音場を使用することにより、
超低周波音と低周波の聴力のしきい値
(WattanbeとMollerを参照)が、
正弦波の感覚のしきい値とともに調査されました。
次に、これらの結果は、風力発電所からの
帯域制限されたパルス信号を使用して比較されます。
違いと、それらが風力タービンの調査にとって
何を意味するかについて説明します
。―引用終わり



・2021年7月8日に次の論文をエントリしました。

2021/07/07
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年1月22日
オーストラリア
◇Soundscape of a Wind Farm – The Cape Bridgewater Experience
風力発電所のサウンドスケープ–ケープブリッジウォーター体験

( Proceedings of Meetings on Acoustics|2016年1月22日)
https://doi.org/10.1121/2.0000157
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/2.0000157
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America Meeting, Jacksonville, November 2015,
Proceedings of Meetings on Acoustics > Volume 25, Issue 1 > 10.1121/2.0000157
https://doi.org/10.1121/2.0000157
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7402.html
―引用
要旨:
風力発電所の近くの騒音環境を説明するための
一般的な概念は、風の強さに応じて変化する
A加重レベル(A特性)で表されます。
風力発電所で一般的に使用されている
コンプライアンス手法は、
風とそのようなデータを介した平均適合線を
含む測定に依存しています。
フルスペクトルの記録/分析を使用して実施された場合の
住宅用受信機での測定は、
外乱が認められたときに存在するように見える、
通常は聞こえない超低周波音領域に及ぶ独特の特性を
明らかにしました。
サウンドスケープを説明するための
風力発電所の騒音の全スペクトルに対する
従来の用量反応調査はありません。
風力発電所の騒音放出を評価するための新しいアプローチが、
風力発電所のサウンドスケープを説明するための
さまざまな概念を特定する
ケープブリッジウォーター風力発電所の研究に使用されました
。―引用終わり



・2021年7月7日に次の論文をエントリしました。

2021/07/07
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2013年4月5日
ぜひ!→
米国
◇The Adverse Health Impacts of Industrial Wind Turbines:
A Scientific Response to “It’s all in your head”
産業用風力タービンの健康への悪影響:
「それはすべてあなたの頭の中にある」に対する科学的反応

(Submitted to the Zoning Board of Charlestown, Rhode Island|2013年4月5日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Hartman_Adverse-Health-Impacts-of-IWTs-all-in-your-head.pdf
著者:Hartmand, R.S
Zoning Bard of Charlestown,
Rhode Island International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7400.html
―引用
Overview and Summary 概要とまとめ
この論文では、産業用風力タービン(IWT)の
健康への悪影響に関する科学的証拠を提供することを
目的とした最近完成した2つの研究論文2をレビューします。
そうして、私は彼らが科学的な情報を
提供していないことに気づきました。
むしろ、それらは公共政策を不適切に形作るために
使用される可能性のある偽情報を提示します。

各論文は本質的に、健康への悪影響に関する報告の増加を
何らかの形の集団ヒステリーに起因するとしています。
チャップマン(Chapman)は、
「集団心因性疾患」や「心因性ノセボ現象」などの
準科学的な「ラベル」でこの論争を金色にしています。
専門用語が少なくても、
クリクトン(Crichton)は同じ結論に達します。
--健康への悪影響は、心理的な期待によって説明できます。
両方の論文は、IWTに起因する健康への悪影響は、
実際には、それらが生成することが知られている
可聴および非可聴(超低周波音)ノイズによって
引き起こされたものではないと結論付けています。
むしろ、著者は、健康への悪影響は本質的に、
健康への悪影響の偽造された主張で
メディアを公に過負荷にするNIMBYの
「痛烈な」少数過激派によって引き起こされることを
実証すると主張している
。―引用終わり



・2021年7月5日に次の文書をエントリしました。

2021/07/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年2月26日
オーストラリア
◇PEER REVIEW COMMENTS
SOUTH AUSTRALIAN EPA AND RESONATE ACOUSTICS
“INFRASOUND LEVELS NEAR WINDFARMS AND IN OTHER ENVIRONMENTS”
Issued by the South Australian EPA, dated January 2013
ピアレビューコメント
南オーストラリアEPAとRESONATE ACOUSTICS
「風力発電所の近くやその他の環境における超低周波音のレベル」
南オーストラリアEPA発行、2013年1月付け

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-critique-Resonate.pdf
著者:The Acoustic Group Pty Ltd 、Steven E. Cooper
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7395.html
―引用
・・・レポートは、オフィスビルや郊外の環境の
さまざまな場所で実施された測定について詳しく説明し、
やや曖昧で非特異的であるように見える超低周波音の結果に
影響を与える可能性のある騒音レベルの提案を示しています。
このような環境で測定を行った経験のある人は、
バックグラウンドレベルを制御する空調の影響
(特に超低周波音が気流に関連している)を
よく知っているでしょう。
ある建物に空調設備があることを認めたにもかかわらず、
その後のレベルの上昇に伴い、オフィス環境の期間、
多くの場所で環境を決定する空調の概念は、
レポートの作成者によって都合よく見過ごされてきたようです。
同様に、住宅の超低周波音に関しては、
報告書は内部騒音の発生源、
または当時の外部騒音や気象条件の影響について
具体的ではありません。
そのレポートは、風力発電所の近くにある住居と、
オン/オフテスト(シャットダウン中)があったとされる
別の風力発電所の近くにある2番目の住居の測定値を提供します
。・・・―引用終わり



・2021年7月2日に次の論文をエントリしました。

2021/07/02
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2014年4月
ぜひ!→
オーストラリア
◇A comparison of resident response to that reported by the EPA for testing
of a South Australian wind farm
南オーストラリアの風力発電所のテストのためにEPA(環境保護庁)によって報告されたものと
居住者の反応の比較

(WindWatch|2014年4月)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/comparison-of-wind-turbine-acoustic-measurements/
著者:Mrs. Mary Morris
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7392.html
―引用
Summary:このレポートでは、
地元住民によって記録された騒音日記の苦情を、
タービンの意図的な停止と同じ夜に、
ウォータールー風力発電所の近くの家の中で
EPAが測定した低周波および可聴騒音と比較しました。
睡眠障害、過度の騒音、不快感の訴えは、
測定された高レベルの低周波騒音(LFN)と
家の中の可聴騒音と一致します。
風力発電所をオフにしてから再びオンにすると、
「C」重み付け、非重み付け、およびLAeq(LF)レベルが
約10dB上下したことがわかります。
これは、風力発電所が地域の環境に
重要なLFNに貢献していることを示唆しています。
シャットダウンの結果としての
「A」加重レベルの変化は重要ではなく、
「A」加重レベルが住民に対するタービンの影響を
正確に反映していないことを示唆しています。
―引用終わり



・2021年7月1日に次の論文をエントリしました。

ぜひ!→
2021/07/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2012年4月
オーストラリア
◇Waterloo Wind Farm Survey April 2012
ウォータールーウィンドファーム調査2012年4月

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2012/07/
Waterloo-Wind-Farm-Survey-April-2012-Select-Committee.pdf
著者:Mrs. Mary Morris
Submission to SA Parliamentary Select Committee into Wind Power, 2012
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7390.html
―引用
CONCLUSION 結論:
睡眠は健康的な生活に欠かせない要素であり、
欧州人権条約(欧州人権裁判所2003)(2)の下で
WHOによって基本的権利として認められています。
ウォータールー地域のこの研究は、
ウォータールー風力発電所が、地元住民のかなりの割合に
受け入れられるレベルを超える騒音障害、睡眠障害、
および電磁干渉を生成しているという主張を裏付けています。
騒音公害のガバナンスがウォータールーの人々を
失敗させていることは明らかです。
また、これらの仕様の風力タービンを、
家庭や職場から10km以内のこの地形に配置することは
不適切であることも明らかです。
この風力発電所の音響モデリングには明らかに欠陥があります。
TRUenergyとEPAは、
この風力発電所が準拠していると主張し続けているため、
騒音規制は明らかにコミュニティを保護するには
不十分であり、すぐに改訂する必要があります。
現在、低周波騒音は測定されておらず、
影響を受けた住民に騒音監視結果は提供されておらず、
騒音監​​視は透明でオープンで正直なプロセスではありません。
風力発電所に関連する可聴および非可聴騒音の
測定と監視の徹底的なレビューは、
長い間延期されており、
風力発電所が計画されている居住者を保護するために、
業界から独立した専門家によって直ちに実施されるべきです。
次のページには、調査結果の要約と、
タービンからの距離の等高線を示すマップが含まれています。
結果の最初のセットは、タービンから0〜10kmに関連しています。
結果の2番目のセットは、タービンから0〜5kmに関連しています。
これらの回答から、風力発電所に関する
SA大臣DPAによって規定された1kmおよび2kmのセットバックは
明らかに不十分であると結論付けなければなりません。
この規模の産業用風力タービンは、
農村地域から10km以内に設置しないでください
。―引用終わり



・2021年6月29日に次の論文をエントリしました。

2021/06/29
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月9-13日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Comparison of inaudible windfarm noise and the natural environment noise
whilst monitoring brainwaves and heart rate
脳波と心拍数を監視しながら、聞こえないウィンドファームノイズと自然環境ノイズの比較

(the 23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9-13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-sensitivity-inaudible-noise.pdf
■pub.dega-akustik.de
http://pub.dega-akustik.de/ICA2019/data/articles/000069.pdf
著者:Steven E. Cooper
PROCEEDINGS of the 23rd International Congress on Acoustics
9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7386.html
―引用
要旨:
聞こえない風力タービンの騒音と
タービン騒音に対する感度が高い人を使用して
2017年後半に実施されたパイロット研究では、
被験者は信号を(聞くのではなく)感じることで
信号の存在を検出できることがわかりました。
風力タービンの騒音にさらされていなかった対照群は、
聞こえない信号を検出または感知することができませんでした。
さらなるパイロット研究の前兆としての
単一のケーススタディは、
聞こえない風力タービンノイズ、
聞こえないホワイトノイズ、聞こえないサーフ(海)ノイズ、
および聞こえない換気ファンを利用しました。
それは、被験者の心拍数と
脳波のモニタリングが得られている間、
126m³の残響室と313の半無響室で実施されました。
そのテストの結果について説明します
。―引用終わり



・2021年6月23日に次の論文をエントリしました。

2021/06/23
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年11月18日
オーストラリア
◇Can inaudible and audible low level infrasound
and low frequency noise be an acoustic trigger of the startle reflex?
聞こえない、聞こえる低レベルの超低周波音と低周波ノイズは、
驚愕反射の音響トリガーになる可能性がありますか?

(Acoustical Society of America Meeting|2016年11月18日)
https://doi.org/10.1121/1.4970818
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4970818
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America Meeting, Hawaii, December 2016
https://doi.org/10.1121/1.4970818
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7378.html
―引用
要旨:
実験室で再現された可聴低周波換気扇の騒音の変調は、
その騒音に敏感な人々の驚愕反射を引き起こすことが
示されています。
感作された被験者と感作されていない被験者に
一連の低周波およびインフラサウンドノイズ信号を使用すると、
音響トリガーと生理学的ストレス反応との
因果関係を示すことができます。
エンジニアはこれを「アノイアンス/不快感」
または「ノイズ・アノイアンス/不快感」症状と呼び、
生物学者はこれを「 驚愕反射」として認識します。
低レベルの振幅および周波数変調をソースとして利用すると、
「驚愕反射」応答がトリガーされ、
高レベルのノイズインパルスに対する
一般的な「驚愕反射」と比較されます
。 ―引用終わり



・2021年6月23日に次の論文をエントリしました。

2021/06/23
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年
オーストラリア
◇Wind Farm Infrasound
– Are we measuring what is actually there or something else? (part 3)
風力発電所の超低周波音
–実際にそこにあるもの、または何か他のものを測定していますか?(part 3)

(The Journal of the Acoustical Society of America 140|2016年)
https://doi.org/10.1121/1.4970819
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4970819
著者:Cooper SE & Chan C
The Journal of the Acoustical Society of America 140, 3382 (2016);
https://doi.org/10.1121/1.4970819
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7378.html
―引用
要旨:
主題タイトルのパート2で示されている分析方法を使用して、
また、信号の正確な再現の要件(ソルトレイクシティで提示)は、
可聴ILFNと可聴LFNの両方の被験者による50 dB(A)までの
さらなる調査に照らして、
超低周波音の寄与に関する仮説が修正されています。
この作業は、音響トリガーのソースとして風力タービンを
使用した驚愕反射の調査と関連しています。
コミュニティの保護のための
適切な基準に関する影響について説明します
。―引用終わり



・2021年6月22日に次の論文をエントリしました。

2021/06/22
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2019年9月9-13日
オーストラリア
◇A simplified method for determination of “amplitude modulation” of audible
and inaudible wind turbine noise
可聴および非可聴風力タービンの「振幅変調」を決定するための簡略化された方法

(23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9-13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-determining-amplitude-modulation.pdf
著者:Steven Cooper
PROCEEDINGS of the
23rd International Congress on Acoustics
9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7376.html
―引用
要旨:
風力タービンの動作により、一連のパルス/脈動が発生し、
風力タービンの負荷(出力と風の強さ)に応じて
圧力信号の振幅が瞬時に大幅に増加します。
このような振幅の変動は重要な場合があります。
風力タービンの音響特性の振幅の変調は、
「振幅変調」と呼ばれることがよくあります。
英国で使用されている風力タービンの
振幅変調の程度を評価する1つの方法は、
複雑で、時間と費用がかかります。
dBAレベルに制限されるだけでなく、
非可聴および可聴の動的脈動振幅変調の両方を
カバーするために使用できる
簡略化された方法が開発されました。
この簡略化された分析方法は、風力タービンの騒音だけでなく、
他の脈動性騒音源にも使用できます。
簡単な方法論を使用して、
超低周波音の速度で発生する
脈動の生成を引き起こすレクリエーション音楽
および産業騒音源の調査について説明します
。―引用終わり



・2021年6月21日に次の論文をエントリしました。

1回目:
2016-09-13
◇<論文:超低周波不可聴音>米国:風力発電所・超低周波音 –
実際にそこにある、あるいは、他の何かを我々は測定していますか?
…スティーブン E.クーパー(アメリカ音響学会の170回目の会議)

■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4179.html


※ REFERENCESの追加による更新
2021/06/21
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2015年11月2-6日
オーストラリア
◇Wind Farm Infrasound – Are we measuring what is actually there or something else?
風力発電所の超低周波音–実際にそこにあるもの、或いは何か他のものを測定しているのか?

DOI: 10.1121/2.0000177
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-farm-infrasound-are-we-measuring-what-is-actually-there-or-something-else/
著者:Steven Cooper
170th Meeting of the Acoustical Society of America
Jacksonville, Florida, 02-06 November 2015
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4179.html
※ REFERENCESの追加による更新
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7374.html
―引用
要旨:
昔の音響(デジタル以前)では、
低周波分析では、ピーク値の一般的な使用につながる
特別な問題のために、アナログ狭帯域フィルターと
陰極線オシロスコープを使用していました。
アナログフィルターには時定数があり、
高い波高比が関係する場合は注意が必要な
導出されたrms値に影響を与える可能性があります。
最新の狭帯域デジタル分析は、
時間信号のFFTに基づいて、
時間領域で発生する周期関数を抽出し、
周波数領域で離散ピークとして表示します。
タービンのFFT分析は、
ブレード通過周波数の倍数で間隔を空けた
低周波数範囲の側波帯に加えて、
ブレード通過周波数の倍数でのピークに
離散的な超低周波音のピークを示しています。
これらの信号は実際にそこにあるのでしょうか、
それとも現代の分析の産物でしょうか。
超低周波音のサインは、
調査の別の領域への手がかりですか?
このペーパーでは、
昔ながらの分析と現代の分析を比較するための
テストの結果を示します
。―引用終わり



・2021年6月21日に次の論文をエントリしました。

2021/06/21
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2016年5月
オーストラリア
◇Wind Farm Infrasound – Are we measuring what is actually there or something else? (part 2)
風力発電所の超低周波音–実際にそこにあるもの、或いは何か他のものを測定しているのか? (part 2)

(The Journal of the Acoustical Society of America 139|2016年5月)
https://doi.org/10.1121/1.4950353
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4950353
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical Society of America 139, 2150 (2016);
Acoustical Society of America Meeting, Salt Lake City, May 2016
https://doi.org/10.1121/1.4950353
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7374.html
―引用
要旨:
プレデジタル音響では、低周波分析では、
ピーク値の一般的な使用につながる特別な問題に対して、
アナログ狭帯域フィルターと
陰極線オシロスコープを使用していました。
アナログフィルターには時定数があり、
高い波高比が関係する場合は注意が必要な
派生rms値に影響を与える可能性があります。
時間信号のFFTに基づく最新の狭帯域デジタル分析では、
時間領域で発生する周期関数が抽出され、
周波​​数領域で離散ピークとして表示されます。
タービンのFFT分析は、
ブレード通過周波数の倍数で間隔を空けた
低周波数範囲の側波帯に加えて、
ブレード通過周波数の倍数で
離散的な超低周波音のピークを示しています。
これらの信号は実際にそこにあるのでしょうか、
それとも現代の分析の産物でしょうか。
超低周波音のサインは、調査の別の領域への手がかりですか?
ジャクソンビルでは、パート1で調査の複雑さを示し、
SPLに変換してからA重み付けを行うと、
生のPascalデータがどのように失われるかを示しました。
第2部では、さまざまな風力発電所の
さまざまなフィルタリング手法の結果を示します
。―引用終わり



・2021年6月18日に次の論文をエントリしました。

2021/06/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2015年5月
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Cape Bridgewater Wind Farm Noise Study – Sensitisation, and Cause & Effect
ケープ ブリッジウォーター風力発電所の騒音調査 – 感作、および原因と影響

(Acoustical Society of America meeting|2015年5月)
http://acoustics.com.au/media/The_Cape_Bridgewater_Wind_Farm_Noise_Study_Cause_and_Effect.pdf
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America meeting, Pittsburgh, May 2015
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7372.html
―引用
要旨:
2014 年に、オーストラリアのビクトリア南西部にある
ケープ ブリッジウォーター ウィンド ファームの近くにある
3 つの家屋で騒音調査が行われました。
それには、特定の地域住民によって報告された妨害に関連する
特定の風速と特定の騒音レベルを決定するための
測定を行うための具体的な概要が含まれています。
8 週間の監視期間中に使用された居住者の日記は、
3 つの異なる影響の重大性を説明しています:
騒音、振動、感覚を 1 ~ 5 のランクで評価します。
風力発電所の速度と出力と組み合わされた感覚指標は、
より高いレベルの感覚については、
風力発電所の特定の動作モードが最大レベルの妨害を
引き起こすと特定された因果関係を特定しました
。―引用終わり



・2021年6月15日に次の論文をエントリしました。

2021/06/15
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2012年5月26日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Peer Review of Noise Impact Assessment, Stony Gap Wind Farm
騒音影響評価のピアレビュー、Stony Gap風力発電所

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Stony-Gap-Attachment-5.pdf
著者:The Acoustic Group and GHD
report 42.4898.R1, May 2012
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7366.html
―引用
結論:
・・・・・・・・・・
低周波ノイズと超低周波音の問題が提起され、
上で議論されてきました。
世界をリードするタービン サプライヤからの文書によると、
コンピュータ モデルは低周波ノイズの伝播には
不十分であることがわかっています。
高周波は(低周波と比較して)距離とともに
急速に減衰するため、タービンの可聴特性は
低周波ハムに低減される可能性があり、
人間の聴覚の正常範囲を下回る周波数を含むこともあります。

ガイドラインは、超低周波音が十分に維持された
風送風機では生成されないことを特定していますが、
このレポートの目的で得られた測定結果は、
そうでないことを証明しています。
このレビューに添付された測定データは、
現在この地域にあるタービンによって生成された低周波成分と
超低周波音成分の両方があることを示しています。

コミュニティへの影響の適切な評価
(開発計画に従って、または一般的に) では、
低周波ノイズと「超低周波音」を無視することはできません。
その限りにおいて、これらが他の風力発電所との
具体的な苦情の問題である場合、
Marshall Dayのこの報告書は地域社会に対する責任を果たしていません。

ガイドラインは、ホストの利害関係者にとって、
睡眠障害は健康への悪影響であることを特定しています。
議会とコミュニティが、
睡眠障害がタービンをホストすることで
経済的利益を得ている人に健康への悪影響をもたらす場合、
睡眠障害が一般コミュニティ
(つまり、ホスト以外の利害関係者) に影響を与え
それから、健康への悪影響も生じさせると想定することは
不合理ではありません。

このピアレビューにより、
2002/2004 年に、低周波と超低周波音に問題があり、
人々が眠っているときでも、耳は引き続き機能し、
信号を受信していることを特定した
2 人の著名な音響学者が特定されました。
睡眠障害を引き起こすメカニズム
(例えば、個人が超低周波音成分を検出できるかどうか) は、
私の専門外の問題です。

しかし、評価またはコンプライアンスの目的で
A 特性値を使用しても、風力発電所に関連する
騒音影響問題のすべてに対処できないことは明らかです。

議会の開発計画では、対象の風力発電所について
一定の目標を達成することが求められています。
これらの目標は上で概説されています。
現在のアプリケーションは、
これらの目的に十分に対処しておらず、
実際に問題の開発のノイズまたは影響を評価していません。

EPA ガイドラインが自らの核となる目的を満たす上での
不備が指摘されている。
議会は、ガイドラインが議会と EPA に
共同体の懸念に対処する原因となっているこれらの困難を
提起することを検討することができる。

上で提起され概説されたさまざまな問題の結果として、
提案された Stony Gap Wind Farm によって
コミュニティが悪影響を受けないという確信はありません。
議会は、特に開発計画を参照し、
提案された風力発電所によって発生する
実際の騒音影響を特定することを目的として、
上記で提起された個々の事項に対処するために、
申請者にさらなる詳細を要求することが推奨されます
。―引用終わり



・2021年6月14日に次の論文をエントリしました。

2021/06/14
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2013年11月22日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Comments on the 2013 SA EPA Waterloo Wind Farm Environmental Noise Study
2013 SA EPA ウォータールー風力発電所の環境騒音調査に関するコメント

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Hansen_Comments-2013-EPA-report.pdf
著者:Emeritus Professor Colin Hansen
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7364.html
―引用
EPA の調査で最も重要な発見の 1 つは、
「ランブリング」
または「サンピング」ノイズが特定されたことです。
しかしながら、このノイズは、
「大幅な増幅」なしでは識別できないと述べられています。
一方、彼らが再現しているレベルが測定されたものと
まったく同じであることを
EPA がどのように検証したかについての説明はありません。
再生されたレベルが正しく再現されていることを確認するには、
特殊な機器と適切なリスニング条件が必要です。
リスニングに使用される機器のセルフノイズ、
リスニング環境の周囲のノイズ、ヘッドフォンや
サウンドカードやスピーカーの周波数のロールオフなど、
実際のノイズの誤った再現には
多くの要因が関与している可能性があります。
これらの要因は、再生された信号のマスキングと、
周波数スペクトル全体での不均等な増幅に寄与し、
低周波数ノイズが知覚されにくくなります。
また、「ランブリング」または「サンピング」ノイズに
関連するスペクトルは、50 Hz の 3 オクターブ帯域に
顕著なピークを示すこともわかりました。
ISO 389-7 (2005) に準拠した可聴閾値曲線は、
この 3 オクターブ バンド
または他の 3 オクターブ バンドのレベルが
正常な聴覚を持つ人に知覚できるかどうかを判断するために
プロットされるべきでした。
EPA の研究では振幅変調も特定されているため、
変調の結果として生じる
不快感の可能性も考慮に入れる必要があります。
したがって、風力発電所の騒音の知覚レベルは、
公表されている知覚レベルよりも大幅に低くなります。
EPA は、振幅変調を定量化することも、
特定の 3 オクターブ バンドに関連付けることも試みませんでした。
一方、NZ 規格 (2010 年) と
ドラフト NSW ガイドライン (2011 年) の両方で、
振幅変調に対するペナルティが指定されています。
このノイズの性質は
「日記の一部のリターンの説明と一致する」ため、
このノイズ源が不快感を引き起こしているかどうかを判断するには、
さらに多くの作業が必要であることが示唆されています
。―引用終わり



・2021年6月11日に次の論文をエントリしました。

2021/06/11
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2013年11月17-20日
オーストラリア
◇Analysis of Unweighted Low Frequency Noise and Infrasound Measured at a Residence
in the Vicinity of a Wind Farm
風力発電所の近隣の住宅で測定された非加重低周波ノイズと超低周波音の分析

(Acoustics 2013|2013年11月17-20日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/AAS-2013-p24.pdf
著者:Kristy Hansen 他
Acoustics 2013, Victor Harbour, November 2013.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7362.html
―引用
要旨:
南オーストラリア州の風力発電所の近くにある
いくつかの住宅の騒音を特徴付けるために、
時間データ ファイルと 3 オクターブ スペクトルが、
さまざまな風防が取り付けられた低周波マイクを使用して
屋内と屋外で測定されました。
5 晩の連続した夜のデータが分析され、
ここでは 4 つのケースが提示され、
大気の安定性と、風力発電所と住宅の間の
相対的な風向きの重要性が測定結果に示されています。
風下では、28 Hz と 46 Hz 付近で
2 つの低周波数トーンが検出され、
ブレード通過周波数でこれらのトーンの
有意なレベルの振幅変調が観察されました。
この振幅変調は、
大気条件が安定しているときに最も顕著でした。
これらのトーンと関連する振幅変調の存在も
振動の結果で観察されましたが、
16 Hz での別の振幅変調トーンは、
振動に関してより重要であることがわかりました。
また、室内共振の存在により、
室内の低周波騒音レベルが室内の位置によって
20dB も異なることがわかった
。―引用終わり



・2021年6月3日に次の論文をエントリしました。

2021/06/03
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2009年11月23-25日
ニュージーランド
◇Nonsense on stilts, A new draft wind turbine noise standard.
誇張したナンセンス、新しい草案風車騒音基準

(Proceedings of ACOUSTICS 2009 |2009年11月23-25日)
■acoustics.asn.au
https://acoustics.asn.au/conference_proceedings/AAS2009/papers/p6.pdf
■Windaction
http://www.windaction.org/posts/24895-nonsense-on-stilts#.YLOTsYVxfIU
著者:P.J. Dickinson
Proceedings of Acoustics 2009. Adelaide.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7350.html
―引用
要旨:
「環境の持続可能性」と「資源管理」という表現は
同義語のように見えるかもしれません。
当初のコンセプトでは
これが意図されていた可能性がありますが、
現在、化石燃料の使用を相殺するための
多くの代替エネルギー源が稼働しているため、
予期しない排出が近隣の地域社会に影響を及ぼし、
公衆衛生が損なわれる可能性があります。
風力発電所は代替エネルギー源であり、
風力発電所から数キロ以内に住む人々の
健康に及ぼす騒音の影響が懸念されています。
風力発電所からの騒音レベルはかなり低いかもしれませんが、
しかし、通常のバックグラウンド サウンドと比較すると、
その特徴はまったく異なるものとして際立っており、
部屋の共鳴を励起する能力により、
深刻な睡眠の喪失や極度の不快感を引き起こす刺激物になります。
多くの場合、音は屋外よりも屋内ではっきりと聞こえます。
風力タービンからの騒音に関する
ニュージーランド基準 6808 がレビューされ、
パブリック コメントのために新しい基準草案が作成されました。
このドラフトは、既存の標準とほとんど違いがなく、
英国やヨーロッパの一部で使用されているものに
厳密に従っています。
満たさなければならない基準が
世界保健機関の推奨に完全には準拠していないという
明確な兆候があり、使用されている方法論は
数学的、科学的、倫理的に
間違っている可能性が高いにもかかわらずです。
ドラフトおよび世界中の同様の基準は、
明らかに、できるだけ少ない費用で
風力発電所の開発に偏っており、
公衆衛生上の懸念が十分に考慮されていないように見えます
。―引用終わり



・2021年6月2日に次の論文をエントリしました。

2021/06/02
<論文-バードストライク、野生生物への影響>
2015年8月
バーモント州
◇Deerfield Wind Black Bear Study Update August, 2015 Interim Report
ディアフィールド・ウィンド ブラックベア研究の最新情報、2015年8月中間報告

https://vtfishandwildlife.com/sites/fishandwildlife/files/documents/
Learn%20More/Library/REPORTS%20AND%20DOCUMENTS/WILDLIFE%20MANAGEMENT/
BLACK%20BEAR/Deerfield%20Wind%20Black%20Bear%20Study%20Update%20-%202015.pdf
著者:Jaclyn Comeau 他
Prepared by:
Jaclyn Comeau, Vermont Fish & Wildlife Department
Forrest Hammond, Vermont Fish and Wildlife Department
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7348.html
―引用
要旨:
これは、ディアフィールド・ウインド・ベア研究の中間報告です。
この調査は、VT公共サービス委員会が
SearsburgとReadsboroバーモントでの
ディアフィールド風力エネルギープロジェクト
(DWEP)の建設と運営の最終許可の一部として
Iberdrola,Incに課した条件の結果です。
この調査の目的は、
地域のクロクマの個体数に対するDWEPの潜在的な影響、
特にブナの採餌行動の変化を評価することです。
クロクマの動き、生息地の使用、および行動のデータは、
DWEPの建設前、建設、および建設後の段階で収集されます。
当初、調査の現場作業は2017年に終了する予定でしたが、
USFS環境影響声明の訴えにより、
建設は少なくとも4年遅れています。
現在、調査はまだ建設前の段階にあります。
この調査は、GPSカラークマからデータを収集する
5年目(2011年秋から2015年秋)​​の完了に近づいています。
現在までに26頭のクマが首輪を付けられ(オス18頭、メス8頭)、
35,000を超えるGPSによる調査動物の動きが収集されています。
収集されたデータは、重要な食料源と入手可能性、
生息地の特徴、移動回廊、および摂食行動への洞察を提供しました
。―引用終わり



・2021年6月1日に次の記事をエントリしました。

2021/06/01
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2010年8月18日
ぜひ!→
ニュージーランド
◇Opposition to decision-making process
意思決定プロセスへの反対

(stuff.co.nz|2010年8月18日)
http://www.stuff.co.nz/the-press/news/4034189/Opposition-to-decision-making-process
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7346.html
By Paul Gorman, The Press
―引用
基準に反対する人々は、
風力エネルギー産業が国の風力発電所に
新しい騒音レベルを設定する際に
過度の影響力を行使したと述べています。
公式情報法(OIA)に基づいて公開された、
風力発電所の騒音に関する基準
ニュージーランド委員会の議事録と投票用紙には、
次の内容が示されています。
12人のメンバーのうち6人は、
風力発電所のコンサルタントであるか、
電力会社で働いているか、
委員会に一部資金を提供している
風力エネルギー協会のメンバーでした。
委員会のメンバーシップと
基準に関する AUT 大学公衆衛生上級講師の
Daniel Shepherd博士の懸念は、
メンバーからは無関係であり、対処する必要のある
「実質的なものがない」として却下されました。
委員会メンバーの Philip Dickinson教授から、
規格草案のいくつかの記述が
「あからさまに虚偽」であるという彼の見解を含め、
規格に対する強い反対がありました。

Energy Efficiency and Conservation Authority (Eeca) の
提案された基準の医学的レビューの希望は却下されました。
委員会がそれを行うのに適切な資格のある人を
特定するのが難しいと感じたためであり、
「それによって何が達成されるか」が理由です。
風力発電所の開発者であるMeridian Energyと協力している
風力発電所の専門家であるMalcolm Hayesは、
会議に出席することを許可されましたが、
反風力発電所のロビイストで作家の
Nick Jenningsは許可されませんでした。
議事録によると、
2008年7月10日の最初の会議の時点で、
委員会のメンバーは、
Dickinson教授が寝室の中で聞こえるタービン騒音の最大量を
30デシベル(dBA)にするべきだと提案した後、
電力会社のための
より厳しいタービン・ガイドラインを避けました。

マッセイ大学(Massey University)の代表である
Dickinson教授は、両方の投票で基準に反対票を投じた。
彼は最初の投票に対するコメントで、
基準は住民がタービンから聞こえる音を過小評価していると述べた。
規格草案のいくつかの記述は
「あからさまに間違っている」と彼は言った。
2回目の投票で、Dickinson教授は
基準を「まったく受け入れられない」とし、
その一部を「傲慢で誤解されている」および「完全に虚偽」と呼んだ。
「規格がこの形式で採択されるように進められた場合、
大学は委員会の代表の後に次のような短い声明を要求するでしょう:
『マッセイ大学の代表者は、
倫理的および科学的に間違っていると考えて、
書かれたこの基準に同意しませんでした。』
―引用終わり



・2021年5月26日に次の論文をエントリしました。

2021/05/26
<論文-風車と睡眠>
2019年9月9-13日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Pilot study on perceived sleep acceptability of low-frequency, amplitude modulated tonal noise
低周波振幅変調音の知覚される睡眠受容性に関するパイロット研究

(the 23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9-13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Hansen-amplitude-modulation-sleep.pdf
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
336132161_Pilot_study_on_perceived_sleep_acceptability_of_low-frequency_amplitude_modulated_tonal_noise
著者:Kristy HANSEN 他
Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics,
9–13 September 2019, Aachen, Germany: pages 1447–1454
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7321.html
―引用
要旨:
ウィンドファーム施設の世界的な拡大は、
睡眠障害に関する地域社会の苦情と関連しています。
これは、風力タービンの騒音(WTN)に
振幅変調(AM)が存在することに関連している可能性があり、
アノイアンス/不快感が増すことが示されています。
しかし、現時点では、睡眠の受容性が
アノイアンス/不快感とは異なって判断されるのか、
AMが他の種類のノイズよりも睡眠に問題があるのか​​は不明です。
以前の研究では、トーナル※AMではなく
「スウィッシュ」ノイズに主に焦点が当てられていました。
後者は、南オーストラリア州の1kmを超える距離にある
いくつかの風力発電所でより一貫して測定されています。
したがって、この研究では、
13人の参加者を対象としたリスニングテストを通じて、
低周波のトーナルAMを含む
WTNの知覚される睡眠受容性を調査しました。
WTNの実際の記録に基づいて、
合計13のノイズ刺激が合成されました。
音の可聴性とAM深度は、
フィールドレコーディングで測定された
AM深度に関連する範囲内で変化しました。
参加者の反応は非常に多様でしたが、
自己申告による騒音に敏感な個人では、
12 dB(A)の音の可聴性でのAM深度の増加は、
睡眠の受容性の低下と関連していました。


※ Tonal Sound(トーナルサウンド)とは
広帯域音(Broadband Noise)のなかから
突出して聞こえる音がTonal Soundであり
騒音の場合は主要な騒音と言う意味でTonal Noiseと呼ぶ。
■風車の発生音と伝播
(Journal of JWEA|2009年)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/33/3/33_4/_pdf/-char/ja
著者:著者:勝呂 幸夫 日本風力エネルギ協会副会長 ―引用終わり



・2021年5月24日に次の論文をエントリしました。

2021/05/24
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2001年
ぜひ!→
スウェーデン、英国
◇Low frequency noise" pollution" interferes with performance.
低周波ノイズ「汚染」がパフォーマンスを妨げる

(Noise & Health|2001年)
フリーフルテキスト
■Noise & Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2001;volume=4;issue=13;spage=33;epage=49;aulast=Waye
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Low%20frequency%20noise%20pollution.pdf
著者:Kerstin Persson Waye 他
Noise and health.
Year : 2001 | Volume : 4 | Issue : 13 | Page : 33-49
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7334.html
―引用
要旨:
低周波ノイズがパフォーマンスとアノイアンス/不快感に
及ぼす可能性のある干渉を調査するために、
一般にノイズに対する感度が高いまたは低いと
分類された被験者を、
特に低周波数ノイズは、両方とも40 dBAのレベルで、
主に低周波数コンテンツまたはフラット周波数コンテンツ
(参照ノイズ)のノイズ環境で
さまざまなパフォーマンスタスクを処理しました。
効果は、パフォーマンスの変化と
主観的な反応の観点から評価されました。
結果は、低周波ノイズ条件と比較して、
参照ノイズで口頭の文法的推論タスクを使用した作業中に、
時間の経過とともに
応答時間が大幅に改善されたことを示しました。
結果はさらに、低周波ノイズが、読み取られる行ごとに
作成されるマークの数を減らすことによって、
校正タスクを妨げることを示しました。
被験者は、低周波ノイズの条件下で作業する場合、
より高度なアノイアンス/不快感と
作業能力の低下を報告しました。
影響は、低周波ノイズに対して
高感度と評価された被験者でより顕著でしたが、
一般にノイズに対して高感度と評価された被験者では
部分的に異なる結果が得られました。
結果は、作業パフォーマンスの質と
知覚されるアノイアンス/不快感は、
一般的に発生する騒音レベルでの
低周波騒音への継続的な曝露によって
影響を受ける可能性があることを示唆しています。
低周波ノイズに高感度として分類された被験者は、
最もリスクが高い可能性があります
。―引用終わり



・2021年5月24日に次の論文をエントリしました。

2021/05/24
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年1月
ぜひ!→
スウェーデン、英国
◇Effects of nighttime low frequency noise on the cortisol response to awakening
and subjective sleep quality.
覚醒および主観的な睡眠の質に対するコルチゾール反応に対する夜間の低周波ノイズの影響

(Life sciences|2003年1月)
DOI: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12493567/
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0024320502023366?via%3Dihub
フルテキスト
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Persson-Waye-LFN-cortisol-2002.pdf
著者:Kerstin Persson Waye 他
Life Sciences
Volume 72, Issue 8, 10 January 2003, Pages 863-875
DOI: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7334.html
―引用
要旨:
夜間の交通騒音(TN)または低周波騒音(LFN)への曝露が、
コルチゾール覚醒反応
および主観的な睡眠の質に及ぼす影響を測定しました。
12人の男性被験者が騒音睡眠実験室で5夜連続して眠りました。
順応の1夜と参照夜の1日後、
被験者は交互の夜にTN(35dB LAeq、50dB LAmax)
またはLFN(40dB LAeq)のいずれかにさらされました
(間に追加の参照夜があります)。
唾液を含まないコルチゾール濃度は、
覚醒直後および覚醒後15分間隔で3回採取した
唾液サンプルで測定しました。
被験者は気分と睡眠の質に関するアンケートに回答しました。
参照夜の覚醒コルチゾール反応は、
正常なコルチゾールパターンを示した。
覚醒時のコルチゾール反応について、
夜間の曝露と時間との間に有意な相互作用が見られました。
LFNへの曝露後の覚醒コルチゾール反応は、
覚醒後30分で減弱しました。
被験者は、LFNへの曝露中に眠りにつくのに時間がかかりました。
TNへの暴露はより大きな刺激を誘発した。
覚醒後30分でのコルチゾールレベルは、
LFNへの曝露後の朝の「活動」と「快適さ」に関連していました。
覚醒後30分のコルチゾールレベルは、
TNへの曝露後の睡眠の質に関連していた。
したがって、この研究は、LFNへの夜間の曝露が
覚醒時のコルチゾール反応に影響を与える可能性があり、
覚醒後のコルチゾールレベルの低下が
睡眠の質と気分の低下に関する主観的な報告と
関連していることを示しました
。―引用終わり



・2021年5月17日に次の論文をエントリしました。

2021/05/17
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2013年12月
英国
◇Wind turbine amplitude modulation:research to improve understanding as to its cause effect.
風力タービンの振幅変調:その原因効果に関する理解を向上させるための研究

(Renewable UK|2013年12月)
■Renewable UK
https://www.renewableuk.com/page/IndustryStatementOAM/page/CommunitiesEnergy
■pdf
https://cdn.ymaws.com/www.renewableuk.com/resource/collection/
4E7CC744-FEF2-473B-AF2B-135FF2AA3A43/ruk_wind_turbine_amplitude_modulation_dec_2013_v2_(1).pdf
Renewable UK; 2013.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7324.html
―引用
Summary サマリー:
現代の大型風力タービンは通常、
数デシベルの音レベル変動を伴うスウィッシュノイズを生成します。
ただし、場合によっては、
強化された振幅変調(EAM)として示される、
スウィッシュまたはサンピングの増加の期間が報告されます。
EAMの潜在的な原因を特定するために、
代表的な最新の大型風力タービンの音響特性に対する
ウインドシアの影響についてシミュレーション研究が行われました。
最初に、局所的なブレードの流れの状態に対する
ウインドシアの影響が決定されました。
特定のタービン運転条件では、強いウインドシアが回転の上部で
局所的な失速につながる可能性があることがわかりました。
対応する音の特性を決定するために、
既存のタービン騒音予測モデルが拡張され、
方位角に依存するブレード音源分布が含まれるようになりました。
さらに、ストールノイズモジュールが実装されました。
シミュレーション結果は、
ブレード上の流れが接続されている限り、
ウィンドシアは振幅変調に
実質的に影響を与えないことを示しています。
ただし、ローカルストールが発生した場合、
結果として生じるノイズ特性は
EAMの特性と非常に似ている可能性があります。
したがって、ローカルストールは
EAMのもっともらしい説明であると結論付けることができます。
感度研究は、ウインドシアによって誘発された振幅変調の特性が
主にストール領域のサイズに依存すること
(これは次にブレードの設計、タービンに依存します
制御システム、動作条件およびウィンドシア)
およびブレードに使用される翼の失速騒音挙動についてを示しました。
これらのパラメータの特定の組み合わせに対してのみ、
EAMが発生します。
EAMを防ぐための最も明白な対策は、
ブレードの局所的な失速を防ぐことです。
これは、いくつかの方法で実現できます。
ウインドシアとは別に、
不均一な流入条件も引き起こされる可能性があります
例:ヨー(風向風)、地形、大規模な乱気流、
または他のタービンの後流。
これらの影響により、ローカルストールが発生し、
結果としてEAMが発生する可能性があります
。―引用終わり



・2021年5月14日に次の論文をエントリしました。

2021/05/14
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2013年8月28-30日
ぜひ!→
英国
◇Audible amplitude modulation:
results of field measurements and investigations compared to psychoacoustical assessment
and theoretical research.
可聴振幅変調:音響心理学的評価および理論的研究と比較した現場測定および調査の結果

(5th International Meeting on Wind Turbine Noise|2013年8月28-30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/WTN13_Stigwood.pdf
■WindWatch/Presentation
https://docs.wind-watch.org/WTN13_Stigwood_Presentation.pdf
著者:Mike Stigwood 他
In: 5th International Meeting on Wind Turbine Noise. Denver, Colorado; 2013. .
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7321.html
―引用
Summary サマリー:
英国では、振幅変調(AM)の原因とその発生を予測する能力は、
多くの人にとって難解であると考えられています。
AMを経験または測定したことのある人はほとんどいませんが、
AMはまれであり、その影響に対抗するための行動は、
その性質と原因に関する最小限の知識によって
制限されると主張する結論が頻繁に出されます。
この論文は、AMの現在の知識と意見を前進させることを
目的としています。
AMの調査に成功するために使用された方法が確認されています。
AMは、夕方(日没後)、
夜間、または早朝に測定する必要があります。
音速勾配の変化に起因する下向きの屈折につながる
大気安定度などの気象効果により、
測定されるAMの特性とレベルが変化します。
AMは、単一のタービンを含む
すべての風力タービンによって生成されます。
主に気象の影響を受ける伝播条件、
および局所的に高められたノイズゾーンの発生により、
影響を受ける場所が決まります。
11の風力発電所からの測定値が提示され、
現在の研究と理論に関連して議論されています。
調査結果は、AMの発生が頻繁であり、
適切な条件下で測定し、
適切な機器と設定を使用することにより、
現場で容易に識別できることを確認しています。
周波数成分や周期性などのAMの可聴機能は、
風力発電所内および風力発電所間で異なります。
ノイズ特性は、短期間で大幅に異なる場合があります。
AM特性の絶え間ない変化は、注意力と認知的評価
および再評価を高め、音への順応を阻害します。
風力エネルギー開発の承認と実施の責任者は、
AMの特徴と影響についての理解を深めることを勧めます。
これは、このホワイトペーパーで説明されている
試用版のリスニングルーム体験に参加することで実現できます
。―引用終わり



・2021年4月28日に次の論文をエントリしました。

2021/04/28
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2009年10月26-28日
英国、オランダ
◇(2007). Research into Aerodynamic Modulation of Wind Turbine Noise.
APPENDIX: REVIEW OF UNIVERSITY OF SALFORD REPORT
風力タービン騒音の空力変調に関する研究
アペンディックス:サルフォード大学レポートのレビュー

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/vandenberg-internoise-2009.pdf
著者:Van den Berg, F.

University of Salford: UK Department for Business, Enterprise & Regulatory Reform.

APPENDIX:
Review of University of Salford Report
“Research into Aerodynamic Modulation of Wind Turbine Noise”
commissioned by the British Department of Business,
Enterprise & Regulatory Reform
(now the Department for Business, Innovation and Skills)

アペンディックス:英国ビジネス・エンタープライズ・規制改革省
(現在はビジネス・イノベーション・技能省)から委託された
サルフォード大学のレポート
「風力タービン騒音の空力変調に関する研究」のレビュー
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7311.html
―引用
一部抜粋:
サルフォード大学は、
英国ビジネス・エンタープライズ・規制改革省
(現在はビジネス・イノベーション・技能省)から委託されたレポート
「風力タービン騒音の空力変調に関する研究」を発表しました
[参考文献を参照してください。 上記の15]
風力発電所からの音の振幅変調(AM)が
重要な効果であるかどうかを判断することを目的としています。
レポートでは、風力発電所の騒音に関する苦情は、
地区に1つ以上の風力発電所がある地方自治体で働く
環境衛生官(EHO)に送信された質問票を
分析することによって調査されました。
結論は、「AMの発生率が低く、悪影響を受ける人の数が少ないため、
他のより広範な騒音問題よりも、さらなる研究資金を正当化することが困難である。
一方、AMは現時点では十分に予測できず、その原因も十分に理解されていないため、
この分野の理解を深めるためにさらなる研究を行うことが賢明であると考えています。」

これはやや意外な結論です;
以下に示すように、他の結論が可能です。
著者らは、産業騒音は風力タービンよりも
はるかに多くの人々に影響を及ぼしていると述べています。
しかし、この声明の関連性は明確ではありません。
影響を受ける人が少ない場合(おそらくもっと深刻ですが)、
ノイズ源は小さな問題ですか?
初期の風力発電所は騒音が少なく(タービンが小さい)、
おそらく比較的離れた場所にあることが多かったので、
それは小さな問題でしたか?
風力発電所の騒音は、
風力発電所が増える将来、小さな問題のままでしょうか?
―引用終わり



・2021年4月27日に次の論文をエントリしました。

2021/04/27
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2017年3-4月
ぜひ!→
ロシア
◇The Effects of Low-Frequency Noise on Rats:
Evidence of Chromosomal Aberrations in the Bone Marrow Cells
and the Release of Low-Molecular-Weight DNA in the Blood Plasma
ラットに対する低周波ノイズの影響:
骨髄細胞における染色体異常と血漿中の低分子量DNAの放出の証拠

(Noise Health.|2017年3-4月)
doi: 10.4103/nah.NAH_39_16
フリーフルテキスト
■ncbi
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5437756/
著者:Irina N Vasilyeva 他
Noise Health. 2017 Mar-Apr; 19(87): 79–83.
doi: 10.4103/nah.NAH_39_16
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7245.html
―引用
要旨:
目的:

骨髄細胞の染色体異常の頻度およびラットの血漿中の
低分子量DNA(lmwDNA)の含有量に対する
低周波ノイズ(LFN)の影響の評価。

マテリアルおよび方法:
合計96匹のオスのウィスターラットを
単一(17分セッション)
または複数(17分セッションを週5回13週間繰り返し)の
LFNに曝露し、
最大範囲は250 Hz未満、音圧レベル(SPL)は
それぞれ120dBと150dBです。
対照群のラットは何の影響も受けなかった。
その後、骨髄細胞の染色体異常の頻度と
血漿中のlmwDNAのレベルを測定しました。

結果:
対応するSPLのいずれかによる単一のLFN曝露では、
対照(0.9±0.3%)と比較して
染色体異常の頻度が有意に増加した(10倍以上)ことが
検出されました。
そして、収差スペクトルに
二動原体染色体の出現をもたらしました。
これらは両方とも、曝露によって引き起こされた
デオキシリボ核酸の二本鎖切断の発生で明らかです。
さらに、1回のLFN曝露の翌日に測定された
血漿中のlmwDNAレベルは、
対照群(11.0±5.4 ng / ml)よりも有意に高く
(それぞれ7.7倍および7.6倍)、
そのようなレベルは対照群(18.8±1.6 ng / ml)と比較して、
SPLがそれぞれ120dBと150dBの単一LFN曝露後の週に、
より高い(それぞれ4.8倍と2.1倍)を維持しました。
同様の結果が、
コントロール(17.7±1.7 ng / ml)と比較して
複数のLFN曝露(それぞれ36.4倍および22.4倍)の
グループから得られ、
LFNの影響の結果としての
細胞アポトーシス※の増強を示唆しています。

結論:
おそらく、LFNは変異原性の可能性があり、
大量の細胞死を引き起こす可能性があります


 【アポトーシスとは】
■研究用語辞典

http://www.kenq.net/dic/60.html
アポトーシス(apoptosis)とは、細胞の自然死のことを指します。
Apoptosisの語源はギリシャ語の「apo-(離れて)」と
「ptosis(下降)」に由来していて、
「(枯れ葉などが木から)落ちる」という意味を持っています。
個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、
管理・調節された細胞の自殺つまりプログラムされた細胞死のことです。―引用終わり



・2021年4月26日に次の論文をエントリしました。

2021/04/26
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2017年1月1日
ロシア
◇Low-frequency noise as a hazard increasing occurrence of chromosomal aberrations
and promoting cell death
染色体異常の発生を増加させ、細胞死を促進する危険性としての低周波ノイズ

(Meditsina Truda i Promyshlennaia Ekologiia|2017年1月1日)
PMID: 30351790
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30351790/
■Europe PMC
https://europepmc.org/article/med/30351790
著者:I N Vasil'eva 他
Meditsina Truda i Promyshlennaia Ekologiia, 01 Jan 2017, (3):22-26
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7308.html
―引用
要旨:
著者らは、細胞ゲノムおよび細胞死プロセスに対する
低周波ノイズの影響を研究しました。
Vistar雄ラットは、最大範囲が250Hzまでで、
音圧が120.dBまたは150 dBの場合、
1回(17分間)または繰り返し(17分間、13週間にわたって週5日)、
低周波ノイズにさらされました
その後、骨髄細胞および血清低分子DNAにおける
染色体異常の頻度を評価した。
参照値と比較して、120または150 dBの音圧で
低周波ノイズに1回曝露すると、
染色体異常の周波数が10倍以上確実に増加し、
異常スペクトルに二動原体が生じました。
血清低分子DNAは7倍以上に大幅に増加し、
低周波ノイズにさらされてから7日間は
低分子DNAレベルが高いままでした。
音圧120および150dBの低周波ノイズに繰り返しさらされると、
低分子DNAレベルが参照値に対して
それぞれ36倍および22倍確実に増加しました。
したがって、低周波ノイズはゲノムに害を及ぼし、
染色体異常の頻度が高くなり、
細胞外低分子DNAのレベルが高くなる
アポトーシスを増加させます。
作業の一部は、ロシア連邦の主要大学の
政府財政支援を受けて実施されました(助成金074U01)
。―引用終わり



・2021年4月20日に次の論文をエントリしました。

2021/04/20
<振動音響疾患>
2013年5-6月
ぜひ!→
ポルトガル
◇Effects of large pressure amplitude low frequency noise
in the parotid gland perivasculo-ductal connective tissue.
耳下腺血管周囲-管結合組織における大きな圧力振幅の低周波ノイズの影響

(Acta Med Port|2013年5-6月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23815838/
著者:Pedro Oliveira 他
Acta Med Port. May-Jun 2013;26(3):237-242.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7301.html
―引用
要旨:
前書き:

大きな圧力振幅にさらされた組織や臓器では、
炎症の兆候がない場合に低周波ノイズ線維症が発生します。
これは保護反応であると考えられています。
耳下腺では、血管周囲-管結合組織が動脈、静脈、
および管樹を取り囲んでいます。
血管周囲結合組織は、
腺組織の機械的安定剤として機能すると考えられています。
マテリアルと方法:
大きな圧力振幅の低周波ノイズに曝露された
ラットにおける血管周囲結合組織の増殖を定量化するために、
6つのグループに均等に分けられた
60匹のウィスターラットを使用しました。
1つのグループは沈黙を保ち、
残りの5つのグループは継続的な大きな圧力振幅の
低周波ノイズにさらされました:
g1-168h(1週間)。 g2-504h(3週間); g3-840h(5週間);
g4-1512h(9週間);およびg5-2184h(13週間)。
曝露後、耳下腺を摘出し、
血管周囲の結合組織面積をすべてのグループで測定しました。
SPSS 13.0を使用して、ANOVA統計分析を適用しました。
結果:
世界的な傾向は、平均血管周囲-管結合組織領域の増加であり、
これは、大きな圧力振幅の低周波ノイズ曝露時間(p <0.001)で
直線的かつ有意に発達します。
討論:
大きな圧力振幅の低周波ノイズ曝露に対する生物学的反応は、
構造的完全性を維持する必要性に関連していることが示唆されています。
構造的強化は、血管周囲-管結合組織の増加によって達成されます。
結論:
したがって、これらの結果は、
大きな圧力振幅の低周波ノイズ曝露に応答して、
ラット耳下腺が血管周囲-管結合組織を増加させることを示しています
。―引用終わり



・2021年4月20日に次の論文をエントリしました。

2021/04/20
<振動音響疾患>
2013年6月
ぜひ!→
ポルトガル
◇Histomorphometric evaluation of the coronary artery vessels
in rats submitted to industrial noise.
産業騒音にさらされたラットの冠状動脈血管の組織形態計測的評価

(Acta Cardiol|2013年6月)
doi: 10.1080/ac.68.3.2983423.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23882874/
著者:Eduardo Antunes 他
Acta Cardiol. 2013 Jun;68(3):285-289.
doi: 10.1080/ac.68.3.2983423.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7301.html
―引用
要旨:
前書き:

インダストリアルノイズ/産業騒音(IN)は、
体の構造に物理的な振動を引き起こす
高強度と広範囲の波長を特徴としています。
低周波音波に起因するこの効果は、
炎症過程がない場合、コラーゲンの異常な増殖
および組織線維症の発症を伴う細胞外マトリックスの
病理学的変化につながる可能性があります。
目的:
この研究の目的は、INに提出されたWistarラットの
動脈冠状血管の変化を評価することでした。
方法:
ラットの2つのグループが考慮されました:
最大7ヶ月間INに曝露された20匹のラットを含むグループA。
年齢を一致させた対照として20匹のラットを有するグループB。
心臓を心室の頂点から心房まで切断し、心室中央の断片を選択した。
組織学的観察には、ヘマトキシリン-エオジン
およびマッソンのトリクローム染色を使用した。
冠状血管の組織形態計測的評価は、
コンピューター画像分析ImageJソフトウェアを使用して
実行されました。
平均内腔対血管壁(L / W)
および中膜血管壁対血管周囲組織(W / P)比を
各グループで計算した。
結果:
組織学的評価は、グループAの炎症細胞の非存在下で
線維性発達を伴う顕著な血管周囲組織を示した。
組織形態計測分析は、平均L / WがグループAとBで
それぞれ0.7297と0.6940であることを示しました。
平均W / P比はA群とB群でそれぞれ0.4923と0.5540であり、
対照群でより高かった(P <0.01)。
結論:
動脈冠状血管には血管周囲の構造変化があります。
我々の結果は、ラットの心臓の産業騒音によって誘発される
動脈周囲線維症の有意な発達を示しています
。―引用終わり



・2021年4月19日に次の論文をエントリしました。

2021/04/19
<振動音響疾患>
2002年
ぜひ!→
ポルトガル
◇Low frequency noise and whole-body vibration cause increased levels
of sister chromatid exchange in splenocytes of exposed mice.
低周波ノイズと全身振動は、暴露されたマウスの脾細胞における
姉妹染色分体交換のレベルの増加を引き起こす

(Teratog Carcinog Mutagen|2002年)
doi: 10.1002/tcm.10012.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11948630/
著者:M J Silva 他
Teratog Carcinog Mutagen. 2002;22:195–203.
doi: 10.1002/tcm.10012.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7299.html
―引用
要旨:
低周波(LF)ノイズと全身振動(WBV)への慢性的な曝露は、
人間の生理学的および心理的変化の両方を誘発します。
最近、LFノイズとWBVへの長期の職業的曝露が、
リンパ球の姉妹染色分体交換(SCE)レベルの
増加として表されるヒトに遺伝毒性作用をもたらすことを示しました。
本研究の目的は、観察された効果がマウスモデルで
再現できるかどうかを調査することであり、
再現できる場合は、LFノイズのみまたはWBVとの組み合わせで
SCE誘導に役立つ薬剤はどれかを調査することでした。
SCEは、LFノイズのみ、およびWBVとの組み合わせで300時間
および600時間曝露されたマウスの脾臓リンパ球で分析されました。
細胞周期動態レベルでの影響も調べた。
結果は、細胞あたりの平均SCE数と、
コントロールよりもノイズとWBVの組み合わせを受けた
マウスのリンパ球におけるSCE(HFC)の
頻度が高い細胞の割合の有意な増加を明らかにしました。
単一の騒音曝露マウスと対照マウスの間に有意差は見られなかった。
細胞周期の遅延は、ノイズとWBV曝露グループでのみ観察されました。
結論として、曝露された労働者と同様に、
LFノイズとWBVの組み合わせへの長期曝露は、
マウスのSCEレベルの増加を決定しますが、
LFノイズだけではSCE誘導に効果がないことを示しました
。―引用終わり



・2021年4月16日に次の論文をエントリしました。

2021/04/16
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2004年12月
フランス
◇Éoliennes, Sons et Infrasons: Effets de l’Éolien Industriel Sur La Santé des Hommes
風力タービン、騒音、超低周波音:産業用風力エネルギーが人間の健康に及ぼす影響

(2004年12月)
■WindWatch/PDF
https://docs.wind-watch.org/villey-migraine_eoliennesinfrasons.pdf
著者:Marjolaine Villey-Migraine
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7296.html
―引用
産業用風力タービンから放出される超低周波音の人間の健康への影響
その間、開業医によって行われ、
国内および医療の報道機関によって発表された臨床観察が
ますます増えています。
彼らは次の症状を説明します:
視覚の問題、苦痛、過敏性、吐き気、下痢、
睡眠と休息の問題、耳のハミング、そしてうつ病。 …
30年前に風力タービンが導入されたデンマークでは、
政府は、特に健康へのリスクのために、
陸上への新しい風力タービンの設置を停止することで、
国民の需要に応えました。 …
結論として、風力タービンは、
超低周波音によって生じるリスクがあるため、
すべての居住地から5 km(3.1マイル)以内に設置してはなりません
。―引用終わり



・2021年4月15日に次の論文をエントリしました。

2021/04/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2014年10月8日
カナダ
◇On the biological plausibility of wind turbine syndrome.
風力タービン症候群の生物学的妥当性について

(International Journal of Environmental Health Research|2014年10月8日)
doi: 10.1080/09603123.2014.963034.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25295915/
■Taylor&Francis online
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/09603123.2014.963034?journalCode=cije20
著者:Robert V Harrison
International Journal of Environmental Health Research
Volume 25, 2015 - Issue 5 、Pages 463-468
doi: 10.1080/09603123.2014.963034.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7294.html
―引用
要旨:
新たな環境衛生問題は、
風力タービンの騒音の潜在的な悪影響に関連しています。
風力タービン信号の低周波音響成分が
前庭系障害に関連する症状、すなわちめまい、吐き気、
眼振を引き起こす可能性があるという多くの提案があります。
この一連の症状は風力タービン症候群と呼ばれ、
風力発電所の近くに住む個人の事例研究で特定されています。
このレビューでは、タービンの騒音が内耳の前庭部分を刺激し、
ひいては風力タービン症候群を引き起こすことが
生物学的にもっともらしいかどうかについて説明します。
正常な被験者、および音刺激に対する前庭閾値を
下げることが知られている既存の状態の被験者において、
半規管または耳石末端器官を活性化できる音のレベルを検討します
。―引用終わり



・2021年4月14日に次の論文をエントリしました。

2021/04/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2004年4-6月
ぜひ!→
デンマーク
◇Effects of low frequency noise on sleep.
睡眠に対する低周波ノイズの影響

(Noise & Health|2004年4-6月)
オープンアクセス
■Noise & Health
https://www.noiseandhealth.org/article.asp?issn=1463-1741%3Byear%
3D2004%3Bvolume%3D6%3Bissue%3D23%3Bspage%3D87%3Bepage%3D91%3Baulast%3DWaye
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15273026/
著者:Persson Waye K.
Noise & Health
Year : 2004 | Volume : 6 | Issue : 23 | Page : 87-91
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7292.html
―引用
要旨:
低周波ノイズ(20〜200 Hz)は、
社会のさまざまな発生源から放出されます。
低周波数は壁や窓をほとんど減衰せずに伝播するため、
多くの人が住居で
低周波数のノイズにさらされる可能性があります。
睡眠障害は、特に朝の眠りにつく時間と倦怠感に関して、
低周波ノイズのケーススタディで一般的に報告されています。
しかし、騒音の低周波に関連して
睡眠障害が調査される研究の数は限られています。
利用可能な疫学的および実験的研究からの発見に基づいて、
レビューは、低周波ノイズによる睡眠障害が
さらなる懸念を正当化することを示しています
。―引用終わり



・2021年4月13日に次の論文をエントリしました。

2021/04/13
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2004年10月
スウェーデン、英国
◇(2003) (c)
Cortisol response and subjective sleep disturbance after low frequency noise exposure.
低周波騒音曝露後のコルチゾール反応と主観的睡眠障害

(Journal of Sound and Vibration|2004年10月)
https://doi.org/10.1016/j.jsv.2004.03.004
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0022460X04004316
■University of Westminster
https://westminsterresearch.westminster.ac.uk/item/92z7z/
cortisol-response-and-subjective-sleep-disturbance-after-low-frequency-noise-exposure
著者:K.Persson Waye 他
Journal of Sound and Vibration
Volume 277, Issue 3, 22 October 2004, Pages 453-457
https://doi.org/10.1016/j.jsv.2004.03.004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7290.html
―引用
要旨:
以前の実験的研究は、目覚めたときのコルチゾール反応が、
低周波の騒音にさらされた夜の後に減少したことを示しました。
この研究は、
より多くの被験者と長期間の順応夜で構成されました。
合計で、26人の男性被験者が睡眠実験室で5夜連続して眠りました。
被験者の半数は4日目に低周波ノイズ(40 dBA)にさらされ、
5日目に基準夜(24 dBA)になりましたが、
グループの残りの半数には逆の状態がありました。
主観的な睡眠障害を質問票で記録し、
覚醒時のコルチゾール反応を唾液で測定しました。
結果は、被験者が低周波ノイズで夜を過ごした後の朝に、
より疲れていて、社会的志向が少ないと感じたことを示しました。
毎晩夕方、低周波ノイズで気分に悪影響が出ました。
騒音状態のコルチゾール分泌への影響は見られなかった。
グループと平日の有意な効果があり、
唾液コルチゾール分泌が騒音障害のある睡眠の指標として
確実に使用される前に、
さらなる方法論の開発が必要であることを示しています
。―引用終わり



・2021年4月13日に次の論文をエントリしました。

2021/04/13
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2002年12月7日
スウェーデン、英国
◇(2003) (b) Effects of nighttime low frequency noise
on the cortisol response to awakening and subjective sleep quality.
覚醒および主観的な睡眠の質に対するコルチゾール反応に対する夜間の低周波ノイズの影響

(Life Sciences|2002年12月7日)
doi: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6.
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0024320502023366?via%3Dihub
著者:Kerstin Persson Waye 他
Life Sciences
Volume 72, Issue 8, 10 January 2003, Pages 863-875
doi: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7290.html
―引用
要旨:
夜間の交通騒音(TN)または低周波騒音(LFN)への
曝露がコルチゾール覚醒反応および主観的な睡眠の質に
及ぼす影響を測定しました。
12人の男性被験者が騒音睡眠実験室で5夜連続して眠りました。
順応の1夜と参照夜の1日後、
被験者は交互の夜にTN(35dB LAeq、50dB LAmax)
またはLFN(40dB LAeq)のいずれかにさらされました
(間に追加の参照夜があります)。
唾液を含まないコルチゾール濃度は、
覚醒直後および覚醒後15分間隔で
3回採取した唾液サンプルで測定しました。
被験者は気分と睡眠の質に関するアンケートに
回答しました。
参照夜の覚醒コルチゾール反応は、
正常なコルチゾールパターンを示した。
覚醒時のコルチゾール反応について、
夜間の曝露と時間との間に有意な相互作用が見られました。
LFNへの曝露後の覚醒コルチゾール反応は、
覚醒後30分で減弱しました。
被験者は、
LFNへの曝露中に眠りにつくのに時間がかかりました。
TNへの暴露はより大きな刺激を誘発した。
覚醒後30分でのコルチゾールレベルは、
LFNへの曝露後の朝の「活動」と「快適さ」に関連していました。
覚醒後30分のコルチゾールレベルは、
TNへの曝露後の睡眠の質に関連していた。
したがって、この研究は、LFNへの夜間の曝露が
覚醒時のコルチゾール反応に影響を与える可能性があり、
覚醒後のコルチゾールレベルの低下が
睡眠の質と気分の低下に関する主観的な報告と
関連していることを示しました
。―引用終わり



・2021年4月12日に次の論文をエントリしました。

2021/04/12
<論文-騒音とノイズ感度、アノイアンス/不快感>
2003年7月1日
スウェーデン
◇(1990) Effects of noise during sleep with reference to noise sensitivity and habituation.
騒音感受性と慣れに関連した睡眠中の騒音の影響

(Environment International|2003年7月1日)
https://doi.org/10.1016/0160-4120(90)90016-Y
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/016041209090016Y
著者:Evy Öhrström 他
Environment International
Volume 16, Issues 4–6, 1990, Pages 477-482
https://doi.org/10.1016/0160-4120(90)90016-Y
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7288.html
―引用
要旨
道路交通騒音の影響が、
2週間の実験室研究で騒音に敏感な被験者と
騒音に敏感でない被験者の間で調査されました。
ノイズイベントに関連する心拍数と
体の動きに対する生理学的影響が見られましたが、
どちらもノイズ期間の終わりに向かって減少しませんでした。
睡眠の質に対する有意な効果は、
敏感な被験者の間でのみ見られました。
睡眠の質、気分、パフォーマンスに対する騒音の悪影響は、
最初の騒々しい夜の後と同じように、最後の後で顕著でした。
ノイズイベントの数の重要性に関する実験室研究からの
予備的な結果は、60dBAで1泊あたり約10イベントの
睡眠の質への影響のしきい値があることを示しました。
50 dBAの場合、
睡眠の質の大幅な低下が64イベント/夜で見られました。
激しい騒音を特徴とする地域での現地調査の結果は、
夜間の騒音がさまざまな心理社会的
および医学的症状を引き起こし、
騒音に敏感な個人の間で睡眠の質の低下が
より頻繁であることを示唆しています
。―引用終わり



・2021年4月7日に次の論文をエントリしました。

2021/04/07
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2013年10月17日
カナダ
◇Wind Turbine Noise, Sleep Quality, and Symptoms of Inner Ear Problems
風力タービンの騒音、睡眠の質と内耳の問題の症状

(オンタリオ州ヨーク大学持続可能性に関するシンポジウム|2013年10月17日)
■WindWatch - PowerPoint presentation
https://docs.wind-watch.org/Paller_Poster_15Oct2013.pdf
著者:Claire Paller 他
2013年10月17日木曜日、オンタリオ州トロントのヨーク大学で開催された
持続可能性に関するシンポジウムでポスターとして発表されました。
これは、オンタリオ州公共政策研究委員長のシンポジウムの一部です。
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7282.html
―引用
RESULTS AND DISCUSSION
・・・・・
多変量解析では、最も近い風力タービンまでの距離を
距離とln(距離)の両方として評価しました。
すべての場合において、
ln(distance)はモデルの適合性を改善しました。
めまいとln(距離)の関係は、
年齢、性別、郡を制御したときに統計的に有意でした(P <0.001)。
耳鳴りとln(距離)の関係は
統計的有意性に近づきました(P = 0.0755)。
めまいと耳鳴りの両方が
風力タービンの近くで暮らす参加者の間で悪化しました。
PSQI、めまい、耳鳴りの間の
スピアマンの順位相関係数(rs)を以下に示します。
すべての関係は正であり、
統計的に有意であることがわかりました。
変数「耳鳴り」と「めまい」の間に
最も強い相関が見られました(rs = 0.2)。
結論として、
ln(距離)とPSQI、ln(距離)と自己申告のめまい、
ln(距離)と自己申告の耳鳴りの間に関係が見つかりました。
研究結果は、将来の研究が睡眠障害と
内耳の問題の症状に対する風力タービンの騒音の影響に
焦点を当てるべきであることを示唆しています
。―引用終わり



・2021年4月6日に次の論文をエントリしました。

2021/04/06
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年9月
米国
◇Responses of the ear to low frequency sounds, infrasound and wind turbines
低周波音、超低周波音、風力タービンに対する耳の反応

(Hearing Research|2010年9月)
doi:10.1016/j.heares.2010.06.007
オープンアクセス
■PMC
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2923251/
著者:Alec N. Salt and Timothy E. Hullar
Hearing Research, 2010 Sep 1;268(1-2):12-21.
doi:10.1016/j.heares.2010.06.007
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7280.html
―引用
要旨:
超低周波音は、
体内で(呼吸、心拍、咳などによって)発生し、
空調システム、車内、一部の産業プロセス、
そして現在ますます普及している風力タービンなどの
外部ソースによって生成されます。
可聴域よりも低い振幅で提示される超低周波音は、
耳に影響を与えないと広く考えられています。
このレビューでは、聞こえるかどうかにかかわらず、
低周波音が耳の機能に影響を与える可能性のある方法を検討します。
内耳には、低周波音の成分が脳に伝達される前に
それらを減衰させる精巧なメカニズムがあります。
耳の聴覚部分である蝸牛には、
内有毛細胞(IHC)と
外有毛細胞(OHC)の2種類の感覚細胞があり、
IHCは「聴覚」を脳に伝達する求心性線維に結合しています。
IHCの感覚不動毛(「毛」)は機械的刺激に
「流体結合」されているため、
それらの応答は刺激速度に依存し、
音の周波数が低くなると感度が低下します。
対照的に、OHCは機械的刺激に直接結合されているため、
それらの入力は低周波数でIHCよりも大きいままです。
非常に低い周波数では、
OHCは聞こえるレベルよりも低いレベルの音によって刺激されます。
球形嚢などの他の感覚構造の有毛細胞は
超低周波音周波数に調整できますが、
これらの構造に結合する聴覚刺激は非効率的であるため、
空中超低周波音の影響を受ける可能性は低くなります。
内リンパの体積調節に関与する構造も
超低周波音の影響を受けることが知られていますが、
その感度も低いと考えられています。
ただし、耳が超低周波音に対して過敏になる異常な状態があります。
ほとんどの場合、
超低周波音に対する内耳の反応は正常と見なすことができますが、
慣れない感覚や生理機能の微妙な変化に関連している可能性があります。
これにより、風力タービンの騒音の超低周波音成分への曝露が
耳の生理機能に影響を与える可能性が高まります
。―引用終わり



・2021年4月5日に次の論文をエントリしました。

2021/04/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2004年10-12月
ぜひ!→
ドイツ
◇Effects of low frequency noise on man--a case study
低周波ノイズが人間に及ぼす影響-ケーススタディ

(Noise Health|2004年10-12月)
フリーフルテキスト
■Noise Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2004;volume=7;issue=25;spage=23;epage=28;aulast=feldmann
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15703146/
著者:J Feldmann, F A Pitten
Noise Health.
Year : 2004 | Volume : 7 | Issue : 25 | Page : 23-28
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7278.html
―引用
要旨:
人間に対する超低周波音の
長期暴露の実際の事例に基づいて概説されています。
発生した健康問題についての意見とともに
事件の背景の説明のほかに、
主な見解は、考えられる技術的原因と同じように
特別な種類の曝露を特定することの進行にあります。
アノイアンス/不快感の原因として、
一般的な聴覚閾値をはるかに下回る
非常に低い周波数の空中音を被曝した人々の家に模倣した
小さな暖房設備が特定されました。
結果は、低レベルの超低周波音が
人間に及ぼす影響に関する研究の一般的な不足を
明確に示しています。

Background:
1995年の間に、B夫妻は、小さな地方都市の近くの
騒がしくない郊外のコロニー内に新しく建てられた
一戸建て住宅に引っ越しました。
1995/1996年の冬に暖房サイクルが始まると、
家族は家の中で低周波の騒音と振動に最初に気づきました。
1996年の間に、生理学的および心理的影響の両方が、
体調不良、パフォーマンスの低下、睡眠障害、頭痛、耳圧、
這う知覚異常または息切れなどの強度の増加とともに発生しました。
その影響は非常に強かったので、
家族は近所の別の場所で寝ることにしました。
その間、彼らはレクリエーションクリニックで数週間過ごしました。
現時点での推測では、放出源の可能性は、
B家の家から約60mに位置する2x 750 kWの電力を持つ
コロニーのセントラルヒーティングプラントであると
考えられていましたが、両方の種類のソースメカニズムと
伝送パスは明確ではありませんでした。
アノイアンス/不快感は季節と天候の両方に依存し、
冬と風の場合に強くなりました。
コロニーの他の人々の不満は知られていませんでした。
また、著者は彼らの活動中に信号を知覚しませんでした。
暖房設備の管理者との接触があまり成功しなかったため、
苦しんでいる者にとって厄介な道が始まりました。

次の5年間で、いくつかの活動が見られますが、
原則として、これまで実際の成功はありませんでした。
非効率的な建物の音響対策に加えて、
質の異なる約6つの専門知識を含む
地方自治体を含む専門家の調査により、
暖房設備によって引き起こされた家族の家に
低周波の騒音と振動が存在することが判明しましたが、
両方の放出は通常の知覚しきい値を下回っているため、
TA-Larm、DIN 45680、DIN4150などの
ドイツの法律規制に関して必要なアクションはありません。

次の例は法廷でした。
この時点で、本論文の著者は論争に巻き込まれました。
彼らは技術的な音響の知識と環境医学の知識を結びつけます。
裁判所によって、未解決の問題と矛盾する質問を
それぞれ明確にするために、
特に次の点に新しい専門知識が置かれました:
暖房設備は本当に発生源であるのか、
なぜ障害のある家の近くの睡眠場所は不快感がないのか?
そして、なぜコロニーに住んでいる他の人からの反応がないのか。
家族Bは、暖房設備とその家の間の粘土質土壌の脈が、
空気ではなく地面を介して直接設備の基礎から
伝播を引き起こすという仮説を立てました。

このような単純に見える質問に終止符を打つために、
著者は、特別な音響測定、地質学的状況の調査、
特定の健康診断など、さまざまな調査を手配しました。
これらについては、次のセクションのいずれかで説明します
。―引用終わり



・2021年4月2日に次の論文をエントリしました。

2021/04/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年5月
英国
◇Review of Published Research on Low Frequency Noise and Its Effects
低周波ノイズとその影響に関する公開された研究のレビュー

(Department for Environment, Food and Rural Affairs|2003年5月)
https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-published-research-on-low-frequency-noise-and-its-effects/
フリーフルテキスト
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
237245317_A_Review_of_Published_Research_on_Low_Frequency_Noise_and_its_Effects
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/leventhall-defra-lowfreqnoise.pdf
著者:Dr Geoff Leventhall 他
Report for Defra by Dr Geoff Leventhall
(U.K. Department for Environment, Food and Rural Affairs), May 2003,
with assistance of Peter Pelmear and Stephen Benton.
2003年5月のDefra(英国環境食糧農村地域省)の報告書、
Peter PelmearとStephen Bentonの支援。
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7276.html
―引用
13.2 人間への影響。
超低周波音への曝露は、現代の生活に遍在しています。
地震や風などの自然源によって生成されます。
これは都市環境で一般的であり、
多くの人工的な発生源からの放出として:
自動車、鉄道交通、航空機、産業機械、
大砲および鉱業の爆発、
風力タービンを含む空気移動機械、
コンプレッサー、換気または空調ユニット、
洗濯機などの家電製品、およびいくつかの治療装置。
超低周波音または低周波ノイズの影響は、
他のノイズと比較して低周波ノイズを減衰させる際の、
多数の発生源による広がり、効率的な伝搬、
および多くの構造(住居、壁、聴覚保護)の
効率の低下のために特に懸念されます。

13.6結論。
超低周波音にさらされた一部の人間が、
現実的でストレスの多い異常な耳、中枢神経系、
および共鳴誘発症状を経験することは間違いありません。
これが研究者やその治療を行う医師によって認識されず、
理解と共感をもって適切に対処されない場合、
心理的反応が続き、患者の問題は悪化します。
ほとんどの被験者は、
超低周波音への曝露による健康への深刻な影響はなく、
さらなる曝露が回避されれば、
症状がなくなることを期待できると安心することができます
。―引用終わり



・2021年4月1日に次の論文をエントリしました。

2021/04/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月9-13日
ぜひ!→
日本
◇Epidemiological study on long-term health effects of low-frequency noise produced
by wind power stations in Japan
日本の風力発電所が発生する低周波騒音の長期健康影響に関する疫学的研究

■EHP
https://ehp.niehs.nih.gov/doi/abs/10.1289/isesisee.2018.P02.0580
■ICA2019
http://pub.dega-akustik.de/ICA2019/data/articles/000393.pdf
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Ishitake-long-term-health-effects.pdf
著者:Tatsuya ISHITAKE 他
Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics,
9–13 September 2019, Aachen, Germany: pages 1455–1462
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7274.html
―引用
要旨:
風力発電施設から発生する
低周波騒音を含む風力タービン騒音(WTN)への
長期暴露が睡眠障害の危険因子であるかどうかを調査した。
風力発電施設が稼働している地域に居住する
9,000人以上(20歳以上)の居住者を対象に、
生活環境と健康への影響に関する疫学調査を行いました。
睡眠障害は、アテネ不眠症スケールを使用して評価されました。
風力タービンの近くの住宅地の環境騒音を評価するために、
町の50のコミュニティセンターで
低周波の騒音暴露レベルが測定されました。
複数のロジスティック回帰分析を使用して、
いくつかの騒音曝露指数の危険因子を評価しました。
最寄りのWTから住居までの距離と聴覚、アノイアンス/不快感、
睡眠障害との間に有意な関係が観察されました。
複数のロジスティック分析により、
睡眠障害の有病率は、
主観的聴力ノイズを報告していない居住者よりも
報告した居住者の方が有意に高かった。
さらに、報告されている睡眠障害の有病率は、
2,000 m以上の距離に住む居住者と比較して、
最も近い風力タービンから
1,500 m以下の距離に住む居住者の方が有意に高かった。
風力発電施設に対する居住者の意見と騒音に対する感受性は、
睡眠障害の有病率に関する彼らの反応に強く影響しました
。―引用終わり



・2021年3月24日に次の論文をエントリしました。

2021/03/24
<論文-人体振動>
2013年3月1日
ぜひ!→
日本
◇Vibratory sensation induced by low-frequency noise:
The threshold for “vibration perceived in the head” in normal-hearing subjects.
低周波ノイズによって引き起こされる振動感覚:
正常な聴力の被験者における「頭の中で知覚される振動」のしきい値

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2013年3月1日)
doi: 10.1260/0263-0923.32.1-2.1.
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/0263-0923.32.1-2.1
著者:Yukio Takahashi
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 32 issue: 1-2, page(s): 1-9
doi: 10.1260/0263-0923.32.1-2.1.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7262.html
―引用
要旨:
被験者が体のどの部分でも振動を知覚できる状態で
低周波ノイズによって誘発される振動感覚の閾値レベルを
測定した以前の研究では、
頭部が振動感覚に非常に敏感であることが示されました。
本研究では、振動を知覚する身体部分として頭部を指定し、
16〜80Hzの周波数範囲で「頭部に知覚される振動」を
体験するための閾値レベルを測定しました。
「頭に感じられる振動」の閾値レベルは、
以前の研究で測定された閾値レベルと
非常に類似していることがわかりました。
これは、低周波ノイズによって誘発される振動感覚に対する
頭の優れた感度を示しています。
「頭に感じられる振動」のしきい値レベルの輪郭に、
40〜50Hz付近にギャップが現れました。
さらに、被験者がアクティブノイズキャンセリングイヤーマフを装着すると、
「頭の中で知覚される振動」のしきい値レベルが上昇しました。
これらの結果は、「頭に感じられる振動」を経験することが
耳の圧力変化に関連している可能性を示唆しました
。―引用終わり



・2021年3月23日に次の論文をエントリしました。

2021/03/23
<論文-超低周波不可聴音 2021/01/01~>
2009年1月
ぜひ!→
デンマーク、英国
◇Individual differences in low-frequency noise perception,
低周波ノイズ知覚の個人差

(Proc Inter-Noise 2009|2009年1月)
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
265998475_Individual_differences_in_low-frequency_noise_perception
著者:Pedersen, C.S. and Marquardt, T.
Proc Inter-Noise 2009, 2009, Paper number in09–693.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7260.html
―引用
要旨:
しきい値や等ラウドネス曲線
(音の大きさの等感曲線)などの聴覚に関する基準では、
低周波数での通常の聴覚感度が滑らかな曲線として示されています。
ただし、前方中耳伝達関数(FMETF)の最近の非侵襲的測定では、
FMETFの傾斜とピークとして見られる共振の特徴が明らかになります。
6 dB /オクターブ(人によって約40〜65 Hz)。
傾斜の変化は、
helicotrema(蝸牛孔)のシャント効果に起因します。
客観的に測定されたこの共鳴の特徴が
知覚データにも見られるかどうかを確認するために、
予備調査が実施されました。
FMETFと等ラウドネス曲線(ELC)は、
20Hzから100Hzまでの細かい周波数分解能で
5人の被験者について測定されました。
2人の被験者では、
ELCに明確な共鳴の特徴が見られましたが、
残りの被験者のデータでは明らかではありませんでした。
これは、一部の人々は、標準と比較して、
感度が高い周波数範囲と
感度が低い狭い範囲を持っていることを意味します。
周波数範囲は被験者に依存するため、
これは、一部の人が他の人には聞こえない低周波数の音に
悩まされる理由を説明する可能性があります
。―引用終わり



・2021年3月22日に次の論文をエントリしました。

2021/03/22
<論文-人体振動>
2010年12月15日
ぜひ!→
日本
◇A study on the contribution of body vibrations to the vibratory
sensation induced by high-level, complex low-frequency noise.
高レベルで複雑な低周波ノイズによって誘発される振動感覚への身体振動の寄与に関する研究

(Noise Health|2011年1-2月)
doi: 10.4103/1463-1741.73993.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21173481/
フリーフルテキスト
■Noise&Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2011;volume=13;issue=50;spage=2;epage=8;aulast=Takahashi
著者:Yukio Takahashi
Noise Health. Year : 2011 | Volume : 13 | Issue : 50 | Page : 2-8
doi: 10.4103/1463-1741.73993.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7258.html
―引用
要旨:
高レベルで複雑な低周波ノイズによって引き起こされる
振動感覚への身体振動の寄与を調査するために、
2つの実験を実施しました。
実験1では、8人の男性被験者が
7種類の低周波ノイズ刺激にさらされました:
2つの純音[31.5Hz、100 dB(SPL)トーンと
50 Hz、100 dB(SPL)トーン]、
および純音で構成される5つの複雑なノイズ。
複雑なノイズ刺激の場合、
1つの音圧成分の音圧レベルは100 dB(SPL)であり、
別の音圧成分の音圧レベルは90、95、
または100 dB(SPL)のいずれかでした。
体表面に誘発された振動を5箇所で測定し、
各測定部位の振動感覚の主観的評価との相関を調べました。
実験2では、
25Hz音と50Hz音からなる7種類の騒音刺激を用いて、
同様に体表面振動と振動感覚の相関を調べました。
どちらの実験でも、胸部と腹部で、
振動感覚の評価は、対応する各場所で測定された
体表面振動の振動加速度レベル(VAL)と
密接に相関していることがわかりました。
これは私たちの以前の結果と一致しており、
体の胴体(胸と腹部)で、身体の振動の機械受容は、
高レベルの低周波ノイズにさらされた人の
振動感覚の経験において重要な役割を果たします。
しかし、頭部では、振動感覚の評価と
体表面振動のVALとの間に密接な相関関係は見られませんでした。
これは、頭部では、高レベルの低周波ノイズによって
誘発される振動の知覚メカニズムが、
体幹のそれとは異なることを示唆していました
。―引用終わり



・2021年3月19日に次の論文をエントリしました。

2021/03/19
<論文-人体振動>
2003年12月1日
ぜひ!→
日本
◇Measurement of human body surface vibrations induced
by complex low-frequency noise composed of two pure tones.
2つの純音で構成される複合低周波ノイズによって引き起こされる人体表面の振動の測定

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2003年12月1日)
https://doi.org/10.1260/026309203323022580
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/026309203323022580
著者:Yukio Takahashi、Setsuo Maeda
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 22 issue: 4, page(s): 209-223
https://doi.org/10.1260/026309203323022580
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7256.html
―引用
要旨:
空気振動に対する人体の機械的応答を明らかにするために、
6人の男性被験者が8種類の低周波ノイズ刺激にさらされました:
空気伝搬ホワイトノイズ、2つの純音(31.5および50 Hz)、
および純音で構成される5つの複合ノイズ。
体表面に誘発された振動は、5つの場所で測定されました:
額、左右の前胸壁、左右の前腹部。
胸部振動の31.5Hz成分と50Hz成分の両方の振動加速度レベルは、
騒音刺激の対応する各周波数成分の音圧レベルの
ほぼ線形関数として増加することがわかりました。
胸部振動の31.5Hz成分と50Hz成分の間に
明確な干渉は見られませんでした。
額や腹部に発生する振動にも同様の特徴が見られました。
これらの発見は、
ここで使用される周波数と音圧レベルの限られた範囲内で、
人体が複雑な低周波ノイズによって誘発される
空気振動に応答して
機械的に線形システムとして機能することを示唆しています
。―引用終わり



・2021年3月18日に次の論文をエントリしました。

2021/03/18
<振動音響疾患>
1999年3月
ポルトガル
◇Neurological aspects of vibroacoustic disease
振動音響疾患の神経学的側面

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189162/
著者:A J Martinho Pimenta、N A Castelo Branco
Aviat Space Environ Med. 1999 Mar;70(3 Pt 2):A91-5.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7254.html
―引用
要旨:

序論:
気分と行動の異常は、振動音響疾患(VAD)に関連する
最も一般的な初期の所見です。
他の兆候や症状がVAD患者で観察されています。
脳MRIは、大きな圧力振幅(>または= 90 dB SPL)
および低周波数(<または= 500 Hz)(LPALF)ノイズへの
10年以上の職業的曝露を伴う被験者の約50%に
小さな多発性病変を明らかにします。
ただし、これまで、VAD患者のすべての神経学的、画像化、
および神経生理学的データをグローバルに統合した研究はありません。
これがこの研究の主な目標です。

方法:
VADと診断された60人の男性白人は、
VADで最も一般的で重大な神経障害を体系的に特定するために、
神経学的に非常に詳細に評価されました。

結果:
この集団は、認知の変化
(心理学的および神経生理学的研究(ERP P300)
によって特定された)、
めまいおよび聴覚の変化、視覚障害、てんかん、
および脳血管障害を示しています。
神経学的検査は、病理学的徴候と反射、
最も一般的には手掌頤反射を明らかにします。

結論:
白質の小動脈が主に関与する、T2 MRイメージングの
多焦点高信号の根底にある血管パターンは、
おそらく神経学的画像の目に見える有機基層です。
ただし、他の病理生理学的メカニズムは
てんかんの症状に関与しています。
―引用終わり



・2021年3月17日に次の論文をエントリしました。

2021/03/17
<振動音響疾患>
1999年3月
ぜひ!→
ポルトガル
◇Vibroacoustic disease: some forensic aspects.
振動音響疾患:いくつかの法医学的側面

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189173/
著者:Castelo Branco NA 他
Aviat Space Environ Med. 1999 Mar;70(3 Pt 2):A145-51.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7252.html
―引用
要旨:

バックグラウンド:
振動音響疾患(VAD)は、大きな圧力振幅と
低周波(LPALF)ノイズ(>または= 90 dB SPL、
<または= 500 Hz)への職業的曝露によって引き起こされる
潜行性の環境エンティティです。
重大な疾病が発生する可能性があり、
労働者災害補償の問題は公然と議論され、解決されるべきです。
この目標に向けて、この病気に関する
入手可能なすべての情報の厳密なレビューが行われ、
産業曝露基準を定義する必要性を文書化し、
VADを他の同様の状態と区別するのに役立つ診断手順を決定しました。

方法:
VADと診断され、少なくとも15年間監視された、
航空機技術者として雇用された236人の白人男性の
医療ファイルを確認しました。
疾病の段階は、臨床診断基準と疾病の結果を強調して、
詳細に研究されました。

結果:
236のケースのうち、172(73%)は、
平均24年(SD = 6.9)の職業的曝露の後に無効にされました。
障害の主なカテゴリーは、神経学的(81、34%)、
悪性(28、11.9%)、精神医学的(23、9.7%)、
心血管系(16、6.8%)、および骨関節(14、5.9%)でした。
LPALF騒音への産業曝露の開始後、
これらの障害が現れるまでの最小時間は16年でした。
最も深刻な合併症は、複数回の自殺未遂でした。
そのような試みは幸いにもまれであり(5、2.1%)、
一度だけ成功しました。
心エコー図は、細胞外マトリックスの増殖、繊毛の欠如、
および3つではなく5つの心膜層を含む
心膜構造の特徴的な変化を示しました。
これは、冠状動脈不全のための
冠状動脈バイパス手術中に得られた心膜生検材料(6例)
および剖検(4例)によって研究されています。

考察:
これらの所見はVADの病因であるように思われ、
心エコー検査は基本的な診断ツールとして確認されています。
VADによる障害の程度は、
VADによって誘発された障害のほぼすべてをカバーする
ポルトガルの全国障害表から判断できます。
ただし、これらの表では、
LPALFノイズを職業上の危険(職業病)として指定していないため、
VAD患者には適用できません。
また、最も深刻な精神医学的結果である自殺は、
これらの表ではカバーされていません。
このような状況は、LPALFノイズをVADの原因として、
また産業上の危険として認識する絶対的な必要性を浮き彫りにします
。―引用終わり



・2021年3月17日に次の論文をエントリしました。

2021/03/17
<振動音響疾患>
1999年3月
ポルトガル
◇The vibroacoustic disease — An emerging pathology,
振動音響疾患—新たな病理

(Aviation, Space, and Environmental Medicine|1999年3月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9895013/
著者:N A Castelo Branco , E Rodriguez 他
Aviation, Space, and Environmental Medicine,
1999 Mar, 70(3 Pt 2), A1–A6.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7252.html
―引用
要旨:
振動音響疾患(VAD)は、
低周波数帯域(>または= 90 dB SPL)内の
大きな圧力振幅(>または= 90 dB SPL)を特徴とする
ノイズ(>または= 10年)への長期暴露後に発症する
全身性疾患の臨床症状です( <または= 500 Hz)。
騒がしい環境は、当初予想されていたよりも
広範囲の全身的影響をもたらします。
このホワイトペーパーでは、
過去20年間のVADの研究で使用された年表、
調査対象の人口、および統計的処理について説明します。
また、暴露された従業員の評価と
評価につながった動機についても説明します。
将来の研究目的についても議論されています
。―引用終わり



・2021年3月16日に次の論文をエントリしました。

2021/03/16
<論文-人体振動>
1996年2月
ぜひ!→
米国
◇Acceleration of fetal head induced by vibration of maternal abdominal wall in sheep,
ヒツジの母体腹壁の振動により誘発された胎児頭部の加速度

(American Journal of Obstetrics and Gynecology|1996年2月)
DOI: 10.1016/s0002-9378(96)70426-x
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8623783/
著者:A J Peters 他American Journal of Obstetrics and Gynecology,
1996, 174(2), 552–556.
DOI: 10.1016/s0002-9378(96)70426-x
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7250.html
―引用
要旨:
目的:
人体は、職場、家庭、およびレクリエーション活動中に、
しばしば重大な振動ストレスにさらされます。
現在の研究は、腹腔外壁に存在する
低周波数から中周波数の振動が
この壁を横切って減衰するかどうか、
およびこれらの振動が胎児の頭に到達した後の
曝露レベルを評価するためにデザインされました。

研究デザイン:
4頭の妊娠中のヒツジに加速度トランスデューサーを装備して、
腹腔外壁と腹腔内壁、
および胎児の頭部の加速度レベルを取得しました。
正弦波振動刺激は、2.5 m / sec2(二乗平均平方根)の
一定の加速度レベルで3〜150Hzの周波数範囲で適用されました。

結果:
腹腔外壁の振動は、入力レベルの4%から140%まで、
腹腔内壁の振動レベルの周波数依存の上昇をもたらしました。
胎児の頭部では、
6〜12 Hzの間に応答の広いピークが見られましたが、
全体的なレベルが入力レベルの4%を超えることはありませんでした。

結論:
母体の腹部の局所的な振動刺激への胎児の曝露は、
6〜12Hzの範囲で最大です
。―引用終わり



・2021年3月12日に次の論文をエントリしました。

2021/03/12
<論文-人体振動>
2002年9月1日
日本
◇The relationship between vibratory sensation and body surface vibration induced
by low-frequency noise.
低周波騒音による振動感覚と体表面振動の関係

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2002年9月1日)
https://doi.org/10.1260/026309202761019534
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/026309202761019534
著者:Yukio Takahashi 他
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 21 issue: 2, page(s): 87-100
https://doi.org/10.1260/026309202761019534
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7246.html
―引用
要旨:
低周波ノイズによる人体表面の振動を
​​額、胸、腹部で測定しました。
同時に、被験者はこれらの場所のそれぞれで
彼らの振動感覚を評価しました。
測定された体表面の振動と
定格振動感覚との関係を調べたところ、
胸部と腹部に知覚される振動感覚が
体表面振動の振動加速度レベルと
密接に関連していることが明らかになった。
これは、低周波ノイズにさらされた人が、
ノイズが体内に誘発する機械的振動を感知することによって、
胸部または腹部の振動を知覚することを示唆しました。
一方、頭部では、振動感覚が体表面振動の
振動加速度レベルおよび騒音刺激の音圧レベルと
同等に相関していることがわかった。
この発見は、頭の振動の知覚のメカニズムが
胸部と腹部の振動感覚の知覚のメカニズムとは
異なることを示唆しました
。―引用終わり



・2021年3月12日に次の論文をエントリしました。

2021/03/12
<論文-人体振動>
2002年1月
米国
◇Characterizing the effects of airborne vibration on human body vibration response
人体の振動応答に対する空気振動の影響の特性評価

■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11817618/
著者:Suzanne D Smith
Aviation, Space, and Environmental Medicine,
2002 Jan;73(1):36-45.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7246.html
―引用
要旨:
バックグラウンド:

高強度、低周波のノイズにさらされると、
全身の振動を引き起こす可能性があります。
空気振動(airborne vibration)へのそのような曝露は、
人間の許容範囲の限界に達する可能性があり、
生理学的および病理学的障害に関連している。
この研究の目的は、
動作中の空気振動にさらされている間の
人体の振動応答を特徴づけることでした。

方法:
三軸の体の加速度は、複数の解剖学的部位で収集され、
被験者は、いくつかの軍用戦術航空機での
地上ベースのエンジンランナップテスト中に
選択された乗組員の位置に配置されました。
加速時間履歴は、1/3オクターブ周波数帯域で処理され、
1/3オクターブ帯域ノイズデータと比較されました。

結果:
最も重要な発見は、63〜100 Hzの周波数帯域での
前後(X)胸部加速度の共振ピークの発生でした。
被験者が排気口の後方に移動すると、
胸部の加速度とそれに伴う騒音レベルの両方が増加し、
胸部の振動が増加したという報告と一致しました。
全体的な胸部加速度と5〜250Hzのノイズレベルの間には
比較的線形の関係が見られました。
騒音と振動を組み合わせた暴露基準を開発するための
アプローチが提案されました。

結論:
胴体上部で観察された共振は、
60〜100 Hzの周波数帯域での空気振動が、
自覚症状およびおそらく生理学的
および病理学的障害の発生における
重要な要因である可能性があることを強く示唆しました。
生体力学的応答、騒音レベル、
および生理学的および病理学的結果の間の関係を検証するには、
追加のフィールドおよび実験室での研究が必要です
。―引用終わり



・2021年3月11日に次の論文をエントリしました。

2021/03/11
<論文-人体振動>
2002年5月4日
ぜひ!→
日本
◇Some characteristics of human body surface vibration induced by low frequency noise.
低周波ノイズによって引き起こされる人体表面振動のいくつかの特性

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2002年5月4日)
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1260/02630920260374943
著者:Takahashi Y. 他
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
21(1), 9-20, 2002
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7243.html
―引用
要旨:
低周波騒音による体表面振動(騒音性振動)を
額、前胸壁、前腹部で測定しました。
すべての測定場所で、
騒音性振動の振動加速レベルの増加ステップは、
騒音刺激の音圧レベルの増加ステップとよく一致していました。
額で測定された振動加速度レベルは、
31.5〜40Hz付近で急激に増加することがわかりました。
一方、胸部と腹部で測定された加速レベルは、
20〜50Hzの範囲でほぼ一定の割合で周波数とともに増加しました。
我々の結果は、騒音性振動における姿勢
または左右非対称の影響の明確な証拠を示さなかった。
胸部と腹部で測定された騒音性振動は、
体脂肪率と負の相関関係があることがわかりました
。―引用終わり



・2021年3月8日に次の論文をエントリしました。

2021/03/08
<論文-超低周波不可聴音 2021/01/01~>
1997年7月28日
日本
◇(1997)An infrasound experiment system for industrial hygiene.
産業衛生のための超低周波音実験システム

(Industrial Health|1997年7月28日)
■jstage PDF
https://www.jstage.jst.go.jp/article/indhealth1963/35/4/35_4_480/_pdf
著者:Yukio TAKAHASHI 他
Industrial Health 1997, 35(4), 480-488
■おとしん機械翻訳

―引用
要旨:
超低周波音が人間の健康に及ぼす影響を
産業衛生の観点から調査し、
作業環境でそれを評価する方法を確立するために、
超低周波音実験システムが構築されました。
超低周波音を含む低周波音域でのシステムの
音響性能を評価し、改善すべき点を明確にするために、
いくつかの測定が行われました。
その結果、可聴周波数域に弱点があることがわかりました。
試験室の容量が大きいことが原因と考えられ、
対策が必要でした。
一方、超低周波音の範囲では、
超低周波音の高調波が実験に影響を与える可能性があり、
いくつかの制限が必要になる可能性があります。
しかし、チャンバーの周波数応答と
再生された超低周波音の空間的均一性は、
この範囲の実験には十分であることが証明されました。
その結果、このシステムは
超低周波音の研究に貢献できると結論付けられました
。―引用終わり



・2021年3月4日に次の論文をエントリしました。

2021/03/04
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2020年4月28日
米国
◇Review of Audiovestibular Symptoms Following Exposure to Acoustic
and Electromagnetic Energy Outside Conventional Human Hearing
従来の人間の聴覚以外の音響および電磁エネルギーへの曝露後の聴覚前庭症状のレビュー

(Front Neurol.|2020年4月28日)
DOI: 10.3389/fneur.2020.00234
フリーフルテキスト
■PubMed
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7199630/
著者:Rory J Lubner 他
Front Neurol. 2020 Apr 28;11:234.
doi: 10.3389/fneur.2020.00234.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7232.html
―引用
要旨:
目的:

私たちは、従来の人間の聴覚の外にある音波
または電磁波への曝露による動物および人間の
聴覚前庭への悪影響の研究に関する既存の文献を調べ、
知識のギャップを特定することを目指しています。

デザイン/設定/参加者:
PubMed、Embase、およびScopusを使用した
関連するMeSH用語の検索を含むレビューが実行されました。
主な結果には、超低周波音、超音波、高周波、
および磁気共鳴画像法に曝露された
動物またはヒトにおける文書化された
聴覚および/または前庭の兆候または症状が含まれていました。
次に、これらの論文の参照をレビューして、
電子検索データベースによってキャプチャされていない
一次資料と文献を特定しました。

結果:
超低周波音と超音波の音波は、
曝露後に前庭の症状を引き起こすことが
文献に記載されています。
風力タービンやロケットエンジンなどの
超低周波音を放出する技術は、
めまいや吐き気、曝露後の耳鳴りなどの
聴覚障害を含む前庭症状の孤立した報告を生み出しました。
低周波と高周波の両方の超音波への職業的曝露は、
広範囲の聴覚前庭症状の報告をもたらし、
リモコン、自動ドア開閉装置、無線電話充電器などの
新技術による現代の曝露後の症状の確固たる証拠は
あまりありません。
無線周波曝露は、動物モデルの聴覚機能障害と
前庭機能障害の両方に関連しており、
定量化できない曝露後の
人間の聴覚前庭障害の追加の歴史的証拠があります。
キャビテーション理論などのいくつかの理論が
症状の原因として仮定されていますが、
特定の曝露周波数、強度、および期間が
動物と人間に及ぼす悪影響の背後にある
病態生理学の知識は非常に限られています。
これは知識のギャップを生み出し、
私たちの理解の多くは、想定される曝露後に
症状を発症した患者の遡及的検査から得られます。

結論と関連性:
人間の聴覚の範囲外の音波および電磁エネルギーへの
曝露後の有害な人間の聴覚前庭症状の証拠は、
主にケースシリーズまたは小規模コホート研究に根ざしています。
これらの周波数への音響曝露後の聴覚前庭機能障害の
病因に関するさらなる研究は、
報告された症状を理解するために重要です
。―引用終わり



・2021年3月2日に次の論文をエントリしました。

ぜひ!→
2021/03/02
<音と健康:2021/01/01~軽度外傷性脳損傷(MTBI)>
2018年12月12日
米国
◇Acute findings in an acquired neurosensory dysfunction.
後天性神経感覚機能障害の急性所見

(Laryngoscope Investig Otolaryngol|2018年12月12日)
doi: 10.1002/lio2.231
フリーフルテキスト
■NCBI
著者:Michael E. Hoffer 他
Laryngoscope Investig Otolaryngol. 2019 Feb; 4(1): 124–131.
doi: 10.1002/lio2.231
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7228.html
―引用
要旨:
バックグラウンド

2016年の秋、ハバナに住む外交官は、
高周波ノイズや圧迫感を感じた後に現れるめまい、
耳痛、耳鳴りの症状を示し始めました。
この障害の急性症状を理解することは、
障害をより適切に定義し、最適な診断、予防、
および治療アルゴリズムを開発するために重要です。

目的
ハバナで騒音/圧力曝露を認識した後の
急性期の患者のコホートにおける症状の提示を定義すること。

デザイン/設定/参加者
局所的な音圧/圧力の感覚を報告した25人の症候性の個人と
10人の無症候性の個人
(影響を受けた人のルームメイト)のレビュー。

結果
曝露直後、大多数の人が片方または両方の耳に
激しい耳の痛みを報告し、耳鳴りを経験しました。
すべての個人は、
認知障害の不安定さと特徴に気づきました。
当センターへのプレゼンテーションでは、
めまい(92%)と認知障害(56%)が
最も一般的な症状でした。
正式なテストでは、100%の個人が耳石の異常と
認知機能障害の証拠を持っていることが
明らかになりました。

結論と関連性
この研究は、局所的な音圧/圧力の知覚後に
症状が現れる現象の急性症状に焦点を当てており、
急性症状には前庭損傷と選択された認知障害の
普遍的な性質が含まれています。
この急性の患者グループで提示された所見は、
この曝露後に見られた初期の損傷パターンの
より良い画像を提供し始め、
将来の症例でこの障害のより正確な診断を
可能にするかもしれません。
―引用終わり



・2021年3月1日に次の報告書をエントリしました。

2021/03/01
<音と健康:2021/01/01~軽度外傷性脳損傷(MTBI)>
2018年6月8日
米国
◇An Assessment of Illness in U.S. Government Employees
and Their Families at Overseas Embassies (2020)
海外大使館の米政府職員とその家族の疾病の評価 (2020)

https://doi.org/10.17226/25889
■NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK566407/
■National Academy of Sciences
https://www.nap.edu/catalog/25889/an-assessment-of-illness-in-us-government
-employees-and-their-families-at-overseas-embassies
Contributors-寄稿者
全米科学、工学、医学アカデミー; 健康医学部門;
工学および物理科学部門; 海外大使館の米国公務員と
その家族に対する原因不明の健康影響について
国務省に助言する常任委員会;
David A. Relman and Julie A. Pavlin, Editors
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7226.html
―引用
Summary-概要
2016年後半、キューバのハバナにある米国大使館の職員は、
異常な一連の症状と臨床症状の発症を報告し始めました。
これらの患者の一部にとって、
彼らの症例は、突然の大きな音の発生から始まり、
方向性のある特徴があると認識され、
片方または両方の耳または頭の広い領域にわたる痛みを伴い、
場合によっては、頭圧または振動、めまい、
場合によっては耳鳴り、視覚障害、めまい、
および認知障害が続きます。
中国の広州にある米国領事館に所属する他の職員は、
翌年から、さまざまな程度で同様の症状と徴候を報告しました。
2020年6月の時点で、これらの職員の多くは
これらおよび/または他の健康問題に苦しんでいます。
これらの臨床例を説明するために
複数の仮説とメカニズムが提案されていますが、
証拠が不足しており、仮説が証明されておらず、
状況は不明なままです。
国務省(DOS)は、公務員に海外のポストでの
健康リスクについてより効果的に通知し、
病気の潜在的な原因を確認し、
短期および長期の両方のスクリーニング、予防、
および治療のための最良の医療行為を
決定する取り組みの一環として
-長期的な健康問題については、
全米科学技術医学アカデミー(全米アカデミー)に
独立した専門家の指導を依頼しました。

海外大使館の米国政府職員とその家族に対する
原因不明の健康影響について国務省に助言する常任委員会は、
個人レベルの健康やその他の情報へのアクセスの欠如、
臨床的特徴の進化と変化など、
これらの臨床症例の評価においていくつかの課題に直面しました。
時間の経過とともに、臨床症状および徴候のタイミングと
タイプの点で非常に不均一な集団。
症状が急性のみ、慢性のみ、
またはその両方であったものが含まれます。
しかし、委員会は、特徴的な臨床的特徴を特定し、
考えられる原因を検討し、もっともらしいメカニズムと
リハビリテーションの取り組みを評価し、
将来の計画と対応のための推奨事項を提供することができました。

CLINICAL FEATURES-臨床的特徴
一部の個人では、病気の発症時に一連の
異常な臨床症状が突然発生し、病気は慢性化し、
一部の人は衰弱しましたが、
すべてではありませんでした。
病気の最も特徴的な臨床的側面は、
発症の性質と初期の特徴でした:
知覚される大きな音の突然の開始、
頭の強い圧力または振動の感覚、
および耳の痛みまたは頭のより拡散した痛み。
ほとんどの個人は、音またはこれらの他の感覚が
特定の方向から発生しているように見え、
個人が特定の物理的な場所にいるときにのみ
知覚されたと報告しました。
耳鳴りの突然の発症、難聴、めまい、不安定な歩行、
および視覚障害を報告する人もいました。
神経学的観点から、
特徴的な急性の聴覚前庭症状のこの組み合わせは、
迷路またはVIII脳神経
またはその脳幹接続に限局した効果を示唆しています。

影響を受けた人々の多くが苦しんでいる慢性症状は、
前庭の処理と認知、
ならびに不眠症と頭痛の問題を示唆していました;
これらの症状は、大脳皮質や大脳辺縁系の構造など、
前脳の構造と機能のびまん性の関与とより一致しています。
ただし、脳損傷の一貫した画像は、
前庭機能の実験室ベースのテストから出てきませんでした。
これらのその後のより持続的な症状は、
同じ最初の発作の後遺症によって引き起こされたか、
またはそれらが調節反応として
二次的に発生した可能性があります。
急性の初期段階の報告がない人の場合、
症状は、前脳機能障害のみをもたらす別の原因
または同様の曝露に起因する可能性があります
。―引用終わり



・2021年2月24日に次の論文をエントリしました。

2021/02/24
<音と健康:2021/01/01~軽度外傷性脳損傷(MTBI)>
2018年2月15日
米国
◇(2018). Neurological manifestations among US Government Personnel Reporting
Directional Audible and Sensory Phenomena in Havana, Cuba.
キューバのハバナで方向性の可聴および感覚現象を報告している
米国政府職員の神経学的症状

(JAMA|2018年2月15日)
doi:10.1001/jama.2018.1742
フリーフルテキスト
■JAMA
https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2673168
著者:Randel L. Swanson II 他
JAMA. 2018;319(11):1125-1133.
doi:10.1001/jama.2018.1742
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7220.html
―引用
Key Points-キーポイント
Question-質問

キューバのハバナにいる米国政府職員の間で、
聴覚および感覚現象の報告に関連する神経学的症状はありますか?

Findings-調査結果
このケースでは、指向性の可聴および感覚現象にさらされた
一連の21人の個人が、鈍頭外傷の関連する病歴がない状態で、
急性および持続性の兆候と症状の
コンステレーションが特定されました。
曝露後、患者は、聴覚症状、睡眠異常、および頭痛とともに、
認知、前庭、および眼球運動機能障害を経験しました。

Meaning-意味
これらの患者の独特の状況と臨床症状の一貫性は、
原因不明の方向性曝露による後天性脳損傷の可能性の
新しいメカニズムへの懸念を引き起こしました。

-----------------------------

Abstract-要旨
重要性2016年後半から2017年8月まで、
キューバのハバナで外交任務に従事している
米国政府職員は、聴覚および感覚現象への曝露に関連する
神経学的症状を報告しました。

Objective-目的
聴覚および感覚現象に関連する
未知のエネルギー源への曝露に続く神経学的症状を説明すること。

Design, Setting, and Participants-デザイン、設定、および参加者
キューバのハバナでの米国政府職員の
後ろ向き症例シリーズからの予備的な結果。
自宅やホテルの部屋で聴覚および感覚現象にさらされたと
報告された後、個人は脳損傷に似た神経学的症状の
同様の一群を報告しました。
これらの個人は、学際的な評価と治療のために
学術的な脳損傷センターに紹介されました。

Exposures-曝露
2016年以降、キューバのハバナで米国政府の任務に
従事しているときに、原因不明の原因に関連する
明確な方向から発せられる可聴および感覚現象
(方向性現象)を経験したという報告。

Main Outcomes and Measures-主な成果と対策
曝露と症状の説明は、学際的な臨床面接と
検査の医療記録レビューから得られました。
追加の客観的評価には、
前庭動眼反射(動的および静的バランス、前庭動眼反射検査、
カロリー検査)、動眼神経(収束、衝動性運動、
およびスムーズな追跡眼球運動の測定)、
認知(包括的な神経心理学的バッテリー)、
および聴力検査(純粋 トーンおよびスピーチ聴力検査)機能。
ニューロイメージングも得られました。

Results-結果
米国国務省によって特定された暴露が疑われる24人の個人のうち、
21人が暴露後平均203日で学際的評価を完了しました。
認知(n = 17、81%)、バランス(n = 15、71%)、
視覚(n = 18、86%)、聴覚(n =)などの持続的な症状
(曝露後3か月以上)がこれらの個人によって報告されました。
15、68%)機能障害、睡眠障害(n = 18、86%)、
および頭痛(n = 16、76%)。
客観的所見には、認知(n = 16、76%)、前庭(n = 17、81%)、
および動眼神経(n = 15、71%)の異常が含まれていました。
中等度から重度の感音難聴が3人で確認されました。
持続的な睡眠機能障害(n = 15、71%)と
頭痛(n = 12、57%)には薬理学的介入が必要でした。
学際的評価の時点で、14人(67%)が仕事を休んでいた。
それらのうち、7人は、制限、在宅運動プログラム、
およびより高いレベルの仕事に焦点を合わせた
認知リハビリテーションを伴う段階的な職場復帰を開始しました。

Conclusions and Relevance-結論と関連性
後ろ向き症例シリーズのこの予備報告では、
キューバのハバナにいる米国政府職員の間で、
原因不明の指向性の可聴および/または感覚現象の報告に関連して、
持続的な認知、前庭、および眼球運動機能障害、
ならびに睡眠障害および頭痛が観察されました。
これらの個人は、頭部外傷の関連する病歴なしに、
広範囲の脳ネットワークに損傷を負っているように見えました
。―引用終わり



・2021年2月18日に次の論文をエントリしました。

2021/02/18
<論文-超音波>
2015年11月3日
ぜひ!→
英国
◇Are some people suffering as a result of increasing mass exposure of the public
to ultrasound in air?
空中の超音波への公衆の大量曝露の結果として苦しんでいる人がいますか?

(Proc Math Phys Eng Sci.|2015年11月3日)
doi: 10.1098/rspa.2015.0624
フリーフルテキスト
■PubMed
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4786042/
著者:Leighton TG.
Proc Math Phys Eng Sci. 2016 Jan; 472(2185): 20150624.
doi: 10.1098/rspa.2015.0624
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7214.html
―引用
要旨:
新しい測定値は、公衆が知らないうちに
空中の超音波にさらされていることを示しています。
既存のガイドラインは、そのような曝露には不十分です;
大多数は職業被ばくのみを指します
(労働者が被ばくを認識し、監視でき、保護具を着用できる場合)。
既存のガイドラインは
不十分なエビデンスベースに基づいており、
そのほとんどは40年以上前に、
ガイドラインを完成させるには不十分であると考えた
研究者によって収集され、予備的なガイドラインを作成しました。
国や組織がこれらの初期のガイドラインに基づいて
「新しい」ガイドラインを発行したため、
この不適切な警告は失われ、そのような繰り返しを通じて、
コンセンサスの誤った印象が生まれました。
エビデンスベースは非常にスリムであるため、
逸話からケーススタディ、正式な科学的対照試験、
疫学研究までのシーケンスに沿って進んだレポートは
ほとんどありません。
初期の研究では、聴力閾値の変化、吐き気、頭痛、
倦怠感、片頭痛、耳鳴りが報告されましたが、
現在の職業的および公衆的曝露がもたらす可能性のある
健康リスクを評価するには、
被験者に関する研究が不十分であり、
フィールドの測定も不十分です。
さらに、高周波数での聴覚学と物理測定を支える仮定は
疑問視されなければなりません:
より低い周波数で使用されるアプローチの単純な外挿は、
現在の未知数に対処しません。
推奨事項が提供されます
。―引用終わり



・2021年2月17日に次の論文をエントリしました。

2021/02/17
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1983年9月1日
ぜひ!→
スウェーデン
◇(1983) Infrasound-Tutorial and review: Part 1.
超低周波音-チュートリアルとレビュー:パート1

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1983年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309238300200301
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309238300200301?journalCode=lfna
著者:Backteman 0 *, Kohler J, Sjoberg L
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 2 issue: 3, page(s): 1-31
https://doi.org/10.1177/026309238300200301
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7212.html
―引用
要旨:
超低周波音はいたるところにあります。
非常に静かな環境でも、
40 dB(IL)(2〜20 Hz)の
超低周波音レベルを測定できます。
過去20年間に、
人や動物に対する超低周波音の影響に関する
数多くの調査の結果が発表されています。
これらすべての調査に共通しているのは、
短時間の曝露、つまり数分または数時間の
超低周波音の曝露のみが調査されているということです。

低周波数のランダムノイズスペクトルの代わりに、
4〜16Hzの範囲の離散周波数がよく使用されています。
これらの調査の結果はかなり異なりますが、
これは同等の励起がなかったことが原因である可能性があります。

特定の実験や報告では、
刺激スペクトルが考慮されていないことがよくあります。
彼らが説明されている場合、これは不適切に行われます。
これは、結果の処理方法にも当てはまります。
なされたいくつかの結論は
壮観であると見なされなければなりません!
何人かの科学者は、結果は超低周波音ではなく、
可聴範囲の刺激によって引き起こされる可能性があると
指摘しています。

低周波域の主要な科学者のほとんどが参加した会議
「Low frequency noise and hearing(低周波騒音と聴覚)」
(1980年5月にデンマークのオールボー(Aalborg)で)には、
他の人よりも低周波の妨害に
敏感であるように見える人々がいると述べられました。
一般に、これらの研究結果が示したように、
超低周波音は一般の人々にとって
直接的な問題ではないはずです。
20〜100 Hzの範囲の低周波外乱について、
今日行われている十分な研究がないという
完全な合意がありました。
これらの外乱は、
dB(A)でサウンドレベルを測定することによって
十分に示すことはできません。
参加者は、仕事中、自宅、余暇の両方で、
低周波の障害に人々がイライラしていることを
非常に確信しているようでした。
これは十分に注目されていません。

産業や家庭のほとんどの機械も
50Hzの領域の周波数を持っています。
例えば 変圧器、コンプレッサー、
ディーゼルおよびガスモーター、
電気モーターおよびファン。

この作業の目的は、
特にスウェーデンと世界の他の地域の両方で、
通常の作業条件下と家庭環境での
超低周波音レベルの説明において、
包括的なレビューを行うことでした。
異なるレポートの結果は均一ではなく、
多くの場合不完全であるため、
結果を直接比較することはできません
。 ―引用終わり



・2021年2月17日に次の論文をエントリしました。

2021/02/17
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年7月25日
英国
◇(1978) The effects of low frequency noise on people-A review.
低周波ノイズが人に及ぼす影響-レビュー

(Journal of Sound and Vibration|2003年7月25日)
https://doi.org/10.1016/0022-460X(78)90354-1
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/0022460X78903541
著者:Broner N
Journal of Sound and Vibration
Volume 58, Issue 4, 22 June 1978, Pages 483-500
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7212.html
―引用
要旨:
ここ数年間で、高レベルの人工低周波ノイズ(0〜100 Hz)、
特に超低周波音の存在が多くの環境で報告されています。
このような高レベルの低周波ノイズが
重要であるかどうかを発見するために、
過去10年間にわたって努力が払われてきました。
低周波ノイズの影響のレビューは、
その影響が高周波ノイズの影響と類似していることを示しています。
20〜100 Hzの範囲のノイズは、
同様の音圧レベルでの超低周波音よりもはるかに重要であり、
超低周波音による危険の可能性は非常に過大評価されています
。―引用終わり



・2021年2月16日に次の論文をエントリしました。

2021/02/16
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1975年9月
イスラエル
◇(1975) Infrasound: a short review of effects on man.
超低周波音:人間への影響の簡単なレビュー

(Aviat Space Environ Med.|1975年9月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/1164350/
著者:Westin JB
Aviat Space Environ Med. 1975 Sep;46(9):1135-40.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7210.html
―引用
要旨:
人が受ける自然および人工の超低周波音の量は、
一般的に認識されているよりも多いです。
(可聴音または振動曝露とは対照的に)
中程度から高レベルの超低周波音曝露の
生理学的影響に独自に関係しているいくつかの研究は、
内耳およびバランス制御に関するもの以外の
人間への有意な影響を実証できていません。 。
しかし、既存の研究では、
中程度から高レベルの超低周波音による内耳の症状は、
一般的に認識されているよりも
一般的である可能性があることが示されています。
非常に高い音圧レベル(140 dBを超える)では、
耳の痛みと圧力が制限要因になります。
イヤーマフと耳栓は超低周波音の影響から
わずかに保護しているように見えますが、
これの定量化はまだ不足しています。
低強度信号(90 dB未満)への暴露の悪影響の
直接的な証拠は欠けています。
この分野でのさらなる研究の必要性が明確に示されています
。―引用終わり



・2021年2月16日に次の論文をエントリしました。

2021/02/16
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1993年6月1日
英国
◇A Review of Low Frequency Noise Investigations by British Gas
ブリティッシュガスによる低周波騒音調査のレビュー

(Journal of Low Frequency Noise and Vibration|1993年6月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239301200204
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/026309239301200204
著者:K. Howell 、P.F. Weatherilt
Journal of Low Frequency Noise and Vibration, 1993, 12 (2), 45–66.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7210.html
―引用
要旨:
このレポートは、ブリティッシュガス(BritishGas)が
受け取った低周波ノイズの苦情を検討するために
召集されたグループの作業の結果です。
ブリティッシュガス環境責任者のP.F. Weatheriltが
グループの議長を努めました。
レポートは1992年5月に最初に発行され、
ブリティッシュガスの許可を得てここに複製されています。
元のレポートの2つの付録は含まれていません。
1つ目は、継続的な騒音監視に使用される機器について説明します。
2つ目は、1987年にC.G. Lyle博士によって
Effective Control of Environmental Noiseに発表された論文です
。―引用終わり



・2021年2月10日に次の論文をエントリしました。

2021/02/10
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1999年3月1日
ぜひ!→
米国
◇l999 Noise-induced extra-aural pathology: A review and commentary.
騒音誘発性の聴覚外病理:レビューと解説

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月1日)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189151/
■Europe PMC
http://europepmc.org/abstract/med/10189151
著者:Alves-Pereira M.
Aviat Space Environ Med.
1999 Mar;70(3 Pt 2):A7-21.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7204.html
―引用
要旨:
このレビューペーパーの焦点は、
人間と動物のモデルに対する大きな圧力振幅
(>または= 90 dB)と
低周波数(<または= 500 Hz)(LPALF)を特徴とする
音響現象(ノイズ)の影響です。
現在の概念は、そのようなLPALFノイズが
聴覚系の体性媒体にのみ、
またはそれを介して衝突するという仮定を暗示しています。
この仮定の結果として、人間への騒音の影響は、
聴覚保護の目的でのみ規制されています。
職業騒音評価を管理するガイドラインと規制は、
人間の主観的な音の知覚に偏っています。
著者は、空中音響現象が
聴覚系にのみ影響を与えるとは想定せず、
そのような立場の証拠を提供する文献レビューを提示します。
このレビューペーパーの目的は、
耳外の騒音性の病状、
特に振動音響疾患の存在を擁護することです;
そして、気道がこの環境ストレッサーの
標的器官である可能性が非常に高いという認識を前進させることです
。―引用終わり



・2021年2月10日に次の論文をエントリしました。

2021/02/10
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1999年3月1日
ぜひ!→
ポルトガル
◇(1999) The vibroacoustic disease— An emerging pathology.
振動音響疾患—新たな病状

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月1日)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189150/
著者:Castelo Branco N.A.A. and Rodriguez E.
Aviat Space Environ Med.
01 Mar 1999 ; 70(3 Pt 2):A1-6.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7204.html
―引用
要旨:
振動音響疾患(VAD)は、
騒音への長期暴露(>または= 10年)後に発症する
全身性疾患の臨床症状です。
これは、低周波数帯域(<または= 500 Hz)内の
大きな圧力振幅(>または= 90 dB SPL)によって特徴付けられます。
騒がしい環境は、当初予想されていたよりも
広範囲にわたる全身的影響をもたらします。
このホワイトペーパーでは、
過去20年間のVADの研究で使用された年表、
調査対象の人口、および統計的処理について説明します。
また、暴露された従業員の評価と
評価につながった動機についても説明します。
将来の研究目的についても議論されています
。―引用終わり



・2021年2月9日に次の論文をエントリしました。

2021/02/09
<論文-人体振動>
1998年12月6日
ぜひ!→
日本
◇ (1999) A pilot study on the human body vibration induced by low frequency noise.
低周波騒音による人体振動のパイロット研究

(Industrial Health 1|1998年12月6日)
https://doi.org/10.2486/indhealth.37.28
Free article
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10052297/
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/02630920260374943
■jstage
https://www.jstage.jst.go.jp/article/indhealth1963/37/1/37_1_28/_pdf
著者:Yukio TAKAHASHII 他
Ind. Health 1999 , 37(1), 28-35.
https://doi.org/10.2486/indhealth.37.28
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7203.html
―引用
要旨:
低周波ノイズによる人体振動の基本特性を理解し、
それを利用して健康への影響を評価するために、
小型加速度計による測定方法を設計し、予備測定を行いました。
振動は、20〜50 Hzの周波数範囲の純音にさらされた
6人の男性被験者の胸部と腹部で測定されました。
ここで、私たちがデザインした方法は、
体表面の振動を​​検出するのに十分な感度があることが証明されました。
振動の周波数に伴う増加のレベルと速度は、
腹部よりも胸の方が高いことが判明しました。
この違いは、人体の物理的構造によるものと考えられました。
また、測定された騒音性振動は被験者のBMI
(Body Mass Index)と負の相関関係があることが判明し、
低周波騒音の健康への影響は物理的構造だけでなく
人体の体質にも依存することが示唆されました
。―引用終わり



・2021年2月8日に次の論文をエントリしました。

2021/02/08
<論文-人体振動>
2002年1月
ぜひ!→
米国
◇Characterizing the effects of airborne vibration on human body vibration response.
人体の振動応答に対する空気振動の影響の特性評価

(Aviation Space and Environmental Medicine|2002年1月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11817618/
著者:Suzanne D Smith
Aviation Space and Environmental Medicine
2002;73(1):36-45
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7200.html
―引用
要旨:
バックグラウンド:
高強度、低周波のノイズにさらされると、
全身の振動を引き起こす可能性があります。
空気振動へのそのような曝露は、
人間の許容範囲の限界に達する可能性があり、
生理学的および病理学的障害に関連している。
この研究の目的は、
動作中の空気振動にさらされている間の
人体の振動応答を特徴づけることでした。
方法:
三軸の体の加速度は、複数の解剖学的部位で収集され、
被験者は、いくつかの軍用戦術航空機での地上ベースの
エンジンランナップテスト中に
選択された乗組員の位置に配置されました。
加速時間履歴は、1/3オクターブ周波数帯域で処理され、
1/3オクターブ帯域ノイズデータと比較されました。
結果:
最も重要な発見は、63〜100 Hzの周波数帯域での
前後(X)胸部加速度の共振ピークの発生でした。
被験者が排気口の後方に移動すると、
胸部の加速度とそれに伴う騒音レベルの両方が増加し、
胸部の振動が増加したという報告と一致しました。
全体的な胸部加速度と5〜250Hzの騒音レベルの間には
比較的線形の関係が見られました。
騒音と振動を組み合わせた暴露基準を
開発するためのアプローチが提案されました。
結論:
胴体上部で観察された共振は、
60〜100 Hzの周波数帯域での空気振動が、
自覚症状およびおそらく生理学的
および病理学的障害の発生における
重要な要因である可能性があることを強く示唆しました。
生体力学的応答、騒音レベル、
および生理学的および病理学的結果の間の関係を検証するには、
追加のフィールドおよび実験室での研究が必要です
。―引用終わり



・2021年2月5日に次の論文をエントリしました。

2021/02/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2002年9月1日
デンマーク
◇A questionnaire survey of complaints of infrasound and low-frequency noise.
超低周波音と低周波騒音の苦情に関するアンケート調査

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2002年9月1日)
https://doi.org/10.1260/026309202761019507
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/026309202761019507
著者:Henrik Møller, Morten Lydolf
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
2002、Volume: 21 issue: 2, page(s): 53-63
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7198.html
―引用
要旨:
超低周波音と低周波騒音に関する苦情の調査が実施されました。
198人がアンケートでトラブルを報告した。
彼らの口頭での報告では、トラックやポンプの
遠くのアイドリングエンジンから聞こえるように、
音が深く、ハミング/うなる
またはラムブリング/ゴォーッと鳴る音として
説明されることがよくありました。
ほぼすべての回答者が、音の知覚を報告しました。
一般に、彼らは耳で音を知覚したと報告しましたが、
多くの人は、身体または外部の物体の
いずれかでの振動の知覚についても言及しています。
音はほとんどの活動中に邪魔をし、苛立たせ、
多くの人はその存在を彼らへの苦痛と見なします。
回答者の多くは、不眠症、頭痛、動悸などの
二次的影響を報告しましたが、
これらは主に音と同じ場所で発生したために音に関連していました。
ほとんどの場合、
音を聞くことができるのは1人または数人だけですが、
すべての人に聞こえると主張されている例もあります。
通常、測定では、既存の制限(および聴力のしきい値)を
超えていないことが示されています。
調査は重要な質問を残します:
トラブルは外部音によるものかどうか、
もしそうなら、どの周波数とレベルが関係しているのか?
これの研究の実現可能性は、結果によって裏付けられています
。―引用終わり



・2021年2月5日に次の論文をエントリしました。

2021/02/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1986年9月1日
日本
◇A multidimensional evaluation method for the psychological effects of pure tones
at low and infrasonic frequencies.
低周波および超低周波音での純音の心理的影響の多次元評価方法

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1986年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309238600500303
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309238600500303?journalCode=lfna
著者:Yukio Inukai 他
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
1986; Volume: 5 issue: 3, page(s): 104-112
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7198.html
―引用
要旨:
低周波音および超低周波音(3〜40 Hz)での純音の主観的評価は、
セマンティックディファレンシャルタイプの
スケールのセットで取得され、因子分析によって分析されました。
この結果から、刺激音に対する人間の反応には、
1)音圧、2)振動、3)ラウドネスの3つの主な要因があると
結論付けられました。

音刺激の物理的変数から人間の反応を予測するために、
3つの要因のそれぞれについて予測式が導き出されました。
また、因子の等しい感覚の輪郭が得られました。
これらの結果から、低周波および超低周波音での
人間の知覚の多次元的側面を考慮した、
心理的影響の新しい評価方法が提案されます
。―引用終わり



・2021年2月3日に次の論文をエントリしました。

2021/02/03
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1998年9月1日
ポーランド
◇An investigation and assessment of annoyance of low frequency noise in dwellings.
住居における低周波騒音のアノイアンス/不快感の調査と評価

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1998年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239801700301
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239801700301?journalCode=lfna
著者:Mariana Mirowska
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
1998; Volume: 17 issue: 3, page(s): 119-126
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7194.html
―引用
要旨:
変圧器、エアコン、冷凍庫などの
住宅に設置された電化製品は、
低周波ノイズの原因となることがよくあります。
これらの音源からの住居内の騒音レベルは低いですが、
住人は騒音を不快であると評価しています。
この論文は、
住居における不快な低周波ノイズの調査結果を提示します。
測定結果を示し、
アノイアンス/不快感の評価方法について説明します
。―引用終わり



・2021年2月3日に次の論文をエントリしました。

2021/02/03
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1998年6月1日
ポーランド
◇Occupational exposure to infrasonic noise in Poland.
ポーランドにおける超低周波音への職業的曝露

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1998年6月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239801700202
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239801700202?journalCode=lfna
著者:Małgorzata Pawlaczyk-Łuszczyńska
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
1998、Volume: 17 issue: 2, page(s): 71-83
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7194.html
―引用
要旨:
この論文は、ポーランドの産業および輸送のさまざまな職場で
実施された超低周波音ノイズ測定の結果を示しています。
この調査は、124種類の機械、器具、
輸送手段から放出される騒音に関するものでした。
測定は、典型的な作業条件下で、
ポーランド規格PN-86 / N-01338および国際規格ISO7196
およびISO9612を参照して行われました。
PN–86 / N–01338によると、
1/1オクターブバンド8〜31.5 Hz内で
音圧が許容レベルを超えています。
(a)労働者の健康保護の許容レベルを超える音圧が5(4.0%)の
   ケースで発見されました。
(b)監視ディスパッチャキャビンなどで
   基本機能を実行するための適切な条件– 77(62.1%)のケース。
(c)管理、設計事務所などの施設– 92(74.2%)のケース。
聴力のしきい値は、調査中のすべての機械の66.9%を超えました
。―引用終わり



・2021年2月2日に次の論文をエントリしました。

2021/02/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1995年9月1日
ポーランド
◇Results of Measurements and Limit Proposal for Low Frequency Noise
in the Living Environment.
生活環境における低周波ノイズの測定結果と限界の提案

(Journal of Low Frequency Noise & Vibration|1995年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239501400302
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239501400302
著者:Marianna Mirowska
Journal of Low Frequency Noise & Vibration.
Volume: 14 issue: 3, page(s): 135-141
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7192.html
―引用
要旨:
この論文は、住宅(ファン、エアコン、ポンプ)に存在する
いくつかの低周波騒音源の測定結果を示しています。
測定は住居で行われ、
その住人は騒音のアノイアンス/不快感を訴えました。
住居内の低周波制限に関するVercammenの提案が議論され、
このトピックに関する私たち自身の調査の結果が提示されます
。―引用終わり



・2021年2月2日に次の論文をエントリしました。

2021/02/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1992年3月1日
オランダ
◇Low-Frequency Noise Limits.
低周波ノイズ制限

(Journal of Low Frequency Noise & Vibration|1992年3月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239201100102
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239201100102?journalCode=lfna
著者:Vercammen, M.L.S.
Journal of Low Frequency Noise & Vibration.
1992. Volume: 11 issue: 1, page(s): 7-13
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7192.html
―引用
1. Introduction(はじめに)
過去および現在の低周波騒音問題の経験、
および既存の騒音軽減規制の問題を評価する方法の
明らかな欠如により、低周波騒音に関する特別な規制
あるいは、不法妨害法に基づくライセンスに
組み込むことができるある種の制限レベル求められています。
この論文では、いくつかの研究、低周波ノイズの評価方法、
および低周波ノイズの伝達の測定結果を紹介します。

2. Case Studies(ケーススタディ)
図1は、製紙工場から数百メートル離れた
住居の音圧レベルを示しています。
A加重レベルは、
500Hzのオクターブバンドによって決定されます。
この図は、低周波ノイズの限界[1]も示しています。
これは、25 Hz未満の周波数の可聴しきい値
(平均から2標準偏差を引いたもの)です。
この曲線は、16 Hzのピークが聴覚のしきい値を
はるかに下回っており、アノイアンス/不快感は
50 Hzのピークによって引き起こされ、
音圧レベルが約25 dB(A)であることを示しています。

 この低いA加重値にもかかわらず、
一部の住民は多大な妨害に見舞われました。
これは、周波数差がわずかである3つのピークによる
音の拍動性の特性が原因である可能性があります。
図2を参照してください。
 図3は、鋳造所近くの住居の内側と外側の
音圧レベルを示しています。
騒音は、取り外し用の振動テーブルである
シェイクアウトマシンによって引き起こされます
・・・―引用終わり



・2021年2月1日に次の論文をエントリしました。

2021/02/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年7-9月
スウェーデン
◇A descriptive cross-sectional study of annoyance from low frequency noise
installations in an urban environment.
都市環境における低周波騒音設備からのアノイアンス/不快感の記述的横断的研究

(Noise & Health|2003年7-9月)
フリーフルテキスト
■Noise & Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2003;volume=5;issue=20;spage=35;epage=46;aulast=Persson
著者:K Persson Waye 他
Noise & Health
Year : 2003 | Volume : 5 | Issue : 20 | Page : 35-46
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7189.html
―引用
要旨:
交通騒音に非常にさらされている回答者の
生活条件を改善するために、
建物の片側を「静かな側」に向けることが推奨されています。
ただし、換気や空調システムなどの設備からの騒音によって、
静寂が損なわれる可能性があります。
この種の設備によって生成されるノイズは、
多くの場合、低周波数(20〜200 Hz)の大部分を占めており、
大きなアノイアンス/不快感や
睡眠障害の原因となる可能性があります。
この論文は、建物の片側の交通騒音と
建物の反対側の設備からの低周波騒音にさらされた
居住者の間で意図された介入研究の断面部分を説明します。
一般的な生活環境調査としてマスクされたアンケートが、
各世帯のランダムに選択された人に配信されました。
合計41人の回答者がアンケートに回答しました(回答率71%)。
設備からの騒音は、選択したアパートの
中庭に面した寝室の屋内と庭の屋外で測定されました。
24時間の交通騒音の屋外および屋内レベルが計算されました。
設置による騒音レベルは、
窓を閉めた状態での屋内の低周波騒音に関する
スウェーデンの推奨値をわずかに上回っており、
窓をわずかに開いたときの推奨値を約10 dBSPL上回っていました。
施設からの騒音で、屋内で非常に
または極めてイライラしていると報告した人の割合は、
交通騒音の2倍以上でした。
設置騒音は、
回答者が窓を開けて寝る意欲にも影響を及ぼしました。
この研究で見つかった設置騒音の高い妨害は、
建物の「静かな側」での騒音曝露も
調整することの重要性を示しています。
さらなる研究により、アノイアンス/不快感の程度と
設置騒音の許容レベルのより良い基盤が得られます
。―引用終わり



・2021年1月29日に次の記事をエントリしました。

<4-フランス:「キラー」風力タービン>
2021年1月21日
ぜひ!→
4-フランス、ロワール=アトランティック県ノゼ風力発電所
◇Éoliennes “tueuses” près de Nozay :
dans la ferme des Potiron, la 400e vache est morte mi-décembre
ノゼ(Nozay)近くの「キラー」風力タービン:
Potironファームでは、12月中旬に400頭目の牛が死亡しました

(actu.fr|2021年1月21日)
https://actu.fr/pays-de-la-loire/puceul_44138/
eoliennes-tueuses-pres-de-nozay
-dans-la-ferme-des-potiron-la-400e-vache-est-morte-mi-decembre_38499386.html
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/news/2021/01/25/eoliennes-tueuses-pres
-de-nozay-dans-la-ferme-des-potiron-la-400e-vache-est-morte-mi-decembre/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7187.html
―引用
ピュスル(ロワールアトランティック県)の
Potironファームで妊娠7か月のこの牛は、
2020年12月中旬に「明白な理由もなく」死亡しました。
2012年とQuatreSeigneurs風力発電所の建設以来、
このように死亡した400頭目の動物です。

▼風力発電所の建設から現れた過剰死亡率
DidierとMurielle Potiron夫妻だけでなく
隣のブリーダーであるCéline Bouvet氏にとっても、
彼らの動物のこの過剰な死亡の原因は、
近くの風力タービンに明確に関連しています。
彼ら自身がこれらすべての年の間
彼らの健康への影響に苦しんできたので、さらにそうです
:永続的な疲労、筋肉痛、頭痛、不眠症
...彼らが彼らの農場/家から離れるとすぐに消える非常に多くの問題。
12月19日、Potiron氏は娘のAlexandraを通じて、
この悲しい皮肉なメッセージを、
問題の動物の写真とともにソーシャルメディアに広めました:

▼調査報告書は1月に発行される予定です
今後、牛のブリーダーの最後の-端的な-希望は、
この厄介な問題に関係する
すべてのプレイヤーの話を聞くことによって
2020年6月にこれまでに実施された
すべての研究の統合の骨の折れる作業を開始した
調査委員会の報告書の発行にあります。
このアイデアは、 -存在する場合-
この風力発電所の近くに住む
人間と動物が苦しんでいる無数の病気と
この風力発電所との関連の科学的証拠を更新することです。
風力発電所の停止は、一時的であっても、
この趣旨の司法上の決定がなければ
ありそうもないように思われますが、
現在議論の中心となっているのは、
2つの事業の移転を担当する問題です
。―引用終わり



・2021年1月26日に次の論文をエントリしました。

2021/01/26
<論文:洋上風力発電の海洋生物への影響>
2019年12月17日
カナダ
◇How ‘Blue’ Is ‘Green’ Energy?
「海(ブルー)」はどのくらい「グリーン」エネルギーなのか?

(Trends in Ecology & Evolution|2019年12月17日)
DOI:https://doi.org/10.1016/j.tree.2019.11.002
■A Cell Press
https://www.cell.com/trends/ecology-evolution/fulltext/S0169-5347(19)30320-9
著者:Andrew J. Wright 他
Trends in Ecology & Evolution
VOLUME 35, ISSUE 3, P235-244, MARCH 01, 2020
DOI:https://doi.org/10.1016/j.tree.2019.11.002
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7183.html
―引用
ハイライト:
世界の洋上風力発電容量は、
中国での産業の確立に一部支えられて、
毎年15〜30%増加しています。
世界には90人以上の潮力エネルギー技術開発者がおり、
約半分は電流の流れに垂直な平面内で回転する
水平軸タービンに焦点を合わせています。
200以上の企業が
波力エネルギー変換器の開発を進めており、
最も一般的には、
フロートの垂直方向の動きを電気に変換する点吸収装置です。
建設騒音の影響は比較的よく理解されていますが、
海洋再生可能エネルギー装置の運用による影響は
ほとんどわかっていません。
将来の設置のためにこの知識のギャップに対処するには、
デモンストレーションサイトと
完全な商用プロジェクトでの監視が必要です。
海洋生物に対する設備の直接的および間接的な影響は、
相対的な規模と他の既存の産業からの影響との
相互作用に依存します。

多くの場合、環境に優しいと見なされている
「グリーン」な再生可能エネルギー技術には、
特に喫水線の下で発生するものなど、
見過ごされがちな生態学的コストがあります。
水力発電が淡水および海洋生物に与える影響について
簡単に説明した後、このレビューでは、
海洋再生可能エネルギー装置(MRED)が
水中の海洋生物、特に洋上風力発電所や
海洋エネルギー変換器(潮汐タービンなど)に
与える影響に焦点を当てます。
例として、洋上風力発電所と台湾のウスイロイルカ
(Sousa chinensis taiwanensis)を使用して、
累積的な影響と他の人為的圧力との
相乗的相互作用の両方を検討します。
MREDは間違いなく気候変動の緩和に役立つ可能性がありますが、
さまざまな種や生態系の感度のばらつきは、
MREDの使用の結果を完全に理解するために
厳密なケースバイケースの評価が必要であることを意味します
。―引用終わり



・2021年1月15日に次の論文をエントリしました。

2021/01/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2015年10月12日
ぜひ!→
イラン
◇Impact of wind turbine sound on general health,
sleep disturbance and annoyance of workers: A pilot-study in Manjil windfarm, Iran.
風力タービンの音が一般的な健康、睡眠障害、労働者のアノイアンス/不快感に与える影響:
イランのManjil風力発電所でのパイロット研究。

(Journal of Environmental Health Science and Engineering|2015年10月12日)
https://doi.org/10.1186/s40201-015-0225-8
オープンアクセス
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1186/s40201-015-0225-8
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/s40201-015-0225-8.pdf
著者:Milad Abbasi 他
Journal of Environmental Health Science and Engineering, 13, 71.
https://doi.org/10.1186/s40201-015-0225-8
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7168.html
―引用
要旨:
Background(バックグラウンド):
風力タービンの音は、風力発電所の近くに住む人々の健康に
比例した影響を与えるようです。
この研究は、イランのManjil風力発電所の労働者の
一般的な健康、睡眠、およびアノイアンス/不快感に対する
風力タービンから放出される騒音の影響を調査することを
目的としました。

Materials and methods(マテリアルと方法):
合計53人の労働者がこの研究に参加しました。
仕事の種類に基づいて、
彼らはメンテナンス、セキュリティ、
オフィススタッフの3つのグループに分類されました。
各仕事関連グループでの人の曝露は、
8時間相当の騒音レベル(LAeq、8時間)で測定されました。
労働者からデータを収集するために、
Noise annoyance scale(ノイズ・アノイアンス尺度)、
Epworth sleepiness scale(エプワース眠気尺度/日中の眠気指数)、
および28項目の一般健康アンケートが使用されました。
データは、Multivariate Analysis of variance(MANOVA)test
(多変量分散分析(MANOVA)テスト)、
Pillai’s Trace test(ピライのトレース・テスト)、
Paired comparisons analysis、
and Multivariate regression test
(ペア比較分析および多変量回帰テスト)によって分析されました。

Results and discussion(結果と考察):
結果は、反応変数(アノイアンス/不快感、睡眠障害、健康)が
仕事グループ間で有意に異なることを示しました。
結果はまた、睡眠障害と騒音曝露が
一般的な健康に重大な影響を及ぼしたことを示した。
騒音のアノイアンス/不快感と風力タービンからの距離は、
睡眠障害と労働者の一般的な健康状態の変動の
それぞれ約44.5%と34.2%を大幅に説明する可能性があります。
一般的な健康状態は年齢層によって大きく異なりましたが、
年齢は睡眠障害に大きな影響を与えませんでした。
健康に大きな影響を与えなかったため、
距離については結果が逆になりましたが、
睡眠障害は大きな影響を受けました。

Conclusions(結論):
風力タービンの騒音は、アノイアンス/不快感、睡眠、
健康に直接影響を与える可能性があるという結論に達しました。
このタイプのエネルギー生成は、
風力発電所の労働者に
潜在的な健康上のリスクをもたらす可能性があります。
ただし、この研究の結果を確認するには、さらなる研究が必要です
。―引用終わり



・2021年1月12日に次の記事をエントリしました。

2021年1月12日
<超低周波不可聴音と健康:2021/01/01~調布陥没>
2020年12月28日
調布市
◇「不眠続き避難」「家ずっと揺れ心療内科に」調布の道路陥没、健康被害も深刻

(読売新聞|2020年12月28日)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201228-OYT1T50057/
■おとしん
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7161.html

 東京都調布市の住宅街で、
東日本高速道路などによる東京外郭環状道路の
地下トンネルの掘削工事後に市道が陥没した問題を巡り、
住民団体「外環被害住民連絡会・調布」は27日、
市内で記者会見し、独自に実施した被害状況調査の結果を公表した。
家屋や塀などに被害があったのは58戸で、
振動などの体感被害も100戸を超える規模で確認された。

 調査は今月5日~20日、同連絡会が陥没現場付近の戸建て住宅308戸に
調査票を配布して行い、132戸から回答があった。

 家屋や塀などの構造物に被害があったと
回答したのは58戸で、具体的には複数回答で
「ドア・床の傾き」が19戸、「塀・タイルの変状」と
「コンクリートのひび割れ」が各17戸、「室内のひび」15戸と続いた。

 また、102戸が振動などの体感被害を訴えた。
内訳は複数回答で「振動」95戸、「騒音」72戸、「低周波音」51戸だった。

 自由記述では「音や振動が続いて不眠が続き、実家に避難した」
「ずっと家が揺れ、体調不良で心療内科に通っている」などの声も寄せられた。

 東日本高速道路は今月18日の記者会見で、
家屋被害について補償する意向を示したが、
同連絡会の担当者は「振動などによる健康被害も深刻だ。
家屋被害だけでなく、健康被害や資産価値の低下なども含めた
すべての賠償を求めたい」と話した。



・2020年12月25日に次の論文をエントリしました。

2020/12/25
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2020年12月7日
ぜひ!→
2/2-アイオワ州 マディソン郡
◇“A Madison County, Iowa,
cardiologist’s investigation and response to
industrial wind turbines in the rural residential countryside
regarding concerns of adverse health effects
and exploration of the relevant accompanying larger issues”
アイオワ州マディソン郡、
健康への悪影響の懸念とそれに伴うより大きな問題の調査に関する、
農村部の住宅地における産業用風力タービンに対する心臓専門医の調査と対応

(マニュアル|2020年12月7日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Johnson-health-effects-201207.pdf
著者:W. Ben Johnson, M.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7159.html
―引用
現在のより包括的な健康の定義を観察すると、
IWTSはAHE(健康への悪影響)を
アノイアンス/不快感(軽度から重度まで)として生成し、
通常の睡眠段階の進行を妨げることが示されています。

Austin Bradford Hill卿によって説明されているように、
生物学的妥当性の指標を利用することで、
疫学的目的でWTN(産業用風力タービン)と
AHE(健康への悪影響)の間に「因果関係」を確立できます。
Jerry PunchとRick Jamesが
2016年の包括的なレビュー(本文を参照)で調べたように、
Bradford Hill基準の9つすべてが、
IWTノイズとAHEの関係に関連するものとして
科学文献で特定されています。
・・・・・・・・
最後に、パート#15の最後に、
環境騒音による健康への影響の世界的リーダーと
見なされているMathias Basner, MD, PhDが
社説(2019)を作成し、
騒音が私たちの健康に及ぼす潜在的な影響をレビューしました。
彼は、結論の統計的力を困難にする
現在利用可能な研究におけるより小さな集団の問題を認めた。
彼は、2018年のWHOレポートからの
風切り音ガイドラインデータのどれも
「リスクの欠如」を発見しなかったことを強調しました。
彼はコメントで
「より多くの研究が必要であるという事実は、
私たちが緊急に必要とされている人々の
騒音からの保護を延期することにつながるべきではない」と述べた。
これまでに得た知識は、予防措置を講じ、
それぞれの法的な騒音規制でそれらを実証するのに十分です。

私たちは皆、すべての人がある程度
苦しんでいることを学びました
 –それは人間であることの一部です。
しかし、他人の経済的利益のために影響を受けた市民に
故意に苦しみを強いることは不道徳です。
巨大な「隣人の畑で回転する風車は沈黙している」と仮定し、
IWTが人的危害を引き起こすという「信頼できる証拠はない」という
風力エネルギーのマントラを信じることによって
「精神的に罪悪感から逃れる」ことは、
明らかに無礼で、専門家にふさわしくない、
不道徳で、ひどく無責任です。
私たちはもっとうまくやらなければなりません
。―引用終わり



・2020年12月24日に次の論文をエントリしました。

2020/12/24
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2020年12月7日
ぜひ!→
1/2-アイオワ州 マディソン郡
◇“A Madison County, Iowa,
cardiologist’s investigation and response to
industrial wind turbines in the rural residential countryside
regarding concerns of adverse health effects
and exploration of the relevant accompanying larger issues”
アイオワ州マディソン郡、
健康への悪影響の懸念とそれに伴うより大きな問題の調査に関する、
農村部の住宅地における産業用風力タービンに対する心臓専門医の調査と対応

(マニュアル|2020年12月7日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Johnson-health-effects-201207.pdf
著者:W. Ben Johnson, M.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7158.html
―引用
▼Purpose of this manual(このマニュアルの目的)
このマニュアルでは、
質問や懸念を明確にして解決するために、
最初は自分自身のために情報を収集しました。
答えが明らかになると
(確かに見つけ、明確にし、統合するのは困難ですが)、
この「侵入」がどのように起こったかの話が明らかになり、
それをあなたと共有します。
このマニュアルは、後で、産業用風力タービンの
近くに住むことに関連する可能性のある健康上のリスク
(2020年に知られている)を疑問視する
すべての人のためのリソースとして役立つことを願っています。

この情報の収集には数年かかりました。
風力産業が郡の許可を取得するプロセスは、
文字通りわずか数週間で「急いで」行われ、
この情報は、その性急なタイムラインを考えると、
事実上入手できません。

このマニュアルでは、私は、産業用風力タービン(IWT)が、
かつては静かだった農村部の住宅地域の住宅地の近くにあると、
健康に悪影響を与えるという私の意見を裏付ける証拠を提示します。
潜在的な深刻な健康への影響を超えて
…私たちは皆、塔の高いところに取り付けられた
これらの巨大な振動ブレードが私たちの個人的、社会的、
環境的コミュニティに与える影響を
完全に理解し、注意深く考える必要があります。
・・・・・・・
▼World Health Organization comments on wind turbines (2018 report)
風力タービンに関する世界保健機関のコメント(2018年のレポート)


セットバック距離(例:1500フィート)
またはLeqの平均騒音レベルとして
45〜50 dBAの以前の規制パラメーターは、
人間の健康への悪影響を保護しません。
それらは、変動する可聴
およびILFN音響エネルギーを考慮していません。
– これらはAHE(健康への悪影響)、
またはそれらのプロパティ上の
参加していない住居の場所に関連付けられています。

風力発電業者がタービンを設置する場合、
変動する音の放出の期間中に
プロジェクトがこれらの騒音制限のいずれかを超えないか、
「コンプライアンス違反」になることを確実にするために、
設計安全率を含める必要があります。
可聴およびILFNの伝搬/減衰、
またはコンピューターモデリングの精度について不確かな場合は、
居住者に害を及ぼす可能性を完全に排除するために、
距離を大きく離すか、
より静かな風力タービンのメーカーとモデルを使用する必要があります。
音の限界は居住者を保護するために注意深く定義されており、
産業の発展を促進するための妥協を反映するべきではありません。
居住者に危害をもたらす不遵守または制限の緩い騒音制限は、
合理的な「collateral damage/巻き添え被害」として
受け入れられません。
注目すべきことに、George Hesslerは、
主な特性として変動音を持たない産業ソースからの
低周波ノイズ放出について、
住宅コミュニティでのdBC基準を提案した
2004年の論文を公開しました。
―引用終わり



・2020年12月23日に次の論文をエントリしました。

2020/12/23
<論文-風車と睡眠>
2020年3月25日
ぜひ!→
スウェーデン
◇A Laboratory study on the effects of wind turbine noise on sleep:
results of the polysomnographic WiTNES study
風力タービン騒音の睡眠への影響に関する実験室研究:睡眠ポリグラフWiTNES研究の結果

(Sleep|2020年3月25日)
doi: 10.1093/sleep/zsaa046
オープンアクセス
■Oxford University Press
https://academic.oup.com/sleep/article/43/9/zsaa046/5811422
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/sleep-lab-study-2020.pdf
著者:Michael G Smith 他
Sleep, Volume 43, Issue 9, September 2020, 1–14
zsaa046,
https://doi.org/10.1093/sleep/zsaa046
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7156.html
―引用
要旨:
Study Objectives(研究の目的):

睡眠に対する風力タービン騒音(WTN)の
生理学的および自己申告による影響を評価します。

Methods(メソッド):
睡眠ポリグラフ検査、心電図検査、唾液コルチゾール、
および質問票のエンドポイントを使用した実験室睡眠研究
(n = 50人の参加者:風力タービンの近くに住むn = 24、
参照グループとしてn = 26)。
3連泊(23:00–07:00):
1回の慣れに続いて、ランダム化された静かなコントロールと、
合成された32 dB LAEqWTNによる介入夜。
WTNの夜のノイズは、閉じた窓と半開きの窓、
および低振幅変調深度と高振幅変調深度をシミュレートしました。

Results(結果):
WTNの夜には、より長いレム睡眠(+16.8分)と
より少ないレム睡眠(-11.1分、-2.2%)がありました。
客観的な睡眠の他の測定値は、
睡眠障害の主要な指標
(睡眠効率:コントロール86.6%、WTN 84.2%;
入眠後の覚醒:コントロール45.2分、WTN 52.3分;
覚醒:コントロールn = 11.4、WTN n = 11.5)
またはコルチゾール覚醒反応を含み
夜の間で有意差はありませんでした。
自己申告による睡眠は、
WTNの夜の後に一貫して悪化すると評価され、
風力タービンの近くに住む個人は、
対照群とWTNの夜の両方で
参照グループよりも自己申告による睡眠が悪化しました。

Conclusions(結論):
振幅変調された連続WTNは、
自己評価および生理的睡眠のいくつかの側面に
影響を与える可能性があります。
実験室の外でこれらの発見を一般化するために
将来の研究が必要であり、より多くの暴露夜を含み、
可能な馴化または感作をさらに調べるべきである。
―引用終わり



2019/12/29
<超低周波不可聴音と健康>
2019年6月17日
ぜひ!→
アイオワ州
◇Industrial Wind Turbines and Adverse Health Effects:
A Madison County, Iowa Cardio!ogist's view of the data
産業用風力タービンと健康への悪影響:
マディソン郡、データに対する心臓専門医の見解

■WINDWATCH
https://docs.wind-watch.org/Dr-Ben-Johnson-Presentation-Madison-County-IA.pdf
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6705.html
著者:W. Ben Johnson, M.D. (ベン・ジョンソン、医学博士)
―引用
私は、住民をIWTにさらすことは
職場でのアスベスト曝露と中皮腫の将来の発生の可能性に
類似していると考えています。
その関係は疑わしいものでしたが、後に確認されました。
認定されたAHE(健康への悪影響)での
アスベストの継続使用は違法であり、
訴訟を通じて補償的損害賠償の対象となることが判明しました。

関連するリスクをより定量化できるようになれば、
居住者の近くに置かれたIWTノイズ放射の
長期曝露によって引き起こされる
過剰な心臓血管死亡率と罹患率について、
風力エネルギーが最終的に責任を負う可能性があると思います。

現在、風力エネルギーは、
他の点ではコンセンサスが得られているにもかかわらず、
関連性があるかもしれないと認めることに抵抗しています。
その関連性は非常に可能性が高いため、
一部の科学者は、
インフォームドコンセントに基づく同意が
隣接して生きることを強制される人々から
倫理的に必要とされるどうかという問題を提起しました。
....その場合、立地の距離はすぐに大きくなります
(そして私たちの将来のコミュニティはより健康になります)。

これまでのデータは、最終的に、
IWTがAHEを直接引き起こすと述べるほど堅牢ではありませんが
データは、主にアノイアンス行為や
睡眠障害によって生じるストレス反応を介した
無数の心臓血管疾患への因果関係の可能性を裏付けています。
反対に、風力エネルギー産業は、
IWTへの曝露とその放射音が
現在実装されている距離(1500フィート)で安全であること、
および現在の実装が(世界保健機関の説明どおり)
健康のための必要条件を守っていることを示したことはありません

※ 1500フィート = 457.2 メートル―引用終わり



・2019年12月26日に次の論文をエントリしました。

2019/12/26
<WHO欧州地域の環境騒音ガイドライン (2018)>
2018年10月17日
◇World Health Organization: Wind Turbine Noise as a Health Hazard
(opening recognition likely to lead to more acknowledgement)
世界保健機関:健康被害としての風力タービン騒音
(より多くの承認につながる可能性がある始めの認識)

(Master Resource|2018年10月17日)
https://www.masterresource.org/wind-turbine-noise-issues/wto-wind-turbine-noise-as-a-health-hazard/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6699.html
―引用
「風力産業は、風力タービンと睡眠障害を直接結びつけ、
世界中の人間と動物への悪影響につながる証拠を否定し、
無視しました。
WHOの新しいガイドラインが、
この継続的な苦しみを排除しないにしても
軽減するための新しい基準を生み出すことを期待しています。」

「風力タービンでの環境騒音の負担は、
偶発的でもランダムでもありません:
その影響の大部分は、一定で容赦ないものです…。
これは非常に大きな否定できない
健康上のプレッシャーです。」

要旨:
「条件付き」の承認のみが、
脈動(スティーブンクーパー(Steven Cooper)が
呼んでいるような衝撃的な振幅の変更)
およびILFN(超低周波音および低周波ノイズ)
に与えられますが
新しい世界保健機関の報告書は、
世界中の産業用風力発電設備からの健康への影響を
管理する現在のdB規制の失敗を強調しています。

他の反論の余地のない結論は、
風力産業は非常に長い間、
睡眠不足(および関連疾患)の形で傷つける
計り知れないライセンスで
利益への規制の道を与えられているということです。

『Master Resource』は、風力タービンに関する
オーストラリア上院選考委員会※の
調査結果について以前に報告しました(2015年6月29日)。

この裁判所は、風力タービンの騒音に起因する
病気への直接の経路があることを確立しました。
―引用終わり



・2019年12月25日に次の文書をエントリしました。

2019/12/25
<超低周波不可聴音と健康>
2012年11月26日
ぜひ!→
ハワイ州
◇Bad vibrations: Health hazards of geothermal and wind turbine noise
悪い振動:地熱および風力タービンの騒音の健康被害

(Hawaii Reporter | 2012年11月26日)
http://www.hawaiireporter.com/bad-vibrations-health-hazards-of-geothermal-and-wind-turbine-noise/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6697.html
―引用
VADは、低周波ノイズへの曝露時間の長さに基づいて、
3段階に分けることができます。

I期は軽度で、1〜4年の暴露後に発生します。
軽度の気分変動、消化不良および胸焼け、
口/咽喉感染、気管支炎を引き起こします。

II期は中等度であり、4〜10年の暴露後に発生します。
胸痛、明確な気分のむら、背中の痛み、疲労、
真菌、ウイルス性および寄生性の皮膚感染、
胃の内壁の炎症、排尿時の痛み、尿中の血液、結膜炎、
およびアレルギーを引き起こします。

III期は重症であり、LFNへの10年以上の曝露で発生します。
精神障害、鼻粘膜、消化管、結膜の出血、鼻出血、静脈瘤、
痔疾、十二指腸潰瘍、痙性大腸炎、視力低下、頭痛、
激しい関節痛、激しい筋肉痛、神経障害を引き起こします。

低周波ノイズが軍隊によって武器として使用されることは
驚くべきことではありません。

結論:地熱および風力エネルギーの生産は、
低周波騒音公害を引き起こします。
LFNへの暴露は、病気や死を引き起こす可能性があります。
これらのLFNは現在、
政府規制当局および公衆衛生当局によって
認識、測定、または検討されていません。
この公害を引き起こす公益企業は、それを測定しません。
これらの技術とそのノイズの多い隣接地を拡大する計画は、
公衆衛生の脅威をもたらし、
また、絶滅危惧種とその重要な生息地を含む野生生物を脅かし、
生態系を劣化させる可能性があります。
―引用終わり




・2019年12月24日に次の論文をエントリしました。

2019/12/24
<論文-超低周波不可聴音 2019/07/01~>
1999年10月
ポルトガル
◇Vibroacoustic disease; the need for a new attitude towards noise
振動音響疾患; 騒音に対する新しい考え方の必要性

(Public Participation and Information Technologies 1999|1999年10月)
■FracDallas
http://fracdallas.org/docs/VAD1.html
■Waubra Foundation
https://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2014/08/
Alves-Pereira-Castela-Branco-Vibroacoustic-Disease-Need-For-New-Attitude-Towards-Noise.pdf
著者:Alves-Pereira M and Castelo Branco NAA.
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6695.html
―引用
要旨:
バックグラウンド。
環境問題に対する国民の認識における情報技術の重要性は、
新しい職業病が特定されたときに特に明確になります。
これは確かに、特に耳に関係のない
全身の騒音による病理である振動音響疾患(VAD)の場合です。

問題。
VADの社会的および経済的コストは驚異的であり、
環境騒音評価はVADを引き起こす騒音に
ほとんど注意を払っていないという事実によって
継続的に悪化しています-低周波(LF)騒音(* 500 Hz)、
主に聴覚障害を引き起こすものに焦点を当てています 。
誤った仮定は、
これらの不完全なノイズ評価要件を正当化します:
ノイズは耳にのみ影響します。
したがって、すべての騒音保護対策と評価手順は、
聴覚システムに影響を与える周波数(* 500 Hz)のみに
焦点を当てています。

ソリューション。
LFの大きな波長(メートル単位)を考えると、
LFノイズに対する物理的な保護は実行できません。
臨床的に重篤な段階へのVADの進化を防ぐことは実行可能です。
要件は2つあります。
a)求職者および被ばくした個人のエントリーレベルおよび毎年の心エコー図;
b)労働者、産業医、および経営者の教育。
すべての騒音評価にLFを含めることが緊急に必要です。
そして、この遍在する環境危険[災害]に対する予防医学を使用します。
ただし、これは十分な情報に基づいた
一般の人々の積極的な参加によってのみ達成できます
。―引用終わり



・2019年11月24、25、26日に次の記事をエントリしました。

2019/11/24
<1/3-超低周波不可聴音と健康>
2016年8月6日
ぜひ!→
オーストラリア
◇1/3-Heath Effects from Industrial Wind: Australian Testimony (Part II: Dr. Sarah Laurie)
産業風力による健康への影響:オーストラリアの証言(パートII:サラローリー博士)

(Master Resource|2016年8月6日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/au-testimony-laurie-ii/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6635.html


2019/11/25
<2/3-超低周波不可聴音と健康>
2016年8月6日
ぜひ!→
オーストラリア
◇2/3-Heath Effects from Industrial Wind: Australian Testimony (Part II: Dr. Sarah Laurie)
産業風力による健康への影響:オーストラリアの証言(パートII:サラローリー博士)

(Master Resource|2016年8月6日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/au-testimony-laurie-ii/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6637.html


2019/11/26
<3/3-超低周波不可聴音と健康>
2016年8月6日
ぜひ!→
オーストラリア
◇3/3-Heath Effects from Industrial Wind: Australian Testimony (Part II: Dr. Sarah Laurie)
産業風力による健康への影響:オーストラリアの証言(パートII:サラローリー博士)

(Master Resource|2016年8月6日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/au-testimony-laurie-ii/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6639.html
―引用
「放出される超低周波および低周波ノイズのレベルで
害の証拠がないというふりをしてきました。
これは真実ではありません。
30年前にNASAと米国エネルギー省が実施した
広範な研究があります。
それは、睡眠障害と
婉曲的に「アノイアンス/不快感」と呼ばれる
生理学的効果の直接的な因果関係を確立しました。」
–サラローリー博士(Dr. Sarah Laurie)、
Waubra Foundation CEO。
2015年6月29日、風力タービンに関する
オーストラリア上院選考委員会での証言。
―引用終わり



・2019年11月17日に次の論文をエントリしました。

<超低周波不可聴音と健康>
2013年10月19日
ぜひ!→
3/3-マサチューセッツ州、オーストラリア
◇Laurie, S. Wind Turbine Noise, Adverse Health Effects and Professional Ethics
ローリー、S。風車騒音、健康への悪影響と職業倫理

(Waubra Foundation|2013年10月20日)
https://waubrafoundation.org.au/resources/
laurie-s-wind-turbine-noise-adverse-health-effects-and-professional-ethics/
■PDF 全文
https://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2013/10/
LaurieS-9-Oct13-Address-Falmouth-Human-Rights-Conference.pdf
Sarah Laurie’s Address for the Human Rights Conference, Falmouth USA, October 2013
2013年10月、米国ファルマスの人権会議に向けたサラローリーの演説
“Wind Turbine Noise, Adverse Health Effects & Professional Ethics”
「風車騒音、健康への悪影響、職業倫理」


1/3-2019/11/15
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6617.html
2/3-2019/11/16
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6619.html
3/3-2019/11/17
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6621.html



・2019年11月14日に次の論文をエントリしました。

2019/11/14
<論文-風力発電所の振動と人間の知覚>
1982年4月28日
米国
◇Noise Induced House Vibrations and Human Perception *
騒音による住宅の振動と人間の知覚

https://doi.org/10.3397/1.2827592
著者:Harvey H. Hubbard
■Waubra Foundation
https://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2013/08/
Hubbard-1982-Noise-Induced-House-Vibrations-airports.pdf
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6615.html
―引用
要旨
騒音に対するコミュニティの対応の1つの側面には、
家の中の人々が含まれます。
家の構造物には、ノイズによって容易に励起され、
結合できる多くのコンポーネントがあるため、
複雑な振動システムとして応答します。
これらの動的な応答は、
家の中の観察者の環境に影響を与えるため、重要です。
このノイズによって引き起こされた
ハウス励起問題の性質を図1に示します。
家の中にいる人は、次の現象によって
家の外表面のノイズの衝突を感知できます:
構造を介して外部から内部に伝達されるノイズ
(参考文献1-6を参照);
床、壁、窓などの建物の主要コンポーネントの振動
(参考文献2、3、7および8を参照);
皿、装飾品、棚などの主要部品の振動によって
動かされる物体のがたつき
(参考文献2、3、および9を参照);
極端な場合には、石膏やタイル、家具などの二次構造の損傷
(参考文献7を参照)。

本稿の目的は、空中騒音の励起による
住宅の振動応答に関する利用可能なデータを要約し、
環境騒音の人間の知覚の問題における
そのような振動の役割を定義することです。
ここに含まれる建物の応答データは、
主に航空機の騒音、ヘリコプターの騒音、
ソニックブームのフライオーバーテストから得られます。
関連する調査結果は、空中騒音成分が
地震成分と比較して大きいあらゆる状況に
直接適用されると考えられています。
本稿のマテリアルは参考文献10のアペンディックスとして
最初に開発されました
そして、大型風力タービン発電機の
コミュニティ騒音評価に適用されています。
道路や鉄道の交通の場合と同様に、
家の構造物の地震励振が重要になる可能性がある状況では、
本稿の応答データが不十分になる可能性があります。
―引用終わり



・2019年11月12日に次の論文を再エントリしました。

2018/02/18、再2019/11/12
<論文:超低周波不可聴音>
1985年2月
ぜひ!⇒
米国
◇Acoustic Noise Associated with the MOD-1 Wind Turbine: Its Source, Impact, and Control
MOD-1風力タービンに伴う音響騒音:音源、インパクト、コントロール

(1985年2月)
■Kelley et al 1985 Acoustic Noise Associated with the MOD 1 Wind Turbine
http://waubrafoundation.org.au/resources/
kelley-et-al-1985-acoustic-noise-associated-with-mod-1-wind-turbine/
PDF
https://tethys.pnnl.gov/publications/
acoustic-noise-associated-mod-1-wind-turbine-its-source-impact-and-control
https://docs.wind-watch.org/Kelley-et-al_-Noise-MOD-1-wind-turbine-source-impact-control.pdf
著者 :Kelley, N.D. 他
■おとしん機械翻訳(1回目のエントリー<論文:超低周波不可聴音>)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5242.html
■おとしん機械翻訳(再-<論文:超低周波不可聴音 2019/07/01~>)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6611.html
―引用
序文
このレポートには、
ノースカロライナ州ブーン近くに設置された
DOE / NASA MOD-1風力タービンの動作に関連した
音響障害の可能性
および改善の可能性を確立するために実施された
ソーラーエネルギー研究所
およびその下請け業者のスタッフによる
広範な調査がまとめられています。

結果は、この音響的アノイアンス(いらだたしさ)の
最も有力な原因は、大きな円筒形タワー支持体の
リーウェイクを通過する際に、
タービンブレードに与えられる
過渡的な「非定常空気力学的揚力」であることを示した。

近くの住民は、申立人が住んでいた構造物に伝播する
低周波の音響インパルスに悩まされました。
この状況は、地形と大気の集中によって制御される
複雑な音伝搬プロセスによってさらに悪化しました。
急激で不安定なブレード負荷過渡現象を低減するための
いくつかの技術が研究され、議論されている
。―引用終わり



・2019年11月09日に次の論文を再エントリしました。

2019/02/11
<論文-超低周波不可聴音 2019/01/01~>
2014年4月6日
ぜひ!→
ポルトガル
◇Reply to:
How the factoid of wind turbines causing ‘vibroacoustic disease’ came to be ‘irrefutably demonstrated’
次の文書へ返答する:「振動音響病」を引き起こす風力タービンの虚偽が、
どのようにして「反駁できないほどに証明される」ようになったのか

■Wind Watch
https://docs.wind-watch.org/Alves-Pereira-Castelo-Branco-Chapman.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira(マリアナ・アウベス-ペレイラ)、Nuno A. A. Castelo Branco
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6006.html
―引用
振動音響病(VAD)の主任研究者として、
私たちはChapmanらの論文を知っています[1]。
私たちの仕事はかなり誤って伝えられ誤解されていました。
したがって、訂正と説明が必要です。
・・・・・
LFNで汚染された住宅は
公衆衛生上の重大な懸念事項であり、
LFNが豊富な環境では
休むことなく住む人間や動物でかなりの健康悪化が
観察される可能性があるということを
私たちはあらためて表明します。
2013年5月30日、ポルトガル最高裁判所は、
最初2006年に建設された4つのWTの撤去を決定しました
。―引用終わり



・2019年10月17日に次の記事をエントリしました。

2019/10/17
<超低周波不可聴音と健康>
2019年1月10日
ぜひ!→
フィンランド
◇Pilot study shows no significant reduction in damage caused by infrasound
until more than 15 kilometers from wind farms
パイロット研究では、風力発電所から15キロメートル以上離れるまで、
超低周波音によって起こされるダメージの大幅な減少は見られません

(Suomen ympäristöterveys (Finnish Environmental Health)|2019年1月10日)
https://syte.fi/2019/01/10/pilottitutkimus-osoittaa-infraaaanihaitan
-vahenevan-merkittavasti-vasta-yli-15-kilometrin-paassa-tuulivoimaloista/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6559.html
■Pilot Study SYTe 2016 – WindWatch.org
https://www.wind-watch.org/news/2019/01/18/pilot-study-shows-no-significant
-reduction-in-damage-caused-by-infrasound-until-more-than-15-kilometers-from-wind-farms/
―引用
▽夜に起こる障害は、超低周波音によって引き起こされる典型的な症状です
基本的な研究の質問は、
家族が過去6か月または1年以内に
健康状態の変化に気づいたかどうかでした。
時間に関する質問の文言は、
最も近い風力タービンの影響がいつ始まったかに
依存していました。
インタビュー対象者は、
風力タービンとの接続の可能性について
事前に知らされていませんでした。
–回答者の大半は、全体的な健康状態の変化に
名前を付けることができませんでした。
しかし、彼らは別々の症候性の質問に対して
多くの反応を示した、とMehtätalo氏は言う。
–最も典型的なものは、
睡眠障害または夜の睡眠、疲労、
さまざまな痛みのニーズの変化でした。
ごく少数、一部の回答者のみ、
風力発電所が 考えられる原因として検討されました
。―引用終わり



・2019年10月14日に次の記事をエントリしました。

2019/10/14
<超低周波不可聴音と健康>
2018年1月15日
フィンランド
◇Infrasound Measurements of Wind Turbines in the Ilmajoki Region.
Ilmajoki地域の風力タービンの超低周波音測定

(Auniogroup|2018年1月15日)
https://www.auniogroup.com/en/2018/01/15/ilmajoen-alueen-tuulivoimaloiden-infraaanimittaukset/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6552.html
―引用
「風力発電所はこの地域を工業地帯に変えています。」
測定により、風力タービンの超低周波音が
風力タービンの周囲の広い範囲に広がることが
明らかに示されました。
特に風下では、発電所から
数十キロメートルで超低周波騒音を検出できます。
また、風力タービンによって引き起こされる超低周波騒音と、
過去2017年に人々が経験した症状との関係も調査しました。
ウインドファームの開始後に
健康症状が始まった人が調査に参加しました。
私たちは、人々が抱える症状の種類に関する
一時的な情報を収集しました。
この研究の参加者は、
風車によって生成される超低周波音と
症状の時間的関係をマッピングするために、
症状の日記を維持しています。
最も一般的な症状は、
頭痛、睡眠の問題、耳鳴り、高血圧と心臓の症状です。
この研究の目的は、使用した研究方法が
風力タービンの健康への影響の研究に
適しているかどうかを判断することでした。
計画を準備する過程で、イルマヨキ評議会は、
風力プロジェクトの進行中に、州の近々行われる
超低周波音健康影響調査の結果を待つことを決定しました。
責任ある意思決定者が、
風力発電所建設の環境と住民に
まだ未解決のリスクがあるという事実を
認識しているのは良いことです
。―引用終わり



・2019年10月8日に次の論文をエントリしました。

2019/10/08
<超低周波不可聴音と健康>
2011年9月22日
スウェ-デン
◇Infrasound and low frequency noise from wind turbines: Exposure and health effects.
風力タービンからの超低周波音および低周波ノイズ:曝露と健康への影響。

(Environmental Research Letters|2011年9月22日)
DOI: 10.1088/1748-9326/6/3/035103
フリーフルテキスト
■iopscience
https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1748-9326/6/3/035103/meta
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
231062171_Infrasound_and_Low_Frequency_Noise_from_Wind_Turbines_Exposure_and_Health_Effects
著者:Bolin K, Bluhm G, Eriksson G, Nilsson ME
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6537.html
―引用
要旨
風力タービンは低周波ノイズ(LFN)を放出し、
一般に大型タービンは
小型タービンよりも多くのLFNを生成します。
LFNの主な原因は、流入する乱流とブレード間の相互作用です。
測定により、屋外レベルが正面暴露の対応する
ガイドラインを超えない限り、
住居内のLFNの屋内レベルは
通常推奨ガイドライン値内にあることが示唆されています。
3つの横断アンケート調査では、
風力タービンの騒音による不快感は
放出レベルに関連していることが示されていますが、
低周波騒音以外のいくつかの説明が考えられます。
3つの研究のうち2つで、
騒音レベルと自己申告による睡眠障害との
統計的に有意な関連性が見つかりました。
風力タービンからのLFNは他の、
より深刻な、健康上の問題を引き起こすことが
示唆されていますが、
これらの主張に対する経験的なサポートは不足しています
。―引用終わり



・2019年10月7日に次の論文をエントリしました。

2019/10/07
<論文-超低周波不可聴音 2019/07/01~>
2014年4~6月
ぜひ→
英国
◇Low frequency noise and annoyance.
低周波ノイズとアノイアンス

(Noise and Health|2014年4~6月)
フリーフルテキスト
■Noise and Health
http://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2004;volume=6;issue=23;spage=59;epage=72;aulast=Leventhall
著者:Leventhall HG
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6535.html
―引用
要旨
周波数範囲が約10Hzから200Hzの低周波ノイズは、
特に家庭の敏感な人々にとって、
特別な環境ノイズの問題として認識されています。
アノイアンス/不快感を評価する従来の方法は、
通常はA加重の同等レベルに基づいており、
低周波ノイズには不十分であり、
規制当局による誤った決定につながります。
低周波ノイズによる
アノイアンス/不快感の実験室測定は多数あり、
それぞれスペクトルとレベルが異なるため、
比較は困難ですが、
主な結論は、低周波のアノイアンス/不快感が
レベルとともに急速に増加することです。
さらに、A加重レベルは
低周波ノイズの影響を過小評価しています。
低周波ノイズに対する学習嫌悪の可能性があり、
規制当局から同情的な治療を受ける可能性のある
アノイアンス/不快感やストレスにつながります。
特に、ハムの問題はしばしば未解決のままです。
概算では、人口の約2.5%が低周波数のしきい値を持ち、
これは平均しきい値より少なくとも12dB感度が高く、
EU-15諸国の50〜59歳のグループのほぼ1,000,000人に相当します。
これは多くの苦情を生み出すグループです。
一部の国では低周波ノイズ固有の基準が導入されていますが、
変動に適切に対処していません。
基準の検証が、
限られた範囲のノイズと被験者に対して行われています
。―引用終わり



・2019年9月29日に次の記事をエントリしました。

2019/09/29
<化学物質~SF 6(六フッ化硫黄)>
2019年9月13日
ぜひ!→
英国
◇Electrical industry’s ‘dirty secret’ boosts warming
電気産業の「誰にも言えないような秘密」が温暖化を促進

(BBC NEWS|2019年9月13日)
https://www.bbc.com/news/science-environment-49567197
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6514.html
―引用
「再生可能プロジェクトは
どんどん大きくなっているので、
特に風力タービン内で
それを使用しなければなりませんでした」と、
SF6をタービンで使用しない
新しいEast Anglia風力発電所の
『Scottish Power Renewables』のエンジニアである
Costa Pirgousis氏は述べています。
「ますます多くのタービンを投入するにつれて、
ますます多くのスイッチギアが必要になり、
その結果、より多くのSF6が
オフショアの大きなタービンに導入されています。」
・・・・・・
▽なぜこれが禁止されていないのですか?
SF6は、Fガスとして知られる
人間が生成する物質のグループに属します。
欧州委員会は、2014年に、冷凍および空調のガスを含む
これらの環境的に有害な物質の多くを禁止しようとしました。
しかし、彼らはヨーロッパ中の産業からの強い反対に直面しました。
「結局、電気業界のロビーは強すぎたので、
彼らに屈服しなければなりませんでした」・・・・・
―引用終わり



・2019年6月10日に次の論文をエントリしました。

2019/06/10
<超低周波不可聴音と健康>
2016年10月19日
ドイツ/オープンアクセス
◇Aftereffects of intense low-frequency sound on spontaneous otoacoustic emissions:
Effect of frequency and level.
自発耳音響放射に対する強い低周波音の影響:周波数とレベルの影響

(J Assoc Res Otolaryngol|2016年10月19日)
■NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5243261/
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10162-016-0590-8
著者:
Jeanson, L., Wiegrebe, L., Gu"rkov, R., Krause, E., & Drexl, M. (2017).
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6275.html
―引用
要旨
人間の耳に強い低周波(LF)サウンドを提示すると、
LFサウンドがオフセットされた後、
非常にゆっくりとした正弦波の蝸牛感度が
発生することがあり
「バウンス」現象を作り出しました。
自発耳音響放射(SOAE)のレベルと周波数の変化は、
バウンスの敏感な尺度です。

ここでは、LFの音量と周波数が
バウンスに与える影響を調べました。
具体的には、90秒のLFサウンド曝露の前後の
SOAE(自発耳音響放射)のレベルを数分間追跡しました。
いくつかのLFサウンドレベル(固定周波数30 Hzで
47から75フォーンに対応する93から108 dB SPL)と
異なるLFサウンド周波数(80フォンの固定音量レベルで
30、60、120、240、および480 Hz)で試験が行われました。

30 HzのLFサウンド周波数では、
102 dB SPL(64ホン)の最小サウンドレベルで、
大きなバウンスを引き出すのに十分でした。

しかし一部の被験者では、
使用されている最低レベルである
93 dB SPL(47 phons)で
バウンス現象を引き出すのに十分であり、
実際のしきい値はさらに低い可能性があります。

LF音の周波数を変えて測定したところ、
LF音の周波数が上がるにつれて
バウンス現象が緩やかに減少しました。
これは、バウンスの強さが
SOAE(自発耳音響放射)とLF音の周波数の間の
スペクトル分離の単純な関数であるだけでなく、
おそらくは
有毛細胞受容体電位のAC成分の大きさに関連する
絶対LF音の周波数にも依存することを示します。
―引用終わり




・2019年4月13日に次の記事をエントリしました。

2019/04/13
<11-フランス:風力タービンに関する問題>
2019年3月28日
ぜひ!→
11-フランス
◇French farmers claim cows are dying due to turbines and solar panels
フランスの農民は、牛がタービンと太陽電池パネルのために死んでいると主張する

(Farminguk|2019年3月28日)
https://www.farminguk.com/news/
French-farmers-claim-cows-are-dying-due-to-turbines-and-solar-panels_51660.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6160.html
―引用
不可解な牛の死によって、
あるコートダムール(Côte d’amour)の農家は
名前のない会社に対して訴訟を起こすことになりました
―引用終わり




・2019年4月14日に上記の記事に関連して次の論文を再エントリしました。

2017-01-17/再2019年4月14日
<論文:超低周波不可聴音>
2011年9月30日
全文公開
ぜひ!⇒
カナダ
◇Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become Ill
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

(Bulletin of Science, Technology & Society|2011年9月30日‐オンライン)
http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html
著者r(s): Dr. Magda Havas, BSc, Ph.D.  他
―引用  
要約:風力タービンの近くに住む人々は、
以下のいくつかの組み合わせを含む症状を訴えます:
疲労感、うつ病、過敏性、攻撃性、認知機能障害、胸痛/圧迫、頭痛、
関節痛、皮膚刺激、吐き気、めまい、耳鳴り、ストレスなどがある。

これらの症状は、風力タービンが
騒音と超低周波不可聴音の形で発生する圧力(音)波に起因しています。

しかし、風力タービンは、低質な電気(dirty electricity)
および接地電流(ground current)の形で電磁波を生成し
電気的に過敏である人に悪影響を及ぼすことがあります。

実際、上記の症状は電磁波過敏症と一致しています。
音と電磁波の両方の感受性は個人によって異なり、
なぜ同じ家庭の誰もが同様の影響を経験しないのか
その理由を説明することができます。

風力タービンの健康への悪影響を緩和する方法が提示されます
。―引用終わり

----------------------------------

Chapman, S., & Crichton, F. (2017).
Wind turbine syndrome: A communicated disease.
風力タービン症候群:伝染病
Sydney, Australia: Sydney University Press.

2018/01/30
<論文-超低周波不可聴音> oco18-80
2017年12月1日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Waubra Foundation Statement re Simon Chapman & Fiona Crichton’s Book
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトンの本に関するワアブラ財団(Waubra Foundation)のステートメント

(Waubra Foundation|2017年12月1日)
http://waubrafoundation.org.au/2017/
waubra-foundation-statement-re-simon-chapman-fiona-crichtons-book/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5194.html
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトン共著
“Wind Turbine Syndrome: a Communicated Disease” に対するステートメントが
Waubra Foundation様より出されました。
その機械翻訳を2018年1月30日に拙ブログにエントリしました(2018/01/30)。
特に被害者の方にお読みいただけると幸いです。


これ以前の論文は、拙ブログの各論文のカテゴリをご参照ください。
・または、以下の
*2020年4月24日
*2020年5月29日
*2020年6月30日
*2020年7月31日
*2020年9月18日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6974.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6855.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6884.html

*2020年11月04日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7083.html
*2020年12月01日の拙ブログエントリーをご参照下さい。
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7083.html
*2020年12月25日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7127.html
*2021年1月29日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7167.html
*2021年3月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7191.html
*2021年4月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7233.html
*2021年4月28日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7233.html
*2021年6月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7323.html
*2021年7月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7394.html
*2021年8月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7399.html
*2021年9月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7442.html
*2021年11月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7538.html
*2021年12月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7550.html



 (おとしん:若林)



=======================================

【お知らせ】



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。


・メール相談を行っています。

拙ブログ管理人の都合により
メール相談はしばらく中止させていただきます。
直接、飯田橋にご参加いただければ幸いです。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


---------------------------------------------------


New!⇒


※ 昨今の事情により3月29日(日)は中止になりました。
次回の日程は、決まり次第お知らせいたします。
よろしくお願いいたします。

(おとしん 若林)




次回の懇談会は2020年3月29日(日)に決定しました。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2020年3月29日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始       午前10時00分
   終了      午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。
※ 休止中です

---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


--------------------------------------------
注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。



2021-12-27 : おとしんアップキープ:2020/01/01~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

<31-フランス:風力タービンに関する問題>31-フランス Saint Brieuc洋上風力発電所:Iberdrolaは、Saint Brieuc風力発電所プロジェクトでフランスの調査に直面しています・・・報告書によると、 フランスのParquet National Financierは、 Bilbaoに本拠を置くエネルギー会社の子会社である Ailes Marinesが2012年にSaint Brieuc海岸沖で プロジェクトを建設するための 入札に勝った状況について予備調査を開始しました  |関連記事| //  お知らせ:中止になりました→懇親会:2020年3月29日(日) |関連記事|家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック|眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上)(下) 隣家の電気給湯機…日本冷凍空調工業会は隣家の寝室のそばに設置するのを避けることをすすめている |注目記事|おすすめカテゴリ|論文|










<31-フランス:風力タービンに関する問題>




2021年10月2日




31-フランス Saint Brieuc洋上風力発電所
◇Iberdrola faces French probe over Saint Brieuc wind farm project
Iberdrolaは、Saint Brieuc風力発電所プロジェクトでフランスの調査に直面しています

(Bloomberg | 2021年10月2日)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-10-02/
iberdrola-faces-french-probe-over-saint-brieuc-wind-farm-project



By Alexandre Rajbhandari



スペインのIberdrola SAは、
ブルターニュ(Brittany)での
洋上風力発電プロジェクトをめぐって
フランスで調査に直面していると、
Agence France-Presse は土曜日に、
身元不明の人物を引用して報告しました。



報告書によると、
フランスのParquet National Financierは、
Bilbaoに本拠を置くエネルギー会社の子会社である
Ailes Marinesが2012年にSaint Brieuc海岸沖で
プロジェクトを建設するための
入札に勝った状況について予備調査を開始しました。



調査は、8月下旬にPNFに送られた地元の
漁業ロビー活動グループによる苦情に続いています。



グループの弁護士は、Ailes Marinesが
環境連帯移行大臣と産業大臣によって選ばれ、
競合するプロジェクトがエネルギー規制委員会によって
選ばれたことを強調しました。

弁護士によると、Ailes Marinesを採用するという選択は、
2019年にフランスの最高行政裁判所によって
正式でないと見なされました。



Ailes Marinesの代表はコメントを拒否しましたが、
Parquet NationalFinancierと
Iberdrolaのスポークスパーソンは
コメントのリクエストをすぐには返しませんでした。



この種のIberdrolaの4番目のインスタレーションである
このプロジェクトは、2023年に稼働する予定です。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




-------------------------
関連記事
-------------------------


2018/04/01
<1-フランス:風力タービンに関する問題>
2017年7月10日
1-フランス
◇Le juge administratif annule un projet de parc éolien dans le Morbihan
行政裁判官はMorbihanの風力発電プロジェクトをキャンセルする

(Le Monde.fr avec AFP|2017年7月10日)
http://www.lemonde.fr/energies/article/2017/07/10/
le-juge-administratif-annule-un-projet-de-parc-eolien-dans-le-morbihan
_5158742_1653054.html#qRvIu3MzBYqRm3LX.99
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5327.html

-------------------------------------------

2018/04/02
<2-フランス:風力タービンに関する問題> 
2017年9月13日
2-フランス
◇Hérault: Des parcs éoliens accusés de destruction de rapaces
エロー県(Hérault):猛禽類を殺害すると非難された風力発電所

( 20 Minutes |2017年9月13日)
https://www.20minutes.fr/montpellier/
2131647-20170913-herault-parcs-eoliens-accuses-destruction-rapaces
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5336.html

-------------------------------------------

2018/04/02
<3-フランス:風力タービンに関する問題>
2017年7月7日
3-フランス
◇Le bruit des éoliennes peut annuler une vente
風力タービンの音は売却を取り消すことができる

(romandie.com|2017年7月7日)
https://www.romandie.com/news/
VIE-PRATIQUE-Le-bruit-des-eoliennes-peut-annuler-une-vente/812741.rom

■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5336.html

--------------------------------------------

2018/09/22
<4-フランス:風力タービンに関する問題>
2017年12月11日
4-フランス
◇Winds of change: France faces challenges as it embraces offshore wind power
変化の気配:洋上風力を受け入れて、フランスは難問に直面する

(Deutsche Welle | 2017年12月11日)
https://www.dw.com/en/
winds-of-change-france-faces-challenges-as-it-embraces-offshore-wind-power/a-41511466
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5705.html

------------------------------------------

2018/09/23
<5-フランス:風力タービンに関する問題>
2018年4月23日
5-フランス
◇French Court of Audit slams green schemes
フランスの会計検査院、グリーンの計画を激しく非難する

(ENDS Europe | 2018年4月23日)
https://www.endseurope.com/article/52478/french-court-of-audit-slams-green-schemes
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5706.html

--------------------------------------------

2018/09/23
<6-フランス:風力タービンに関する問題>
2018年6月20日
6-フランス
◇France cuts tariffs on controversial offshore wind projects
フランス、論争の多いオフショア風力プロジェクトの関税引き下げ

(Reuters |2018年6月20日)
https://www.reuters.com/article/us-france-windpower-offshore/
macron-approves-offshore-windpower-projects-edf-and-engie-executives-idUSKBN1JG1N8
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5706.html

-------------------------------------------

2018/09/24
<7-フランス:風力タービンに関する問題>
2018年8月8日
ぜひ!⇒
7-フランス
◇Why do so many people in France hate wind farms?
なぜフランスの人々は風力発電所を嫌うのか?

(The Local|2018年8月8日)
https://www.thelocal.fr/20180807/why-do-some-people-in-france-hate-wind-farms-so-much
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5707.html

-------------------------------------------

2018/09/25
<8-フランス:風力タービンに関する問題>
2018年8月14日
ぜひ!⇒
8-フランス/動画
◇7 projets de parcs éoliens sur 10 font l’objet d’un recours en France
フランスの10か所の風力発電プロジェクトのうち7つが訴えの対象です

(BFMTV|2018年8月14日)
https://www.bfmtv.com/planete/
7-projets-de-parcs-eoliens-sur-10-font-l-objet-d-un-recours-en-france-1506074.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5710.html

-------------------------------------------

2019/04/11
<9-フランス:風力タービンに関する問題>
2018年9月21日
9-オピニオン、フランス
◇Le gouvernement ment auxFrançais、léégieéoliennepollue et nouscoûtetrop cher!
政府はフランス人に嘘をついている、フランス政府は高額を払っています

(Huffington Post|2018年9月21日)
https://www.huffingtonpost.fr/nicolas-dupont-aignan/
le-gouvernement-ment-aux-francais-lenergie-eolienne-pollue-et-nous-coute-trop-cher_a_23532575/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6157.html

-------------------------------------------

2019/04/12
<10-フランス:風力タービンに関する問題>
2019年3月7日
10-フランス
◇Chablis grower objects to wind turbines in vineyards
シャブリの栽培者はぶどう畑の中の風力タービンに反対する

(Decanter | 2019年3月7日)
https://www.decanter.com/wine-news/grower-objects-to-chablis-wind-turbines-410137/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6159.html

-------------------------------------------

2019/09/25
<11-フランス:風力タービンに関する問題>
2018年7月13日
11-フランス
◇Permitting limbo threatens French deployment
limboの許可はフランスの配備を脅かす

(Windpower Monthly|2018年7月13日)
https://www.windpowermonthly.com/article/1487712/permitting-limbo-threatens-french-deployment
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6504.html

------------------------------------------

2019/09/27
<12-フランス:風力タービンに関する問題>
2019年8月25日
12-フランス
◇Wind turbine project draws protests in the Dordogne
風力タービンプロジェクトがドルドーニュ(Dordogne)で抗議を呼び起こす

(Connexion journalist | 2019年8月25日)
http://www.connexionfrance.com/index.php/French-news/
Wind-turbine-project-draws-protests-and-march-in-the-Dordogne
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6510.html

-------------------------------------------

2019/11/06
<13-フランス:風力タービンに関する問題>
2019年10月28日
13-フランス
◇Charix – Le projet de parc éolien ne verra pas le jour
Charix-風力発電プロジェクトは日を見ることができません

(La Voix de l'Ain|2019年10月28日)
https://www.lavoixdelain.fr/actualite-39303-charix-le-projet-de-parc-eolien-ne-verra-pas-le-jour
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6600.html

CNRが主導する風力発電プロジェクトは、
自治体の生物多様性に影響を与える可能性があるため、
中止されました。

-------------------------------------------

2021/04/12
<14-フランス:風力タービンに関する問題>
2019年11月27日
14-フランス
◇US couple’s French chateau dream blown by wind turbine
風力タービンによって吹き飛ばされる米国夫婦のフランスのシャトーの夢

(The Connexion | 2019年11月27日)
https://www.wind-watch.org/news/2019/11/28/us-couples-french-chateau-dream-blown-by-wind-turbine/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7289.html

村の近くに4つの巨大な風力タービンを
設置するプロジェクトにより、
裕福なアメリカ人のカップルが
600万ユーロを費やしたシャトーから離れました。
彼らの離脱は、Maine-et-Loireの
Bourg-d’Iréの新進の観光産業を揺るがしました。
シャトーは現在売りに出されており、
村に残すという申し出は起こりそうにありません。

-------------------------------------------

2021/04/12
<15-フランス:風力タービンに関する問題>
2019年11月28日
15-フランス
◇“Je n’ai jamais entendu ça de ma vie” : sous les éoliennes, son quotidien est impossible
「こんな音は今まで聞いたことがなかった」:風力タービンの下では、通常の生活は不可能です

(lci.fr | 2019年11月28日)
https://www.lci.fr/planete/
je-n-ai-jamais-entendu-ca-de-ma-vie-sous-les-eoliennes-son-quotidien-est-impossible-2138629.html
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7289.html

「それらが回転していないとき、それは天国です:
それが今私が沈黙と呼んでいるものです。」
Hubertさんにとって、
彼が2年間眠ることを妨げていた騒音が、
彼の村Haute-Loireの郊外に設置された
風力タービンから来ていることに気付いた2010年に
すべてが理にかなっています。

彼の日常生活、60歳はそれを紙に書き始めます。
彼は4年間毎日更新されるペーパーで語っています。
「2010年6月13日日曜日:真夜中寝ています。
2:45を読む(耐えられない外のノイズ)」、
「2010年7月10日土曜日:私は注意します:
「今夜は騒音はありません。」
または:「私の人生の中で、それは非常に特別で、
『頭の中に入る』ということを聞いたことがありません。」

-------------------------------------------

2021/04/13
<16-フランス:風力タービンに関する問題>
2020年5月15日
16-フランス
◇Wind farm ‘disfigures’ Cézanne’s mountain
風力発電所はセザンヌの山を「傷つける」

(The Times | 2020年5月15日)
https://www.thetimes.co.uk/article/wind-farm-disfigures-cezannes-mountain-sn5bwgw30
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7291.html

ポールセザンヌが今日生きていたとしたら、
プロヴァンスのモンターニュサントヴィクトワールの
彼の有名な絵画には、22台の巨大な風力タービンが
まもなく含まれる必要があります。
パリの最高裁判所がAix-en-Provenceを見下ろす山の
「虐殺」と地元の人々が呼ぶものを阻止するための
控訴を却下した後、建設は2月に始まりました。
裁判官は、タービンが山の頂上から
6マイル離れたところにほとんど見えないという
議論を受け入れました。
しかし、批評家たちはこれに同意せず、
先週、Toulonの地方裁判所に、
高さ120mのタービンのうち2つが
すでに建設されている作業を停止するための
差し止め命令を求めました。

-------------------------------------------

2021/04/13
<17-フランス:風力タービンに関する問題>
2020年11月16日
ぜひ!→
17-オピニオン、フランス
◇«Les éoliennes sont un scandale environnemental stupéfiant»
風力タービンは驚異的な環境スキャンダルです

(efigaro.fr|2020年11月16日)
https://www.lefigaro.fr/vox/societe/
les-eoliennes-sont-un-scandale-environnemental-stupefiant-20201116
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7291.html

風力発電は私たちの経済部門の中で最も繁栄しているが、
それでも最も破壊的な価値になっている!
それは、プロモーターに有利な利点を倍増させる
国家のおかげでのみ機能します:
15年間の収入の保証、電力網への優先アクセス、
市民へのアピールの難しさの増大、
知事や選出された役人の無力さ。
これは明らかに、投資に対して
高い保証されたリターンを求めている複数のファンドの
アンケートやパーソナリティを引き付けます。

環境ロビーと省の支援の下での
この沈黙と妥協の連鎖は非難されなければならない。
これらの風力タービンは地球温暖化との戦いに
影響を及ぼさないことを国民に知らせなければなりません。
さらに、それらの開発は、
それらの間欠性(24%の効率)のために、
新しい明らかに汚染されたガス発電所の建設につながり、
外国の電力への依存を強調します。

これらの金属機械のすべての要素は
フランス国外で製造されているため、そこにも依存しています。
さらに、それは非常に少ない雇用を生み出すセクターです。
これらすべての不便は、私たちの国の繁栄を犠牲にして、
エコロジーとビジネスの誤った同盟に抗議するために、
数十万の市民を代表する数千の協会が
私たちの領土全体に立ち上がるに値します。

※ 著者のJean-LouisButréは
「(Energie et vérité)エネルギーと真実」の専門家グループのメンバーです。


■「(Energie et vérité)エネルギーと真実」
https://www.energieverite.com/

-------------------------------------------

2021/04/14
<18-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年1月26日
18-フランス
◇Orne: prefecture orders temporary shutdown of wind farm deemed too noisy
Orne:県が騒々しいと思われる風力発電所の一時的な閉鎖を命じる

(franceinfo|2021年1月26日)
https://www.francetvinfo.fr/economie/energie/
orne-la-prefecture-ordonne-l-arret-provisoire-d-un-parc-eolien-juge-trop-bruyant_4271977.html
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7293.html

フランスのBleu Normandieは1月26日、
Orne県がOrneのÉchauffour風力発電所の操業を
一時的に停止するよう命じたと述べた。
住民が騒がしすぎると考えている風力タービンを
一時停止するための法令を公表する必要があります。
騒音は、現場で実施された音響研究によって
許容基準よりも大きいと宣言されています。

-------------------------------------------

2021/04/14
<19-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年1月27日
19-フランス
◇In Drouloué, the wind power project puts their dream in jeopardy
Droulouéでは、風力発電プロジェクトが彼らの夢を危険にさらしています

(Le Télégramme | 2021年1月27日)
https://www.letelegramme.fr/morbihan/langonnet/
langonnet-a-drouloue-le-projet-eolien-met-leur-reve-en-peril-27-01-2021-12695078.php
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7293.html

フランスのBleu Normandieは1月26日、
Orne県がOrneのÉchauffour風力発電所の操業を
一時的に停止するよう命じたと述べた。
住民が騒がしすぎると考えている風力タービンを
一時停止するための法令を公表する必要があります。
騒音は、現場で実施された音響研究によって
許容基準よりも大きいと宣言されています。

-------------------------------------------

2021/04/14
<19-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年1月27日
19-フランス
◇In Drouloué, the wind power project puts their dream in jeopardy
Droulouéでは、風力発電プロジェクトが彼らの夢を危険にさらしています

(Le Télégramme | 2021年1月27日)
https://www.letelegramme.fr/morbihan/langonnet/
langonnet-a-drouloue-le-projet-eolien-met-leur-reve-en-peril-27-01-2021-12695078.php
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7293.html

LangonnetのDrouloué村に拠点を置く
Corinne GrosjeanさんとYonnelLe Brisさんは、
世代間会議の協会のプロジェクトを成熟させていました。
彼らが信じるプロジェクトは、彼らの家の近くに
風力発電所を設置することによって脅かされています。

「誰も私たちに警告しなかった。」
夫婦は、2020年2月に購入したとき、
「不動産業者、公証人、市役所のいずれも、
このプロジェクトの今後の設置について
通知していませんでした。
同じ地域で、国務院によって取り消された
2000年代初頭のものだけが言及されました。」
夫婦は売却を取り消すために弁護士に相談し、
風力発電プロジェクトに反対する団体を
強化するようになるでしょう。

-------------------------------------------

2021/04/15
<20-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年2月4日
20-フランス
◇«53 % des Français ne souhaitent pas voir apparaitre d’éoliennes près de chez eux»
「フランス人の53%は、風力タービンが彼らの近くに現れるのを見たくない」

(lefigaro.fr |2021年2月4日)
https://www.lefigaro.fr/vox/societe/
53-des-francais-ne-souhaitent-pas-voir-apparaitre-d-eoliennes-pres-de-chez-eux-20210204
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7295.html

FIGAROVOX /ENTRETIEN-
FIFGが実施した調査によると、フランス人は
風力エネルギーについて十分な知識を持っていません。
Charles Thimonさんと彼の協会
「Documentaire et vérité
(ドキュメンタリーと真実)」にとって、
先入観を打ち破り、
フランスの風景に風力タービンを設置することの
有害な結果について、一般の人々に知らせる時が来ました。
Charles Thimonさんnは、
Documentaire et Vérité協会の理事兼会長です。

■Les connaissances des Français en matière d’énergie éolienne
フランスの人々の風力エネルギーに関する知識

https://www.documentaire-et-verite.com/wp-content/uploads/2021/01/
rapport-enquete-ifop-connaissance-francais-energie-eolienne-2021.pdf


全体的な間違いは何ですか?

生態学的な面では、例えば、風力エネルギーの支持者は、
原子力発電がそのライフサイクル全体にわたって
風力タービンよりも優れた二酸化炭素排出量を持ち、
完全にリサイクル可能ではないことに
またはそれが最も希土類を消費するエネルギーであることに
圧倒的に気づいていません。

ドイツ、デンマーク、スペインなど、
ヨーロッパで風力タービンが最も集中している国も
最も高価な電力を支払う国ですが、
支持者の半数は反対だと考えています。
誤った表現のみに基づいて意見を述べることは
どのような正当性を認められていますか?
さらに、風力タービンのこの良いイメージを
和らげる必要があります。
なぜなら、彼らが十分な情報を持っていなくても、
フランスの人々の53%は、
Europe-Écologie Les Verts
(ヨーロッパ・エコロジー=緑の党)の有権者の44%と同じように、
家の近くに風力タービンが現れるのを見たくないからです !!


この無知の一部を埋めるために、
私たちはドキュメンタリー
«Éoliennes: du rêve aux réalités»
「風力タービン:夢から現実へ」を作成している最中です。
モンパルナスタワーほどの大きさの産業用風力タービンを
設置するために、少しずつ、当然のことながら、
多くの外国企業が私たちの田舎にやって来て
腐敗することを可能にしました!

■youtube
Documentaire "Éoliennes : du rêve aux réalités" (Teaser)
ドキュメンタリー「風力タービン:夢から現実へ」(Teaser)

https://www.youtube.com/watch?v=KwfXMw1nzSA


この謎解き会社への欲求はどのようにして生まれたのですか?

テレビがそれに値する経済的および社会的課題のレベルまで
問題に対処しないという観察に基づいて、
私たちは、周囲の近道に服従することで得た
この悪い習慣を押し戻すことを恐れずに、
国民に知らせることを切望している
若い市民を集める協会を設立することによって、
このギャップを埋めることに決めました。
約800人の寄稿者がすでにこの映画で
約100,000ユーロを集めることができました。

動画
■Éoliennes : du rêve aux réalités
風力タービン:夢から現実へ

https://www.documentaire-et-verite.com/projet/eoliennes-du-reve-aux-realites/

風力エネルギーに光を当てるために
私たちのドキュメンタリーに資金を提供するのを手伝ってください。
各寄付は、一般的な関心のある組織への寄付に対して
66%の減税の恩恵を受けます。

-------------------------------------------

2021/04/16
<21-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年4月1日
21-フランス モンペリエ地方裁判所
◇French court orders ‘historic’ demolition of seven wind turbines
フランスの裁判所は、7つの風力タービンの「歴史的な」解体を命じました

(The Connexion | 2021年4月1日)
https://www.connexionfrance.com/French-news/
French-court-orders-historic-demolition-of-seven-wind-turbines-in-use-since-2016
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7297.html

65の協会のグループであるVPPN Collectif 34-12の
Marjolaine Villey-Migraineさん※注)は、
モンペリエ審判の判決は歴史的であると述べました:
「これはフランスで初めてであり、
将来の事件の先例となるでしょう。」
裁判所は、所有者が控訴したとしても、
HéraultのGrands CaussesにあるBernaguesの
93mタービンを取り壊さなければならないことを命じました。
それらは2016年に発電を開始しましたが、
翌年、フランスの最高行政裁判所である国務院が
建築許可を却下しました。
VPPNの弁護士Nicolas Gallonは、
このような訴訟に勝つことはめったにないと述べた。
彼は次のように述べています:
「技術は比較的新しいので、
それほど多くのケースはありませんでした。
解体を注文することと、それが意味するコストは、
私たちの議論がしっかりしていることを示しています。」

------------------------
文中のリンク先
------------------------

※注) Marjolaine Villey-Migraineさん


2021/04/16
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2004年12月
フランス
◇Éoliennes, Sons et Infrasons: Effets de l’Éolien Industriel Sur La Santé des Hommes
風力タービン、騒音、超低周波音:産業用風力エネルギーが人間の健康に及ぼす影響

(2004年12月)
■WindWatch/PDF
https://docs.wind-watch.org/villey-migraine_eoliennesinfrasons.pdf
著者:Marjolaine Villey-Migraine
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7296.html

-------------------------------------------

2021/04/19
<22-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年4月2日
22-フランス マルセイユ行政裁判所
◇‘Kafkaesque’ row over 22 illegal wind turbines in south France
南フランスの22の違法風力タービンを超える「Kafkaesque」を巡る騒動

(The Connexion | 2021年4月2日)
https://www.connexionfrance.com/French-news/
Kafkaesque-row-over-22-illegal-wind-turbines-near-Sainte-Victoire-mountain
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7300.html

裁判所は、南フランスの22基の風力タービンは違法であり、
撤去すべきであるとの判決を下しました。
マルセイユの行政裁判所の裁判官は、
風力発電所の開発者が高さ125メートルのタービンを
設置するための環境許可を取得できなかったため、
風力発電所は違法であると認定しました。
しかし、Var県は22基のタービンを維持することに
熱心であるため、それらの撤去はまだ保証されていません。

Sites etMonumentsの弁護士であるFrancisMonamyは、
次のように述べています:
「県のこの決定がなければ、
風力発電所は建設中に停止されたでしょう。」
しかし、2021年3月31日に風力発電所を裁定した
同じマルセイユ裁判所は、県の命令は法律の範囲内であり、
維持されるべきであると裁定しました。
そのため、Provencialisは現在、5月24日までに書類を提出し、
おそらく風力発電所を救う必要があります。
しかし、最終決定には時間がかかります。
環境認可の申請が提出された後、
タービンが周辺の植物や野生生物に与える影響について
調査が行われます。
この後、ファームを削除するかどうかを決定できます。

-------------------------------------------

2021/04/19
<23-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年2月24日
23-フランス モンペリエ地方裁判所
◇Hérault : les 7 éoliennes de plus de 90 mètres de haut installées
à Lunas devront être démantelées
Hérault:Lunasに設置された高さ90メートルを超える7つの風力タービンを解体する必要があります

(midilibre.fr |2021年2月24日)
https://www.midilibre.fr/2021/02/24/
herault-les-7-eoliennes-de-plus-de-9-metres-de-haut
-installees-a-lunas-devront-etre-demantelees-9391844.php
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7300.html

許可の取り消し後に協会に押収されたモンペリエ地方裁判所は、
開発者にそれらを取り壊すための4か月の猶予を与えました。
それはおそらく、粘り強く断固とした反対派のための
10年以上の長い闘いの結果です。

「2月19日の審議で、
プロモーターのÉnergieRenouvelabledu Languedocは、
風力タービンとその運用に必要なすべての設備を
解体することにより、
サイトを以前の状態に復元するように命じられました。」と
34-12集団のスポークスマンである
MarjolaineVilley-Migraineさんは喜んでいます。

「これは重要な第一歩であるまれな勝利です」

「それは私たちにとって素晴らしい驚きであり、勝利です。
正義が環境を考慮に入れていることを嬉しく思います。」
ERL会社はそうするために4か月があり、
失敗すると、協会に1日あたり9,000ユーロの罰金を
支払う必要があります。
「裁判所は暫定的執行を命じました。
これは、上訴しても
決定を執行しなければならないことを意味します。」

-------------------------------------------

2021/12/08
<24-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年1月22日
24-フランス
◇Echauffour. Le parc éolien est mis à l’arrêt par décision préfectorale
Echauffour. 風力発電所は県の決定により停止

(actu.fr|2021年1月22日)
https://actu.fr/normandie/echauffour_61150/
echauffour-le-parc-eolien-est-mis-a-l-arret-par-decision-prefectorale_38926722.html
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7593.html

2021年1月22日金曜日に
アルジャンタン(Argentan)の副知事によって
組織された調停会議の終わりに、
Echauffour風力発電所の閉鎖が決定されました。
最初の!
彼女は、パークの再開は、行政法判事の管理下で、
第三者の専門知識の完了を条件とすることを指定しました。
MPLRVéroniqueLouwagieが歓迎したこのような決定は、
フランスで初めてのようです。

-------------------------------------------

2021/12/08
<25-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年1月26日
25-フランス
◇Orne: prefecture orders temporary shutdown of wind farm deemed too noisy
Orne:県が騒々しいと思われる風力発電所の一時的な閉鎖を命じる

(francetvinfo|2021年1月26日)
https://www.francetvinfo.fr/economie/energie/
orne-la-prefecture-ordonne-l-arret-provisoire-d-un-parc-eolien-juge-trop-bruyant_4271977.html
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7593.html

France Bleu Normandieは1月26日、
Orne県がOrneのÉchauffour風力発電所の操業を
一時的に停止するよう命じたと述べた。
住民が騒がしいと考えている風力タービンを
一時停止するための法令を公表する必要があります。
騒音は、現場で実施された音響研究によって
許容基準よりも高いと宣言されています。

-------------------------------------------

2021/12/09
<26-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年6月1日
26-フランス
◇French TV presenter joins campaign against wind turbines in France
フランスのテレビの司会者がフランスの風力タービンに反対するキャンペーンに参加

(The Connexion | 2021年6月1日)
https://www.connexionfrance.com/French-news/
French-TV-presenter-joins-campaign-against-wind-turbines-in-France
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7594.html

著名なジャーナリスト兼テレビ司会者のStéphane Bernは、
「ecocide/エコサイド/環境破壊」の一形態として
フランス全土に風力発電所が広がっていることを
説明する公開書簡を書きました。
エコサイド(環境に深刻な損害を与える行為)は、
今年フランスで公式の犯罪になると予想されており、
違反者には最高450万ユーロの罰金と
最高10年の懲役が科せられます。
Le Figaroに掲載された手紙の中で、
Bern氏は、フランスの風力発電所の数を増やす計画が
彼女の「自然遺産の破壊と生物多様性の達成の罪を犯し、
地面の人工化と化石燃料の支援を引き起こした」と述べ、
エコロジー移行大臣のBarbara Pompiliを批判しました。

-------------------------------------------

2021/12/10
<27-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年6月22日
27-フランス
◇French senators give mayors right to veto wind turbine projects
フランスの上院議員は市長に風力タービンプロジェクトを拒否する権利を与える

(EURACTIV France | 2021年6月22日)
https://www.euractiv.com/section/energy/news/
french-senators-give-mayors-right-to-veto-wind-turbine-projects/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7597.html

上院議員は金曜日(6月18日)に改正案を採択し、
現在議論されている気候とレジリエンス法の一環として、
風力タービンプロジェクトを拒否する権利を
地方自治体に与えました。 EURACTIVフランスが報告します。
激しい議論の後、上院議員は、
「調和のとれた開発、すなわち地域とその住民との
調和を高めることを目的とした風力発電所の社会的受容性」
を促進することを目的として、
風力発電所プロジェクトを拒否する権利を取得する市長に
賛成票を投じました。
保守的な共和党上院議員のEtienne Blancによれば、
光害、騒音公害、生物多様性の保護、
鳥の渡り回廊への影響はすべて、
風力発電所の建設を開始する前に考慮すべき基準です。
「風力タービン自体のリサイクルだけでなく、
コンクリートのリサイクルも十分に考慮していませんでした」
とBlanc氏は述べています。
「それは、協議と対話をよりよく確立することの問題です。
環境認可を提出する前に、
ファイルはプラントが設置される自治体とその市長に
提出されなければなりません」と
上院の右翼多数派の中にいるBlanc氏は付け加えました。

改正案は、市長がプロジェクトを研究し、
場合によっては拒否することができる
1か月の期間を規定しています。
Blanc氏は上院議員の仲間と話して、
彼の党は「強化された民主主義」を擁護しており、
原子力などの他の施設に関しては
地方自治体の「さらなる協議」を行っていると指摘した。
「原子力に関しては協議に賛成することはできず、
風力に関しては協議に反対することはできない。」
と彼は主張した。

-------------------------------------------

2021/12/10
<28-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年6月24日
28-フランス Saint-Brieuc洋上風力発電所
◇French fishermen corner construction vessel at Saint-Brieuc
Saint-Brieucでフランスの漁師は建設船を追い詰める

(4C Offshore News | 2021年6月24日)
https://www.4coffshore.com/news/
french-fishermen-corner-construction-vessel-at-saint-brieuc-nid23747.html
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7597.html

フランスの漁船は、
フランスのSaint-Brieuc洋上風力発電所で働く
建設船を再び取り囲んでいます。
このプロジェクトに抗議して、
約30隻の漁船が追い詰められ、
現場でのアレイケーブルの設置に先立って巨礫を取り除き、
プレカットトレンチを実行しているAssodiversの
建設支援船Aethraを周回しています。

-------------------------------------------

2021/12/10
<29-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年6月25日
29-フランス Saint-Brieuc洋上風力発電所
◇Vessel forced to leave French offshore wind farm after protests turn ugly
抗議行動が激しく後、船舶はフランスの洋上風力発電所を離れることを余儀なくされた

(offshorewind.biz|2021年6月25日)
https://www.offshorewind.biz/2021/06/25/
vessel-forced-to-leave-french-offshore-wind-farm-after-protests-turn-ugly/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7597.html

プロジェクトに抗議する地元の漁師が
いくつかの安全プロトコルに違反し、
船長と乗組員の安全を口頭で脅した後、
トレンチ支援船Aethraは
Saint-Brieuc洋上風力発電所を離れることを
余儀なくされました。

「Ailes Marinesは、Saint-Brieuc洋上風力発電所の
作業エリアで本日開催されたデモンストレーション中に、
特定のプロの漁師の容認できない行動を非難します」と、
風力発電所の開発者であるAiles Marinesは述べています。
Ailes Marinesは、プロの漁師が自由に不満を表明し、
実演できると考えています。
しかし、Ailes Marinesは、
今日、許容できない制限を超えたと述べています。
その結果、会社は法的な手段で、
無謀な行動によって基本的な海上安全規則に違反し、
現場で運航する船の乗組員の命を危険にさらす
すべての人々を告訴します」とAiles Marinesは述べました。

-------------------------------------------

2021/12/14
<30-フランス:風力タービンに関する問題>
2021年7月5日
ぜひ!→
30-フランス
◇New rules could make it harder to install wind turbines in France
新しい規則により、フランスでの風力タービンの設置が困難になる可能性があります

(The Connexion | 2021年7月5日)
https://www.connexionfrance.com/French-news/
New-rules-could-make-it-more-harder-to-install-wind-turbines-in-France
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7601.html



By Joanna York



風力タービンが稼働できる地域を制限し、
市長に拒否権を与える新しい規則は、
フランスに新しい風力タービンを設置することを
より困難にするでしょう。



防衛省は6月18日、
風力タービンを以前の30 kmではなく、
軍用レーダーから少なくとも70km離れた場所に
設置する必要があると宣言しました。



同省は、風力タービンがレーダー信号を
スクランブリングするのを阻止するために
新しい規則が導入されたと述べた。



それは、新しい設備が省によって
承認されなければならないことを意味し、
それは「レーダーと国家安全保障要求への起こり得る
混乱の観点からのプロジェクトの実現可能性」
をチェックするでしょう、と声明で述べました。



計画されている風力発電所の数は、
フランスの陸上風力発電所の数を2倍にする
政府の計画と同様に、
この措置の影響を受けると予想されます。



環境研究機関négaWatt and Abiesのメンバーである
Paul Neau氏は、LaDépêcheに、新しい規則は
「軍事レーダーでカバーされる土地の量を5倍にする」と語った。



軍が使用していない航空レーダーと
気象レーダーを考慮に入れると、
フランスの土地の30〜40%は
タービンの設置に不適格になると彼は述べた。



首相官邸は、国防省の規則が半年以内に見直され、
修正される可能性があると述べた。



▽市長はタービンを拒否するために
より多くの力を与えられるように設定されています




上院はまた、6月18日に新しい法案を可決し、
市長に市議会との討論を通じて
新しい風力タービンの設置を拒否する権利を与えました。



新しい規則はまた、
タービンを設置すべきかどうかについて
住民投票を行うことができることを意味します。



この法案は、法律になる前に
議会で承認される必要があります。



エコロジー移行相のBarbara Pompili氏は、
この規則は
「特定の利害関係者に人質に取られる」可能性のある
市長に過度の圧力をかけるとすでに述べている。



代わりに、政府は風力発電所を開発できるゾーンを特定し、
地元の役人やグループに「テーブルの周り」で
実行可能なものについて話し合うようにする必要があると
彼女は言いました。



Neau氏は、この規則は新しいタービンを設置する際の
「追加の制約」であり、
「風力発電所は秘密裏に作られていない」ため
不要である可能性があると述べました。



「首長は彼らの許可を与えなければなりません。
次に、景観と農業など、さまざまな委員会からの
合意が必要です。
新しい風力発電所の計画を立てるには10年かかります」
と彼は言いました。



環境連帯移行省は以前、
風力タービンを設置する場所に関する決定を
擁護しなければなりませんでした。



5月28日の記者会見で、Pompili氏は、
すべての設備が3つの目的に対する潜在的な影響を
測定する研究の対象であると述べました:

「景観と遺産を保護し、景観への影響という観点から
プロジェクトの進化を図り、影響を軽減します。」



▽専門家は風力発電所が環境に優しいことを否定している



ここ数ヶ月、テレビの司会者Stéphane Bern氏を含む
フランスの政治家や著名人が風力タービンに反対している。



Bern氏は、自然遺産と生物多様性を破壊し、
化石燃料の使用を促進する責任があるため、
環境にやさしいのとは正反対であると述べました。



Neau氏はこれらの意見を「フェイクニュース」と表現し、
風力タービンは25%の時間しか機能せず、
リサイクル不可能な材料でできているという
Bern氏の主張に反論しました。



彼は次のように述べています:

「それはまったく真実ではありません。
80〜90%の時間で動作しますが、
フルパワーでは動作しません。
風力タービンの部品の90〜95%はリサイクル可能です。」



彼は、風力タービンに対する意見を
「未知の噂、不合理な議論への恐れ」に落とし込みました。
特に、風力発電所で生産されるエネルギーは、
他の方法で生産されるエネルギーよりも
大幅に安い可能性があるためです。



「[エネルギープロバイダー] EDFが実施する
2つのプロジェクトの場合、
原子力エネルギーのコストは、
英国では1メガワット時あたり100ユーロ、
Dunkirk近郊の洋上風力発電所では45ユーロです」
と彼は述べています。



Neau氏は、政府がこれに対する認識を高め、
フランスの人々が風力エネルギーに移行するのを支援すれば、
風力発電所への支援が増えるだろうと付け加えた。



現在、フランスには800の風力発電所があります。

2023年までに、これは1,200〜1,400の発電所に
増加すると予想されており、タービンはより強力です。



風力発電所で生産されるエネルギーは、
現在、全国で消費されるエネルギーの8.9%を占めています。




* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。




---------------------------------------------------




更新日:2021年12月27日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】




ぜひ!→
著者:William G. Acker、Acker & Associates
「Case studies that have convinced me that industrial wind turbines make people sick
産業用風力タービンは人々を病気にさせると私に確信させたケーススタディ」
については
以下の拙ブログカテゴリーをご参照下さい。
<1~38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>




・2021年12月27日に次の論文をエントリしました。

2021/12/27
38/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
著者:William G. Acker、Acker & Associates2021/12/27
38/38
38. Fight or Flight Response
闘争・逃走反応/戦うか逃げるか反応

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7619.html
―引用
2016年6月8日水曜日、ジェイ・ティベッツ博士
(Dr. Jay Tibbetts)はDaveとJim Protsmanと共に
Dave Enz氏の家にいました。
この会議の目的は、シャーリー風力タービンの
健康への影響にアクセスすることでした。
シャーリー風力タービンが稼働しているその日、
ジェイ博士は戦うか逃げるか
(ハイパーエアロゾルまたは急性ストレス反応とも呼ばれる)
と呼ばれる状態を経験しました。
これは、知覚される有害なイベント、攻撃、
または生存への脅威に応じて発生する生理学的反応です。
ジェイ博士は、彼の症状はすぐには始まらなかったと私に話し、
彼は症状を経験する前にしばらく家にいたと言いました。
ジェイ博士が逃走反応(Flight Response)を経験し始めたとき、
彼はDaveとJimに彼が経験していることを話し、
彼がこのストレス反応に精通していたので
それが何であったかを彼らに話しました。
逃走反応を引き起こす刺激は、
体の部分の振動、皮膚の振動、
またはタワーを通過するブレードと
その高調波によって生成される超低周波音や
騒音のような威嚇するような音である可能性があります。
これらの刺激は感覚視床によって拾われ、
感覚皮質にメッセージを送り、次に扁桃体に信号を送ります。
場合によっては、感覚視床は皮質を通過せずに
扁桃体に直接信号を送信します。
扁桃体は、交感神経系に信号を送ることによって、
闘争・逃走反応に反応する脳の一部です。
それは、副腎を刺激して、アドレナリン(エピネフリン)、
コルチゾール、ノルアドレナリンを血流に放出します
これらのストレスホルモンは、
体にいくつかの変化を引き起こします。
自律神経系には、車のアクセルペダルのように機能する
交感神経系と呼ばれる要素があります。
それは闘争・逃走反応を引き起こし、
体にエネルギーのバーストを提供するので、
知覚された危険に対応することができます。
緊急行動のために体を刺激する
これらのストレスホルモンの放出は、
以下を引き起こす可能性があります:
1.安静時心拍数の増加。
2.収縮期血圧と拡張期血圧の上昇。
3.筋肉、腕、脚、肩、脳、目、耳、鼻への血流の増加。
4.消化器系および体の表面、指、足の指への血流の減少。
5.呼吸数の増加、したがって酸素摂取量の増加。
6.呼吸数の増加によって時々引き起こされる息切れとめまい。
7.瞳孔を広げて、より多くの光を取り入れ、視力を改善します。
8.コルチゾールレベルの増加
9.聴覚がより敏感になる可能性があります。
10.発汗
11.手のひらの発汗
12.ハートドキドキ。
13.緊張した筋肉。
14.胸の痛みまたは緊張。
15.吐き気、腹痛または下痢。
16.めまいまたは立ちくらみ。
17チクチクする、しばしば指に。
闘争・逃走反応は、風力タービンの騒音に
さらされたときに人々が経験する症状の1つです。


B. Cumulative Danger from Over-Activation of Our Fight or Flight Response
私たちの闘争・逃走反応の過剰活性化による累積的な危険


ストレスホルモンが累積的に蓄積しているという証拠は圧倒的です。
時間の経過とともに適切に代謝されない場合は、
過度のストレスは、(頭痛、過敏性腸症候群、
高血圧などを引き起こす)自律神経系の障害や
(感染症、慢性倦怠感、うつ病、および狼瘡や
関節リウマチアレルギーなどの
自己免疫疾患に対する感受性を生み出す)
私たちのホルモンおよび免疫系の障害につながる可能性があります
。 ―引用終わり
=============================
関連する文書
=============================
2014/05/04
<⑦ 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>
⑦ ウィスコンシン州、レター、オーストラリア
◇Letter to AMA (Australia)
AMAへの手紙(オーストラリア)

(ジェイ·J·ティベッツ、医学博士, March 18, 2014 ~~)
https://www.wind-watch.org/news/2014/03/19/letter-to-ama-australia/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html



・2021年12月24日に次の論文をエントリしました。

2021/12/24
37/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/24
37/38
37. Acoustical Engineer Steven Cooper of Australlia proves
that wind turbine sensitized people can sense the inaudible
infrasound noise from wind turbines.
オーストラリアの音響エンジニアSteven Cooperは、
風力タービンに敏感な人々が風力タービンからの
聞こえない超低周波音を感知できることを証明しています

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7618.html
―引用
Steven Cooper氏は、
ケープブリッジウォーター(Cape Bridgewater)として知られる
風力発電所の重要な騒音研究を実施した音響エンジニアです
(このドキュメントの#1を参照)。
Steven氏は彼の研究室で可聴でない超低周波音を使用して、
風力タービンに敏感な人々をこの騒音にさらしました。
これらの人々は、ケープブリッジウォーター風力発電所の
近くの自宅での曝露中にこの騒音に敏感になりました。
Cooper氏は、この聞こえないノイズを使用して、
人々ができるかどうかを確認しました
この風力タービンの騒音を感知します。
Cooper氏がノイズをオン/オフするたびに、
すべての人がノイズを感じることができました。
風力発電業界は、騒音は聞こえないため、
人の健康に影響を与えることはできないと言っています。
聞こえないノイズを感知することは、
病気を証明するための第一歩です。
ウィスコンシン州グレンモアのShirely Wind Turbinesの近くに住む
Darren&Sue Ashleyの家族は、
風力タービンの起動時と停止時に、
風力タービンからの可聴ノイズなしに
風力タービンを感知できる家族です。
また、風力タービンは家の中からは見えないので、
何かを経験したときは、
タービンが回転しているかどうかを確認するために
外に出る必要がありました。
この感覚について話し合っている
Ashley家のU-Tubeビデオがあります。
このビデオは、
「Unvarnished Truth Shirley Wind Project Victims Speak Out」
と呼ばれています。
このビデオは、音響エンジニアが感作された人々の
多くが感知している可能性があると判断する
何年も前に作成されました( 超低周波音を聞く)。
一部の家には、可聴ノイズと非可聴の超低周波ノイズの
両方があることを指摘しておく必要があります
。―引用終わり
■youtube/Shirley Wind Victim Update: Ashley
https://www.youtube.com/watch?v=vBaOEgS3f1U
タービンが運転を開始した2010年12月以来、
ウィスコンシン州グレンモア(Glenmore)の
シャーリーウィンドファームプロジェクト
( Shirley Wind Farm Project)での
アシュリー家(Ashley Family)の生活。
=====================
関連する論文
=====================
2021/06/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2015年5月
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Cape Bridgewater Wind Farm Noise Study – Sensitisation, and Cause & Effect
ケープ ブリッジウォーター風力発電所の騒音調査 – 感作、および原因と影響

(Acoustical Society of America meeting|2015年5月)
http://acoustics.com.au/media/The_Cape_Bridgewater_Wind_Farm_Noise_Study_Cause_and_Effect.pdf
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America meeting, Pittsburgh, May 2015
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7372.html
―引用要旨:
2014 年に、オーストラリアのビクトリア南西部にある
ケープ ブリッジウォーター ウィンド ファームの近くにある
3 つの家屋で騒音調査が行われました。
それには、特定の地域住民によって報告された妨害に関連する
特定の風速と特定の騒音レベルを決定するための
測定を行うための具体的な概要が含まれています。
8 週間の監視期間中に使用された居住者の日記は、
3 つの異なる影響の重大性を説明しています:
騒音、振動、感覚を 1 ~ 5 のランクで評価します。
風力発電所の速度と出力と組み合わされた感覚指標は、
より高いレベルの感覚については、
風力発電所の特定の動作モードが最大レベルの妨害を
引き起こすと特定された因果関係を特定しました
。―引用終わり
=====================
関連する論文
=====================
2015-09-27
[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料⑤/⑤]
<41-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
2015年1月24日
ぜひ!⇒
41-オーストラリア
◇Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm
音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
results-of-an-acoustic-testing-program-cape-bridgewater-wind-farm/
著者:Acoustic Group(音響グループ)
■ おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5354.html
=====================
関連する論文
=====================
2017/09/21
ぜひ!⇒
⑧/⑭ ウィスコンシン州
■Cooperative Measurement Survey and Analysis of Low-Frequency
and Infrasound at the Shirley Wind Farm
シャーリー風力発電所における低周波騒音および超低周波不可聴音の
協調測定調査および解析

(2012年12月24日)
https://www.wind-watch.org/documents/
cooperative-measurement-survey-and-analysis-of-low-frequency
-and-infrasound-at-the-shirley-wind-farm/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4921.html



・2021年12月23日に次の論文をエントリしました。

2021/12/23
36/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/23
36/38
36. Developmental Tissue Damage Causing Flexural Deformities
In The Front Limbs Of Foals at the Lusitano Stud Farm In Portugal.
ポルトガルのLusitanoスタッドファームにおける子馬の前肢に
屈曲変形を引き起こす発達組織損傷

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7617.html
―引用
2006年11月、ポルトガルのAlto Do Folgorosa Facilityと
呼ばれる風力発電所が、それぞれ2.0MWの合計9基の
風力タービンのうち最初の4基を始動させました。
4基のユニットのうちの1基は、
法的措置のために後で削除され、
2008年9月に6つの追加ユニットを設置しました。
この風力発電所の近くには、
Torres Vedras Portugalのリスボン市の近くにある
Lusitano Stud Farm(種馬飼育場)があります。
風力タービンは、スタッドファームから
約350 m(1148フィート)から
800 m(2625フィート)の距離にあります。
この種馬飼育場は2000年から操業しており、
正常で体調の良い馬を飼育しているが、
2008年には生まれたばかりの子馬は屈曲変形を発症しました。
タービンによる病気のため、
家族はスタッドファームの家を出なければなりませんでした。
欠損した腱の組織分析が行われ、
LFNによって誘発された生物学的反応の
古典的な特徴が明らかになりました:
炎症過程がない場合のコラーゲンの増殖による血管壁の肥厚。
これはすべて、獣医学校で行われた研究で明らかになりました:
ポルトガル、リスボン工科大学獣医学部。
修士論文として書かれた研究は、
Mariana Alves- Pereria教授
(マリアナ・アルベスペレリア教授)によって
「​Acquired Flexural Deformity of the Distal Interphalangic Joint in Foals」
(遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬)と題されました。
この研究では、これらの馬は4年間監視されました。
この研究は、Teresa Margarida Pereiraosta e Curto
によって実施されました。
9頭は種畜飼育場で生まれ、
2頭は別のブリーダーから取得された合計11頭の
罹患動物が調査されました。
6頭の馬は雄で5頭は雌でした。
種馬飼育場に持ち込まれた2頭の子馬が、
考えられる遺伝的原因の調査を支援するために連れてこられ、
これら2頭も6か月後に奇形を発症しました。
影響を受けた子馬のうちの2頭は
最初の1頭から離れた牧草地に置かれ、
他の2頭はリスボンの獣医学部に入院しました。
それらの動物では、人道的な理由で
安楽死させなければならなかった動物を除いて、
奇形の部分的な回復を伴う、
それらの状態の改善が観察されました
。 ―引用終わり
==========================
関連する論文
==========================
2018/08/27
<振動音響疾患>
2012年
ポルトガル 
◇Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals.
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

■ダウンロード オリジナルドキュメント 英語
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf
■ポルトガル語 ドキュメントオリジナル ダウンロード
https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao
-interfalangica-distal-em-poldros.pdf
■おとしん機械
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5637.html
―引用
要旨 (Abstract):
2008年以来、ルシターノ(Lusitano)
スタッドファーム(種馬飼育場)では、
前肢の屈曲変形の高い罹患率が観察された。
この研究は、影響を受けた動物の組織変化の結果、
ならびにこの観察に至りうる環境条件
および管理変化を報告することによって、
この問題を評価することを目指している。
合計11匹の罹患動物を研究した。
これらの中で、完全な物理的および整形外科的検査、
具体的には、背側の蹄壁と床との間の角度の決定が行われた。
生検および剖検で収集された
いくつかの組織の放射線写真検査、CT画像化、
第3中大脳皮質の皮質骨の厚さの決定
および組織病理検査を、罹患した仔馬のサブセットで行った。
すべての動物には、
ウマのバランスの取れた商業的飼料が補充されていた。
考えられる遺伝的原因を調べるために、
別個の血統からの2匹の子馬を飼育場に持っていきました。
これらはまた、6ヶ月後に変形を発症した。
影響を受けた子牛のうち2頭は
最初の牧草地から離れた牧草地に置かれ、
2頭の仔馬はリスボンの獣医学部
(Faculdade de MedicinaVeterináriade Lisboa)に入院した。
人道的理由のために安楽死させなければならなかったものを除いて、
それらの動物では、その状態が改善し、変形から部分的に回復した。
組織病理学は、
(i)1匹の子馬で外科的筋膜切開術
  (surgical desmotomy)により得られた腱から、
(ii)3匹の子馬で腱生検を行い、
(iii)剖検中に1匹の子馬の組織で実行されました。
組織学的に最も顕著な変化は、
平滑筋の筋原線維の解離であった。
これは主に小腸で見られたが、
腱維管束のものを含む小毛細血管の壁にも見られた。
屈曲変形は、複雑で多因子性の病因論を有する。
それらは、骨およびその隣接する軟組織の
縦方向の発達の解離に起因するだけでなく、
疼痛に応答する腱 - 筋肉単位の短縮からも生じる。
ここで提示されたケースシリーズでは、
この問題の発生の明白な原因はなかったため、
異常な環境条件がこの病気の発症、
特に近年導入された病気の発症において
重要な役割を果たすかもしれないと仮説を立てた
。―引用終わり



・2021年12月22日に次の論文をエントリしました。

35/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/22
35/38
35. Unusual Bleeding and Problems with Menstrual Cycles
異常な出血と月経周期の問題

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7616.html
―引用
デンマークのHolbaek市にある
Developer Vattenfallによって設置された
10タービン風力発電所には、
Lammefjordens Perennial Farmの女性労働者が
不規則な月経を訴え、永続的な頭痛を抱えています。
この種苗場のオーナーであるBoye Jensen氏は、
健康上の問題で5人の女性労働者を辞めさせました。
Boye氏は彼のビジネスを閉鎖しなければなりませんでした。
Holbaek市は、承認された騒音測定値を
生成できるようになるまで、Hageholmのタービンを停止するように
Vattenfallに指示しました。
風力タービンは2.3MWのSiemensユニットです。
このインスタレーションは、デンマークのHolbaekにある
Hageholm Windmills Parkと呼ばれています。
Boye Jensen氏と彼の妻は彼らの家で病気になり、
静かに眠るためにGislingの家を借りました。
他の家族は家を出ました。
一部の居住者は、手や胸の圧迫感のうずきを経験しています
。―引用終わり
===================
関連記事
===================
2015/03/18
4-デンマーク、ドイツ
◇Macht der Infraschall von Windkraftanlagen krank?
4-(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?

(Wetzel Wirtschaftsredakteur 02.03.15)
http://www.welt.de/wirtschaft/energie/article137970641/
Macht-der-Infraschall-von-Windkraftanlagen-krank.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html
▼「胸の振動」
・・・2週間後、Jensen氏は、彼自身も不眠症で苦しんだ。
夜に、「胸の振動」を感じたと、彼は言います。
「私は、起床後すでに疲れ果てました。」
何人かの彼の庭師が、頭痛や月経の問題に苦しみました、
しかし、Jensen氏の本当の悪夢は、わずか数ヶ月後に開始しました。
▼低周波による聞こえない音
ロータブレードは、空気を圧縮しながら
風力タービンのタワーを越えて
掃引するときはいつでも、それが生じる。
20ヘルツ未満の振動は、
動物のためにだけでなく、人々のためにも有害です。
風力発電の反対派、
stilhed.eu、wcfn.org、windwahn.de
またはvernunftkraft.deのウェブサイトで、
科学出版の数十を参照してください。
自然保護の理由のために風力タービンを拒絶する
国際組織、『世界自然保護協議会』は、
「風力タービン症候群」の存在を示す
増大する文書を無視するデンマークの政府を
公開状で訴えました。
こういうことは、Jensen氏の
潅木市場向け菜園にパニックをトリガしました。
5人の従業員は、無断で彼女達の仕事をやめました。
Jensen氏は、会社を維持する方法がわからなかった。
彼はゆっくり縮小したチームと市場向け菜園を解決したかった。
「私の良心は、より多くの私のスタッフを
健康上のリスクにさらすことに合意できなかった」と彼は言う。
しかし、銀行は計画を受け入れず、
クレジットラインを終了しませんでした。
Jensen氏は、債務超過を発表しなければなりませんでした。
===================
関連記事
===================
2014/07/26
<音と健康:2014/01/06~>
2014年7月3日
ぜひ!→
デンマーク
◇Kæmpevindmøller lukker planteskole på Lammefjorden
巨大な風力タービンは、種苗生産所を閉鎖させる

(www.nordvestnyt.dk  | 3. juli 2ø14 )
https://www.wind-watch.org/news/2014/07/10/kaempevindmoller-lukker-planteskole-pa-lammefjorden/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2631.html
「ミンクの事例が一般に知られるところとなったとき
私のスタッフの5人は辞任しました。
あなたは、私のすべての女性従業員が
生理不順を訴えてきたことを
そして、数人の労働者は
永久的な頭痛がすることを知っている必要があります。
彼らはまた、慢性疾患を得ることを恐れています。
そして、私は、障害のある子を生む
彼らのうちの1人の原因になることを望みません。
だから、私は
私の生涯の企業を閉鎖しています。」と彼は言います。



・2021年12月21日に次の論文をエントリしました。

34/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/21
34/38
34. Towns That Have Voted Against Wind Farms
風力発電所に反対票を投じた町

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7614.html
―引用
バーモント州のStiles Brook風力発電所の
開発者であるIberdrola Renewablesは、
バーモントのWindhamとGraftonの町に
28基の風力タービン風力発電所を提案しました。
・・・・・2016年11月8日、町はこのプロジェクトに投票し、
Stiles Brook Wind Planを放棄しました。
投票者の61.63%がプロジェクトを拒否することに投票しました。
バーモント州の承認を得て、Iberdrolaは
このプロジェクトを進めることができましたが、
彼らはこのプロジェクトをキャンセルすることを決定しました。
・・・・・アメリカ鳥類保護協会とWindham財団は
このプロジェクトに反対しました。
バーモント州長官は、
居住者へのパートナーシップ支払いの合法性に疑問を呈しましたが、
バーモント州司法長官事務所はこの問題を検討し、
支払いが州選挙法に違反していないと判断しました
。―引用終わり
===================
関連記事
===================
2021/12/16
<7-バーモント州:Stiles Brook風力とWindham-Graftonの町>
2016年11月8日
ぜひ!→
7-バーモント州
◇Windham and Grafton reject controversial wind project
ウィンダムとグラフトンは物議を醸す風力プロジェクトを拒否する

(Vermont Public Radio | 2016年11月8日)
https://www.vpr.org/vpr-news/2016-11-08/windham-and-grafton-reject-controversial-wind-project
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7609.htm
―引用
火曜日にプロジェクトに投票した
バーモント州南部の2つの町によって、
産業用風力発電の開発はきっぱりと拒否されました。
スペインのエネルギー会社Iberdrola Renewablesは、
バーモント州で最大の風力発電プロジェクトを
ウィンダム(Windham)とグラフトン(Grafton)に
建設したいと述べました。
そして、火曜日に
両方の町がプロジェクトに反対票を投じました。

Anna Vesely Pilette氏はグラフトンに住んでいて、
彼女は計画に反撃するために働きました。
「2つの小さな町は、すべてのリソース、すべての弁護士、
すべてのロビイストを擁する巨大な企業に
立ち向かうことができました」とVesely Pilette氏は述べています。
「私はとても満足しています。」

火曜日の投票には拘束力はありませんでしたが、
Iberdrolaのスポークスマン、Paul Copleman氏は、
同社はプロジェクトから離れると述べています。
「私たちが示したように、ある時点でコミュニティが
彼らの決定を再考することを考えない限り、
私たちはプロジェクトの開発を中止する予定です」
とCopleman氏は言いました。
グラフトンでは、
風力発電プロジェクトは235対158の投票で倒れました。
ウィンダムでは、
有権者はプロジェクトを181から101で拒否しました。
どちらの町でも投票率は75%を超えていました
。―引用終わり



・2021年12月20日に次の論文をエントリしました。

33/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/20
33/38
33. Poland National Institute of Public Health & The Polish Senate
ポーランド国立公衆衛生研究所とポーランド上院

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7612.html
―引用
2016年7月1日、ポーランド国立衛生研究所と
ポーランド上院は、2.5MWタービンのタービン高さの10倍
または約4270フィートの産業用風力タービンの
強制的なセットバックを採用する新しい法律を可決しました。
※ 4270フィート= 1.301496 キロメートル
国立衛生研究所は、
産業用風力タービンで抱えている問題を評価しており、
恒久的な人間の職業を目的とした建物に
近すぎる風力発電所は、それらの近接居住する人々の
幸福と健康に悪影響を与える可能性があると考えています。
研究所の見解では、ポーランドで現在施行されている法律や規制は、
風力タービンからの騒音などの不十分な設備であるだけでなく、
十分な程度の公衆衛生保護を保証することもできません。
風力発電所(人間の健康を含む)の環境影響評価に
使用された方法論は、
毎秒5メートルを超える風速には適用できませんでした。
さらに、全周波数範囲(特に低周波数)と妨害レベルは
考慮されていませんでした。―引用終わり



2021/12/17
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2016年3月
ぜひ!→
ポーランド
◇Position of the National Institute of Public Health
–National Institute of Hygiene on wind farms
風力発電所における国立公衆衛生研究所-国立衛生研究所の見解

(国立公衆衛生研究所|2016年3月)
■国立衛生研究所
https://www.pzh.gov.pl/position-of-the-national-institute-of-public-health
-national-institute-of-hygiene-on-wind-farms/
著者:National Institute of Hygiene, National Institute of Public Health, Poland
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7610.html
―引用
国立公衆衛生研究所-国立衛生研究所は、
恒久的な人間の居住を目的とした建物に近すぎる風力発電所は、
近隣に住む人々の快適さと健康に
悪影響を与える可能性があるとの見解です。
研究所がその立場で考慮した人間の健康リスク要因は次のとおりです:
▪ 放射される騒音レベルと、タービンの技術仕様、
風速、および風力発電所周辺の地形と土地利用への依存性、
▪ 超低周波音放射および低周波ノイズ成分を含む空力ノイズレベル、
▪ 放出されるノイズの性質、
その変調/衝撃/音調特性および複数のタービンから
放射される波の干渉の可能性を考慮に入れて、
▪ ローターから氷が飛散するリスク、
▪ ローターブレードまたはその部品が落下してタービンが故障するリスク、
▪ シャドウフリッカー効果、
▪ 電磁放射レベル(タービンのすぐ近く)、
▪ 夜間の睡眠障害と騒音伝播の確率、
▪ 騒音の放出と騒音源の不受容の両方に関連する、
 (長時間の曝露の結果として)
 ストレスとうつ病の症状が発生するアノイアンスのレベルと確率。

研究所の見解では、ポーランドで現在施行されている法律や規制
(実際には騒音レベルのみを含むリスク要因に関して)は、
風力タービンなどの施設には不十分であるだけでなく、
また、十分な程度の公衆衛生保護を保証することもできません。
風力発電所(人間の健康を含む)の環境影響評価に
現在使用されている方法論は、5 m / sを超える風速には適用できません。
さらに、全周波数範囲(特に低周波数)と妨害レベルは考慮されていません
。―引用終わり



・2021年12月16日に次の論文をエントリしました。

32-m/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/16
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-m. Joe Yunk a farmer located at N2630 Townhall Road Kewaunee Wisconsin
lost 10 beef cattle after the start-up of the WPS Lincoln Wind Energy Facility
which started up in the summer of 2000.
Mr. Yunk had not lost any cattle prior to the wind turbine start-up.
Many families including Joe Yunk had experienced health problems
after the start-up. WPS bought two family homes near Joe’s home
who were claiming illness. So Joe retained a lawyer and filed suit with WPS.
Joe gave deposition in the summer of 2008 and was scheduled to go to trial
in September 2009. In August 2009 he was offered 3,000
(on a property appraised at 8,000, Joe took the offer.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7604.html
―引用
2000年夏に立ち上げられた
WPSリンカーン風力エネルギー施設の立ち上げ後、
ウィスコンシン州ケワニー(Kewaunee)の
N2630 Townhall Roadにいる農家のJoe Yunk氏は
肉用牛を10頭失いました。
Yunk氏は、
風力タービンの始動前に牛を失っていませんでした。
Joe Yunk氏を含む多くの家族は、
立ち上げ後に健康上の問題を経験していました。
WPSは、Joe氏の家の近くで病気を訴えている
2つの家族の家を購入しました。
そのため、Joe氏は弁護士を雇い、
WPSに訴訟を起こしました。
Joe氏は2008年の夏に寄託し、
2009年9月に裁判が行われる予定でした。
2009年8月に彼は163,000ドルを提供されました
(168,000ドルで評価された物件で、
Joe氏はその提案を受けました
。―引用終わり
----------------------
関連する文書
----------------------
2021/12/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年7月4日
ぜひ!→
ウィスコンシン州
◇My personal experience living in a wind farm
風力発電所での私の個人的な経験

(Comments|2010年7月4日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/my-personal-experience-living-in-a-wind-farm/
著者:Joe Yunk
2010年7月4日に提出されたコメント、
Wind Siting Rules、ウィスコンシン州公共サービス委員会:
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7602.html



・2021年12月15日に次の文書をエントリしました。

2021/12/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年7月4日
ぜひ!→
ウィスコンシン州
◇My personal experience living in a wind farm
風力発電所での私の個人的な経験

(Comments|2010年7月4日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/my-personal-experience-living-in-a-wind-farm/
著者:Joe Yunk
2010年7月4日に提出されたコメント、
Wind Siting Rules、ウィスコンシン州公共サービス委員会:
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7602.html
―引用
タービンが作動し始めたとき、問題を報告するために
WPSに直接ホットラインが設置されました。
私はタービンが作動する前の約2年間肉牛を飼っていましたが、
動物を失うことはありませんでした。
しかし、タービンが始動して間もなく、
肉用牛が病気になって死んでしまいました。
これをWPSホットラインで報告しましたが、
何も行われませんでした。
私は2年間で5,000ドル相当の10匹の動物を失い、
続ける余裕がありませんでした。
WPSに対する騒音苦情のため、1年以内に2つの家族の家
がWPSによって購入され、取り壊されました。
さらに、同時にWPSは他の隣人との妨害訴訟を解決していました。
彼らは私の隣人を買収することを申し出ていましたが、
苦情を止めるために
市場価格をはるかに下回る価格を申し出ました。
しかし、彼らは私に買収の機会を提供しませんでした、
私は抜け出したかったのです!
54年の故郷を離れるのは大変でした。
しかし、時間が経つにつれて、
絶え間ない睡眠不足と騒音とちらつきの苛立ちを抱えて
生活することで、私はWPSを訴えて、
引っ越す余裕があるように
家の公正な市場価値を支払ってもらうことにしました
。―引用終わり



・2021年12月14日に次の論文をエントリしました。

32-l/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/14
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-l. Ann & Jason Wirtz bought their farmhouse near the Town of Oakfield
in Dodge County on June 1, 1996. On this farm they raise alpacas.
In March of 2008 Invenergy started up their Wind Farm called
the Forward Energy Center located in Dodge and Fond du Lac County Wisconsin.
This Wind Farm has 86 wind turbines that are GE 1.5 MW units or 129 MW total.
The closest turbine is 1300 feet from the Wirtz home. Upon start-up the
Wirtz Family had troubles sleeping at night, and there was troubles
with their animals as well. Ann says the alpaca became jumpy
the first day the turbines went on line. Normally they are calm.
But on the day the towers started up, they seemed to panic.
They were on their back legs right away.
Ann said the herd had always been docile and healthy,
with no breeding problems. Since the wind farm started up,
their temperament has changed and none of the females have been able to
carry a pregnancy to full term.
Pregnancy always results in miscarriage or stillbirth.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7600.html
―引用
Ann&Jason Wirtzは、1996年6月1日に、
Dodge郡のOakfieldの町の近くにある農家を購入しました。
この農場で彼らはアルパカ(alpacas)を飼育しています。
2008年3月、Invenergyは、ウィスコンシン州Dodgeと
Fond du Lac郡にあるForward Energy Center
と呼ばれる風力発電所を立ち上げました。
この風力発電所には、GE 1.5MWユニットで
合計129MWの86基の風力タービンがあります。
最も近いタービンは、Wirtz家から1300フィートです。
起動時に、Wirtz家は夜寝るのに苦労しました、
そして彼らの動物にも問題がありました。
Annは、タービンがオンラインになった最初の日に
アルパカがびくびくしたと言います。
通常、彼らは穏やかです。
しかし、塔が建ち上がった日、彼らはパニックに陥ったようでした。
彼らはすぐに後ろ足でした。
Annは、群れは常に従順で健康であり、
繁殖の問題はなかったと述べました。
風力発電所が始まって以来、彼らの気質は変化し、
雌の誰もが満期まで妊娠することができませんでした。
妊娠は常に流産や死産につながります
。―引用終わり



・2021年12月10日に次の論文をエントリしました。

32-k/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/10
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-k.A recent study conducted by the Royal Veterinary College
and the Zoological Society of London conducted a study of health effects
on badgers by monitoring nine badgers living within 1km of wind turbines
verses 16 badgers (control group) living at least 10 km from
any wind turbines. They monitored the cortisol levels in the hair of
the badgers and found that the hair of the badgers living less than 1 km
from the wind turbines had 264 % higher cortisol level
than the badgers living at more than 10 km from any wind turbines. Their
conclusion was that the affected badgers suffer
from enhanced hypothalamo-pituitary- adrenal activity
and are physiologically stressed. So in summary the stress levels of the
badgers living near the wind turbines was 265 % higher
than the control group living more than 10 km away from the turbines.
This study was conducted in 2013.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7596.html
―引用
Royal Veterinary CollegeとLondon Zoological Societyが
実施した最近の調査では、
風力タービンから1 km以内に住む9匹のアナグマと、
風力タービンから10 km以上離れた場所に住む
16匹のアナグマ(コントロールグループ)を監視することにより、
アナグマに対する健康への影響に関する調査を実施しました。
彼らは、アナグマの毛のコルチゾールレベルを監視し、
風力タービンから1 km未満に住むアナグマの毛は、
風力タービンから10 km以上に住むアナグマよりも
264%高いコルチゾールレベルを持っていることを発見しました。
彼らの結論は、影響を受けたアナグマは
視床下部-下垂体-副腎活動の増強に苦しんでおり、
生理学的にストレスを受けているというものでした。
したがって、要約すると、
風力タービンの近くに住むアナグマのストレスレベルは、
タービンから10km以上離れた場所に住む対照群よりも265%高かった。
この調査は2013年に実施されました。
―引用終わり
-----------------
関連する論文
-----------------
2018/01/29
<風車による動・植物への悪影響> 
2016年5月
ぜひ!⇒
◇Wind turbines cause chronic stress in badgers (Meles Meles) in Great Britain
風力タービンは、英国のアナグマ(Meles Meles)に慢性的なストレスを引き起こす

(Journal of Wildlife Diseases|2016年5月)
■Stop These Things
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2016/06/agnew-wind-turbine-stress-badgers.pdf
著者:Roseanna C. N. Agnew 他
Journal of Wildlife Diseases
Roseanna Agnew, Valerie Smith and Robert Fowkes
May 2016 2016年5月
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5186.html



・2021年12月9日に次の論文をエントリしました。

32-h/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/09
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-h. The Ocean Breeze Emu Farm owned by Dave and Deb Van Tassel in Gullver’s
Cove Nova Scotia was forced to close due to the loss of 30 of their 38 emus. The
deaths began in 2010 when Nova Scotia Power started up 20 Industrial Wind Turbines
that were 1.5 MW each. During the 18 + years before the wind turbine start-up they did
not have any problems with their birds, no unexpected deaths and no agitation. Nova
Scotia Power started up this wind facility called Digby Neck Wind Farm in December
2010. The closest wind turbine to the Ocean Breeze Emu Farm was 850 meters (2789 ft)
from the farm.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7595.html
―引用
Gullver’s Cove Nova Scotiaの
Daveと Deb Van Tasselが所有する
Ocean Breeze Emu Farm
(オーシャンブリーズエミューファーム)は、
38羽のエミューのうち30羽が失われたため、
閉鎖を余儀なくされました。
死亡は2010年にNova Scotia Powerがそれぞれ1.5MWの
20基の産業用風力タービンを始動させたときに始まりました。
風力タービンが始動する前の18年以上の間、
彼らは鳥に問題はなく、
予期せぬ死や動揺もありませんでした。Nova Scotia Powerは、
2010年12月にDigby Neck Wind Farmと呼ばれる
この風力発電施設を立ち上げました。
Ocean Breeze Emu Farmに最も近い風力タービンは、
ファームから850メートル(2789フィート)でした
。―引用終わり



・2021年12月8日に次の論文をエントリしました。

32-g/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/08
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-g. In

2012 when the Waterloo Australia Wind Farm started up farmer Neil Daws chickens
started laying yolkless eggs. Later they did not lay any eggs. One of his neighbors a
long term sheep farmer reports a three-fold spike in birth defects since the turbine
start-up. Lambs have been born with no ears, with three legs and hoofs turned
backward. THE Waterloo Wind Farm has 37 Vestas V90-3MW turbines each 80
meters (262.47 ft ) tall with 44 meter long ( 144.36 ft ) blades.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7592.html
―引用
ウォータールーオーストラリア風力発電所
(Waterloo Australia)が立ち上がった2012年、
農家のニール・ドー氏(Neil Daws)の鶏は
卵黄のない卵を産み始めました。
その後、彼らは卵を産みませんでした。
彼の隣人の一人である長年の羊飼いは、
タービンの始動以来、
先天性欠損症の3倍の急増を報告しています。
子羊は耳がなく、
3本の足とひづめが後ろを向いて生まれました。
ウォータールー風力発電所には、
37基のVestas V90-3MWタービンがあり、
それぞれの高さは80メートル(262.47フィート)、
ブレードの長さは44メートル(144.36フィート)です
。―引用終わり
==================
関連記事/論文
==================
2021/07/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2012年4月
オーストラリア
◇Waterloo Wind Farm Survey April 2012
ウォータールーウィンドファーム調査2012年4月

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2012/07/
Waterloo-Wind-Farm-Survey-April-2012-Select-Committee.pdf
著者:Mrs. Mary Morris
Submission to SA Parliamentary Select Committee into Wind Power, 2012
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7390.html
-------------------------------
Zhenhua Wang氏の論文
-------------------------------
2021/12/03
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2011年11月21日
南オーストラリア州
◇Evaluation of wind farm noise policies in South Australia: a case study of Waterloo Wind Farm
南オーストラリア州のウィンドファーム騒音政策の評価:
ウォータールーウィンドファームの事例研究[summary brief.(概要)]

(University of Adelaide/修士論文|2011年11月21日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia/
■Stop These Thing
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2013/02/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia-waterloo-case-study-copy.pdf
著者:Zhenhua Wang
This study was conducted as part of a Master’s dissertation
by Zhenhua Wang at the University of Adelaide
summary brief.(概要)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7588.html



・2021年12月3日に次の論文をエントリしました。

2021/12/03
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2011年11月21日
南オーストラリア州
◇Evaluation of wind farm noise policies in South Australia:
a case study of Waterloo Wind Farm
南オーストラリア州のウィンドファーム騒音政策の評価:
ウォータールーウィンドファームの事例研究[summary brief.(概要)]

(University of Adelaide/修士論文|2011年11月21日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia/
■Stop These Thing
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2013/02/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia-waterloo-case-study-copy.pdf
著者:Zhenhua Wang
This study was conducted as part of a Master’s dissertation
by Zhenhua Wang at the University of Adelaide
summary brief.(概要)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7588.html
―引用
影響を受けた多くの回答者は、
風力発電所の騒音によって引き起こされている
アノイアンス/不快感に対処するために行動を起こしました。
例:「風が強いときによく眠るために他の場所に移動した」;
「よく眠れるように薬を飲んだり、医者に診てもらったりした」;
「風力発電所の騒音を遮断するために二重窓を設置」;
「木を植えた」;
「耳栓を使用した」;
「一晩中音楽を流した」。
何人かの回答者は、
風力エネルギー施設が設置されていない他の場所に
不動産を購入しました
。 ―引用終わり



・2021年12月2日に次の論文をエントリしました。

32-i/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/02
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-i. ・・・Out of 150 chickens Jim lost 50 chickens and numerous birth defects
which he never had before. The birth defects included missing eyes,
eyes sticking out of their head, twisted beaks, deformed heads and malformed legs.
He later found a study that was done by the United States Army Aeromedical
Research Laboratory on the Effects of Vibration and Amplitude on Developing Embryos.
This study goes into great depth and the procedure they used in the study of
how the birds hatch rates were diminished from low frequency vibration..・・・

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7584.html
―引用
養鶏場の経営者のJames Vollmer氏は、
ウィスコンシン州マローン(Malone)のWEエナジー
ブルースカイグリーンフィールド風力エネルギーセンター
(Blu Sky Green Field)の近くに住んでいます。
この風力エネルギーセンターには、
定格1.65MWのVestasV82タービンである
88の産業用風力タービンがあります。
Jimは、健康上の問題と家族の健康上の問題に加えて、
2008年5月19日にこの施設を開設して以来、
鶏に大きな健康上の問題を抱えています。
鶏を飼育してきた21年間、
ジムは2008年5月19日以降に始まった問題を
抱えたことはありません。
150羽の鶏のうち、Jimは50羽の鶏と、
これまでになかった多くの先天性欠損症を失いました。
先天性欠損症には、目の欠落、頭から突き出た目、
くちばしのねじれ、頭の変形、脚の奇形などがありました。
彼は後に、発生中の胚に対する振動と振幅の影響について、
米国陸軍航空医学研究所によって行われた研究※を発見しました。
この研究は非常に深く掘り下げられ、
鳥の孵化率が低周波振動によって
どのように減少したかについての研究で彼らが使用した手順です。
それはまた、彼が苦労していたのと同じ先天性欠損症を
引き起こしました。
彼は何年にもわたって数千羽の鳥を飼育しており、
風力タービンが始動するまで
これらの問題を経験したことはありませんでした。
Jimは彼の鶏のいくつかをタービンから離れた場所に
移動させようとしました、そして彼らは約3日間眠り、
そしてその後回復しました。
Jimはまた、自分の農場周辺の野生生物の減少に
気づいていました。風力タービンの前に、
彼は彼の納屋垂木の巣に最大22のツバメを持っていました、
しかしタービンが急に建ち上がったので、ツバメは去りました。
彼はまた、メンフクロウがいなくなったことにも気づきました。
問題を引き起こしているのは、
彼の鶏が適切に眠ることができないというのがJimの意見です
。―引用終わり



・2021年12月1日に次の論文をエントリしました。

2021/12/01
2/2-振動音響疾患~Lynne Knuth, Ph.D.>
2010年6月18日
ぜひ!→
2/2-ウィスコンシン州
◇AN EXCEPT FROM A POST TO THE DOCKET FROM A WISCONSIN BIOLOGIST:
6/18/10 What's on the docket for the Wind Siting Council?
Bad Vibrations: Wisconsin biologist weighs in on wind turbine siting guidelines.
ウィスコンシンの生物学者からのドケットへの投稿を除いて:
6/18/10 Wind Siting Councilのドケットには何がありますか?
悪い振動:ウィスコンシンの生物学者は、風力タービンの設置ガイドラインを検討する。

(Better Plan, Wisconsin|2010年6月18日)
■Better Plan, Wisconsin
http://betterplan.squarespace.com/todays-special/
2010/6/18/61810-whats-on-the-docket-for-the-wind-siting-council-bad-vi.html
著者:Lynne Knuth, Ph.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7582.html
―引用
風力発電所からの報告に基づくと、
風力エネルギーの結果として、
この国の石炭排出や原子力発電によるものよりも、
人や動物の生殖への影響
(不妊症、自然流産や流産、死産、先天性欠損症)が
はるかに悪化する可能性があります。
これは研究する必要があります。
ヨーロッパでは、
振動暴露は潜在的な生殖障害として認識されており
(EU指令92/85 / EEC)、
振動またはEMF暴露は、実験条件下で
人または動物に生殖問題を引き起こす可能性があります。
(Al-Akhras, 2008, Brown et al., 1992, Hardell and Sage, 2008,
Kim et al, 1999, Lahijani et al, 2007, Penkov , 2007,
Seidel, 1993, Uysal et al, 2004)
。―引用終わり



・2021年11月30日に次の論文をエントリしました。

2021/11/30
1/2-振動音響疾患~Lynne Knuth, Ph.D.>
2010年6月18日
ぜひ!→
1/2-ウィスコンシン州
◇AN EXCEPT FROM A POST TO THE DOCKET FROM A WISCONSIN BIOLOGIST:
6/18/10 What's on the docket for the Wind Siting Council?
Bad Vibrations: Wisconsin biologist weighs in on wind turbine siting guidelines.
ウィスコンシンの生物学者からのドケットへの投稿を除いて:
6/18/10 Wind Siting Councilのドケットには何がありますか?
悪い振動:ウィスコンシンの生物学者は、風力タービンの設置ガイドラインを検討する。

(Better Plan, Wisconsin|2010年6月18日)
■Better Plan, Wisconsin
http://betterplan.squarespace.com/todays-special/
2010/6/18/61810-whats-on-the-docket-for-the-wind-siting-council-bad-vi.html
著者:Lynne Knuth, Ph.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7576.html
―引用
科学文献によると、
低周波振動は排尿衝動(Frey et al、2007)、
月経不順、胎児死亡(Penkov、2007)を引き起こす可能性があります。
これは、妊娠できない、または自然流産、動物の先天性欠損症、
動物の腎臓の問題と解釈される可能性があります(Skilianov et al、2005)。
これらの影響はすべて、
Kewaunee(ケワニー)風力発電所で報告されています。
この風力発電所に残っている健康上の問題の多くは、
超低周波音/低周波音への曝露、または長期間にわたって
低周波音波への曝露によって引き起こされる
振動音響疾患によって説明できます
。―引用終わり



・2021年11月29日に次の論文をエントリしました。

2021/11/29
2/2-風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2001年7月2日
ぜひ!→
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡 リンカーン郡区(Township of Lincoln)
2/2-Excerpts from the Final Report of the Township of Lincoln Wind Turbine Moratorium Committee
リンカーン郡区風力タービンモラトリアム委員会の最終報告書からの抜粋

■ [AWEO.org]
http://www.aweo.org/windlincoln.html
著者:Elise Bittner-Mackin
[イリノイ州Bureau郡に、Stefan Noe(Illinois Wind Energy)が
IndiantownとMiloに提案した54.5MWの
33タービンCrescent Ridge風力施設に関する
ゾーニング審議会に提出するためにElise Bittner-Mackinが作成]
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7579.html
―引用
Russ Allen氏はウィスコンシン州DePereに
550頭の乳牛を所有しています。
彼の農場は、近くのWPSCタービンと
変電所の間の直線上にあります。
Russ氏は、農場の電流を減らすために
電気機器を設置する前の3年間、
1日に1頭か2頭の牛を失っていたと述べました。
約600頭の牛が死亡したと彼は言った。
Russ氏は、自分の農場には
非常に多くの電流が流れているため、農場の周りに
4番の銅線を5,000フィート敷設したと述べました。
ワイヤーは、建物や追加のワイヤーには接続されていません。
それでも、土壌との接触だけで電球を照らすことができます
。―引用終わり



・2021年11月26日に次の論文をエントリしました。

2021/11/26
1/2-風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2001年7月2日
ぜひ!→
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡 リンカーン郡区(Township of Lincoln)
◇1/2-Excerpts from the Final Report of the Township of Lincoln Wind Turbine Moratorium Committee
リンカーン郡区風力タービンモラトリアム委員会の最終報告書からの抜粋

■ [AWEO.org]
http://www.aweo.org/windlincoln.html
著者:Elise Bittner-Mackin
[イリノイ州Bureau郡に、Stefan Noe(Illinois Wind Energy)が
IndiantownとMiloに提案した54.5MWの
33タービンCrescent Ridge風力施設に関する
ゾーニング審議会に提出するためにElise Bittner-Mackinが作成]
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7577.html
―引用
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡で
風力タービンがオンラインになった後、
リンカーン郡区(Township of Lincoln)の監理委員会は
新しいタービン建設のモラトリアムを承認しました。
モラトリアムの目的は、
風力タービンの新築を18か月遅らせることでした。
これにより、1999年6月にオンラインになった
Wisconsin Public Service Corporation (WPSC)と
Madison Gas and Electric (MG&E)が設置した
22基のタービンの影響を評価する機会が町に与えられました。

次の文書は、タービン建設前に
町が直面していなかった問題に対処するために
モラトリアム委員会が直面した問題のいくつかと、
委員会が調査の結果として提案した
結果の変更のいくつかをまとめたものです。
この情報の検証は、
リンカーン郡区の職員から入手できます。
議題。
モラトリアム委員会は、
2000年1月17日から2002年1月20日までの間に39回会合しました。
(1)風力発電所が土地に与える影響を研究する。
(2)住民への影響を調査し、
(3)リンカーン郡区に2つの既存の風力発電所を
   建設するために使用される条件付き使用許可を確認します。
調査。
委員会は、町に住むすべての不動産所有者に送られた
風力タービンの知​​覚された影響に関する調査を実施しました。
各世帯は1票を獲得しました。
結果は、風力発電所の建設から2年後の2001年7月2日に
タウンボードに提出されました。
―引用終わり



・2021年11月25日に次の論文をエントリしました。

2021/11/25
<振動音響疾患/米国陸軍航空医学研究所によって行われた研究>
1994年10月
ぜひ!→
米国
◇Effect of Vibration Frequency and Amplitude on Developing Chicken Embryos
鶏胚の発育に及ぼす振動周波数と振幅の影響

(United States Army|1994年10月)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Shannon_Vibration_Pregnancy_Aviation_Study.pdf
著者:Samuel G. Shannon 他
Samuel G. Shannon
Al W. Moran
Linda C. Shackelford
and
Kevin T. Mason
Aircrew Protection Division
October 1994
United States Army Aeromedical Research Laboratory
Fort Rucker, Alabama 36362-0577
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7573.html
―引用
要約:
これらの調査結果を定義および検証するには、
さらなる研究が必要です。
全身の振動曝露は、発育中のニワトリ胚に有害です。
動物およびヒトの妊娠結果に対する
この潜在的な健康被害の
さらなる実験室および疫学研究が完了するまで、
妊娠中の陸軍飛​​行士は回転翼航空機で飛行してはなりません。
―引用終わり



・2021年11月5日に次の論文をエントリしました。

2021/11/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2012年8月19-22日
米国
◇Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough
低周波音からの知覚ベースの保護では不十分な場合があります

(Presented at Inter-Noise 2012|2012年8月19-22日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/salt-lichtenhan-internoise2012.pdf
著者:Alec N. Salt & Jeffery T. Lichtenhan
Presented at Inter-Noise 2012, New York, N.Y., August 19-22
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7544.html
―引用
要旨:
哺乳類の耳の聴覚と知覚は、
内有毛細胞(IHC)によって媒介されます。
IHCは、機械的振動と流体継手で結合されており、
速度に敏感であると特徴づけられているため、
低周波音にはまったく反応しません。
しかし、耳には、流体結合されておらず、
変位に敏感であると特徴づけられる、
より多くの外有毛細胞(OHC)も含まれています。
OHCはIHCよりも低周波数に敏感であり、
知覚されるレベルよりも低いレベルの
非常に低い周波数の音に反応します。
OHCは、II型求心性線維によって脳に接続されており、
ネットワークは低周波の知覚を
さらに減衰させる可能性があります。
これらの同じ経路は、
警告音や幻音(耳鳴り)にも関係しています。
これらの解剖学的構成のために、
知覚されない低周波音は、
まだ十分に研究されていない方法で
影響を引き起こす可能性があります。
低周波数の音に対する耳の反応は、
音声周波数範囲の音などの
高周波数の音の存在によって影響を受け、
高周波数の成分がない場合に生成される応答が
大幅に大きくなることを示すデータを提示します。
低周波音の生理学的効果は、
広く認識されているよりも複雑であると結論付けています。
この知識に基づいて、私たちは、知覚されない音が
耳によって明確に伝達され、
まだ完全に理解されていない方法で
人々に影響を与える可能性があることを
懸念する必要があります
。―引用終わり



・2021年11月1日に次の論文をエントリしました。

2021/11/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2014年3月27日
ぜひ!→
日本
◇Analysis of aerodynamic sound noise generated by a large-scaled wind turbine
and its physiological evaluation
大規模風力タービンが発生する空力騒音の解析とその生理学的評価

(International Journal of Environmental Science and Technology|2014年3月27日)
doi: 10.1007/s13762-014-0581-4
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs13762-014-0581-4
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/inagaki2015.pdf
著者:T. Inagaki, Y. Li, Y. Nishi
International Journal of Environmental Science and Technology
June 2015, Volume 12, Issue 6, pp 1933-1944
doi: 10.1007/s13762-014-0581-4
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7538.html
―引用
現代の大規模風力タービンから発生する空力騒音が、
工学的観点から測定および分析されました。
測定項目は、音、音圧レベル(超低周波音を含む)、
それに対応する生理学的評価でした。
15人の被験者は、記録された空力ノイズや合成周期音など、
さまざまな音刺激を受け、
[そして]生理学的評価として脳波で検査されました。
脳波のマッピングパターンから、
20Hzの周波数帯の音刺激後、
リラックスして集中した状態を示すアルファ1リズムが
他のケースの中で最も低い値を示したことが観察されました。
つまり、被験者は20 Hzの周波数帯域で音刺激を聞いた後、
リラックスして集中力を保つことができませんでした。
被験者がすべての音刺激を聞いたとき、
アルファ1リズムの誘発率はほとんど減少し、
周波数の減少とともにさらに減少しました。
一方、20Hzの周波数帯域での音刺激後の
ひずみ状態を示すベータ1リズムは、
他のケースの中で最も高い値を示しました。
したがって、超低周波音
(たとえば、低周波で人間の聴覚には聞こえない)は、
現代の大規模風力タービンのすぐ近くで
作業する技術者にとって
アノイアンス/不快感であると考えられました
。 ―引用終わり



・2021年10月29日に次の論文をエントリしました。

<27/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/29
27/38
27. Sensitization of people exposed to industrial wind turbine noise.
産業用風力タービンの騒音にさらされた人々の感作。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7537.html
―引用
一部の人々は、産業用風力タービンからの騒音に
さらされるとすぐに、不快感や健康上の問題を経験します。
しかし、しばらくの間騒音にさらされるまで
症状を経験しない人もいます。
この良い例は、ウィスコンシン州グレンモアの
シャーリーウィンドプロジェクト
(Shirley Wind Project in Glenmore Wisconsin)の近くで
家族と一緒に住んでいるPam Schauerです。
Pamの家族は風力タービンが始動するとすぐに症状を経験しましたが、
Pamは始動後約6か月まで症状を経験しませんでした。
したがって、要約すると、彼女が騒音に敏感になるまでに
6か月の騒音への暴露が必要でした。
オーストラリア上院に対するサラ・ローリー博士
(Dr. Sarah Laurie)の証言は、
産業用風力タービンからの負の健康症状を持っている
カップルのDavidとAlidaについて話します。
Davidはタービンの始動時に健康上の問題を経験しましたが、
Alidaは始動後4年まで症状を経験しなかったため、
風力タービンの騒音に敏感になるまでに少し時間がかかりました。
NASAと協力して産業用風力タービンを開発した
ニールケリー博士(Dr. Neal Kelly)は、
ブーン郡(Boone County)の住民に
重大な健康問題を引き起こした新しい2.0MWの
産業用風力タービンに関する重要な音響調査に関与しました。
この1985年の報告は、住民が風力タービンの騒音に
敏感になったということを示しています。
―引用終わり



・2021年10月28日に次の論文をエントリしました。

<26/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/28
26/38
26. Fibrosis ,Thickening and Scaring of Connective Tissue as a Result of Injury from
Exposure to Low Frequency Noise and Infrasound. This includes damage to Lung
Tissue, Heart Tissue, Blood Vessel Walls, Cardiac Valves and Pericardium Sac.
Exposure will result in abnormal growth of collagen in blood vessel walls, tracheal wall
pleural sac, stomach wall, and kidney glomeruli. Also the cilia that line the respiratory
tract are severely damaged. The following article on Vibroacoustic Disease was
presented at the 11 th International Meeting on Low Frequency Noise and Vibration
and its Control
“Vibroacoustic Disease- The Response of Biological Tissue To Low Frequency Noise”.
低周波音および超低周波音への曝露による損傷の結果としての
結合組織の線維症、肥厚および瘢痕化。
これには、肺組織、心臓組織、血管壁、心臓弁、
心膜嚢への損傷が含まれます。
曝露すると、血管壁、気管壁、胸膜嚢、胃壁、
および腎糸球体でコラーゲンが異常に増殖します。
また、気道を覆う繊毛はひどく損傷しています。
振動音響疾患に関する次の論文は、
低周波騒音と振動およびその制御に関する第11回国際会議
「振動音響疾患-低周波騒音に対する生体組織の応答」で発表されました。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7533.html
===============================
関連する論文
===============================
2021/10/27
<振動音響疾患>
2004年8月30日ー9月1日
ポルトガル
◇Vibroacoustic Disease – The Response of Biological Tissue to Low-Frequency Noise
振動音響疾患–低周波ノイズに対する生体組織の応答

(the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control|2004年8月30日ー9月1日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/bioresponse-sm.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira 他
Presented at the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control, Maastricht, The Netherlands,
30 August to 1 September 2004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7532.html 



・2021年10月27日に次の論文をエントリしました。

2021/10/27
<振動音響疾患>
2004年8月30日ー9月1日
ポルトガル
◇Vibroacoustic Disease – The Response of Biological Tissue to Low-Frequency Noise
振動音響疾患–低周波ノイズに対する生体組織の応答

(the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control|2004年8月30日ー9月1日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/bioresponse-sm.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira 他
Presented at the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control, Maastricht, The Netherlands,
30 August to 1 September 2004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7532.html
―引用
Summary 概要:
背景:振動音響疾患(VAD)は、低周波ノイズ(LFN)への
過度の曝露によって引き起こされる全身性の病状です。
1987年まで、過剰なLFN曝露の病理学的影響は、
認知および神経障害の領域に限定されていると
考えられていました。
死亡したVAD患者の剖検所見の後、LFNが全身、
特に心臓呼吸器系に影響を与えることが明らかになりました。
1992年に、げっ歯類はLFNに曝露され、気道は走査型
および透過型電子顕微鏡によって研究されました。
VAD患者からのインフォームドコンセントを得て
除去された心膜、気管、および肺の断片も、
光学顕微鏡および電子顕微鏡で研究されています。
このレポートは、LFN曝露に対する組織
および細胞の反応について
これまでに知られていることをまとめたものです。
■TUBULIN-BASED STRUCTURES(チューブリンベースの構造):
繊毛はチューブリンベースであり、
正常な心膜と気道に存在します。
VAD患者では、心膜繊毛は存在しなくなりますが、
気管と気管支の繊毛は異常な配置で分布します。
LFNに曝露されたげっ歯類では、気道の繊毛が剪断されたり、
クリップされたり、毛羽立ったりしているように見えます。
■ACTIN-BASED STRUCTURES(アクチンベースの構造):
蝸牛繊毛はアクチンベースの構造であり、
気道の気道に突き出ているブラシ細胞の微絨毛も同様です。
LFNに曝露されたげっ歯類では、
両方の構造が融合しているように見えます。
アクチンフィラメントは、細胞骨格の基本的な要素でもあります。
VAD患者の心膜では、細胞骨格の変形は、
LFNによって誘発されるアクチンフィラメントの
変化の結果である可能性があります。
■BIOTENSEGRITY HYPOTHESIS(バイオテンセグリティ仮説):
ほとんどすべてのヒトおよびげっ歯類の組織断片で
最も一貫した所見の1つは、
コラーゲンとエラスチンの異常な増殖です。
生体張力構造の原理は、
LFN曝露に対する組織および細胞の反応の説明に
寄与する可能性があるとの仮説が立てられています
。―引用終わり



・2021年10月26日に次の論文をエントリしました。

<25/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/26
25/38
25. The Royal Society is an independent Scientific academy of
the United Kingdom and the Commonwealth, dedicated to promoting
excellence in science.
The Royal Society Open Science is a peer-reviewed open access
scientific journal published by the Royal Society which covers
all scientific fields.
In August 2014 the journal published a study called
“Low-Frequency Sound Affects Active Micromechanics In the Human Ear”
by Dr. Markus Drexl and his team at the University of Munich.
Dr. Drexl is with the German Center for Vertigo and Balance Disorders
and the Department of Otorhinlaryngology, Head and Neck Surgery.
王立学会は、英国と連邦の独立した科学アカデミーであり、
科学の卓越性を促進することに専念しています。
Royal Society Open Scienceは、すべての科学分野をカバーする、
RoyalSocietyによって発行された査読付きの
オープンアクセス科学ジャーナルです。
2014年8月、ジャーナルは、
ミュンヘン大学のMarkus Drexl博士と彼のチームによる、
「低周波音は人間の内耳の能動的マイクロメカニクスに影響を与える」
という研究を発表しました。
Drexl博士は、ドイツのめまいおよび平衡障害センター
および耳鼻咽喉科、頭頸部外科に所属しています。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7530.html
―引用
騒音性難聴は、非常に敏感なマイクロメカニカルデバイスである
人間の蝸牛の過剰刺激に起因する最も一般的な聴覚障害の1つです。

蝸牛は、聴覚とバランスに不可欠ならせん状の空洞です。

Drexl博士は、実験室の条件で、低周波音(超低周波音を含む)が
内耳の感覚細胞に驚くほど強い影響を与えることを示しました。

正常な聴力を持つ合計21人のボランティアが、
80デシベルに相当する音圧レベルで90秒間30Hzの音にさらされました。

研究者たちは、自発的耳音響放射/(spontaneous otoacoustic emissions)
(SOAE)と呼ばれる現象を使用して、
内耳が信号にどのように反応するかを調べました。

SOAEは、内耳によって生成されるほとんど知覚できない音響信号であり、
外耳道に挿入された高感度のマイクで検出できます。

Drexl博士は、次のように述べています。
低周波音は、自発的な耳音響放射に対して
明確に定義可能な変調の影響を及ぼします。

30 Hzの信号に90秒間さらされた後、
被験者のSOARは周波数とレベルのゆっくりとした振動を示し、
それは最大2分間持続しました。

耳音響放射は通常同じ周波数のままですが、
ボランティアが低周波数のノイズを聞くと、
耳から発せられる音の周波数がゆっくりと振動し始めました。

研究者たちは、これは低周波数が内耳で働くメカニズムを
変えていたことを示していると言います。
ボランティアに低周波音を鳴らした後、振動は最大2分間続きました。

「驚くべきことに、蝸牛に対する低周波刺激の効果は、
刺激自体の持続時間よりも長く持続します」とDrexlは指摘します。
これは、低周波音によって生成される
内耳のメカニズムの変化として解釈できます。
これは、内耳に損傷が生じている可能性があることを示す
最初の兆候である可能性があります。
さらなる実験により、この現象が、
先進国における聴覚障害の最も一般的な原因の1つである
騒音性難聴に関連している可能性を探ります。

耳の音波を増幅する役割を担う外有毛細胞は、
内有毛細胞よりも低周波音に敏感です。

それらは耳音響放射の原因であると考えられており、
これらの結果は、低周波音波にさらされたときに
影響を受ける可能性があることを示しています。
チームは、結果が、たとえば風力タービン、
ブロック型火力発電所、および空調システムによって
生成される低周波音への曝露の潜在的なリスクの評価に
影響を与える可能性があると述べています。
「たとえば、風力タービンの隣に住んでいて、
これらの音を数か月または数年聞いた場合など、
長時間さらされた場合にどうなるかはわかりません。」
したがって、要約すると、風力発電所の超低周波音が
聴覚障害を引き起こす可能性があります。
これは、Green Bayの東側にある
クーリングタワー/冷却塔によって生成された
超低周波音にさらされている
Leona Ehrfurthに起こっているのを見ています。
また、Alec Salt教授が低周波ノイズにさらされた
モルモットの内有毛細胞に損傷を発見したことを
指摘したいと思います。
これは、彼のSAGEの論文
“Large Endolymphatic Potentials from Low Frequency
and Infrasonic Tunes in The Guinea Pig”
「モルモットの低周波音と超低周波音からの
大きな内リンパ電位」で取り上げられています
。―引用終わり



・2021年10月25日に次の論文を再エントリしました。

追加による更新→
2021/10/25
2019/05/26
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年1月9日
米国
◇Large endolymphatic potentials from low-frequency and infrasonic tones in the guinea pig.
モルモットにおける低周波および超低周波音からの大きな内リンパ電位

(Acoustical Society of America|2013年1月9日)
doi:10.1121/1.4789005
■The Journal of the Acoustical Society of America
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.4789005
■Wind Watch
https://docs.wind-watch.org/salt2013.pdf
著者:Salt, A. N., Lichtenhan, J. T., Gill, R. M., & Hartsock, J. J. (2013).
The Journal of the Acoustical Society of America, 133(3), 1561–1571.
doi:10.1121/1.4789005
The Journal of the Acoustical Society of America
2013 Mar;133(3):1561-71.
doi: 10.1121/1.4789005.
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6239.html
追加による更新→
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7528.html
―引用
要旨
低周波音および超低周波音に対する耳の反応は
広く研究されていません。
耳がどのように低周波音に反応するのかを理解することは、
環境における超低周波音が
風力タービンのような音源からより広く普及するにつれて、
ますます重要になっています。
この研究は、音響超低周波音(5Hz)からの
第3の蝸牛ターンにおける内リンパ電位が、
可聴範囲内のトーン
(例えば、50および500Hz)よりも大きいことを、
場合によっては、
ピーク間振幅は20mVより大きいことを示します。
これらの大きな電位は、
より高い周波数のトーンによって抑制され、
そして蝸牛の頂点でのKClの外リンパ注入によって
急速に廃止され、それらの第3ターンの起源を実証した。
5〜500Hzの内リンパ性等電位は、
周波数が低下するにつれて、
外リンパ電位と比較して増強された。
増強電位の起源を研究するために
プローブおよび低周波バイアストーンを使用した。
ポテンシャルは、正弦波電圧(Vo)と
加算された飽和応答として最もよく説明されました。
これは、超低周波音のバイアス効果に対して
平均60°位相が遅れていました。
V 0は、超低周波音の各半周期における
有毛細胞を通る持続的な電流変化によって引き起こされる
線条体電位変化からなど、
有毛細胞活性から間接的に生じると考えられる
。―引用終わり



・2021年10月20日に次の論文をエントリしました。

2021/10/20
<音と健康:2021/01/01~>
1960年
米国
◇(1960). Experiments in Hearing (McGraw-Hill, New York)
聴覚の実験 (McGraw-Hill, New York)

■Acoustical Society of America
https://www.abdi-ecommerce10.com/asa/images/product/medium/0-88318-6306.pdf
著者:von Békésy, G.
Experiments in Hearing
pp. 672–682.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7520.html
―引用
復刻版の序文:
この本の残りの部分は、ベケシーの研究の本質に関係しています。
それは、中耳と頭蓋骨を介した音の伝達から始まり、
その後、音の伝達に戻って蝸牛への音をたどる前に、
やや意外にも音響心理学に切り替わります。
蝸牛の力学と電気生理学は、
ベケシーの時代の知識の限界まで説明されており、
その多くはベケシー自身によって提供されました。
ベケシーの観察と測定の多くは取って代わられましたが、
これが起こる前に、それらはそれらに取って代わった
研究のために1つではなくいくつかの足がかりを提供しました。
「Experiments in Hearing(聴覚の実験)」には、
現代の聴覚知識の最も重要なルーツのいくつかが含まれており、
聴覚科学のリテラシーを主張したいすべての人が
必読と見なす必要があります。
―引用終わり



・2021年10月18日に次の論文をエントリしました。

2021/10/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1950年10月13日
米国
◇(1951) Microphonics produced by touching the cochlear partition with a vibrating electrode
蝸牛管体を振動電極で接触させることによって生成されるマイクロホン電位

(The Journal of the Acoustical Society of America|1950年10月13日)
https://doi.org/10.1121/1.1906721
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.1906721
著者:von Békésy, G.
The Journal of the Acoustical Society of America
Volume 23, Issue 1 , 18–28.
https://doi.org/10.1121/1.1906721
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7518.html



・2021年10月14日に次の論文をエントリしました。

2021/10/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2009年2月13日
米国、ドイツ
◇(2009) Displacements of the organ of Corti by gel injections into the cochlear apex
蝸牛頂へのゲル注入によるコルチ器官の変位

(Hearing Research|2009年2月13日)
https://doi.org/10.1016/j.heares.2009.02.001
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0378595509000306?via%3Dihub
著者:Alec N.Salt
Hearing Research
Volume 250, Issues 1–2, April 2009, Pages 63-75
https://doi.org/10.1016/j.heares.2009.02.001
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7516.html



・2021年10月14日に次の論文をエントリしました。

2021/10/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1999年7月27日
ぜひ!→
米国
◇(1999) Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes induced
by stimulation at infrasonic frequencies
超低周波音周波数での刺激によって誘発される縦方向の内リンパの動きと蝸牛内電位の変化

(The Journal of the Acoustical Society of America|1999年7月27日)
https://doi.org/10.1121/1.427101
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.427101
著者:Alec N. Salt and John E. DeMott
The Journal of the Acoustical Society of America
Volume 106, Issue 2 , 847–856.
https://doi.org/10.1121/1.427101
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7516.html



・2021年10月1日に次の論文をエントリしました。

2021/10/01
<振動音響疾患>
2007年1~4月
ぜひ!→
ポルトガル
◇(2007). “ Vibroacoustic disease: Biological effects of infrasound
and low-frequency noise explained by mechanotransduction cellular signaling,”
振動音響疾患:メカノトランスダクション細胞シグナル伝達によって説明される
超低周波音と低周波ノイズの生物学的影響

(Progress in Biophysics and Molecular Biology|2007年1~4月)
https://doi.org/10.1016/j.pbiomolbio.2006.07.011
オープンアクセス
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0079610706000927?via%3Dihub
著者:Alves-Pereira, M., and Castelo Branco, N. A.
Progress in Biophysics and Molecular Biology
Volume 93, Issues 1–3, January–April 2007, Pages 256-279
https://doi.org/10.1016/j.pbiomolbio.2006.07.011
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7496.html
―引用
要旨:
現在、超低周波音(0〜20 Hz)と
低周波ノイズ(20〜500 Hz)(ILFN、0〜500 Hz)は、
チェックされていない病気の原因です。
振動音響疾患(VAD)は、
ILFNに過度にさらされた個人に発症する全身の病状です。
VADは、航空業界やその他の重工業で採用されている
いくつかの専門家グループで診断されています。
しかし、ILFNの遍在性と、
ILFNに関する法律がないことを考えると、
VADは子供を含む一般集団のメンバーの間で
ますます診断されています。
VADは、炎症過程がない場合、
細胞外マトリックス(コラーゲンとエラスチン)の
異常な成長に関連しています。
VADでは、コラーゲンとエラスチンの成長の最終産物は、
構造的完全性の強化です。
これは、VAD患者とILFNに曝露された動物の両方の血管、
心臓構造、気管、肺、および腎臓に見られます。
VADは、本質的に、メカノトランスダクション病です。
細胞間および細胞内コミュニケーションは、
生化学的および機械的伝達シグナル伝達の
両方を通じて達成されます。
ILFNに曝露された標本に見られるように、
組織の構造成分が変化すると、
機械的に媒介されるシグナル伝達はせいぜい損なわれます。
EKG、EEGなどの一般的な医療診断テスト、
および多くの血液化学分析は、
生化学的シグナル伝達プロセスの機能不全に基づいています。
VAD患者は通常、これらの検査で正常値を示します。
ただし、心エコー検査、脳MRI、
または組織学的研究が行われ、
構造変化を特定できる場合、
すべてがVAD患者とILFNに曝露された動物で
一貫して有意な変化を示します。
周波数固有の影響はまだわかっておらず、
有効な用量反応を特定することは困難であり、
大規模な疫学研究はまだ不足しています
。―引用終わり



・2021年8月31日に次の論文をエントリしました。

2021/08/31
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月30日
ぜひ!→
南オーストラリア州
◇South Australia Wind Farm Guidelines Consultation
南オーストラリアウインドファームガイドラインコンサルティング

(The Acoustic Group|2019年9月30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/wind-farm-guidelines-consultation.pdf
著者:Steven Cooper,The Acoustic Group

Wind Farm Guidelines Consultation
Environment Protection Authority
GPO Box 2607
ADELAIDE SA 5001
DRAFT FOR CONSULTATION
WIND FARMS
ENVIRONMENTAL NOISE GUIDELINES 2019
ウィンドファームガイドラインコンサルテーション
環境保護局
GPOボックス2607
アデレードSA5001
相談のための草案
風力発電所
2019年環境騒音ガイドライン
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7453.html
―引用
Conclusion 結論:
南オーストラリア州の風力発電所の開発は、
農村住民に混乱を引き起こす
新しい産業騒音源の作成をもたらしました。
後知恵の恩恵を受けて、
南オーストラリアEPAによって導入されたガイドラインは、
実際の風力タービン騒音ではなく、
他の騒音源の基準に基づいており、
確立された騒音源と風力タービン騒音の違いを
特定していないことは明らかです。
保証期間中、風力タービンのサイズは大きくなり、
影響も大きくなりました。したがって、
ヨーロッパで大幅に容量の少ないタービンで
実施された風力タービンの騒音に関する
独自の研究の関連性に疑問が投げかけられます。

南オーストラリア州の
ウィンドファームガイドラインは当初から、
風力タービンの運転の結果として発生する音響的影響や
健康への悪影響を特定しないことにより、
ガイドラインの目的がどのように満たされるかを
特定する資料を提供していませんでした。
統計的には、風力タービンに近接する
コミュニティからの苦情の数は標準をはるかに上回っており、
居住者の快適さを保護するために行動する場合、
規制当局はそれ自体を無視することはできません。
著者が風力発電所に関して
住宅物件に参加する際に経験した主な問題は、
居住者が睡眠障害を報告することです。
影響を受ける一部の人々にとっては、
時間の経過とともに悪化しているように見えます。
これは、船酔いのアナロジーと互換性がありますが
すべての人が風力タービンの影響を
受けるわけではないことに注意してください。 …

風力発電所が健康への影響を生み出すことを示す
研究がないという条件で、言い訳がしばしばあります。
逆の場合、健康への影響がないことを示す研究がないと
言うこともできます。

研究が不足しているからです。

著者が行った研究により、実験室の状況では、
風力タービンに敏感になった人は、
聞こえない場合でも
風力タービンのsignal/シグナルの存在を
検出できることがわかりました。

風力タービンの悪影響を受けて(恒久的または定期的に)
施設から移転しなければならなくなった人や、
最近フリンダース大学が実施したテストに参加した人から、
睡眠研究の観点から
睡眠障害が発生したとのアドバイスを受けました。

変動(風力タービンの騒音だけに限定されない)の
調査に関連する著者によるさらなる研究は、
風力タービンから定期的に発生する過度の変調の存在が、
より大きなレベルの不快感を引き起こすことを
明らかにしています。
風力タービンの騒音に関しては、
A加重レベルに追加する必要があります。
―引用終わり



・2021年8月27日に次の論文をエントリしました。

2021/08/27
<論文:風力発電所の環境への影響~前縁侵食(LEE)とビスフェノールA(Bisphenol A)汚染>
2021年4月22日
ぜひ!→
ノルウェー
◇Forurensing fra vindturbinvinger
[Leading edge erosion and pollution from wind turbine blades]
風力タービンブレードによる前縁侵食と汚染

(THE TURBINE GROUP|2021年4月22日)
ノルウェー語バージョン
https://docs.wind-watch.org/Forurensin_Leading-Edge-Erosion.pdf

英語バージョン
◇Leading Edge erosion and pollution from wind turbine blades
5 th. Edition - English
風力タービンブレードからの前縁侵食と汚染
5 th.エディション-英語

(Leading Edge erosion|2021年7月8日)
DOI:10.13140/RG.2.2.33339.34080
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
353395665_Leading_Edge_erosion_and_pollution_from_wind_turbine_blades_5_th_Edition_
-_English?channel=doi&linkId=60fa20db169a1a0103aefae3&showFulltext=true
著者:Bård-Einar Rimereit 他
Leading Edge erosion
DOI:10.13140/RG.2.2.33339.34080
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7448.html
―引用
序文:
コミュニケーション不足のトピックに関するレポートを
まとめました;
風力タービンからのマイクロプラスチック
および可能性のある有毒化合物の排出。
排出量の推定値は、
ストラスクライド大学(University of Strathclyde)、
2021年のレポート
「Rain Erosion Maps for Wind Turbines Based on Geographical Locations
: A Case Study in Ireland and Britain」
(地理的位置に基づく風力タービンの雨による侵食マップ:
アイルランドと英国での事例研究)※
に基づいています。
風力タービンのブレードからの放出の問題について、
適切で公平な情報源を見つけることは困難です。
www.epoksy-europe.euからのレポートなど、
このトピックに関して公開されたレポートと行われた調査は、
ほとんどの場合、風力発電からの最も重要な収入源を
持っている著者によって実行されます。
Strathclyde(ストラスクライド)からのレポートは、
タービンブレードからの排出量を扱った数少ないレポートの1つです。
初版がリリースされてからわずか数日後、
ストラスクライド大学は
「Aker Offshore Wind、Aker Horizo​​ns、Strathclydeが協力して
ガラス繊維製品のリサイクルを加速する」と発表しました。
ストラスクライド大学の報告に基づいて
ノルウェーの風力タービンからの質量損失を計算することにより、
風力タービンブレードの前縁からの排出量を推定しました。
すでに2013年には、風力タービンのローターブレードが
ヨーロッパのエポキシ消費量の27%を占めていました。
製造方法にもよりますが、
ローターブレードのエポキシには
約33%ビスフェノールA(Bisphenol A)が含まれています。
それにもかかわらず、タービンブレードからの
マイクロプラスチック放出に関する入手可能な情報は
著しく少ない。
ただし、摩耗とメンテナンスに焦点を当てた
業界からの多くの報告があります。
これは、私たちが説明する問題を間接的に確認します。
ビスフェノールA(Bisphenol A)は
「ノルウェーの危険物質の優先リスト」に含まれています。
これらは健康と環境に深刻な脅威をもたらすと
考えられている化学物質であり、
ノルウェーの優先リストに掲載されています。

このリストは、当局が具体的に取り組むべき物質の
重要なツールとして機能し、
これらが使用量または排出量の削減のために取り組むことが
重要な物質であることを経済界に重要なシグナルを与えます。
この版は英語であり、ストラスクライド関係の研究者から
私たちに与えられた事実と情報を追加しました。
私たちは、見積もりと計算をサポートするための
事実と情報を理解しています

--------------------
文中のリンク先
--------------------

2021/08/26
<論文:風力発電所の環境への影響~前縁侵食(LEE)>
2021年1月22日
英国
◇Rain erosion maps for wind turbines based on geographical locations:
a case study in Ireland and Britain
地理的位置に基づく風力タービンの雨浸食マップ:アイルランドと英国での事例研究

(Journal of Bio- and Tribo-Corrosion 2021|2021年1月22日)
doi:10.1007/s40735-021-00472-0.
オープンアクセス
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007/s40735-021-00472-0
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Pugh-Stack-2021_RainErosionMapsWindTurbines.pdf
著者:Kieran Pugh and Margaret Stack
Journal of Bio- and Tribo-Corrosion 2021;7:34.
doi:10.1007/s40735-021-00472-0.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7447.html
。―引用終わり



・2021年8月6日に次の記事をエントリしました。

2021/08/06
<8-オランダ:条例、風力問題>
2021年7月5日
ぜひ!→
8-オランダ
◇Doctors concerned about planned wind turbines’ proximity to residential neighborhoods
計画されている風力タービンが住宅街に近接していることを懸念する医師

(NL Times | 2021年7月5日)
https://nltimes.nl/2021/07/05/
doctors-concerned-planned-wind-turbines-proximity-residential-neighborhoods
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7439.html
―引用
多くの医師が住宅街の近くに
風力タービンを建設する計画について心配している、
と彼らはTelegraafに言った。
彼らは、独立した疫学者に、これらのタービンを
家にどれだけ近づけることができるかについて、
公衆衛生研究所RIVMからの多くの報告を
研究するように依頼しました。
結果は8週間で期待されています。
疫学者の分析はまだ行われていませんが、
『Windwiki』という名前で結ばれた医師たちは、
風力タービンが住宅街に近いことが
地元の人々の健康に影響を与える可能性があると信じています。
『Windwiki』によると、
風力発電所に関連する騒音と距離の現在の基準は
柔軟性が高すぎるため、
不眠症や長期的なストレスなどの
深刻な健康への影響をもたらす可能性があります。・・・
―引用終わり



・2021年7月27日に次の論文をエントリしました。

2021/07/27
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2010年6月16日
ぜひ!→
米国
◇Response of the ear to low frequency sounds, infrasound and wind turbines
低周波音、超低周波音、風力タービンに対する耳の反応

(Hearing Research|2010年6月16日)
https://doi.org/10.1016/j.heares.2010.06.007
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0378595510003126?via%3Dihub
著者:Salt, A. N., and Hullar, T. E.
Hearing Research
Volume 268, Issues 1–2, 1 September 2010, Pages 12-21
https://doi.org/10.1016/j.heares.2010.06.007
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7424.html
―引用
要旨:
超低周波音は、体内で(呼吸、心拍、咳などによって)発生し、
空調システム、車内、一部の産業プロセス、
そして現在ますます普及している風力タービンなどの
外部ソースによって生成されます。
可聴域よりも低い振幅で提示される超低周波音は、
耳に影響を与えないと広く考えられています。
このレビューでは、聞こえるかどうかにかかわらず、
低周波音が耳の機能に
影響を与える可能性のある方法を検討します。
内耳には、低周波音の成分が脳に伝達される前に
それらを減衰させる精巧なメカニズムがあります。
耳の聴覚部分である蝸牛には、
内有毛細胞(IHC)と外有毛細胞(OHC)の2種類の感覚細胞があり、
IHCは「聴覚」を脳に伝達する求心性線維に結合しています。
IHCの感覚不動毛(「hairs/毛」)は
機械的刺激に「流体結合」されているため、
それらの応答は刺激速度に依存し、
音の周波数が低くなると感度が低下します。
対照的に、OHCは機械的刺激に直接結合されているため、
低周波数ではIHCよりも入力が大きくなります。
非常に低い周波数では、OHCは聞こえるレベルよりも
低いレベルの音によって刺激されます。
球形嚢などの他の感覚構造の有毛細胞は
超低周波音周波数に調整できますが、
これらの構造に結合する聴覚刺激は非効率的であるため、
空中超低周波音の影響を受ける可能性は低くなります。
内リンパの体積調節に関与する構造も
超低周波音の影響を受けることが知られていますが、
その感度も低いと考えられています。
ただし、耳が超低周波音に対して過敏になる
異常な状態があります。
ほとんどの場合、超低周波音に対する内耳の反応は
正常と見なすことができますが、
慣れない感覚や生理機能の微妙な変化に
関連している可能性があります。
これにより、風力タービンの騒音の
超低周波音成分への曝露が
耳の生理機能に影響を与える可能性が高まります
。―引用終わり



・2021年7月14日に次の論文をエントリしました。

2021/07/14
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月9–13日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Use of synthesised or actual wind turbine noise for subjective evaluation purposes
主観的評価目的での合成または実際の風力タービン騒音の使用

(Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9–13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-synthesised-v-actual-WT-sound.pdf
著者:Steven Cooper
Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics,
9–13 September 2019, Aachen, Germany: pages 912–919
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7410.html
―引用
要旨:
風力タービンのさまざまな運用シナリオの騒音特性を
主観的にテストするための正確な風力タービン騒音信号を
生成することには、技術的な困難があります。
テスト信号を超低周波音のみに制限する場合と、
フルスペクトルを使用する場合では、
主観的な応答に違いがあります。
提示された「ノセボ」効果の概念は、
フルスペクトルフィールド測定で観察された特徴
または圧力脈動を反映しない
「合成風力タービン超低周波音」の使用に依存してきました。
このようなテストで使用された
「合成風力発電所の超低周波音信号」の有効性が調べられ、
フルスペクトル信号と比較されます
。―引用終わり



・2021年7月13日に次の論文をエントリしました。

2021/07/13
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2018年5月27-31日
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Inaudible Soundscape of a Wind Farm
風力発電所の聞こえないサウンドスケープ

(Euronoise 2018|2018年5月27-31日)
https://www.euronoise2018.eu/docs/papers/395_Euronoise2018.pdf
著者:Steven Cooper
Euronoise 2018, (May 27-31, Heraklion - Crete, Greece)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7408.html
―引用
サマリー:
人々が交通騒音に慣れている一方で、
風力タービンの騒音に長期間さらされると逆のことが起こります。
人々は最終的に彼らに影響を与える騒音に敏感になり、
極端な場合にはこれらの人々に彼らの家を放棄することを要求します。
典型的な騒音目標は住居の外部に適用され、
内部の騒音環境には対応していません。
住居内の現場測定から
聞こえない風力タービンの騒音を使用するパイロット研究では、
敏感な人々が頭と足の感覚として
聞こえない風力タービンの騒音に反応することがわかりました。
風力タービンの拍子記号の脈動の性質と、
被験者による知覚に対する
そのような信号の変動の性質について説明します
。 ―引用終わり



・2021年7月12日に次の論文をエントリしました。

2021/07/12
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年8月28-30日
ぜひ!→
米国
◇A proposed theory to explain some adverse physiological effects of the infrasonic emissions
at some wind farm site
いくつかのウィンドファームサイトでの超低周波音放出のいくつかの有害な生理学的影響を
説明するために提案された理論

(5th International Conference on Wind Turbine Noise|2013年8月28-30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Schomer-et-al-physiologic-effects-infrasound-wind.pdf
著者:Paul D. Schomer 他
5th International Conference on Wind Turbine Noise, Denver August 2013
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7406.html
―引用
要旨:
少なくとも40年間、科学文献には、
低周波音と超低周波音によって
病気になっている人々の報告があります。
過去数年間で、風力タービンに関する
そのような報告の数が増えており、これは明らかに、
風力タービンがより普及していることに対応しています。
ウィスコンシン州シャーリーでの調査により、
次のような興味深い発見がありました。

(1)主要な効果については、
   ソースは非常に低い周波数、約0.8 Hz以下で、
最大の効果は約0.2Hzである必要があるようです。
(2)最大で最新の風力タービンは、
周波数がこの範囲に下がっています。
(3)乗り物酔いと風力タービンのアコースティックエミッションの
「病気」の症状は非常に似ています。
(4)内耳の同じ器官である耳石が、
両方の状態の中心にある可能性があるようです。

同じ臓器が同じ症状を引き起こす可能性があることを考えると、
1つの説明は、風力タービンのアコースティックエミッションが
実際にこの苦痛を起こしやすい人に
乗り物酔いを引き起こす可能性があるということです。
最後に、乗り物酔いに対する感度と
風力タービンのアコースティックエミッションに対する感度が
無関係である確率は、
1,000,000分の2未満であることが示されています。
―引用終わり



・2021年7月9日に次の論文をエントリしました。

2021/07/09
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2017年6月10日
オーストラリア
◇Reproduction of wind turbine infrasound and low frequency noise in a laboratory
実験室での風力タービンの超低周波音と低周波ノイズの再現

(The Journal of the Acoustical Society of America 141|2017年6月10日)
doi.org/10.1121/1.4988405
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.4988405
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical Society of America Volume 141, Issue 5 3805 (2017);
https://doi.org/10.1121/1.4988405
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7404.html
―引用
要旨:
対象の医療検査のために風力タービンから
超低周波音/低周波ノイズを生成するための
大型バッフルスピーカーシステムの使用には、
元の記録された信号の再現に問題があることがわかりました。
元の過渡時間信号の再現は達成されませんでした。
超低周波音の主観的テストに
合成信号を使用することが検討されており、
実際の実世界のサウンドファイルと比較した場合は推奨されません。
テストの結果と、臨床検査ではなくフィールドで
医学研究を使用するための推奨事項について説明します
。―引用終わり



・2021年7月9日に次の論文をエントリしました。

2021/07/09
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年4月21日
オーストラリア
◇Threshold of hearing versus threshold of sensation for low frequency and infrasound
聴力の閾値v低周波および超低周波音の感覚の閾値

(The Journal of the Acoustical Society of America|2016年4月21日)
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4950352
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical Society of America Volume 139, Issue 4 , 2150 (2016);
https://doi.org/10.1121/1.4950352
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7404.html
―引用
要旨:
風力発電所の影響を受ける居住者は、
必ずしも騒音ではない感覚の知覚を識別します。
減衰残響室で圧力音場を使用することにより、
超低周波音と低周波の聴力のしきい値
(WattanbeとMollerを参照)が、
正弦波の感覚のしきい値とともに調査されました。
次に、これらの結果は、風力発電所からの
帯域制限されたパルス信号を使用して比較されます。
違いと、それらが風力タービンの調査にとって
何を意味するかについて説明します
。―引用終わり



・2021年7月8日に次の論文をエントリしました。

2021/07/07
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年1月22日
オーストラリア
◇Soundscape of a Wind Farm – The Cape Bridgewater Experience
風力発電所のサウンドスケープ–ケープブリッジウォーター体験

( Proceedings of Meetings on Acoustics|2016年1月22日)
https://doi.org/10.1121/2.0000157
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/2.0000157
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America Meeting, Jacksonville, November 2015,
Proceedings of Meetings on Acoustics > Volume 25, Issue 1 > 10.1121/2.0000157
https://doi.org/10.1121/2.0000157
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7402.html
―引用
要旨:
風力発電所の近くの騒音環境を説明するための
一般的な概念は、風の強さに応じて変化する
A加重レベル(A特性)で表されます。
風力発電所で一般的に使用されている
コンプライアンス手法は、
風とそのようなデータを介した平均適合線を
含む測定に依存しています。
フルスペクトルの記録/分析を使用して実施された場合の
住宅用受信機での測定は、
外乱が認められたときに存在するように見える、
通常は聞こえない超低周波音領域に及ぶ独特の特性を
明らかにしました。
サウンドスケープを説明するための
風力発電所の騒音の全スペクトルに対する
従来の用量反応調査はありません。
風力発電所の騒音放出を評価するための新しいアプローチが、
風力発電所のサウンドスケープを説明するための
さまざまな概念を特定する
ケープブリッジウォーター風力発電所の研究に使用されました
。―引用終わり



・2021年7月7日に次の論文をエントリしました。

2021/07/07
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2013年4月5日
ぜひ!→
米国
◇The Adverse Health Impacts of Industrial Wind Turbines:
A Scientific Response to “It’s all in your head”
産業用風力タービンの健康への悪影響:
「それはすべてあなたの頭の中にある」に対する科学的反応

(Submitted to the Zoning Board of Charlestown, Rhode Island|2013年4月5日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Hartman_Adverse-Health-Impacts-of-IWTs-all-in-your-head.pdf
著者:Hartmand, R.S
Zoning Bard of Charlestown,
Rhode Island International Meeting on Wind Turbine Noise, Glasgow 2015.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7400.html
―引用
Overview and Summary 概要とまとめ
この論文では、産業用風力タービン(IWT)の
健康への悪影響に関する科学的証拠を提供することを
目的とした最近完成した2つの研究論文2をレビューします。
そうして、私は彼らが科学的な情報を
提供していないことに気づきました。
むしろ、それらは公共政策を不適切に形作るために
使用される可能性のある偽情報を提示します。

各論文は本質的に、健康への悪影響に関する報告の増加を
何らかの形の集団ヒステリーに起因するとしています。
チャップマン(Chapman)は、
「集団心因性疾患」や「心因性ノセボ現象」などの
準科学的な「ラベル」でこの論争を金色にしています。
専門用語が少なくても、
クリクトン(Crichton)は同じ結論に達します。
--健康への悪影響は、心理的な期待によって説明できます。
両方の論文は、IWTに起因する健康への悪影響は、
実際には、それらが生成することが知られている
可聴および非可聴(超低周波音)ノイズによって
引き起こされたものではないと結論付けています。
むしろ、著者は、健康への悪影響は本質的に、
健康への悪影響の偽造された主張で
メディアを公に過負荷にするNIMBYの
「痛烈な」少数過激派によって引き起こされることを
実証すると主張している
。―引用終わり



・2021年7月5日に次の文書をエントリしました。

2021/07/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年2月26日
オーストラリア
◇PEER REVIEW COMMENTS
SOUTH AUSTRALIAN EPA AND RESONATE ACOUSTICS
“INFRASOUND LEVELS NEAR WINDFARMS AND IN OTHER ENVIRONMENTS”
Issued by the South Australian EPA, dated January 2013
ピアレビューコメント
南オーストラリアEPAとRESONATE ACOUSTICS
「風力発電所の近くやその他の環境における超低周波音のレベル」
南オーストラリアEPA発行、2013年1月付け

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-critique-Resonate.pdf
著者:The Acoustic Group Pty Ltd 、Steven E. Cooper
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7395.html
―引用
・・・レポートは、オフィスビルや郊外の環境の
さまざまな場所で実施された測定について詳しく説明し、
やや曖昧で非特異的であるように見える超低周波音の結果に
影響を与える可能性のある騒音レベルの提案を示しています。
このような環境で測定を行った経験のある人は、
バックグラウンドレベルを制御する空調の影響
(特に超低周波音が気流に関連している)を
よく知っているでしょう。
ある建物に空調設備があることを認めたにもかかわらず、
その後のレベルの上昇に伴い、オフィス環境の期間、
多くの場所で環境を決定する空調の概念は、
レポートの作成者によって都合よく見過ごされてきたようです。
同様に、住宅の超低周波音に関しては、
報告書は内部騒音の発生源、
または当時の外部騒音や気象条件の影響について
具体的ではありません。
そのレポートは、風力発電所の近くにある住居と、
オン/オフテスト(シャットダウン中)があったとされる
別の風力発電所の近くにある2番目の住居の測定値を提供します
。・・・―引用終わり



・2021年7月2日に次の論文をエントリしました。

2021/07/02
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2014年4月
ぜひ!→
オーストラリア
◇A comparison of resident response to that reported by the EPA for testing
of a South Australian wind farm
南オーストラリアの風力発電所のテストのためにEPA(環境保護庁)によって報告されたものと
居住者の反応の比較

(WindWatch|2014年4月)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/comparison-of-wind-turbine-acoustic-measurements/
著者:Mrs. Mary Morris
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7392.html
―引用
Summary:このレポートでは、
地元住民によって記録された騒音日記の苦情を、
タービンの意図的な停止と同じ夜に、
ウォータールー風力発電所の近くの家の中で
EPAが測定した低周波および可聴騒音と比較しました。
睡眠障害、過度の騒音、不快感の訴えは、
測定された高レベルの低周波騒音(LFN)と
家の中の可聴騒音と一致します。
風力発電所をオフにしてから再びオンにすると、
「C」重み付け、非重み付け、およびLAeq(LF)レベルが
約10dB上下したことがわかります。
これは、風力発電所が地域の環境に
重要なLFNに貢献していることを示唆しています。
シャットダウンの結果としての
「A」加重レベルの変化は重要ではなく、
「A」加重レベルが住民に対するタービンの影響を
正確に反映していないことを示唆しています。
―引用終わり



・2021年7月1日に次の論文をエントリしました。

ぜひ!→
2021/07/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2012年4月
オーストラリア
◇Waterloo Wind Farm Survey April 2012
ウォータールーウィンドファーム調査2012年4月

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2012/07/
Waterloo-Wind-Farm-Survey-April-2012-Select-Committee.pdf
著者:Mrs. Mary Morris
Submission to SA Parliamentary Select Committee into Wind Power, 2012
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7390.html
―引用
CONCLUSION 結論:
睡眠は健康的な生活に欠かせない要素であり、
欧州人権条約(欧州人権裁判所2003)(2)の下で
WHOによって基本的権利として認められています。
ウォータールー地域のこの研究は、
ウォータールー風力発電所が、地元住民のかなりの割合に
受け入れられるレベルを超える騒音障害、睡眠障害、
および電磁干渉を生成しているという主張を裏付けています。
騒音公害のガバナンスがウォータールーの人々を
失敗させていることは明らかです。
また、これらの仕様の風力タービンを、
家庭や職場から10km以内のこの地形に配置することは
不適切であることも明らかです。
この風力発電所の音響モデリングには明らかに欠陥があります。
TRUenergyとEPAは、
この風力発電所が準拠していると主張し続けているため、
騒音規制は明らかにコミュニティを保護するには
不十分であり、すぐに改訂する必要があります。
現在、低周波騒音は測定されておらず、
影響を受けた住民に騒音監視結果は提供されておらず、
騒音監​​視は透明でオープンで正直なプロセスではありません。
風力発電所に関連する可聴および非可聴騒音の
測定と監視の徹底的なレビューは、
長い間延期されており、
風力発電所が計画されている居住者を保護するために、
業界から独立した専門家によって直ちに実施されるべきです。
次のページには、調査結果の要約と、
タービンからの距離の等高線を示すマップが含まれています。
結果の最初のセットは、タービンから0〜10kmに関連しています。
結果の2番目のセットは、タービンから0〜5kmに関連しています。
これらの回答から、風力発電所に関する
SA大臣DPAによって規定された1kmおよび2kmのセットバックは
明らかに不十分であると結論付けなければなりません。
この規模の産業用風力タービンは、
農村地域から10km以内に設置しないでください
。―引用終わり



・2021年6月29日に次の論文をエントリしました。

2021/06/29
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月9-13日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Comparison of inaudible windfarm noise and the natural environment noise
whilst monitoring brainwaves and heart rate
脳波と心拍数を監視しながら、聞こえないウィンドファームノイズと自然環境ノイズの比較

(the 23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9-13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-sensitivity-inaudible-noise.pdf
■pub.dega-akustik.de
http://pub.dega-akustik.de/ICA2019/data/articles/000069.pdf
著者:Steven E. Cooper
PROCEEDINGS of the 23rd International Congress on Acoustics
9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7386.html
―引用
要旨:
聞こえない風力タービンの騒音と
タービン騒音に対する感度が高い人を使用して
2017年後半に実施されたパイロット研究では、
被験者は信号を(聞くのではなく)感じることで
信号の存在を検出できることがわかりました。
風力タービンの騒音にさらされていなかった対照群は、
聞こえない信号を検出または感知することができませんでした。
さらなるパイロット研究の前兆としての
単一のケーススタディは、
聞こえない風力タービンノイズ、
聞こえないホワイトノイズ、聞こえないサーフ(海)ノイズ、
および聞こえない換気ファンを利用しました。
それは、被験者の心拍数と
脳波のモニタリングが得られている間、
126m³の残響室と313の半無響室で実施されました。
そのテストの結果について説明します
。―引用終わり



・2021年6月23日に次の論文をエントリしました。

2021/06/23
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年11月18日
オーストラリア
◇Can inaudible and audible low level infrasound
and low frequency noise be an acoustic trigger of the startle reflex?
聞こえない、聞こえる低レベルの超低周波音と低周波ノイズは、
驚愕反射の音響トリガーになる可能性がありますか?

(Acoustical Society of America Meeting|2016年11月18日)
https://doi.org/10.1121/1.4970818
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4970818
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America Meeting, Hawaii, December 2016
https://doi.org/10.1121/1.4970818
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7378.html
―引用
要旨:
実験室で再現された可聴低周波換気扇の騒音の変調は、
その騒音に敏感な人々の驚愕反射を引き起こすことが
示されています。
感作された被験者と感作されていない被験者に
一連の低周波およびインフラサウンドノイズ信号を使用すると、
音響トリガーと生理学的ストレス反応との
因果関係を示すことができます。
エンジニアはこれを「アノイアンス/不快感」
または「ノイズ・アノイアンス/不快感」症状と呼び、
生物学者はこれを「 驚愕反射」として認識します。
低レベルの振幅および周波数変調をソースとして利用すると、
「驚愕反射」応答がトリガーされ、
高レベルのノイズインパルスに対する
一般的な「驚愕反射」と比較されます
。 ―引用終わり



・2021年6月23日に次の論文をエントリしました。

2021/06/23
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年
オーストラリア
◇Wind Farm Infrasound
– Are we measuring what is actually there or something else? (part 3)
風力発電所の超低周波音
–実際にそこにあるもの、または何か他のものを測定していますか?(part 3)

(The Journal of the Acoustical Society of America 140|2016年)
https://doi.org/10.1121/1.4970819
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4970819
著者:Cooper SE & Chan C
The Journal of the Acoustical Society of America 140, 3382 (2016);
https://doi.org/10.1121/1.4970819
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7378.html
―引用
要旨:
主題タイトルのパート2で示されている分析方法を使用して、
また、信号の正確な再現の要件(ソルトレイクシティで提示)は、
可聴ILFNと可聴LFNの両方の被験者による50 dB(A)までの
さらなる調査に照らして、
超低周波音の寄与に関する仮説が修正されています。
この作業は、音響トリガーのソースとして風力タービンを
使用した驚愕反射の調査と関連しています。
コミュニティの保護のための
適切な基準に関する影響について説明します
。―引用終わり



・2021年6月22日に次の論文をエントリしました。

2021/06/22
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2019年9月9-13日
オーストラリア
◇A simplified method for determination of “amplitude modulation” of audible
and inaudible wind turbine noise
可聴および非可聴風力タービンの「振幅変調」を決定するための簡略化された方法

(23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9-13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-determining-amplitude-modulation.pdf
著者:Steven Cooper
PROCEEDINGS of the
23rd International Congress on Acoustics
9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7376.html
―引用
要旨:
風力タービンの動作により、一連のパルス/脈動が発生し、
風力タービンの負荷(出力と風の強さ)に応じて
圧力信号の振幅が瞬時に大幅に増加します。
このような振幅の変動は重要な場合があります。
風力タービンの音響特性の振幅の変調は、
「振幅変調」と呼ばれることがよくあります。
英国で使用されている風力タービンの
振幅変調の程度を評価する1つの方法は、
複雑で、時間と費用がかかります。
dBAレベルに制限されるだけでなく、
非可聴および可聴の動的脈動振幅変調の両方を
カバーするために使用できる
簡略化された方法が開発されました。
この簡略化された分析方法は、風力タービンの騒音だけでなく、
他の脈動性騒音源にも使用できます。
簡単な方法論を使用して、
超低周波音の速度で発生する
脈動の生成を引き起こすレクリエーション音楽
および産業騒音源の調査について説明します
。―引用終わり



・2021年6月21日に次の論文をエントリしました。

1回目:
2016-09-13
◇<論文:超低周波不可聴音>米国:風力発電所・超低周波音 –
実際にそこにある、あるいは、他の何かを我々は測定していますか?
…スティーブン E.クーパー(アメリカ音響学会の170回目の会議)

■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4179.html


※ REFERENCESの追加による更新
2021/06/21
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2015年11月2-6日
オーストラリア
◇Wind Farm Infrasound – Are we measuring what is actually there or something else?
風力発電所の超低周波音–実際にそこにあるもの、或いは何か他のものを測定しているのか?

DOI: 10.1121/2.0000177
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
wind-farm-infrasound-are-we-measuring-what-is-actually-there-or-something-else/
著者:Steven Cooper
170th Meeting of the Acoustical Society of America
Jacksonville, Florida, 02-06 November 2015
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4179.html
※ REFERENCESの追加による更新
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7374.html
―引用
要旨:
昔の音響(デジタル以前)では、
低周波分析では、ピーク値の一般的な使用につながる
特別な問題のために、アナログ狭帯域フィルターと
陰極線オシロスコープを使用していました。
アナログフィルターには時定数があり、
高い波高比が関係する場合は注意が必要な
導出されたrms値に影響を与える可能性があります。
最新の狭帯域デジタル分析は、
時間信号のFFTに基づいて、
時間領域で発生する周期関数を抽出し、
周波数領域で離散ピークとして表示します。
タービンのFFT分析は、
ブレード通過周波数の倍数で間隔を空けた
低周波数範囲の側波帯に加えて、
ブレード通過周波数の倍数でのピークに
離散的な超低周波音のピークを示しています。
これらの信号は実際にそこにあるのでしょうか、
それとも現代の分析の産物でしょうか。
超低周波音のサインは、
調査の別の領域への手がかりですか?
このペーパーでは、
昔ながらの分析と現代の分析を比較するための
テストの結果を示します
。―引用終わり



・2021年6月21日に次の論文をエントリしました。

2021/06/21
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2016年5月
オーストラリア
◇Wind Farm Infrasound – Are we measuring what is actually there or something else? (part 2)
風力発電所の超低周波音–実際にそこにあるもの、或いは何か他のものを測定しているのか? (part 2)

(The Journal of the Acoustical Society of America 139|2016年5月)
https://doi.org/10.1121/1.4950353
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4950353
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical Society of America 139, 2150 (2016);
Acoustical Society of America Meeting, Salt Lake City, May 2016
https://doi.org/10.1121/1.4950353
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7374.html
―引用
要旨:
プレデジタル音響では、低周波分析では、
ピーク値の一般的な使用につながる特別な問題に対して、
アナログ狭帯域フィルターと
陰極線オシロスコープを使用していました。
アナログフィルターには時定数があり、
高い波高比が関係する場合は注意が必要な
派生rms値に影響を与える可能性があります。
時間信号のFFTに基づく最新の狭帯域デジタル分析では、
時間領域で発生する周期関数が抽出され、
周波​​数領域で離散ピークとして表示されます。
タービンのFFT分析は、
ブレード通過周波数の倍数で間隔を空けた
低周波数範囲の側波帯に加えて、
ブレード通過周波数の倍数で
離散的な超低周波音のピークを示しています。
これらの信号は実際にそこにあるのでしょうか、
それとも現代の分析の産物でしょうか。
超低周波音のサインは、調査の別の領域への手がかりですか?
ジャクソンビルでは、パート1で調査の複雑さを示し、
SPLに変換してからA重み付けを行うと、
生のPascalデータがどのように失われるかを示しました。
第2部では、さまざまな風力発電所の
さまざまなフィルタリング手法の結果を示します
。―引用終わり



・2021年6月18日に次の論文をエントリしました。

2021/06/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2015年5月
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Cape Bridgewater Wind Farm Noise Study – Sensitisation, and Cause & Effect
ケープ ブリッジウォーター風力発電所の騒音調査 – 感作、および原因と影響

(Acoustical Society of America meeting|2015年5月)
http://acoustics.com.au/media/The_Cape_Bridgewater_Wind_Farm_Noise_Study_Cause_and_Effect.pdf
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America meeting, Pittsburgh, May 2015
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7372.html
―引用
要旨:
2014 年に、オーストラリアのビクトリア南西部にある
ケープ ブリッジウォーター ウィンド ファームの近くにある
3 つの家屋で騒音調査が行われました。
それには、特定の地域住民によって報告された妨害に関連する
特定の風速と特定の騒音レベルを決定するための
測定を行うための具体的な概要が含まれています。
8 週間の監視期間中に使用された居住者の日記は、
3 つの異なる影響の重大性を説明しています:
騒音、振動、感覚を 1 ~ 5 のランクで評価します。
風力発電所の速度と出力と組み合わされた感覚指標は、
より高いレベルの感覚については、
風力発電所の特定の動作モードが最大レベルの妨害を
引き起こすと特定された因果関係を特定しました
。―引用終わり



・2021年6月15日に次の論文をエントリしました。

2021/06/15
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2012年5月26日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Peer Review of Noise Impact Assessment, Stony Gap Wind Farm
騒音影響評価のピアレビュー、Stony Gap風力発電所

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Stony-Gap-Attachment-5.pdf
著者:The Acoustic Group and GHD
report 42.4898.R1, May 2012
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7366.html
―引用
結論:
・・・・・・・・・・
低周波ノイズと超低周波音の問題が提起され、
上で議論されてきました。
世界をリードするタービン サプライヤからの文書によると、
コンピュータ モデルは低周波ノイズの伝播には
不十分であることがわかっています。
高周波は(低周波と比較して)距離とともに
急速に減衰するため、タービンの可聴特性は
低周波ハムに低減される可能性があり、
人間の聴覚の正常範囲を下回る周波数を含むこともあります。

ガイドラインは、超低周波音が十分に維持された
風送風機では生成されないことを特定していますが、
このレポートの目的で得られた測定結果は、
そうでないことを証明しています。
このレビューに添付された測定データは、
現在この地域にあるタービンによって生成された低周波成分と
超低周波音成分の両方があることを示しています。

コミュニティへの影響の適切な評価
(開発計画に従って、または一般的に) では、
低周波ノイズと「超低周波音」を無視することはできません。
その限りにおいて、これらが他の風力発電所との
具体的な苦情の問題である場合、
Marshall Dayのこの報告書は地域社会に対する責任を果たしていません。

ガイドラインは、ホストの利害関係者にとって、
睡眠障害は健康への悪影響であることを特定しています。
議会とコミュニティが、
睡眠障害がタービンをホストすることで
経済的利益を得ている人に健康への悪影響をもたらす場合、
睡眠障害が一般コミュニティ
(つまり、ホスト以外の利害関係者) に影響を与え
それから、健康への悪影響も生じさせると想定することは
不合理ではありません。

このピアレビューにより、
2002/2004 年に、低周波と超低周波音に問題があり、
人々が眠っているときでも、耳は引き続き機能し、
信号を受信していることを特定した
2 人の著名な音響学者が特定されました。
睡眠障害を引き起こすメカニズム
(例えば、個人が超低周波音成分を検出できるかどうか) は、
私の専門外の問題です。

しかし、評価またはコンプライアンスの目的で
A 特性値を使用しても、風力発電所に関連する
騒音影響問題のすべてに対処できないことは明らかです。

議会の開発計画では、対象の風力発電所について
一定の目標を達成することが求められています。
これらの目標は上で概説されています。
現在のアプリケーションは、
これらの目的に十分に対処しておらず、
実際に問題の開発のノイズまたは影響を評価していません。

EPA ガイドラインが自らの核となる目的を満たす上での
不備が指摘されている。
議会は、ガイドラインが議会と EPA に
共同体の懸念に対処する原因となっているこれらの困難を
提起することを検討することができる。

上で提起され概説されたさまざまな問題の結果として、
提案された Stony Gap Wind Farm によって
コミュニティが悪影響を受けないという確信はありません。
議会は、特に開発計画を参照し、
提案された風力発電所によって発生する
実際の騒音影響を特定することを目的として、
上記で提起された個々の事項に対処するために、
申請者にさらなる詳細を要求することが推奨されます
。―引用終わり



・2021年6月14日に次の論文をエントリしました。

2021/06/14
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2013年11月22日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Comments on the 2013 SA EPA Waterloo Wind Farm Environmental Noise Study
2013 SA EPA ウォータールー風力発電所の環境騒音調査に関するコメント

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Hansen_Comments-2013-EPA-report.pdf
著者:Emeritus Professor Colin Hansen
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7364.html
―引用
EPA の調査で最も重要な発見の 1 つは、
「ランブリング」
または「サンピング」ノイズが特定されたことです。
しかしながら、このノイズは、
「大幅な増幅」なしでは識別できないと述べられています。
一方、彼らが再現しているレベルが測定されたものと
まったく同じであることを
EPA がどのように検証したかについての説明はありません。
再生されたレベルが正しく再現されていることを確認するには、
特殊な機器と適切なリスニング条件が必要です。
リスニングに使用される機器のセルフノイズ、
リスニング環境の周囲のノイズ、ヘッドフォンや
サウンドカードやスピーカーの周波数のロールオフなど、
実際のノイズの誤った再現には
多くの要因が関与している可能性があります。
これらの要因は、再生された信号のマスキングと、
周波数スペクトル全体での不均等な増幅に寄与し、
低周波数ノイズが知覚されにくくなります。
また、「ランブリング」または「サンピング」ノイズに
関連するスペクトルは、50 Hz の 3 オクターブ帯域に
顕著なピークを示すこともわかりました。
ISO 389-7 (2005) に準拠した可聴閾値曲線は、
この 3 オクターブ バンド
または他の 3 オクターブ バンドのレベルが
正常な聴覚を持つ人に知覚できるかどうかを判断するために
プロットされるべきでした。
EPA の研究では振幅変調も特定されているため、
変調の結果として生じる
不快感の可能性も考慮に入れる必要があります。
したがって、風力発電所の騒音の知覚レベルは、
公表されている知覚レベルよりも大幅に低くなります。
EPA は、振幅変調を定量化することも、
特定の 3 オクターブ バンドに関連付けることも試みませんでした。
一方、NZ 規格 (2010 年) と
ドラフト NSW ガイドライン (2011 年) の両方で、
振幅変調に対するペナルティが指定されています。
このノイズの性質は
「日記の一部のリターンの説明と一致する」ため、
このノイズ源が不快感を引き起こしているかどうかを判断するには、
さらに多くの作業が必要であることが示唆されています
。―引用終わり



・2021年6月11日に次の論文をエントリしました。

2021/06/11
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2013年11月17-20日
オーストラリア
◇Analysis of Unweighted Low Frequency Noise and Infrasound Measured at a Residence
in the Vicinity of a Wind Farm
風力発電所の近隣の住宅で測定された非加重低周波ノイズと超低周波音の分析

(Acoustics 2013|2013年11月17-20日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/AAS-2013-p24.pdf
著者:Kristy Hansen 他
Acoustics 2013, Victor Harbour, November 2013.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7362.html
―引用
要旨:
南オーストラリア州の風力発電所の近くにある
いくつかの住宅の騒音を特徴付けるために、
時間データ ファイルと 3 オクターブ スペクトルが、
さまざまな風防が取り付けられた低周波マイクを使用して
屋内と屋外で測定されました。
5 晩の連続した夜のデータが分析され、
ここでは 4 つのケースが提示され、
大気の安定性と、風力発電所と住宅の間の
相対的な風向きの重要性が測定結果に示されています。
風下では、28 Hz と 46 Hz 付近で
2 つの低周波数トーンが検出され、
ブレード通過周波数でこれらのトーンの
有意なレベルの振幅変調が観察されました。
この振幅変調は、
大気条件が安定しているときに最も顕著でした。
これらのトーンと関連する振幅変調の存在も
振動の結果で観察されましたが、
16 Hz での別の振幅変調トーンは、
振動に関してより重要であることがわかりました。
また、室内共振の存在により、
室内の低周波騒音レベルが室内の位置によって
20dB も異なることがわかった
。―引用終わり



・2021年6月3日に次の論文をエントリしました。

2021/06/03
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2009年11月23-25日
ニュージーランド
◇Nonsense on stilts, A new draft wind turbine noise standard.
誇張したナンセンス、新しい草案風車騒音基準

(Proceedings of ACOUSTICS 2009 |2009年11月23-25日)
■acoustics.asn.au
https://acoustics.asn.au/conference_proceedings/AAS2009/papers/p6.pdf
■Windaction
http://www.windaction.org/posts/24895-nonsense-on-stilts#.YLOTsYVxfIU
著者:P.J. Dickinson
Proceedings of Acoustics 2009. Adelaide.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7350.html
―引用
要旨:
「環境の持続可能性」と「資源管理」という表現は
同義語のように見えるかもしれません。
当初のコンセプトでは
これが意図されていた可能性がありますが、
現在、化石燃料の使用を相殺するための
多くの代替エネルギー源が稼働しているため、
予期しない排出が近隣の地域社会に影響を及ぼし、
公衆衛生が損なわれる可能性があります。
風力発電所は代替エネルギー源であり、
風力発電所から数キロ以内に住む人々の
健康に及ぼす騒音の影響が懸念されています。
風力発電所からの騒音レベルはかなり低いかもしれませんが、
しかし、通常のバックグラウンド サウンドと比較すると、
その特徴はまったく異なるものとして際立っており、
部屋の共鳴を励起する能力により、
深刻な睡眠の喪失や極度の不快感を引き起こす刺激物になります。
多くの場合、音は屋外よりも屋内ではっきりと聞こえます。
風力タービンからの騒音に関する
ニュージーランド基準 6808 がレビューされ、
パブリック コメントのために新しい基準草案が作成されました。
このドラフトは、既存の標準とほとんど違いがなく、
英国やヨーロッパの一部で使用されているものに
厳密に従っています。
満たさなければならない基準が
世界保健機関の推奨に完全には準拠していないという
明確な兆候があり、使用されている方法論は
数学的、科学的、倫理的に
間違っている可能性が高いにもかかわらずです。
ドラフトおよび世界中の同様の基準は、
明らかに、できるだけ少ない費用で
風力発電所の開発に偏っており、
公衆衛生上の懸念が十分に考慮されていないように見えます
。―引用終わり



・2021年6月2日に次の論文をエントリしました。

2021/06/02
<論文-バードストライク、野生生物への影響>
2015年8月
バーモント州
◇Deerfield Wind Black Bear Study Update August, 2015 Interim Report
ディアフィールド・ウィンド ブラックベア研究の最新情報、2015年8月中間報告

https://vtfishandwildlife.com/sites/fishandwildlife/files/documents/
Learn%20More/Library/REPORTS%20AND%20DOCUMENTS/WILDLIFE%20MANAGEMENT/
BLACK%20BEAR/Deerfield%20Wind%20Black%20Bear%20Study%20Update%20-%202015.pdf
著者:Jaclyn Comeau 他
Prepared by:
Jaclyn Comeau, Vermont Fish & Wildlife Department
Forrest Hammond, Vermont Fish and Wildlife Department
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7348.html
―引用
要旨:
これは、ディアフィールド・ウインド・ベア研究の中間報告です。
この調査は、VT公共サービス委員会が
SearsburgとReadsboroバーモントでの
ディアフィールド風力エネルギープロジェクト
(DWEP)の建設と運営の最終許可の一部として
Iberdrola,Incに課した条件の結果です。
この調査の目的は、
地域のクロクマの個体数に対するDWEPの潜在的な影響、
特にブナの採餌行動の変化を評価することです。
クロクマの動き、生息地の使用、および行動のデータは、
DWEPの建設前、建設、および建設後の段階で収集されます。
当初、調査の現場作業は2017年に終了する予定でしたが、
USFS環境影響声明の訴えにより、
建設は少なくとも4年遅れています。
現在、調査はまだ建設前の段階にあります。
この調査は、GPSカラークマからデータを収集する
5年目(2011年秋から2015年秋)​​の完了に近づいています。
現在までに26頭のクマが首輪を付けられ(オス18頭、メス8頭)、
35,000を超えるGPSによる調査動物の動きが収集されています。
収集されたデータは、重要な食料源と入手可能性、
生息地の特徴、移動回廊、および摂食行動への洞察を提供しました
。―引用終わり



・2021年6月1日に次の記事をエントリしました。

2021/06/01
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2010年8月18日
ぜひ!→
ニュージーランド
◇Opposition to decision-making process
意思決定プロセスへの反対

(stuff.co.nz|2010年8月18日)
http://www.stuff.co.nz/the-press/news/4034189/Opposition-to-decision-making-process
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7346.html
By Paul Gorman, The Press
―引用
基準に反対する人々は、
風力エネルギー産業が国の風力発電所に
新しい騒音レベルを設定する際に
過度の影響力を行使したと述べています。
公式情報法(OIA)に基づいて公開された、
風力発電所の騒音に関する基準
ニュージーランド委員会の議事録と投票用紙には、
次の内容が示されています。
12人のメンバーのうち6人は、
風力発電所のコンサルタントであるか、
電力会社で働いているか、
委員会に一部資金を提供している
風力エネルギー協会のメンバーでした。
委員会のメンバーシップと
基準に関する AUT 大学公衆衛生上級講師の
Daniel Shepherd博士の懸念は、
メンバーからは無関係であり、対処する必要のある
「実質的なものがない」として却下されました。
委員会メンバーの Philip Dickinson教授から、
規格草案のいくつかの記述が
「あからさまに虚偽」であるという彼の見解を含め、
規格に対する強い反対がありました。

Energy Efficiency and Conservation Authority (Eeca) の
提案された基準の医学的レビューの希望は却下されました。
委員会がそれを行うのに適切な資格のある人を
特定するのが難しいと感じたためであり、
「それによって何が達成されるか」が理由です。
風力発電所の開発者であるMeridian Energyと協力している
風力発電所の専門家であるMalcolm Hayesは、
会議に出席することを許可されましたが、
反風力発電所のロビイストで作家の
Nick Jenningsは許可されませんでした。
議事録によると、
2008年7月10日の最初の会議の時点で、
委員会のメンバーは、
Dickinson教授が寝室の中で聞こえるタービン騒音の最大量を
30デシベル(dBA)にするべきだと提案した後、
電力会社のための
より厳しいタービン・ガイドラインを避けました。

マッセイ大学(Massey University)の代表である
Dickinson教授は、両方の投票で基準に反対票を投じた。
彼は最初の投票に対するコメントで、
基準は住民がタービンから聞こえる音を過小評価していると述べた。
規格草案のいくつかの記述は
「あからさまに間違っている」と彼は言った。
2回目の投票で、Dickinson教授は
基準を「まったく受け入れられない」とし、
その一部を「傲慢で誤解されている」および「完全に虚偽」と呼んだ。
「規格がこの形式で採択されるように進められた場合、
大学は委員会の代表の後に次のような短い声明を要求するでしょう:
『マッセイ大学の代表者は、
倫理的および科学的に間違っていると考えて、
書かれたこの基準に同意しませんでした。』
―引用終わり



・2021年5月26日に次の論文をエントリしました。

2021/05/26
<論文-風車と睡眠>
2019年9月9-13日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Pilot study on perceived sleep acceptability of low-frequency, amplitude modulated tonal noise
低周波振幅変調音の知覚される睡眠受容性に関するパイロット研究

(the 23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9-13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Hansen-amplitude-modulation-sleep.pdf
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
336132161_Pilot_study_on_perceived_sleep_acceptability_of_low-frequency_amplitude_modulated_tonal_noise
著者:Kristy HANSEN 他
Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics,
9–13 September 2019, Aachen, Germany: pages 1447–1454
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7321.html
―引用
要旨:
ウィンドファーム施設の世界的な拡大は、
睡眠障害に関する地域社会の苦情と関連しています。
これは、風力タービンの騒音(WTN)に
振幅変調(AM)が存在することに関連している可能性があり、
アノイアンス/不快感が増すことが示されています。
しかし、現時点では、睡眠の受容性が
アノイアンス/不快感とは異なって判断されるのか、
AMが他の種類のノイズよりも睡眠に問題があるのか​​は不明です。
以前の研究では、トーナル※AMではなく
「スウィッシュ」ノイズに主に焦点が当てられていました。
後者は、南オーストラリア州の1kmを超える距離にある
いくつかの風力発電所でより一貫して測定されています。
したがって、この研究では、
13人の参加者を対象としたリスニングテストを通じて、
低周波のトーナルAMを含む
WTNの知覚される睡眠受容性を調査しました。
WTNの実際の記録に基づいて、
合計13のノイズ刺激が合成されました。
音の可聴性とAM深度は、
フィールドレコーディングで測定された
AM深度に関連する範囲内で変化しました。
参加者の反応は非常に多様でしたが、
自己申告による騒音に敏感な個人では、
12 dB(A)の音の可聴性でのAM深度の増加は、
睡眠の受容性の低下と関連していました。


※ Tonal Sound(トーナルサウンド)とは
広帯域音(Broadband Noise)のなかから
突出して聞こえる音がTonal Soundであり
騒音の場合は主要な騒音と言う意味でTonal Noiseと呼ぶ。
■風車の発生音と伝播
(Journal of JWEA|2009年)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/33/3/33_4/_pdf/-char/ja
著者:著者:勝呂 幸夫 日本風力エネルギ協会副会長 ―引用終わり



・2021年5月24日に次の論文をエントリしました。

2021/05/24
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2001年
ぜひ!→
スウェーデン、英国
◇Low frequency noise" pollution" interferes with performance.
低周波ノイズ「汚染」がパフォーマンスを妨げる

(Noise & Health|2001年)
フリーフルテキスト
■Noise & Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2001;volume=4;issue=13;spage=33;epage=49;aulast=Waye
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Low%20frequency%20noise%20pollution.pdf
著者:Kerstin Persson Waye 他
Noise and health.
Year : 2001 | Volume : 4 | Issue : 13 | Page : 33-49
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7334.html
―引用
要旨:
低周波ノイズがパフォーマンスとアノイアンス/不快感に
及ぼす可能性のある干渉を調査するために、
一般にノイズに対する感度が高いまたは低いと
分類された被験者を、
特に低周波数ノイズは、両方とも40 dBAのレベルで、
主に低周波数コンテンツまたはフラット周波数コンテンツ
(参照ノイズ)のノイズ環境で
さまざまなパフォーマンスタスクを処理しました。
効果は、パフォーマンスの変化と
主観的な反応の観点から評価されました。
結果は、低周波ノイズ条件と比較して、
参照ノイズで口頭の文法的推論タスクを使用した作業中に、
時間の経過とともに
応答時間が大幅に改善されたことを示しました。
結果はさらに、低周波ノイズが、読み取られる行ごとに
作成されるマークの数を減らすことによって、
校正タスクを妨げることを示しました。
被験者は、低周波ノイズの条件下で作業する場合、
より高度なアノイアンス/不快感と
作業能力の低下を報告しました。
影響は、低周波ノイズに対して
高感度と評価された被験者でより顕著でしたが、
一般にノイズに対して高感度と評価された被験者では
部分的に異なる結果が得られました。
結果は、作業パフォーマンスの質と
知覚されるアノイアンス/不快感は、
一般的に発生する騒音レベルでの
低周波騒音への継続的な曝露によって
影響を受ける可能性があることを示唆しています。
低周波ノイズに高感度として分類された被験者は、
最もリスクが高い可能性があります
。―引用終わり



・2021年5月24日に次の論文をエントリしました。

2021/05/24
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年1月
ぜひ!→
スウェーデン、英国
◇Effects of nighttime low frequency noise on the cortisol response to awakening
and subjective sleep quality.
覚醒および主観的な睡眠の質に対するコルチゾール反応に対する夜間の低周波ノイズの影響

(Life sciences|2003年1月)
DOI: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12493567/
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0024320502023366?via%3Dihub
フルテキスト
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Persson-Waye-LFN-cortisol-2002.pdf
著者:Kerstin Persson Waye 他
Life Sciences
Volume 72, Issue 8, 10 January 2003, Pages 863-875
DOI: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7334.html
―引用
要旨:
夜間の交通騒音(TN)または低周波騒音(LFN)への曝露が、
コルチゾール覚醒反応
および主観的な睡眠の質に及ぼす影響を測定しました。
12人の男性被験者が騒音睡眠実験室で5夜連続して眠りました。
順応の1夜と参照夜の1日後、
被験者は交互の夜にTN(35dB LAeq、50dB LAmax)
またはLFN(40dB LAeq)のいずれかにさらされました
(間に追加の参照夜があります)。
唾液を含まないコルチゾール濃度は、
覚醒直後および覚醒後15分間隔で3回採取した
唾液サンプルで測定しました。
被験者は気分と睡眠の質に関するアンケートに回答しました。
参照夜の覚醒コルチゾール反応は、
正常なコルチゾールパターンを示した。
覚醒時のコルチゾール反応について、
夜間の曝露と時間との間に有意な相互作用が見られました。
LFNへの曝露後の覚醒コルチゾール反応は、
覚醒後30分で減弱しました。
被験者は、LFNへの曝露中に眠りにつくのに時間がかかりました。
TNへの暴露はより大きな刺激を誘発した。
覚醒後30分でのコルチゾールレベルは、
LFNへの曝露後の朝の「活動」と「快適さ」に関連していました。
覚醒後30分のコルチゾールレベルは、
TNへの曝露後の睡眠の質に関連していた。
したがって、この研究は、LFNへの夜間の曝露が
覚醒時のコルチゾール反応に影響を与える可能性があり、
覚醒後のコルチゾールレベルの低下が
睡眠の質と気分の低下に関する主観的な報告と
関連していることを示しました
。―引用終わり



・2021年5月17日に次の論文をエントリしました。

2021/05/17
<騒音調査、報告書、条例、法令等:2021/01/01~>
2013年12月
英国
◇Wind turbine amplitude modulation:research to improve understanding as to its cause effect.
風力タービンの振幅変調:その原因効果に関する理解を向上させるための研究

(Renewable UK|2013年12月)
■Renewable UK
https://www.renewableuk.com/page/IndustryStatementOAM/page/CommunitiesEnergy
■pdf
https://cdn.ymaws.com/www.renewableuk.com/resource/collection/
4E7CC744-FEF2-473B-AF2B-135FF2AA3A43/ruk_wind_turbine_amplitude_modulation_dec_2013_v2_(1).pdf
Renewable UK; 2013.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7324.html
―引用
Summary サマリー:
現代の大型風力タービンは通常、
数デシベルの音レベル変動を伴うスウィッシュノイズを生成します。
ただし、場合によっては、
強化された振幅変調(EAM)として示される、
スウィッシュまたはサンピングの増加の期間が報告されます。
EAMの潜在的な原因を特定するために、
代表的な最新の大型風力タービンの音響特性に対する
ウインドシアの影響についてシミュレーション研究が行われました。
最初に、局所的なブレードの流れの状態に対する
ウインドシアの影響が決定されました。
特定のタービン運転条件では、強いウインドシアが回転の上部で
局所的な失速につながる可能性があることがわかりました。
対応する音の特性を決定するために、
既存のタービン騒音予測モデルが拡張され、
方位角に依存するブレード音源分布が含まれるようになりました。
さらに、ストールノイズモジュールが実装されました。
シミュレーション結果は、
ブレード上の流れが接続されている限り、
ウィンドシアは振幅変調に
実質的に影響を与えないことを示しています。
ただし、ローカルストールが発生した場合、
結果として生じるノイズ特性は
EAMの特性と非常に似ている可能性があります。
したがって、ローカルストールは
EAMのもっともらしい説明であると結論付けることができます。
感度研究は、ウインドシアによって誘発された振幅変調の特性が
主にストール領域のサイズに依存すること
(これは次にブレードの設計、タービンに依存します
制御システム、動作条件およびウィンドシア)
およびブレードに使用される翼の失速騒音挙動についてを示しました。
これらのパラメータの特定の組み合わせに対してのみ、
EAMが発生します。
EAMを防ぐための最も明白な対策は、
ブレードの局所的な失速を防ぐことです。
これは、いくつかの方法で実現できます。
ウインドシアとは別に、
不均一な流入条件も引き起こされる可能性があります
例:ヨー(風向風)、地形、大規模な乱気流、
または他のタービンの後流。
これらの影響により、ローカルストールが発生し、
結果としてEAMが発生する可能性があります
。―引用終わり



・2021年5月14日に次の論文をエントリしました。

2021/05/14
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2013年8月28-30日
ぜひ!→
英国
◇Audible amplitude modulation:
results of field measurements and investigations compared to psychoacoustical assessment
and theoretical research.
可聴振幅変調:音響心理学的評価および理論的研究と比較した現場測定および調査の結果

(5th International Meeting on Wind Turbine Noise|2013年8月28-30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/WTN13_Stigwood.pdf
■WindWatch/Presentation
https://docs.wind-watch.org/WTN13_Stigwood_Presentation.pdf
著者:Mike Stigwood 他
In: 5th International Meeting on Wind Turbine Noise. Denver, Colorado; 2013. .
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7321.html
―引用
Summary サマリー:
英国では、振幅変調(AM)の原因とその発生を予測する能力は、
多くの人にとって難解であると考えられています。
AMを経験または測定したことのある人はほとんどいませんが、
AMはまれであり、その影響に対抗するための行動は、
その性質と原因に関する最小限の知識によって
制限されると主張する結論が頻繁に出されます。
この論文は、AMの現在の知識と意見を前進させることを
目的としています。
AMの調査に成功するために使用された方法が確認されています。
AMは、夕方(日没後)、
夜間、または早朝に測定する必要があります。
音速勾配の変化に起因する下向きの屈折につながる
大気安定度などの気象効果により、
測定されるAMの特性とレベルが変化します。
AMは、単一のタービンを含む
すべての風力タービンによって生成されます。
主に気象の影響を受ける伝播条件、
および局所的に高められたノイズゾーンの発生により、
影響を受ける場所が決まります。
11の風力発電所からの測定値が提示され、
現在の研究と理論に関連して議論されています。
調査結果は、AMの発生が頻繁であり、
適切な条件下で測定し、
適切な機器と設定を使用することにより、
現場で容易に識別できることを確認しています。
周波数成分や周期性などのAMの可聴機能は、
風力発電所内および風力発電所間で異なります。
ノイズ特性は、短期間で大幅に異なる場合があります。
AM特性の絶え間ない変化は、注意力と認知的評価
および再評価を高め、音への順応を阻害します。
風力エネルギー開発の承認と実施の責任者は、
AMの特徴と影響についての理解を深めることを勧めます。
これは、このホワイトペーパーで説明されている
試用版のリスニングルーム体験に参加することで実現できます
。―引用終わり



・2021年4月28日に次の論文をエントリしました。

2021/04/28
<振幅変調騒音、ウインドシア、後流、後縁騒音等と風力タービン>
2009年10月26-28日
英国、オランダ
◇(2007). Research into Aerodynamic Modulation of Wind Turbine Noise.
APPENDIX: REVIEW OF UNIVERSITY OF SALFORD REPORT
風力タービン騒音の空力変調に関する研究
アペンディックス:サルフォード大学レポートのレビュー

■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/vandenberg-internoise-2009.pdf
著者:Van den Berg, F.

University of Salford: UK Department for Business, Enterprise & Regulatory Reform.

APPENDIX:
Review of University of Salford Report
“Research into Aerodynamic Modulation of Wind Turbine Noise”
commissioned by the British Department of Business,
Enterprise & Regulatory Reform
(now the Department for Business, Innovation and Skills)

アペンディックス:英国ビジネス・エンタープライズ・規制改革省
(現在はビジネス・イノベーション・技能省)から委託された
サルフォード大学のレポート
「風力タービン騒音の空力変調に関する研究」のレビュー
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7311.html
―引用
一部抜粋:
サルフォード大学は、
英国ビジネス・エンタープライズ・規制改革省
(現在はビジネス・イノベーション・技能省)から委託されたレポート
「風力タービン騒音の空力変調に関する研究」を発表しました
[参考文献を参照してください。 上記の15]
風力発電所からの音の振幅変調(AM)が
重要な効果であるかどうかを判断することを目的としています。
レポートでは、風力発電所の騒音に関する苦情は、
地区に1つ以上の風力発電所がある地方自治体で働く
環境衛生官(EHO)に送信された質問票を
分析することによって調査されました。
結論は、「AMの発生率が低く、悪影響を受ける人の数が少ないため、
他のより広範な騒音問題よりも、さらなる研究資金を正当化することが困難である。
一方、AMは現時点では十分に予測できず、その原因も十分に理解されていないため、
この分野の理解を深めるためにさらなる研究を行うことが賢明であると考えています。」

これはやや意外な結論です;
以下に示すように、他の結論が可能です。
著者らは、産業騒音は風力タービンよりも
はるかに多くの人々に影響を及ぼしていると述べています。
しかし、この声明の関連性は明確ではありません。
影響を受ける人が少ない場合(おそらくもっと深刻ですが)、
ノイズ源は小さな問題ですか?
初期の風力発電所は騒音が少なく(タービンが小さい)、
おそらく比較的離れた場所にあることが多かったので、
それは小さな問題でしたか?
風力発電所の騒音は、
風力発電所が増える将来、小さな問題のままでしょうか?
―引用終わり



・2021年4月27日に次の論文をエントリしました。

2021/04/27
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2017年3-4月
ぜひ!→
ロシア
◇The Effects of Low-Frequency Noise on Rats:
Evidence of Chromosomal Aberrations in the Bone Marrow Cells
and the Release of Low-Molecular-Weight DNA in the Blood Plasma
ラットに対する低周波ノイズの影響:
骨髄細胞における染色体異常と血漿中の低分子量DNAの放出の証拠

(Noise Health.|2017年3-4月)
doi: 10.4103/nah.NAH_39_16
フリーフルテキスト
■ncbi
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5437756/
著者:Irina N Vasilyeva 他
Noise Health. 2017 Mar-Apr; 19(87): 79–83.
doi: 10.4103/nah.NAH_39_16
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7245.html
―引用
要旨:
目的:

骨髄細胞の染色体異常の頻度およびラットの血漿中の
低分子量DNA(lmwDNA)の含有量に対する
低周波ノイズ(LFN)の影響の評価。

マテリアルおよび方法:
合計96匹のオスのウィスターラットを
単一(17分セッション)
または複数(17分セッションを週5回13週間繰り返し)の
LFNに曝露し、
最大範囲は250 Hz未満、音圧レベル(SPL)は
それぞれ120dBと150dBです。
対照群のラットは何の影響も受けなかった。
その後、骨髄細胞の染色体異常の頻度と
血漿中のlmwDNAのレベルを測定しました。

結果:
対応するSPLのいずれかによる単一のLFN曝露では、
対照(0.9±0.3%)と比較して
染色体異常の頻度が有意に増加した(10倍以上)ことが
検出されました。
そして、収差スペクトルに
二動原体染色体の出現をもたらしました。
これらは両方とも、曝露によって引き起こされた
デオキシリボ核酸の二本鎖切断の発生で明らかです。
さらに、1回のLFN曝露の翌日に測定された
血漿中のlmwDNAレベルは、
対照群(11.0±5.4 ng / ml)よりも有意に高く
(それぞれ7.7倍および7.6倍)、
そのようなレベルは対照群(18.8±1.6 ng / ml)と比較して、
SPLがそれぞれ120dBと150dBの単一LFN曝露後の週に、
より高い(それぞれ4.8倍と2.1倍)を維持しました。
同様の結果が、
コントロール(17.7±1.7 ng / ml)と比較して
複数のLFN曝露(それぞれ36.4倍および22.4倍)の
グループから得られ、
LFNの影響の結果としての
細胞アポトーシス※の増強を示唆しています。

結論:
おそらく、LFNは変異原性の可能性があり、
大量の細胞死を引き起こす可能性があります


 【アポトーシスとは】
■研究用語辞典

http://www.kenq.net/dic/60.html
アポトーシス(apoptosis)とは、細胞の自然死のことを指します。
Apoptosisの語源はギリシャ語の「apo-(離れて)」と
「ptosis(下降)」に由来していて、
「(枯れ葉などが木から)落ちる」という意味を持っています。
個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、
管理・調節された細胞の自殺つまりプログラムされた細胞死のことです。―引用終わり



・2021年4月26日に次の論文をエントリしました。

2021/04/26
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2017年1月1日
ロシア
◇Low-frequency noise as a hazard increasing occurrence of chromosomal aberrations
and promoting cell death
染色体異常の発生を増加させ、細胞死を促進する危険性としての低周波ノイズ

(Meditsina Truda i Promyshlennaia Ekologiia|2017年1月1日)
PMID: 30351790
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30351790/
■Europe PMC
https://europepmc.org/article/med/30351790
著者:I N Vasil'eva 他
Meditsina Truda i Promyshlennaia Ekologiia, 01 Jan 2017, (3):22-26
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7308.html
―引用
要旨:
著者らは、細胞ゲノムおよび細胞死プロセスに対する
低周波ノイズの影響を研究しました。
Vistar雄ラットは、最大範囲が250Hzまでで、
音圧が120.dBまたは150 dBの場合、
1回(17分間)または繰り返し(17分間、13週間にわたって週5日)、
低周波ノイズにさらされました
その後、骨髄細胞および血清低分子DNAにおける
染色体異常の頻度を評価した。
参照値と比較して、120または150 dBの音圧で
低周波ノイズに1回曝露すると、
染色体異常の周波数が10倍以上確実に増加し、
異常スペクトルに二動原体が生じました。
血清低分子DNAは7倍以上に大幅に増加し、
低周波ノイズにさらされてから7日間は
低分子DNAレベルが高いままでした。
音圧120および150dBの低周波ノイズに繰り返しさらされると、
低分子DNAレベルが参照値に対して
それぞれ36倍および22倍確実に増加しました。
したがって、低周波ノイズはゲノムに害を及ぼし、
染色体異常の頻度が高くなり、
細胞外低分子DNAのレベルが高くなる
アポトーシスを増加させます。
作業の一部は、ロシア連邦の主要大学の
政府財政支援を受けて実施されました(助成金074U01)
。―引用終わり



・2021年4月20日に次の論文をエントリしました。

2021/04/20
<振動音響疾患>
2013年5-6月
ぜひ!→
ポルトガル
◇Effects of large pressure amplitude low frequency noise
in the parotid gland perivasculo-ductal connective tissue.
耳下腺血管周囲-管結合組織における大きな圧力振幅の低周波ノイズの影響

(Acta Med Port|2013年5-6月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23815838/
著者:Pedro Oliveira 他
Acta Med Port. May-Jun 2013;26(3):237-242.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7301.html
―引用
要旨:
前書き:

大きな圧力振幅にさらされた組織や臓器では、
炎症の兆候がない場合に低周波ノイズ線維症が発生します。
これは保護反応であると考えられています。
耳下腺では、血管周囲-管結合組織が動脈、静脈、
および管樹を取り囲んでいます。
血管周囲結合組織は、
腺組織の機械的安定剤として機能すると考えられています。
マテリアルと方法:
大きな圧力振幅の低周波ノイズに曝露された
ラットにおける血管周囲結合組織の増殖を定量化するために、
6つのグループに均等に分けられた
60匹のウィスターラットを使用しました。
1つのグループは沈黙を保ち、
残りの5つのグループは継続的な大きな圧力振幅の
低周波ノイズにさらされました:
g1-168h(1週間)。 g2-504h(3週間); g3-840h(5週間);
g4-1512h(9週間);およびg5-2184h(13週間)。
曝露後、耳下腺を摘出し、
血管周囲の結合組織面積をすべてのグループで測定しました。
SPSS 13.0を使用して、ANOVA統計分析を適用しました。
結果:
世界的な傾向は、平均血管周囲-管結合組織領域の増加であり、
これは、大きな圧力振幅の低周波ノイズ曝露時間(p <0.001)で
直線的かつ有意に発達します。
討論:
大きな圧力振幅の低周波ノイズ曝露に対する生物学的反応は、
構造的完全性を維持する必要性に関連していることが示唆されています。
構造的強化は、血管周囲-管結合組織の増加によって達成されます。
結論:
したがって、これらの結果は、
大きな圧力振幅の低周波ノイズ曝露に応答して、
ラット耳下腺が血管周囲-管結合組織を増加させることを示しています
。―引用終わり



・2021年4月20日に次の論文をエントリしました。

2021/04/20
<振動音響疾患>
2013年6月
ぜひ!→
ポルトガル
◇Histomorphometric evaluation of the coronary artery vessels
in rats submitted to industrial noise.
産業騒音にさらされたラットの冠状動脈血管の組織形態計測的評価

(Acta Cardiol|2013年6月)
doi: 10.1080/ac.68.3.2983423.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23882874/
著者:Eduardo Antunes 他
Acta Cardiol. 2013 Jun;68(3):285-289.
doi: 10.1080/ac.68.3.2983423.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7301.html
―引用
要旨:
前書き:

インダストリアルノイズ/産業騒音(IN)は、
体の構造に物理的な振動を引き起こす
高強度と広範囲の波長を特徴としています。
低周波音波に起因するこの効果は、
炎症過程がない場合、コラーゲンの異常な増殖
および組織線維症の発症を伴う細胞外マトリックスの
病理学的変化につながる可能性があります。
目的:
この研究の目的は、INに提出されたWistarラットの
動脈冠状血管の変化を評価することでした。
方法:
ラットの2つのグループが考慮されました:
最大7ヶ月間INに曝露された20匹のラットを含むグループA。
年齢を一致させた対照として20匹のラットを有するグループB。
心臓を心室の頂点から心房まで切断し、心室中央の断片を選択した。
組織学的観察には、ヘマトキシリン-エオジン
およびマッソンのトリクローム染色を使用した。
冠状血管の組織形態計測的評価は、
コンピューター画像分析ImageJソフトウェアを使用して
実行されました。
平均内腔対血管壁(L / W)
および中膜血管壁対血管周囲組織(W / P)比を
各グループで計算した。
結果:
組織学的評価は、グループAの炎症細胞の非存在下で
線維性発達を伴う顕著な血管周囲組織を示した。
組織形態計測分析は、平均L / WがグループAとBで
それぞれ0.7297と0.6940であることを示しました。
平均W / P比はA群とB群でそれぞれ0.4923と0.5540であり、
対照群でより高かった(P <0.01)。
結論:
動脈冠状血管には血管周囲の構造変化があります。
我々の結果は、ラットの心臓の産業騒音によって誘発される
動脈周囲線維症の有意な発達を示しています
。―引用終わり



・2021年4月19日に次の論文をエントリしました。

2021/04/19
<振動音響疾患>
2002年
ぜひ!→
ポルトガル
◇Low frequency noise and whole-body vibration cause increased levels
of sister chromatid exchange in splenocytes of exposed mice.
低周波ノイズと全身振動は、暴露されたマウスの脾細胞における
姉妹染色分体交換のレベルの増加を引き起こす

(Teratog Carcinog Mutagen|2002年)
doi: 10.1002/tcm.10012.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11948630/
著者:M J Silva 他
Teratog Carcinog Mutagen. 2002;22:195–203.
doi: 10.1002/tcm.10012.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7299.html
―引用
要旨:
低周波(LF)ノイズと全身振動(WBV)への慢性的な曝露は、
人間の生理学的および心理的変化の両方を誘発します。
最近、LFノイズとWBVへの長期の職業的曝露が、
リンパ球の姉妹染色分体交換(SCE)レベルの
増加として表されるヒトに遺伝毒性作用をもたらすことを示しました。
本研究の目的は、観察された効果がマウスモデルで
再現できるかどうかを調査することであり、
再現できる場合は、LFノイズのみまたはWBVとの組み合わせで
SCE誘導に役立つ薬剤はどれかを調査することでした。
SCEは、LFノイズのみ、およびWBVとの組み合わせで300時間
および600時間曝露されたマウスの脾臓リンパ球で分析されました。
細胞周期動態レベルでの影響も調べた。
結果は、細胞あたりの平均SCE数と、
コントロールよりもノイズとWBVの組み合わせを受けた
マウスのリンパ球におけるSCE(HFC)の
頻度が高い細胞の割合の有意な増加を明らかにしました。
単一の騒音曝露マウスと対照マウスの間に有意差は見られなかった。
細胞周期の遅延は、ノイズとWBV曝露グループでのみ観察されました。
結論として、曝露された労働者と同様に、
LFノイズとWBVの組み合わせへの長期曝露は、
マウスのSCEレベルの増加を決定しますが、
LFノイズだけではSCE誘導に効果がないことを示しました
。―引用終わり



・2021年4月16日に次の論文をエントリしました。

2021/04/16
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2004年12月
フランス
◇Éoliennes, Sons et Infrasons: Effets de l’Éolien Industriel Sur La Santé des Hommes
風力タービン、騒音、超低周波音:産業用風力エネルギーが人間の健康に及ぼす影響

(2004年12月)
■WindWatch/PDF
https://docs.wind-watch.org/villey-migraine_eoliennesinfrasons.pdf
著者:Marjolaine Villey-Migraine
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7296.html
―引用
産業用風力タービンから放出される超低周波音の人間の健康への影響
その間、開業医によって行われ、
国内および医療の報道機関によって発表された臨床観察が
ますます増えています。
彼らは次の症状を説明します:
視覚の問題、苦痛、過敏性、吐き気、下痢、
睡眠と休息の問題、耳のハミング、そしてうつ病。 …
30年前に風力タービンが導入されたデンマークでは、
政府は、特に健康へのリスクのために、
陸上への新しい風力タービンの設置を停止することで、
国民の需要に応えました。 …
結論として、風力タービンは、
超低周波音によって生じるリスクがあるため、
すべての居住地から5 km(3.1マイル)以内に設置してはなりません
。―引用終わり



・2021年4月15日に次の論文をエントリしました。

2021/04/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2014年10月8日
カナダ
◇On the biological plausibility of wind turbine syndrome.
風力タービン症候群の生物学的妥当性について

(International Journal of Environmental Health Research|2014年10月8日)
doi: 10.1080/09603123.2014.963034.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25295915/
■Taylor&Francis online
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/09603123.2014.963034?journalCode=cije20
著者:Robert V Harrison
International Journal of Environmental Health Research
Volume 25, 2015 - Issue 5 、Pages 463-468
doi: 10.1080/09603123.2014.963034.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7294.html
―引用
要旨:
新たな環境衛生問題は、
風力タービンの騒音の潜在的な悪影響に関連しています。
風力タービン信号の低周波音響成分が
前庭系障害に関連する症状、すなわちめまい、吐き気、
眼振を引き起こす可能性があるという多くの提案があります。
この一連の症状は風力タービン症候群と呼ばれ、
風力発電所の近くに住む個人の事例研究で特定されています。
このレビューでは、タービンの騒音が内耳の前庭部分を刺激し、
ひいては風力タービン症候群を引き起こすことが
生物学的にもっともらしいかどうかについて説明します。
正常な被験者、および音刺激に対する前庭閾値を
下げることが知られている既存の状態の被験者において、
半規管または耳石末端器官を活性化できる音のレベルを検討します
。―引用終わり



・2021年4月14日に次の論文をエントリしました。

2021/04/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2004年4-6月
ぜひ!→
デンマーク
◇Effects of low frequency noise on sleep.
睡眠に対する低周波ノイズの影響

(Noise & Health|2004年4-6月)
オープンアクセス
■Noise & Health
https://www.noiseandhealth.org/article.asp?issn=1463-1741%3Byear%
3D2004%3Bvolume%3D6%3Bissue%3D23%3Bspage%3D87%3Bepage%3D91%3Baulast%3DWaye
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15273026/
著者:Persson Waye K.
Noise & Health
Year : 2004 | Volume : 6 | Issue : 23 | Page : 87-91
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7292.html
―引用
要旨:
低周波ノイズ(20〜200 Hz)は、
社会のさまざまな発生源から放出されます。
低周波数は壁や窓をほとんど減衰せずに伝播するため、
多くの人が住居で
低周波数のノイズにさらされる可能性があります。
睡眠障害は、特に朝の眠りにつく時間と倦怠感に関して、
低周波ノイズのケーススタディで一般的に報告されています。
しかし、騒音の低周波に関連して
睡眠障害が調査される研究の数は限られています。
利用可能な疫学的および実験的研究からの発見に基づいて、
レビューは、低周波ノイズによる睡眠障害が
さらなる懸念を正当化することを示しています
。―引用終わり



・2021年4月13日に次の論文をエントリしました。

2021/04/13
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2004年10月
スウェーデン、英国
◇(2003) (c)
Cortisol response and subjective sleep disturbance after low frequency noise exposure.
低周波騒音曝露後のコルチゾール反応と主観的睡眠障害

(Journal of Sound and Vibration|2004年10月)
https://doi.org/10.1016/j.jsv.2004.03.004
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0022460X04004316
■University of Westminster
https://westminsterresearch.westminster.ac.uk/item/92z7z/
cortisol-response-and-subjective-sleep-disturbance-after-low-frequency-noise-exposure
著者:K.Persson Waye 他
Journal of Sound and Vibration
Volume 277, Issue 3, 22 October 2004, Pages 453-457
https://doi.org/10.1016/j.jsv.2004.03.004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7290.html
―引用
要旨:
以前の実験的研究は、目覚めたときのコルチゾール反応が、
低周波の騒音にさらされた夜の後に減少したことを示しました。
この研究は、
より多くの被験者と長期間の順応夜で構成されました。
合計で、26人の男性被験者が睡眠実験室で5夜連続して眠りました。
被験者の半数は4日目に低周波ノイズ(40 dBA)にさらされ、
5日目に基準夜(24 dBA)になりましたが、
グループの残りの半数には逆の状態がありました。
主観的な睡眠障害を質問票で記録し、
覚醒時のコルチゾール反応を唾液で測定しました。
結果は、被験者が低周波ノイズで夜を過ごした後の朝に、
より疲れていて、社会的志向が少ないと感じたことを示しました。
毎晩夕方、低周波ノイズで気分に悪影響が出ました。
騒音状態のコルチゾール分泌への影響は見られなかった。
グループと平日の有意な効果があり、
唾液コルチゾール分泌が騒音障害のある睡眠の指標として
確実に使用される前に、
さらなる方法論の開発が必要であることを示しています
。―引用終わり



・2021年4月13日に次の論文をエントリしました。

2021/04/13
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2002年12月7日
スウェーデン、英国
◇(2003) (b) Effects of nighttime low frequency noise
on the cortisol response to awakening and subjective sleep quality.
覚醒および主観的な睡眠の質に対するコルチゾール反応に対する夜間の低周波ノイズの影響

(Life Sciences|2002年12月7日)
doi: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6.
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0024320502023366?via%3Dihub
著者:Kerstin Persson Waye 他
Life Sciences
Volume 72, Issue 8, 10 January 2003, Pages 863-875
doi: 10.1016/s0024-3205(02)02336-6.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7290.html
―引用
要旨:
夜間の交通騒音(TN)または低周波騒音(LFN)への
曝露がコルチゾール覚醒反応および主観的な睡眠の質に
及ぼす影響を測定しました。
12人の男性被験者が騒音睡眠実験室で5夜連続して眠りました。
順応の1夜と参照夜の1日後、
被験者は交互の夜にTN(35dB LAeq、50dB LAmax)
またはLFN(40dB LAeq)のいずれかにさらされました
(間に追加の参照夜があります)。
唾液を含まないコルチゾール濃度は、
覚醒直後および覚醒後15分間隔で
3回採取した唾液サンプルで測定しました。
被験者は気分と睡眠の質に関するアンケートに
回答しました。
参照夜の覚醒コルチゾール反応は、
正常なコルチゾールパターンを示した。
覚醒時のコルチゾール反応について、
夜間の曝露と時間との間に有意な相互作用が見られました。
LFNへの曝露後の覚醒コルチゾール反応は、
覚醒後30分で減弱しました。
被験者は、
LFNへの曝露中に眠りにつくのに時間がかかりました。
TNへの暴露はより大きな刺激を誘発した。
覚醒後30分でのコルチゾールレベルは、
LFNへの曝露後の朝の「活動」と「快適さ」に関連していました。
覚醒後30分のコルチゾールレベルは、
TNへの曝露後の睡眠の質に関連していた。
したがって、この研究は、LFNへの夜間の曝露が
覚醒時のコルチゾール反応に影響を与える可能性があり、
覚醒後のコルチゾールレベルの低下が
睡眠の質と気分の低下に関する主観的な報告と
関連していることを示しました
。―引用終わり



・2021年4月12日に次の論文をエントリしました。

2021/04/12
<論文-騒音とノイズ感度、アノイアンス/不快感>
2003年7月1日
スウェーデン
◇(1990) Effects of noise during sleep with reference to noise sensitivity and habituation.
騒音感受性と慣れに関連した睡眠中の騒音の影響

(Environment International|2003年7月1日)
https://doi.org/10.1016/0160-4120(90)90016-Y
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/016041209090016Y
著者:Evy Öhrström 他
Environment International
Volume 16, Issues 4–6, 1990, Pages 477-482
https://doi.org/10.1016/0160-4120(90)90016-Y
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7288.html
―引用
要旨
道路交通騒音の影響が、
2週間の実験室研究で騒音に敏感な被験者と
騒音に敏感でない被験者の間で調査されました。
ノイズイベントに関連する心拍数と
体の動きに対する生理学的影響が見られましたが、
どちらもノイズ期間の終わりに向かって減少しませんでした。
睡眠の質に対する有意な効果は、
敏感な被験者の間でのみ見られました。
睡眠の質、気分、パフォーマンスに対する騒音の悪影響は、
最初の騒々しい夜の後と同じように、最後の後で顕著でした。
ノイズイベントの数の重要性に関する実験室研究からの
予備的な結果は、60dBAで1泊あたり約10イベントの
睡眠の質への影響のしきい値があることを示しました。
50 dBAの場合、
睡眠の質の大幅な低下が64イベント/夜で見られました。
激しい騒音を特徴とする地域での現地調査の結果は、
夜間の騒音がさまざまな心理社会的
および医学的症状を引き起こし、
騒音に敏感な個人の間で睡眠の質の低下が
より頻繁であることを示唆しています
。―引用終わり



・2021年4月7日に次の論文をエントリしました。

2021/04/07
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2013年10月17日
カナダ
◇Wind Turbine Noise, Sleep Quality, and Symptoms of Inner Ear Problems
風力タービンの騒音、睡眠の質と内耳の問題の症状

(オンタリオ州ヨーク大学持続可能性に関するシンポジウム|2013年10月17日)
■WindWatch - PowerPoint presentation
https://docs.wind-watch.org/Paller_Poster_15Oct2013.pdf
著者:Claire Paller 他
2013年10月17日木曜日、オンタリオ州トロントのヨーク大学で開催された
持続可能性に関するシンポジウムでポスターとして発表されました。
これは、オンタリオ州公共政策研究委員長のシンポジウムの一部です。
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7282.html
―引用
RESULTS AND DISCUSSION
・・・・・
多変量解析では、最も近い風力タービンまでの距離を
距離とln(距離)の両方として評価しました。
すべての場合において、
ln(distance)はモデルの適合性を改善しました。
めまいとln(距離)の関係は、
年齢、性別、郡を制御したときに統計的に有意でした(P <0.001)。
耳鳴りとln(距離)の関係は
統計的有意性に近づきました(P = 0.0755)。
めまいと耳鳴りの両方が
風力タービンの近くで暮らす参加者の間で悪化しました。
PSQI、めまい、耳鳴りの間の
スピアマンの順位相関係数(rs)を以下に示します。
すべての関係は正であり、
統計的に有意であることがわかりました。
変数「耳鳴り」と「めまい」の間に
最も強い相関が見られました(rs = 0.2)。
結論として、
ln(距離)とPSQI、ln(距離)と自己申告のめまい、
ln(距離)と自己申告の耳鳴りの間に関係が見つかりました。
研究結果は、将来の研究が睡眠障害と
内耳の問題の症状に対する風力タービンの騒音の影響に
焦点を当てるべきであることを示唆しています
。―引用終わり



・2021年4月6日に次の論文をエントリしました。

2021/04/06
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年9月
米国
◇Responses of the ear to low frequency sounds, infrasound and wind turbines
低周波音、超低周波音、風力タービンに対する耳の反応

(Hearing Research|2010年9月)
doi:10.1016/j.heares.2010.06.007
オープンアクセス
■PMC
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2923251/
著者:Alec N. Salt and Timothy E. Hullar
Hearing Research, 2010 Sep 1;268(1-2):12-21.
doi:10.1016/j.heares.2010.06.007
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7280.html
―引用
要旨:
超低周波音は、
体内で(呼吸、心拍、咳などによって)発生し、
空調システム、車内、一部の産業プロセス、
そして現在ますます普及している風力タービンなどの
外部ソースによって生成されます。
可聴域よりも低い振幅で提示される超低周波音は、
耳に影響を与えないと広く考えられています。
このレビューでは、聞こえるかどうかにかかわらず、
低周波音が耳の機能に影響を与える可能性のある方法を検討します。
内耳には、低周波音の成分が脳に伝達される前に
それらを減衰させる精巧なメカニズムがあります。
耳の聴覚部分である蝸牛には、
内有毛細胞(IHC)と
外有毛細胞(OHC)の2種類の感覚細胞があり、
IHCは「聴覚」を脳に伝達する求心性線維に結合しています。
IHCの感覚不動毛(「毛」)は機械的刺激に
「流体結合」されているため、
それらの応答は刺激速度に依存し、
音の周波数が低くなると感度が低下します。
対照的に、OHCは機械的刺激に直接結合されているため、
それらの入力は低周波数でIHCよりも大きいままです。
非常に低い周波数では、
OHCは聞こえるレベルよりも低いレベルの音によって刺激されます。
球形嚢などの他の感覚構造の有毛細胞は
超低周波音周波数に調整できますが、
これらの構造に結合する聴覚刺激は非効率的であるため、
空中超低周波音の影響を受ける可能性は低くなります。
内リンパの体積調節に関与する構造も
超低周波音の影響を受けることが知られていますが、
その感度も低いと考えられています。
ただし、耳が超低周波音に対して過敏になる異常な状態があります。
ほとんどの場合、
超低周波音に対する内耳の反応は正常と見なすことができますが、
慣れない感覚や生理機能の微妙な変化に関連している可能性があります。
これにより、風力タービンの騒音の超低周波音成分への曝露が
耳の生理機能に影響を与える可能性が高まります
。―引用終わり



・2021年4月5日に次の論文をエントリしました。

2021/04/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2004年10-12月
ぜひ!→
ドイツ
◇Effects of low frequency noise on man--a case study
低周波ノイズが人間に及ぼす影響-ケーススタディ

(Noise Health|2004年10-12月)
フリーフルテキスト
■Noise Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2004;volume=7;issue=25;spage=23;epage=28;aulast=feldmann
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15703146/
著者:J Feldmann, F A Pitten
Noise Health.
Year : 2004 | Volume : 7 | Issue : 25 | Page : 23-28
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7278.html
―引用
要旨:
人間に対する超低周波音の
長期暴露の実際の事例に基づいて概説されています。
発生した健康問題についての意見とともに
事件の背景の説明のほかに、
主な見解は、考えられる技術的原因と同じように
特別な種類の曝露を特定することの進行にあります。
アノイアンス/不快感の原因として、
一般的な聴覚閾値をはるかに下回る
非常に低い周波数の空中音を被曝した人々の家に模倣した
小さな暖房設備が特定されました。
結果は、低レベルの超低周波音が
人間に及ぼす影響に関する研究の一般的な不足を
明確に示しています。

Background:
1995年の間に、B夫妻は、小さな地方都市の近くの
騒がしくない郊外のコロニー内に新しく建てられた
一戸建て住宅に引っ越しました。
1995/1996年の冬に暖房サイクルが始まると、
家族は家の中で低周波の騒音と振動に最初に気づきました。
1996年の間に、生理学的および心理的影響の両方が、
体調不良、パフォーマンスの低下、睡眠障害、頭痛、耳圧、
這う知覚異常または息切れなどの強度の増加とともに発生しました。
その影響は非常に強かったので、
家族は近所の別の場所で寝ることにしました。
その間、彼らはレクリエーションクリニックで数週間過ごしました。
現時点での推測では、放出源の可能性は、
B家の家から約60mに位置する2x 750 kWの電力を持つ
コロニーのセントラルヒーティングプラントであると
考えられていましたが、両方の種類のソースメカニズムと
伝送パスは明確ではありませんでした。
アノイアンス/不快感は季節と天候の両方に依存し、
冬と風の場合に強くなりました。
コロニーの他の人々の不満は知られていませんでした。
また、著者は彼らの活動中に信号を知覚しませんでした。
暖房設備の管理者との接触があまり成功しなかったため、
苦しんでいる者にとって厄介な道が始まりました。

次の5年間で、いくつかの活動が見られますが、
原則として、これまで実際の成功はありませんでした。
非効率的な建物の音響対策に加えて、
質の異なる約6つの専門知識を含む
地方自治体を含む専門家の調査により、
暖房設備によって引き起こされた家族の家に
低周波の騒音と振動が存在することが判明しましたが、
両方の放出は通常の知覚しきい値を下回っているため、
TA-Larm、DIN 45680、DIN4150などの
ドイツの法律規制に関して必要なアクションはありません。

次の例は法廷でした。
この時点で、本論文の著者は論争に巻き込まれました。
彼らは技術的な音響の知識と環境医学の知識を結びつけます。
裁判所によって、未解決の問題と矛盾する質問を
それぞれ明確にするために、
特に次の点に新しい専門知識が置かれました:
暖房設備は本当に発生源であるのか、
なぜ障害のある家の近くの睡眠場所は不快感がないのか?
そして、なぜコロニーに住んでいる他の人からの反応がないのか。
家族Bは、暖房設備とその家の間の粘土質土壌の脈が、
空気ではなく地面を介して直接設備の基礎から
伝播を引き起こすという仮説を立てました。

このような単純に見える質問に終止符を打つために、
著者は、特別な音響測定、地質学的状況の調査、
特定の健康診断など、さまざまな調査を手配しました。
これらについては、次のセクションのいずれかで説明します
。―引用終わり



・2021年4月2日に次の論文をエントリしました。

2021/04/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年5月
英国
◇Review of Published Research on Low Frequency Noise and Its Effects
低周波ノイズとその影響に関する公開された研究のレビュー

(Department for Environment, Food and Rural Affairs|2003年5月)
https://www.wind-watch.org/documents/
review-of-published-research-on-low-frequency-noise-and-its-effects/
フリーフルテキスト
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
237245317_A_Review_of_Published_Research_on_Low_Frequency_Noise_and_its_Effects
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/leventhall-defra-lowfreqnoise.pdf
著者:Dr Geoff Leventhall 他
Report for Defra by Dr Geoff Leventhall
(U.K. Department for Environment, Food and Rural Affairs), May 2003,
with assistance of Peter Pelmear and Stephen Benton.
2003年5月のDefra(英国環境食糧農村地域省)の報告書、
Peter PelmearとStephen Bentonの支援。
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7276.html
―引用
13.2 人間への影響。
超低周波音への曝露は、現代の生活に遍在しています。
地震や風などの自然源によって生成されます。
これは都市環境で一般的であり、
多くの人工的な発生源からの放出として:
自動車、鉄道交通、航空機、産業機械、
大砲および鉱業の爆発、
風力タービンを含む空気移動機械、
コンプレッサー、換気または空調ユニット、
洗濯機などの家電製品、およびいくつかの治療装置。
超低周波音または低周波ノイズの影響は、
他のノイズと比較して低周波ノイズを減衰させる際の、
多数の発生源による広がり、効率的な伝搬、
および多くの構造(住居、壁、聴覚保護)の
効率の低下のために特に懸念されます。

13.6結論。
超低周波音にさらされた一部の人間が、
現実的でストレスの多い異常な耳、中枢神経系、
および共鳴誘発症状を経験することは間違いありません。
これが研究者やその治療を行う医師によって認識されず、
理解と共感をもって適切に対処されない場合、
心理的反応が続き、患者の問題は悪化します。
ほとんどの被験者は、
超低周波音への曝露による健康への深刻な影響はなく、
さらなる曝露が回避されれば、
症状がなくなることを期待できると安心することができます
。―引用終わり



・2021年4月1日に次の論文をエントリしました。

2021/04/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月9-13日
ぜひ!→
日本
◇Epidemiological study on long-term health effects of low-frequency noise produced
by wind power stations in Japan
日本の風力発電所が発生する低周波騒音の長期健康影響に関する疫学的研究

■EHP
https://ehp.niehs.nih.gov/doi/abs/10.1289/isesisee.2018.P02.0580
■ICA2019
http://pub.dega-akustik.de/ICA2019/data/articles/000393.pdf
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Ishitake-long-term-health-effects.pdf
著者:Tatsuya ISHITAKE 他
Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics,
9–13 September 2019, Aachen, Germany: pages 1455–1462
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7274.html
―引用
要旨:
風力発電施設から発生する
低周波騒音を含む風力タービン騒音(WTN)への
長期暴露が睡眠障害の危険因子であるかどうかを調査した。
風力発電施設が稼働している地域に居住する
9,000人以上(20歳以上)の居住者を対象に、
生活環境と健康への影響に関する疫学調査を行いました。
睡眠障害は、アテネ不眠症スケールを使用して評価されました。
風力タービンの近くの住宅地の環境騒音を評価するために、
町の50のコミュニティセンターで
低周波の騒音暴露レベルが測定されました。
複数のロジスティック回帰分析を使用して、
いくつかの騒音曝露指数の危険因子を評価しました。
最寄りのWTから住居までの距離と聴覚、アノイアンス/不快感、
睡眠障害との間に有意な関係が観察されました。
複数のロジスティック分析により、
睡眠障害の有病率は、
主観的聴力ノイズを報告していない居住者よりも
報告した居住者の方が有意に高かった。
さらに、報告されている睡眠障害の有病率は、
2,000 m以上の距離に住む居住者と比較して、
最も近い風力タービンから
1,500 m以下の距離に住む居住者の方が有意に高かった。
風力発電施設に対する居住者の意見と騒音に対する感受性は、
睡眠障害の有病率に関する彼らの反応に強く影響しました
。―引用終わり



・2021年3月24日に次の論文をエントリしました。

2021/03/24
<論文-人体振動>
2013年3月1日
ぜひ!→
日本
◇Vibratory sensation induced by low-frequency noise:
The threshold for “vibration perceived in the head” in normal-hearing subjects.
低周波ノイズによって引き起こされる振動感覚:
正常な聴力の被験者における「頭の中で知覚される振動」のしきい値

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2013年3月1日)
doi: 10.1260/0263-0923.32.1-2.1.
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/0263-0923.32.1-2.1
著者:Yukio Takahashi
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 32 issue: 1-2, page(s): 1-9
doi: 10.1260/0263-0923.32.1-2.1.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7262.html
―引用
要旨:
被験者が体のどの部分でも振動を知覚できる状態で
低周波ノイズによって誘発される振動感覚の閾値レベルを
測定した以前の研究では、
頭部が振動感覚に非常に敏感であることが示されました。
本研究では、振動を知覚する身体部分として頭部を指定し、
16〜80Hzの周波数範囲で「頭部に知覚される振動」を
体験するための閾値レベルを測定しました。
「頭に感じられる振動」の閾値レベルは、
以前の研究で測定された閾値レベルと
非常に類似していることがわかりました。
これは、低周波ノイズによって誘発される振動感覚に対する
頭の優れた感度を示しています。
「頭に感じられる振動」のしきい値レベルの輪郭に、
40〜50Hz付近にギャップが現れました。
さらに、被験者がアクティブノイズキャンセリングイヤーマフを装着すると、
「頭の中で知覚される振動」のしきい値レベルが上昇しました。
これらの結果は、「頭に感じられる振動」を経験することが
耳の圧力変化に関連している可能性を示唆しました
。―引用終わり



・2021年3月23日に次の論文をエントリしました。

2021/03/23
<論文-超低周波不可聴音 2021/01/01~>
2009年1月
ぜひ!→
デンマーク、英国
◇Individual differences in low-frequency noise perception,
低周波ノイズ知覚の個人差

(Proc Inter-Noise 2009|2009年1月)
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
265998475_Individual_differences_in_low-frequency_noise_perception
著者:Pedersen, C.S. and Marquardt, T.
Proc Inter-Noise 2009, 2009, Paper number in09–693.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7260.html
―引用
要旨:
しきい値や等ラウドネス曲線
(音の大きさの等感曲線)などの聴覚に関する基準では、
低周波数での通常の聴覚感度が滑らかな曲線として示されています。
ただし、前方中耳伝達関数(FMETF)の最近の非侵襲的測定では、
FMETFの傾斜とピークとして見られる共振の特徴が明らかになります。
6 dB /オクターブ(人によって約40〜65 Hz)。
傾斜の変化は、
helicotrema(蝸牛孔)のシャント効果に起因します。
客観的に測定されたこの共鳴の特徴が
知覚データにも見られるかどうかを確認するために、
予備調査が実施されました。
FMETFと等ラウドネス曲線(ELC)は、
20Hzから100Hzまでの細かい周波数分解能で
5人の被験者について測定されました。
2人の被験者では、
ELCに明確な共鳴の特徴が見られましたが、
残りの被験者のデータでは明らかではありませんでした。
これは、一部の人々は、標準と比較して、
感度が高い周波数範囲と
感度が低い狭い範囲を持っていることを意味します。
周波数範囲は被験者に依存するため、
これは、一部の人が他の人には聞こえない低周波数の音に
悩まされる理由を説明する可能性があります
。―引用終わり



・2021年3月22日に次の論文をエントリしました。

2021/03/22
<論文-人体振動>
2010年12月15日
ぜひ!→
日本
◇A study on the contribution of body vibrations to the vibratory
sensation induced by high-level, complex low-frequency noise.
高レベルで複雑な低周波ノイズによって誘発される振動感覚への身体振動の寄与に関する研究

(Noise Health|2011年1-2月)
doi: 10.4103/1463-1741.73993.
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21173481/
フリーフルテキスト
■Noise&Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2011;volume=13;issue=50;spage=2;epage=8;aulast=Takahashi
著者:Yukio Takahashi
Noise Health. Year : 2011 | Volume : 13 | Issue : 50 | Page : 2-8
doi: 10.4103/1463-1741.73993.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7258.html
―引用
要旨:
高レベルで複雑な低周波ノイズによって引き起こされる
振動感覚への身体振動の寄与を調査するために、
2つの実験を実施しました。
実験1では、8人の男性被験者が
7種類の低周波ノイズ刺激にさらされました:
2つの純音[31.5Hz、100 dB(SPL)トーンと
50 Hz、100 dB(SPL)トーン]、
および純音で構成される5つの複雑なノイズ。
複雑なノイズ刺激の場合、
1つの音圧成分の音圧レベルは100 dB(SPL)であり、
別の音圧成分の音圧レベルは90、95、
または100 dB(SPL)のいずれかでした。
体表面に誘発された振動を5箇所で測定し、
各測定部位の振動感覚の主観的評価との相関を調べました。
実験2では、
25Hz音と50Hz音からなる7種類の騒音刺激を用いて、
同様に体表面振動と振動感覚の相関を調べました。
どちらの実験でも、胸部と腹部で、
振動感覚の評価は、対応する各場所で測定された
体表面振動の振動加速度レベル(VAL)と
密接に相関していることがわかりました。
これは私たちの以前の結果と一致しており、
体の胴体(胸と腹部)で、身体の振動の機械受容は、
高レベルの低周波ノイズにさらされた人の
振動感覚の経験において重要な役割を果たします。
しかし、頭部では、振動感覚の評価と
体表面振動のVALとの間に密接な相関関係は見られませんでした。
これは、頭部では、高レベルの低周波ノイズによって
誘発される振動の知覚メカニズムが、
体幹のそれとは異なることを示唆していました
。―引用終わり



・2021年3月19日に次の論文をエントリしました。

2021/03/19
<論文-人体振動>
2003年12月1日
ぜひ!→
日本
◇Measurement of human body surface vibrations induced
by complex low-frequency noise composed of two pure tones.
2つの純音で構成される複合低周波ノイズによって引き起こされる人体表面の振動の測定

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2003年12月1日)
https://doi.org/10.1260/026309203323022580
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/026309203323022580
著者:Yukio Takahashi、Setsuo Maeda
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 22 issue: 4, page(s): 209-223
https://doi.org/10.1260/026309203323022580
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7256.html
―引用
要旨:
空気振動に対する人体の機械的応答を明らかにするために、
6人の男性被験者が8種類の低周波ノイズ刺激にさらされました:
空気伝搬ホワイトノイズ、2つの純音(31.5および50 Hz)、
および純音で構成される5つの複合ノイズ。
体表面に誘発された振動は、5つの場所で測定されました:
額、左右の前胸壁、左右の前腹部。
胸部振動の31.5Hz成分と50Hz成分の両方の振動加速度レベルは、
騒音刺激の対応する各周波数成分の音圧レベルの
ほぼ線形関数として増加することがわかりました。
胸部振動の31.5Hz成分と50Hz成分の間に
明確な干渉は見られませんでした。
額や腹部に発生する振動にも同様の特徴が見られました。
これらの発見は、
ここで使用される周波数と音圧レベルの限られた範囲内で、
人体が複雑な低周波ノイズによって誘発される
空気振動に応答して
機械的に線形システムとして機能することを示唆しています
。―引用終わり



・2021年3月18日に次の論文をエントリしました。

2021/03/18
<振動音響疾患>
1999年3月
ポルトガル
◇Neurological aspects of vibroacoustic disease
振動音響疾患の神経学的側面

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189162/
著者:A J Martinho Pimenta、N A Castelo Branco
Aviat Space Environ Med. 1999 Mar;70(3 Pt 2):A91-5.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7254.html
―引用
要旨:

序論:
気分と行動の異常は、振動音響疾患(VAD)に関連する
最も一般的な初期の所見です。
他の兆候や症状がVAD患者で観察されています。
脳MRIは、大きな圧力振幅(>または= 90 dB SPL)
および低周波数(<または= 500 Hz)(LPALF)ノイズへの
10年以上の職業的曝露を伴う被験者の約50%に
小さな多発性病変を明らかにします。
ただし、これまで、VAD患者のすべての神経学的、画像化、
および神経生理学的データをグローバルに統合した研究はありません。
これがこの研究の主な目標です。

方法:
VADと診断された60人の男性白人は、
VADで最も一般的で重大な神経障害を体系的に特定するために、
神経学的に非常に詳細に評価されました。

結果:
この集団は、認知の変化
(心理学的および神経生理学的研究(ERP P300)
によって特定された)、
めまいおよび聴覚の変化、視覚障害、てんかん、
および脳血管障害を示しています。
神経学的検査は、病理学的徴候と反射、
最も一般的には手掌頤反射を明らかにします。

結論:
白質の小動脈が主に関与する、T2 MRイメージングの
多焦点高信号の根底にある血管パターンは、
おそらく神経学的画像の目に見える有機基層です。
ただし、他の病理生理学的メカニズムは
てんかんの症状に関与しています。
―引用終わり



・2021年3月17日に次の論文をエントリしました。

2021/03/17
<振動音響疾患>
1999年3月
ぜひ!→
ポルトガル
◇Vibroacoustic disease: some forensic aspects.
振動音響疾患:いくつかの法医学的側面

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189173/
著者:Castelo Branco NA 他
Aviat Space Environ Med. 1999 Mar;70(3 Pt 2):A145-51.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7252.html
―引用
要旨:

バックグラウンド:
振動音響疾患(VAD)は、大きな圧力振幅と
低周波(LPALF)ノイズ(>または= 90 dB SPL、
<または= 500 Hz)への職業的曝露によって引き起こされる
潜行性の環境エンティティです。
重大な疾病が発生する可能性があり、
労働者災害補償の問題は公然と議論され、解決されるべきです。
この目標に向けて、この病気に関する
入手可能なすべての情報の厳密なレビューが行われ、
産業曝露基準を定義する必要性を文書化し、
VADを他の同様の状態と区別するのに役立つ診断手順を決定しました。

方法:
VADと診断され、少なくとも15年間監視された、
航空機技術者として雇用された236人の白人男性の
医療ファイルを確認しました。
疾病の段階は、臨床診断基準と疾病の結果を強調して、
詳細に研究されました。

結果:
236のケースのうち、172(73%)は、
平均24年(SD = 6.9)の職業的曝露の後に無効にされました。
障害の主なカテゴリーは、神経学的(81、34%)、
悪性(28、11.9%)、精神医学的(23、9.7%)、
心血管系(16、6.8%)、および骨関節(14、5.9%)でした。
LPALF騒音への産業曝露の開始後、
これらの障害が現れるまでの最小時間は16年でした。
最も深刻な合併症は、複数回の自殺未遂でした。
そのような試みは幸いにもまれであり(5、2.1%)、
一度だけ成功しました。
心エコー図は、細胞外マトリックスの増殖、繊毛の欠如、
および3つではなく5つの心膜層を含む
心膜構造の特徴的な変化を示しました。
これは、冠状動脈不全のための
冠状動脈バイパス手術中に得られた心膜生検材料(6例)
および剖検(4例)によって研究されています。

考察:
これらの所見はVADの病因であるように思われ、
心エコー検査は基本的な診断ツールとして確認されています。
VADによる障害の程度は、
VADによって誘発された障害のほぼすべてをカバーする
ポルトガルの全国障害表から判断できます。
ただし、これらの表では、
LPALFノイズを職業上の危険(職業病)として指定していないため、
VAD患者には適用できません。
また、最も深刻な精神医学的結果である自殺は、
これらの表ではカバーされていません。
このような状況は、LPALFノイズをVADの原因として、
また産業上の危険として認識する絶対的な必要性を浮き彫りにします
。―引用終わり



・2021年3月17日に次の論文をエントリしました。

2021/03/17
<振動音響疾患>
1999年3月
ポルトガル
◇The vibroacoustic disease — An emerging pathology,
振動音響疾患—新たな病理

(Aviation, Space, and Environmental Medicine|1999年3月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9895013/
著者:N A Castelo Branco , E Rodriguez 他
Aviation, Space, and Environmental Medicine,
1999 Mar, 70(3 Pt 2), A1–A6.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7252.html
―引用
要旨:
振動音響疾患(VAD)は、
低周波数帯域(>または= 90 dB SPL)内の
大きな圧力振幅(>または= 90 dB SPL)を特徴とする
ノイズ(>または= 10年)への長期暴露後に発症する
全身性疾患の臨床症状です( <または= 500 Hz)。
騒がしい環境は、当初予想されていたよりも
広範囲の全身的影響をもたらします。
このホワイトペーパーでは、
過去20年間のVADの研究で使用された年表、
調査対象の人口、および統計的処理について説明します。
また、暴露された従業員の評価と
評価につながった動機についても説明します。
将来の研究目的についても議論されています
。―引用終わり



・2021年3月16日に次の論文をエントリしました。

2021/03/16
<論文-人体振動>
1996年2月
ぜひ!→
米国
◇Acceleration of fetal head induced by vibration of maternal abdominal wall in sheep,
ヒツジの母体腹壁の振動により誘発された胎児頭部の加速度

(American Journal of Obstetrics and Gynecology|1996年2月)
DOI: 10.1016/s0002-9378(96)70426-x
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8623783/
著者:A J Peters 他American Journal of Obstetrics and Gynecology,
1996, 174(2), 552–556.
DOI: 10.1016/s0002-9378(96)70426-x
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7250.html
―引用
要旨:
目的:
人体は、職場、家庭、およびレクリエーション活動中に、
しばしば重大な振動ストレスにさらされます。
現在の研究は、腹腔外壁に存在する
低周波数から中周波数の振動が
この壁を横切って減衰するかどうか、
およびこれらの振動が胎児の頭に到達した後の
曝露レベルを評価するためにデザインされました。

研究デザイン:
4頭の妊娠中のヒツジに加速度トランスデューサーを装備して、
腹腔外壁と腹腔内壁、
および胎児の頭部の加速度レベルを取得しました。
正弦波振動刺激は、2.5 m / sec2(二乗平均平方根)の
一定の加速度レベルで3〜150Hzの周波数範囲で適用されました。

結果:
腹腔外壁の振動は、入力レベルの4%から140%まで、
腹腔内壁の振動レベルの周波数依存の上昇をもたらしました。
胎児の頭部では、
6〜12 Hzの間に応答の広いピークが見られましたが、
全体的なレベルが入力レベルの4%を超えることはありませんでした。

結論:
母体の腹部の局所的な振動刺激への胎児の曝露は、
6〜12Hzの範囲で最大です
。―引用終わり



・2021年3月12日に次の論文をエントリしました。

2021/03/12
<論文-人体振動>
2002年9月1日
日本
◇The relationship between vibratory sensation and body surface vibration induced
by low-frequency noise.
低周波騒音による振動感覚と体表面振動の関係

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2002年9月1日)
https://doi.org/10.1260/026309202761019534
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/026309202761019534
著者:Yukio Takahashi 他
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 21 issue: 2, page(s): 87-100
https://doi.org/10.1260/026309202761019534
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7246.html
―引用
要旨:
低周波ノイズによる人体表面の振動を
​​額、胸、腹部で測定しました。
同時に、被験者はこれらの場所のそれぞれで
彼らの振動感覚を評価しました。
測定された体表面の振動と
定格振動感覚との関係を調べたところ、
胸部と腹部に知覚される振動感覚が
体表面振動の振動加速度レベルと
密接に関連していることが明らかになった。
これは、低周波ノイズにさらされた人が、
ノイズが体内に誘発する機械的振動を感知することによって、
胸部または腹部の振動を知覚することを示唆しました。
一方、頭部では、振動感覚が体表面振動の
振動加速度レベルおよび騒音刺激の音圧レベルと
同等に相関していることがわかった。
この発見は、頭の振動の知覚のメカニズムが
胸部と腹部の振動感覚の知覚のメカニズムとは
異なることを示唆しました
。―引用終わり



・2021年3月12日に次の論文をエントリしました。

2021/03/12
<論文-人体振動>
2002年1月
米国
◇Characterizing the effects of airborne vibration on human body vibration response
人体の振動応答に対する空気振動の影響の特性評価

■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11817618/
著者:Suzanne D Smith
Aviation, Space, and Environmental Medicine,
2002 Jan;73(1):36-45.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7246.html
―引用
要旨:
バックグラウンド:

高強度、低周波のノイズにさらされると、
全身の振動を引き起こす可能性があります。
空気振動(airborne vibration)へのそのような曝露は、
人間の許容範囲の限界に達する可能性があり、
生理学的および病理学的障害に関連している。
この研究の目的は、
動作中の空気振動にさらされている間の
人体の振動応答を特徴づけることでした。

方法:
三軸の体の加速度は、複数の解剖学的部位で収集され、
被験者は、いくつかの軍用戦術航空機での
地上ベースのエンジンランナップテスト中に
選択された乗組員の位置に配置されました。
加速時間履歴は、1/3オクターブ周波数帯域で処理され、
1/3オクターブ帯域ノイズデータと比較されました。

結果:
最も重要な発見は、63〜100 Hzの周波数帯域での
前後(X)胸部加速度の共振ピークの発生でした。
被験者が排気口の後方に移動すると、
胸部の加速度とそれに伴う騒音レベルの両方が増加し、
胸部の振動が増加したという報告と一致しました。
全体的な胸部加速度と5〜250Hzのノイズレベルの間には
比較的線形の関係が見られました。
騒音と振動を組み合わせた暴露基準を開発するための
アプローチが提案されました。

結論:
胴体上部で観察された共振は、
60〜100 Hzの周波数帯域での空気振動が、
自覚症状およびおそらく生理学的
および病理学的障害の発生における
重要な要因である可能性があることを強く示唆しました。
生体力学的応答、騒音レベル、
および生理学的および病理学的結果の間の関係を検証するには、
追加のフィールドおよび実験室での研究が必要です
。―引用終わり



・2021年3月11日に次の論文をエントリしました。

2021/03/11
<論文-人体振動>
2002年5月4日
ぜひ!→
日本
◇Some characteristics of human body surface vibration induced by low frequency noise.
低周波ノイズによって引き起こされる人体表面振動のいくつかの特性

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2002年5月4日)
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1260/02630920260374943
著者:Takahashi Y. 他
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
21(1), 9-20, 2002
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7243.html
―引用
要旨:
低周波騒音による体表面振動(騒音性振動)を
額、前胸壁、前腹部で測定しました。
すべての測定場所で、
騒音性振動の振動加速レベルの増加ステップは、
騒音刺激の音圧レベルの増加ステップとよく一致していました。
額で測定された振動加速度レベルは、
31.5〜40Hz付近で急激に増加することがわかりました。
一方、胸部と腹部で測定された加速レベルは、
20〜50Hzの範囲でほぼ一定の割合で周波数とともに増加しました。
我々の結果は、騒音性振動における姿勢
または左右非対称の影響の明確な証拠を示さなかった。
胸部と腹部で測定された騒音性振動は、
体脂肪率と負の相関関係があることがわかりました
。―引用終わり



・2021年3月8日に次の論文をエントリしました。

2021/03/08
<論文-超低周波不可聴音 2021/01/01~>
1997年7月28日
日本
◇(1997)An infrasound experiment system for industrial hygiene.
産業衛生のための超低周波音実験システム

(Industrial Health|1997年7月28日)
■jstage PDF
https://www.jstage.jst.go.jp/article/indhealth1963/35/4/35_4_480/_pdf
著者:Yukio TAKAHASHI 他
Industrial Health 1997, 35(4), 480-488
■おとしん機械翻訳

―引用
要旨:
超低周波音が人間の健康に及ぼす影響を
産業衛生の観点から調査し、
作業環境でそれを評価する方法を確立するために、
超低周波音実験システムが構築されました。
超低周波音を含む低周波音域でのシステムの
音響性能を評価し、改善すべき点を明確にするために、
いくつかの測定が行われました。
その結果、可聴周波数域に弱点があることがわかりました。
試験室の容量が大きいことが原因と考えられ、
対策が必要でした。
一方、超低周波音の範囲では、
超低周波音の高調波が実験に影響を与える可能性があり、
いくつかの制限が必要になる可能性があります。
しかし、チャンバーの周波数応答と
再生された超低周波音の空間的均一性は、
この範囲の実験には十分であることが証明されました。
その結果、このシステムは
超低周波音の研究に貢献できると結論付けられました
。―引用終わり



・2021年3月4日に次の論文をエントリしました。

2021/03/04
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2020年4月28日
米国
◇Review of Audiovestibular Symptoms Following Exposure to Acoustic
and Electromagnetic Energy Outside Conventional Human Hearing
従来の人間の聴覚以外の音響および電磁エネルギーへの曝露後の聴覚前庭症状のレビュー

(Front Neurol.|2020年4月28日)
DOI: 10.3389/fneur.2020.00234
フリーフルテキスト
■PubMed
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7199630/
著者:Rory J Lubner 他
Front Neurol. 2020 Apr 28;11:234.
doi: 10.3389/fneur.2020.00234.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7232.html
―引用
要旨:
目的:

私たちは、従来の人間の聴覚の外にある音波
または電磁波への曝露による動物および人間の
聴覚前庭への悪影響の研究に関する既存の文献を調べ、
知識のギャップを特定することを目指しています。

デザイン/設定/参加者:
PubMed、Embase、およびScopusを使用した
関連するMeSH用語の検索を含むレビューが実行されました。
主な結果には、超低周波音、超音波、高周波、
および磁気共鳴画像法に曝露された
動物またはヒトにおける文書化された
聴覚および/または前庭の兆候または症状が含まれていました。
次に、これらの論文の参照をレビューして、
電子検索データベースによってキャプチャされていない
一次資料と文献を特定しました。

結果:
超低周波音と超音波の音波は、
曝露後に前庭の症状を引き起こすことが
文献に記載されています。
風力タービンやロケットエンジンなどの
超低周波音を放出する技術は、
めまいや吐き気、曝露後の耳鳴りなどの
聴覚障害を含む前庭症状の孤立した報告を生み出しました。
低周波と高周波の両方の超音波への職業的曝露は、
広範囲の聴覚前庭症状の報告をもたらし、
リモコン、自動ドア開閉装置、無線電話充電器などの
新技術による現代の曝露後の症状の確固たる証拠は
あまりありません。
無線周波曝露は、動物モデルの聴覚機能障害と
前庭機能障害の両方に関連しており、
定量化できない曝露後の
人間の聴覚前庭障害の追加の歴史的証拠があります。
キャビテーション理論などのいくつかの理論が
症状の原因として仮定されていますが、
特定の曝露周波数、強度、および期間が
動物と人間に及ぼす悪影響の背後にある
病態生理学の知識は非常に限られています。
これは知識のギャップを生み出し、
私たちの理解の多くは、想定される曝露後に
症状を発症した患者の遡及的検査から得られます。

結論と関連性:
人間の聴覚の範囲外の音波および電磁エネルギーへの
曝露後の有害な人間の聴覚前庭症状の証拠は、
主にケースシリーズまたは小規模コホート研究に根ざしています。
これらの周波数への音響曝露後の聴覚前庭機能障害の
病因に関するさらなる研究は、
報告された症状を理解するために重要です
。―引用終わり



・2021年3月2日に次の論文をエントリしました。

ぜひ!→
2021/03/02
<音と健康:2021/01/01~軽度外傷性脳損傷(MTBI)>
2018年12月12日
米国
◇Acute findings in an acquired neurosensory dysfunction.
後天性神経感覚機能障害の急性所見

(Laryngoscope Investig Otolaryngol|2018年12月12日)
doi: 10.1002/lio2.231
フリーフルテキスト
■NCBI
著者:Michael E. Hoffer 他
Laryngoscope Investig Otolaryngol. 2019 Feb; 4(1): 124–131.
doi: 10.1002/lio2.231
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7228.html
―引用
要旨:
バックグラウンド

2016年の秋、ハバナに住む外交官は、
高周波ノイズや圧迫感を感じた後に現れるめまい、
耳痛、耳鳴りの症状を示し始めました。
この障害の急性症状を理解することは、
障害をより適切に定義し、最適な診断、予防、
および治療アルゴリズムを開発するために重要です。

目的
ハバナで騒音/圧力曝露を認識した後の
急性期の患者のコホートにおける症状の提示を定義すること。

デザイン/設定/参加者
局所的な音圧/圧力の感覚を報告した25人の症候性の個人と
10人の無症候性の個人
(影響を受けた人のルームメイト)のレビュー。

結果
曝露直後、大多数の人が片方または両方の耳に
激しい耳の痛みを報告し、耳鳴りを経験しました。
すべての個人は、
認知障害の不安定さと特徴に気づきました。
当センターへのプレゼンテーションでは、
めまい(92%)と認知障害(56%)が
最も一般的な症状でした。
正式なテストでは、100%の個人が耳石の異常と
認知機能障害の証拠を持っていることが
明らかになりました。

結論と関連性
この研究は、局所的な音圧/圧力の知覚後に
症状が現れる現象の急性症状に焦点を当てており、
急性症状には前庭損傷と選択された認知障害の
普遍的な性質が含まれています。
この急性の患者グループで提示された所見は、
この曝露後に見られた初期の損傷パターンの
より良い画像を提供し始め、
将来の症例でこの障害のより正確な診断を
可能にするかもしれません。
―引用終わり



・2021年3月1日に次の報告書をエントリしました。

2021/03/01
<音と健康:2021/01/01~軽度外傷性脳損傷(MTBI)>
2018年6月8日
米国
◇An Assessment of Illness in U.S. Government Employees
and Their Families at Overseas Embassies (2020)
海外大使館の米政府職員とその家族の疾病の評価 (2020)

https://doi.org/10.17226/25889
■NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK566407/
■National Academy of Sciences
https://www.nap.edu/catalog/25889/an-assessment-of-illness-in-us-government
-employees-and-their-families-at-overseas-embassies
Contributors-寄稿者
全米科学、工学、医学アカデミー; 健康医学部門;
工学および物理科学部門; 海外大使館の米国公務員と
その家族に対する原因不明の健康影響について
国務省に助言する常任委員会;
David A. Relman and Julie A. Pavlin, Editors
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7226.html
―引用
Summary-概要
2016年後半、キューバのハバナにある米国大使館の職員は、
異常な一連の症状と臨床症状の発症を報告し始めました。
これらの患者の一部にとって、
彼らの症例は、突然の大きな音の発生から始まり、
方向性のある特徴があると認識され、
片方または両方の耳または頭の広い領域にわたる痛みを伴い、
場合によっては、頭圧または振動、めまい、
場合によっては耳鳴り、視覚障害、めまい、
および認知障害が続きます。
中国の広州にある米国領事館に所属する他の職員は、
翌年から、さまざまな程度で同様の症状と徴候を報告しました。
2020年6月の時点で、これらの職員の多くは
これらおよび/または他の健康問題に苦しんでいます。
これらの臨床例を説明するために
複数の仮説とメカニズムが提案されていますが、
証拠が不足しており、仮説が証明されておらず、
状況は不明なままです。
国務省(DOS)は、公務員に海外のポストでの
健康リスクについてより効果的に通知し、
病気の潜在的な原因を確認し、
短期および長期の両方のスクリーニング、予防、
および治療のための最良の医療行為を
決定する取り組みの一環として
-長期的な健康問題については、
全米科学技術医学アカデミー(全米アカデミー)に
独立した専門家の指導を依頼しました。

海外大使館の米国政府職員とその家族に対する
原因不明の健康影響について国務省に助言する常任委員会は、
個人レベルの健康やその他の情報へのアクセスの欠如、
臨床的特徴の進化と変化など、
これらの臨床症例の評価においていくつかの課題に直面しました。
時間の経過とともに、臨床症状および徴候のタイミングと
タイプの点で非常に不均一な集団。
症状が急性のみ、慢性のみ、
またはその両方であったものが含まれます。
しかし、委員会は、特徴的な臨床的特徴を特定し、
考えられる原因を検討し、もっともらしいメカニズムと
リハビリテーションの取り組みを評価し、
将来の計画と対応のための推奨事項を提供することができました。

CLINICAL FEATURES-臨床的特徴
一部の個人では、病気の発症時に一連の
異常な臨床症状が突然発生し、病気は慢性化し、
一部の人は衰弱しましたが、
すべてではありませんでした。
病気の最も特徴的な臨床的側面は、
発症の性質と初期の特徴でした:
知覚される大きな音の突然の開始、
頭の強い圧力または振動の感覚、
および耳の痛みまたは頭のより拡散した痛み。
ほとんどの個人は、音またはこれらの他の感覚が
特定の方向から発生しているように見え、
個人が特定の物理的な場所にいるときにのみ
知覚されたと報告しました。
耳鳴りの突然の発症、難聴、めまい、不安定な歩行、
および視覚障害を報告する人もいました。
神経学的観点から、
特徴的な急性の聴覚前庭症状のこの組み合わせは、
迷路またはVIII脳神経
またはその脳幹接続に限局した効果を示唆しています。

影響を受けた人々の多くが苦しんでいる慢性症状は、
前庭の処理と認知、
ならびに不眠症と頭痛の問題を示唆していました;
これらの症状は、大脳皮質や大脳辺縁系の構造など、
前脳の構造と機能のびまん性の関与とより一致しています。
ただし、脳損傷の一貫した画像は、
前庭機能の実験室ベースのテストから出てきませんでした。
これらのその後のより持続的な症状は、
同じ最初の発作の後遺症によって引き起こされたか、
またはそれらが調節反応として
二次的に発生した可能性があります。
急性の初期段階の報告がない人の場合、
症状は、前脳機能障害のみをもたらす別の原因
または同様の曝露に起因する可能性があります
。―引用終わり



・2021年2月24日に次の論文をエントリしました。

2021/02/24
<音と健康:2021/01/01~軽度外傷性脳損傷(MTBI)>
2018年2月15日
米国
◇(2018). Neurological manifestations among US Government Personnel Reporting
Directional Audible and Sensory Phenomena in Havana, Cuba.
キューバのハバナで方向性の可聴および感覚現象を報告している
米国政府職員の神経学的症状

(JAMA|2018年2月15日)
doi:10.1001/jama.2018.1742
フリーフルテキスト
■JAMA
https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2673168
著者:Randel L. Swanson II 他
JAMA. 2018;319(11):1125-1133.
doi:10.1001/jama.2018.1742
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7220.html
―引用
Key Points-キーポイント
Question-質問

キューバのハバナにいる米国政府職員の間で、
聴覚および感覚現象の報告に関連する神経学的症状はありますか?

Findings-調査結果
このケースでは、指向性の可聴および感覚現象にさらされた
一連の21人の個人が、鈍頭外傷の関連する病歴がない状態で、
急性および持続性の兆候と症状の
コンステレーションが特定されました。
曝露後、患者は、聴覚症状、睡眠異常、および頭痛とともに、
認知、前庭、および眼球運動機能障害を経験しました。

Meaning-意味
これらの患者の独特の状況と臨床症状の一貫性は、
原因不明の方向性曝露による後天性脳損傷の可能性の
新しいメカニズムへの懸念を引き起こしました。

-----------------------------

Abstract-要旨
重要性2016年後半から2017年8月まで、
キューバのハバナで外交任務に従事している
米国政府職員は、聴覚および感覚現象への曝露に関連する
神経学的症状を報告しました。

Objective-目的
聴覚および感覚現象に関連する
未知のエネルギー源への曝露に続く神経学的症状を説明すること。

Design, Setting, and Participants-デザイン、設定、および参加者
キューバのハバナでの米国政府職員の
後ろ向き症例シリーズからの予備的な結果。
自宅やホテルの部屋で聴覚および感覚現象にさらされたと
報告された後、個人は脳損傷に似た神経学的症状の
同様の一群を報告しました。
これらの個人は、学際的な評価と治療のために
学術的な脳損傷センターに紹介されました。

Exposures-曝露
2016年以降、キューバのハバナで米国政府の任務に
従事しているときに、原因不明の原因に関連する
明確な方向から発せられる可聴および感覚現象
(方向性現象)を経験したという報告。

Main Outcomes and Measures-主な成果と対策
曝露と症状の説明は、学際的な臨床面接と
検査の医療記録レビューから得られました。
追加の客観的評価には、
前庭動眼反射(動的および静的バランス、前庭動眼反射検査、
カロリー検査)、動眼神経(収束、衝動性運動、
およびスムーズな追跡眼球運動の測定)、
認知(包括的な神経心理学的バッテリー)、
および聴力検査(純粋 トーンおよびスピーチ聴力検査)機能。
ニューロイメージングも得られました。

Results-結果
米国国務省によって特定された暴露が疑われる24人の個人のうち、
21人が暴露後平均203日で学際的評価を完了しました。
認知(n = 17、81%)、バランス(n = 15、71%)、
視覚(n = 18、86%)、聴覚(n =)などの持続的な症状
(曝露後3か月以上)がこれらの個人によって報告されました。
15、68%)機能障害、睡眠障害(n = 18、86%)、
および頭痛(n = 16、76%)。
客観的所見には、認知(n = 16、76%)、前庭(n = 17、81%)、
および動眼神経(n = 15、71%)の異常が含まれていました。
中等度から重度の感音難聴が3人で確認されました。
持続的な睡眠機能障害(n = 15、71%)と
頭痛(n = 12、57%)には薬理学的介入が必要でした。
学際的評価の時点で、14人(67%)が仕事を休んでいた。
それらのうち、7人は、制限、在宅運動プログラム、
およびより高いレベルの仕事に焦点を合わせた
認知リハビリテーションを伴う段階的な職場復帰を開始しました。

Conclusions and Relevance-結論と関連性
後ろ向き症例シリーズのこの予備報告では、
キューバのハバナにいる米国政府職員の間で、
原因不明の指向性の可聴および/または感覚現象の報告に関連して、
持続的な認知、前庭、および眼球運動機能障害、
ならびに睡眠障害および頭痛が観察されました。
これらの個人は、頭部外傷の関連する病歴なしに、
広範囲の脳ネットワークに損傷を負っているように見えました
。―引用終わり



・2021年2月18日に次の論文をエントリしました。

2021/02/18
<論文-超音波>
2015年11月3日
ぜひ!→
英国
◇Are some people suffering as a result of increasing mass exposure of the public
to ultrasound in air?
空中の超音波への公衆の大量曝露の結果として苦しんでいる人がいますか?

(Proc Math Phys Eng Sci.|2015年11月3日)
doi: 10.1098/rspa.2015.0624
フリーフルテキスト
■PubMed
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4786042/
著者:Leighton TG.
Proc Math Phys Eng Sci. 2016 Jan; 472(2185): 20150624.
doi: 10.1098/rspa.2015.0624
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7214.html
―引用
要旨:
新しい測定値は、公衆が知らないうちに
空中の超音波にさらされていることを示しています。
既存のガイドラインは、そのような曝露には不十分です;
大多数は職業被ばくのみを指します
(労働者が被ばくを認識し、監視でき、保護具を着用できる場合)。
既存のガイドラインは
不十分なエビデンスベースに基づいており、
そのほとんどは40年以上前に、
ガイドラインを完成させるには不十分であると考えた
研究者によって収集され、予備的なガイドラインを作成しました。
国や組織がこれらの初期のガイドラインに基づいて
「新しい」ガイドラインを発行したため、
この不適切な警告は失われ、そのような繰り返しを通じて、
コンセンサスの誤った印象が生まれました。
エビデンスベースは非常にスリムであるため、
逸話からケーススタディ、正式な科学的対照試験、
疫学研究までのシーケンスに沿って進んだレポートは
ほとんどありません。
初期の研究では、聴力閾値の変化、吐き気、頭痛、
倦怠感、片頭痛、耳鳴りが報告されましたが、
現在の職業的および公衆的曝露がもたらす可能性のある
健康リスクを評価するには、
被験者に関する研究が不十分であり、
フィールドの測定も不十分です。
さらに、高周波数での聴覚学と物理測定を支える仮定は
疑問視されなければなりません:
より低い周波数で使用されるアプローチの単純な外挿は、
現在の未知数に対処しません。
推奨事項が提供されます
。―引用終わり



・2021年2月17日に次の論文をエントリしました。

2021/02/17
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1983年9月1日
ぜひ!→
スウェーデン
◇(1983) Infrasound-Tutorial and review: Part 1.
超低周波音-チュートリアルとレビュー:パート1

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1983年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309238300200301
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309238300200301?journalCode=lfna
著者:Backteman 0 *, Kohler J, Sjoberg L
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
Volume: 2 issue: 3, page(s): 1-31
https://doi.org/10.1177/026309238300200301
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7212.html
―引用
要旨:
超低周波音はいたるところにあります。
非常に静かな環境でも、
40 dB(IL)(2〜20 Hz)の
超低周波音レベルを測定できます。
過去20年間に、
人や動物に対する超低周波音の影響に関する
数多くの調査の結果が発表されています。
これらすべての調査に共通しているのは、
短時間の曝露、つまり数分または数時間の
超低周波音の曝露のみが調査されているということです。

低周波数のランダムノイズスペクトルの代わりに、
4〜16Hzの範囲の離散周波数がよく使用されています。
これらの調査の結果はかなり異なりますが、
これは同等の励起がなかったことが原因である可能性があります。

特定の実験や報告では、
刺激スペクトルが考慮されていないことがよくあります。
彼らが説明されている場合、これは不適切に行われます。
これは、結果の処理方法にも当てはまります。
なされたいくつかの結論は
壮観であると見なされなければなりません!
何人かの科学者は、結果は超低周波音ではなく、
可聴範囲の刺激によって引き起こされる可能性があると
指摘しています。

低周波域の主要な科学者のほとんどが参加した会議
「Low frequency noise and hearing(低周波騒音と聴覚)」
(1980年5月にデンマークのオールボー(Aalborg)で)には、
他の人よりも低周波の妨害に
敏感であるように見える人々がいると述べられました。
一般に、これらの研究結果が示したように、
超低周波音は一般の人々にとって
直接的な問題ではないはずです。
20〜100 Hzの範囲の低周波外乱について、
今日行われている十分な研究がないという
完全な合意がありました。
これらの外乱は、
dB(A)でサウンドレベルを測定することによって
十分に示すことはできません。
参加者は、仕事中、自宅、余暇の両方で、
低周波の障害に人々がイライラしていることを
非常に確信しているようでした。
これは十分に注目されていません。

産業や家庭のほとんどの機械も
50Hzの領域の周波数を持っています。
例えば 変圧器、コンプレッサー、
ディーゼルおよびガスモーター、
電気モーターおよびファン。

この作業の目的は、
特にスウェーデンと世界の他の地域の両方で、
通常の作業条件下と家庭環境での
超低周波音レベルの説明において、
包括的なレビューを行うことでした。
異なるレポートの結果は均一ではなく、
多くの場合不完全であるため、
結果を直接比較することはできません
。 ―引用終わり



・2021年2月17日に次の論文をエントリしました。

2021/02/17
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年7月25日
英国
◇(1978) The effects of low frequency noise on people-A review.
低周波ノイズが人に及ぼす影響-レビュー

(Journal of Sound and Vibration|2003年7月25日)
https://doi.org/10.1016/0022-460X(78)90354-1
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/0022460X78903541
著者:Broner N
Journal of Sound and Vibration
Volume 58, Issue 4, 22 June 1978, Pages 483-500
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7212.html
―引用
要旨:
ここ数年間で、高レベルの人工低周波ノイズ(0〜100 Hz)、
特に超低周波音の存在が多くの環境で報告されています。
このような高レベルの低周波ノイズが
重要であるかどうかを発見するために、
過去10年間にわたって努力が払われてきました。
低周波ノイズの影響のレビューは、
その影響が高周波ノイズの影響と類似していることを示しています。
20〜100 Hzの範囲のノイズは、
同様の音圧レベルでの超低周波音よりもはるかに重要であり、
超低周波音による危険の可能性は非常に過大評価されています
。―引用終わり



・2021年2月16日に次の論文をエントリしました。

2021/02/16
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1975年9月
イスラエル
◇(1975) Infrasound: a short review of effects on man.
超低周波音:人間への影響の簡単なレビュー

(Aviat Space Environ Med.|1975年9月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/1164350/
著者:Westin JB
Aviat Space Environ Med. 1975 Sep;46(9):1135-40.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7210.html
―引用
要旨:
人が受ける自然および人工の超低周波音の量は、
一般的に認識されているよりも多いです。
(可聴音または振動曝露とは対照的に)
中程度から高レベルの超低周波音曝露の
生理学的影響に独自に関係しているいくつかの研究は、
内耳およびバランス制御に関するもの以外の
人間への有意な影響を実証できていません。 。
しかし、既存の研究では、
中程度から高レベルの超低周波音による内耳の症状は、
一般的に認識されているよりも
一般的である可能性があることが示されています。
非常に高い音圧レベル(140 dBを超える)では、
耳の痛みと圧力が制限要因になります。
イヤーマフと耳栓は超低周波音の影響から
わずかに保護しているように見えますが、
これの定量化はまだ不足しています。
低強度信号(90 dB未満)への暴露の悪影響の
直接的な証拠は欠けています。
この分野でのさらなる研究の必要性が明確に示されています
。―引用終わり



・2021年2月16日に次の論文をエントリしました。

2021/02/16
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1993年6月1日
英国
◇A Review of Low Frequency Noise Investigations by British Gas
ブリティッシュガスによる低周波騒音調査のレビュー

(Journal of Low Frequency Noise and Vibration|1993年6月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239301200204
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/026309239301200204
著者:K. Howell 、P.F. Weatherilt
Journal of Low Frequency Noise and Vibration, 1993, 12 (2), 45–66.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7210.html
―引用
要旨:
このレポートは、ブリティッシュガス(BritishGas)が
受け取った低周波ノイズの苦情を検討するために
召集されたグループの作業の結果です。
ブリティッシュガス環境責任者のP.F. Weatheriltが
グループの議長を努めました。
レポートは1992年5月に最初に発行され、
ブリティッシュガスの許可を得てここに複製されています。
元のレポートの2つの付録は含まれていません。
1つ目は、継続的な騒音監視に使用される機器について説明します。
2つ目は、1987年にC.G. Lyle博士によって
Effective Control of Environmental Noiseに発表された論文です
。―引用終わり



・2021年2月10日に次の論文をエントリしました。

2021/02/10
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1999年3月1日
ぜひ!→
米国
◇l999 Noise-induced extra-aural pathology: A review and commentary.
騒音誘発性の聴覚外病理:レビューと解説

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月1日)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189151/
■Europe PMC
http://europepmc.org/abstract/med/10189151
著者:Alves-Pereira M.
Aviat Space Environ Med.
1999 Mar;70(3 Pt 2):A7-21.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7204.html
―引用
要旨:
このレビューペーパーの焦点は、
人間と動物のモデルに対する大きな圧力振幅
(>または= 90 dB)と
低周波数(<または= 500 Hz)(LPALF)を特徴とする
音響現象(ノイズ)の影響です。
現在の概念は、そのようなLPALFノイズが
聴覚系の体性媒体にのみ、
またはそれを介して衝突するという仮定を暗示しています。
この仮定の結果として、人間への騒音の影響は、
聴覚保護の目的でのみ規制されています。
職業騒音評価を管理するガイドラインと規制は、
人間の主観的な音の知覚に偏っています。
著者は、空中音響現象が
聴覚系にのみ影響を与えるとは想定せず、
そのような立場の証拠を提供する文献レビューを提示します。
このレビューペーパーの目的は、
耳外の騒音性の病状、
特に振動音響疾患の存在を擁護することです;
そして、気道がこの環境ストレッサーの
標的器官である可能性が非常に高いという認識を前進させることです
。―引用終わり



・2021年2月10日に次の論文をエントリしました。

2021/02/10
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1999年3月1日
ぜひ!→
ポルトガル
◇(1999) The vibroacoustic disease— An emerging pathology.
振動音響疾患—新たな病状

(Aviat Space Environ Med.|1999年3月1日)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10189150/
著者:Castelo Branco N.A.A. and Rodriguez E.
Aviat Space Environ Med.
01 Mar 1999 ; 70(3 Pt 2):A1-6.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7204.html
―引用
要旨:
振動音響疾患(VAD)は、
騒音への長期暴露(>または= 10年)後に発症する
全身性疾患の臨床症状です。
これは、低周波数帯域(<または= 500 Hz)内の
大きな圧力振幅(>または= 90 dB SPL)によって特徴付けられます。
騒がしい環境は、当初予想されていたよりも
広範囲にわたる全身的影響をもたらします。
このホワイトペーパーでは、
過去20年間のVADの研究で使用された年表、
調査対象の人口、および統計的処理について説明します。
また、暴露された従業員の評価と
評価につながった動機についても説明します。
将来の研究目的についても議論されています
。―引用終わり



・2021年2月9日に次の論文をエントリしました。

2021/02/09
<論文-人体振動>
1998年12月6日
ぜひ!→
日本
◇ (1999) A pilot study on the human body vibration induced by low frequency noise.
低周波騒音による人体振動のパイロット研究

(Industrial Health 1|1998年12月6日)
https://doi.org/10.2486/indhealth.37.28
Free article
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10052297/
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/02630920260374943
■jstage
https://www.jstage.jst.go.jp/article/indhealth1963/37/1/37_1_28/_pdf
著者:Yukio TAKAHASHII 他
Ind. Health 1999 , 37(1), 28-35.
https://doi.org/10.2486/indhealth.37.28
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7203.html
―引用
要旨:
低周波ノイズによる人体振動の基本特性を理解し、
それを利用して健康への影響を評価するために、
小型加速度計による測定方法を設計し、予備測定を行いました。
振動は、20〜50 Hzの周波数範囲の純音にさらされた
6人の男性被験者の胸部と腹部で測定されました。
ここで、私たちがデザインした方法は、
体表面の振動を​​検出するのに十分な感度があることが証明されました。
振動の周波数に伴う増加のレベルと速度は、
腹部よりも胸の方が高いことが判明しました。
この違いは、人体の物理的構造によるものと考えられました。
また、測定された騒音性振動は被験者のBMI
(Body Mass Index)と負の相関関係があることが判明し、
低周波騒音の健康への影響は物理的構造だけでなく
人体の体質にも依存することが示唆されました
。―引用終わり



・2021年2月8日に次の論文をエントリしました。

2021/02/08
<論文-人体振動>
2002年1月
ぜひ!→
米国
◇Characterizing the effects of airborne vibration on human body vibration response.
人体の振動応答に対する空気振動の影響の特性評価

(Aviation Space and Environmental Medicine|2002年1月)
■PubMed
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11817618/
著者:Suzanne D Smith
Aviation Space and Environmental Medicine
2002;73(1):36-45
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7200.html
―引用
要旨:
バックグラウンド:
高強度、低周波のノイズにさらされると、
全身の振動を引き起こす可能性があります。
空気振動へのそのような曝露は、
人間の許容範囲の限界に達する可能性があり、
生理学的および病理学的障害に関連している。
この研究の目的は、
動作中の空気振動にさらされている間の
人体の振動応答を特徴づけることでした。
方法:
三軸の体の加速度は、複数の解剖学的部位で収集され、
被験者は、いくつかの軍用戦術航空機での地上ベースの
エンジンランナップテスト中に
選択された乗組員の位置に配置されました。
加速時間履歴は、1/3オクターブ周波数帯域で処理され、
1/3オクターブ帯域ノイズデータと比較されました。
結果:
最も重要な発見は、63〜100 Hzの周波数帯域での
前後(X)胸部加速度の共振ピークの発生でした。
被験者が排気口の後方に移動すると、
胸部の加速度とそれに伴う騒音レベルの両方が増加し、
胸部の振動が増加したという報告と一致しました。
全体的な胸部加速度と5〜250Hzの騒音レベルの間には
比較的線形の関係が見られました。
騒音と振動を組み合わせた暴露基準を
開発するためのアプローチが提案されました。
結論:
胴体上部で観察された共振は、
60〜100 Hzの周波数帯域での空気振動が、
自覚症状およびおそらく生理学的
および病理学的障害の発生における
重要な要因である可能性があることを強く示唆しました。
生体力学的応答、騒音レベル、
および生理学的および病理学的結果の間の関係を検証するには、
追加のフィールドおよび実験室での研究が必要です
。―引用終わり



・2021年2月5日に次の論文をエントリしました。

2021/02/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2002年9月1日
デンマーク
◇A questionnaire survey of complaints of infrasound and low-frequency noise.
超低周波音と低周波騒音の苦情に関するアンケート調査

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|2002年9月1日)
https://doi.org/10.1260/026309202761019507
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/10.1260/026309202761019507
著者:Henrik Møller, Morten Lydolf
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
2002、Volume: 21 issue: 2, page(s): 53-63
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7198.html
―引用
要旨:
超低周波音と低周波騒音に関する苦情の調査が実施されました。
198人がアンケートでトラブルを報告した。
彼らの口頭での報告では、トラックやポンプの
遠くのアイドリングエンジンから聞こえるように、
音が深く、ハミング/うなる
またはラムブリング/ゴォーッと鳴る音として
説明されることがよくありました。
ほぼすべての回答者が、音の知覚を報告しました。
一般に、彼らは耳で音を知覚したと報告しましたが、
多くの人は、身体または外部の物体の
いずれかでの振動の知覚についても言及しています。
音はほとんどの活動中に邪魔をし、苛立たせ、
多くの人はその存在を彼らへの苦痛と見なします。
回答者の多くは、不眠症、頭痛、動悸などの
二次的影響を報告しましたが、
これらは主に音と同じ場所で発生したために音に関連していました。
ほとんどの場合、
音を聞くことができるのは1人または数人だけですが、
すべての人に聞こえると主張されている例もあります。
通常、測定では、既存の制限(および聴力のしきい値)を
超えていないことが示されています。
調査は重要な質問を残します:
トラブルは外部音によるものかどうか、
もしそうなら、どの周波数とレベルが関係しているのか?
これの研究の実現可能性は、結果によって裏付けられています
。―引用終わり



・2021年2月5日に次の論文をエントリしました。

2021/02/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1986年9月1日
日本
◇A multidimensional evaluation method for the psychological effects of pure tones
at low and infrasonic frequencies.
低周波および超低周波音での純音の心理的影響の多次元評価方法

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1986年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309238600500303
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309238600500303?journalCode=lfna
著者:Yukio Inukai 他
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
1986; Volume: 5 issue: 3, page(s): 104-112
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7198.html
―引用
要旨:
低周波音および超低周波音(3〜40 Hz)での純音の主観的評価は、
セマンティックディファレンシャルタイプの
スケールのセットで取得され、因子分析によって分析されました。
この結果から、刺激音に対する人間の反応には、
1)音圧、2)振動、3)ラウドネスの3つの主な要因があると
結論付けられました。

音刺激の物理的変数から人間の反応を予測するために、
3つの要因のそれぞれについて予測式が導き出されました。
また、因子の等しい感覚の輪郭が得られました。
これらの結果から、低周波および超低周波音での
人間の知覚の多次元的側面を考慮した、
心理的影響の新しい評価方法が提案されます
。―引用終わり



・2021年2月3日に次の論文をエントリしました。

2021/02/03
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1998年9月1日
ポーランド
◇An investigation and assessment of annoyance of low frequency noise in dwellings.
住居における低周波騒音のアノイアンス/不快感の調査と評価

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1998年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239801700301
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239801700301?journalCode=lfna
著者:Mariana Mirowska
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
1998; Volume: 17 issue: 3, page(s): 119-126
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7194.html
―引用
要旨:
変圧器、エアコン、冷凍庫などの
住宅に設置された電化製品は、
低周波ノイズの原因となることがよくあります。
これらの音源からの住居内の騒音レベルは低いですが、
住人は騒音を不快であると評価しています。
この論文は、
住居における不快な低周波ノイズの調査結果を提示します。
測定結果を示し、
アノイアンス/不快感の評価方法について説明します
。―引用終わり



・2021年2月3日に次の論文をエントリしました。

2021/02/03
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1998年6月1日
ポーランド
◇Occupational exposure to infrasonic noise in Poland.
ポーランドにおける超低周波音への職業的曝露

(Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control|1998年6月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239801700202
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239801700202?journalCode=lfna
著者:Małgorzata Pawlaczyk-Łuszczyńska
Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control
1998、Volume: 17 issue: 2, page(s): 71-83
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7194.html
―引用
要旨:
この論文は、ポーランドの産業および輸送のさまざまな職場で
実施された超低周波音ノイズ測定の結果を示しています。
この調査は、124種類の機械、器具、
輸送手段から放出される騒音に関するものでした。
測定は、典型的な作業条件下で、
ポーランド規格PN-86 / N-01338および国際規格ISO7196
およびISO9612を参照して行われました。
PN–86 / N–01338によると、
1/1オクターブバンド8〜31.5 Hz内で
音圧が許容レベルを超えています。
(a)労働者の健康保護の許容レベルを超える音圧が5(4.0%)の
   ケースで発見されました。
(b)監視ディスパッチャキャビンなどで
   基本機能を実行するための適切な条件– 77(62.1%)のケース。
(c)管理、設計事務所などの施設– 92(74.2%)のケース。
聴力のしきい値は、調査中のすべての機械の66.9%を超えました
。―引用終わり



・2021年2月2日に次の論文をエントリしました。

2021/02/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1995年9月1日
ポーランド
◇Results of Measurements and Limit Proposal for Low Frequency Noise
in the Living Environment.
生活環境における低周波ノイズの測定結果と限界の提案

(Journal of Low Frequency Noise & Vibration|1995年9月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239501400302
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239501400302
著者:Marianna Mirowska
Journal of Low Frequency Noise & Vibration.
Volume: 14 issue: 3, page(s): 135-141
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7192.html
―引用
要旨:
この論文は、住宅(ファン、エアコン、ポンプ)に存在する
いくつかの低周波騒音源の測定結果を示しています。
測定は住居で行われ、
その住人は騒音のアノイアンス/不快感を訴えました。
住居内の低周波制限に関するVercammenの提案が議論され、
このトピックに関する私たち自身の調査の結果が提示されます
。―引用終わり



・2021年2月2日に次の論文をエントリしました。

2021/02/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1992年3月1日
オランダ
◇Low-Frequency Noise Limits.
低周波ノイズ制限

(Journal of Low Frequency Noise & Vibration|1992年3月1日)
https://doi.org/10.1177/026309239201100102
■SAGE
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/026309239201100102?journalCode=lfna
著者:Vercammen, M.L.S.
Journal of Low Frequency Noise & Vibration.
1992. Volume: 11 issue: 1, page(s): 7-13
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7192.html
―引用
1. Introduction(はじめに)
過去および現在の低周波騒音問題の経験、
および既存の騒音軽減規制の問題を評価する方法の
明らかな欠如により、低周波騒音に関する特別な規制
あるいは、不法妨害法に基づくライセンスに
組み込むことができるある種の制限レベル求められています。
この論文では、いくつかの研究、低周波ノイズの評価方法、
および低周波ノイズの伝達の測定結果を紹介します。

2. Case Studies(ケーススタディ)
図1は、製紙工場から数百メートル離れた
住居の音圧レベルを示しています。
A加重レベルは、
500Hzのオクターブバンドによって決定されます。
この図は、低周波ノイズの限界[1]も示しています。
これは、25 Hz未満の周波数の可聴しきい値
(平均から2標準偏差を引いたもの)です。
この曲線は、16 Hzのピークが聴覚のしきい値を
はるかに下回っており、アノイアンス/不快感は
50 Hzのピークによって引き起こされ、
音圧レベルが約25 dB(A)であることを示しています。

 この低いA加重値にもかかわらず、
一部の住民は多大な妨害に見舞われました。
これは、周波数差がわずかである3つのピークによる
音の拍動性の特性が原因である可能性があります。
図2を参照してください。
 図3は、鋳造所近くの住居の内側と外側の
音圧レベルを示しています。
騒音は、取り外し用の振動テーブルである
シェイクアウトマシンによって引き起こされます
・・・―引用終わり



・2021年2月1日に次の論文をエントリしました。

2021/02/02
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2003年7-9月
スウェーデン
◇A descriptive cross-sectional study of annoyance from low frequency noise
installations in an urban environment.
都市環境における低周波騒音設備からのアノイアンス/不快感の記述的横断的研究

(Noise & Health|2003年7-9月)
フリーフルテキスト
■Noise & Health
https://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2003;volume=5;issue=20;spage=35;epage=46;aulast=Persson
著者:K Persson Waye 他
Noise & Health
Year : 2003 | Volume : 5 | Issue : 20 | Page : 35-46
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7189.html
―引用
要旨:
交通騒音に非常にさらされている回答者の
生活条件を改善するために、
建物の片側を「静かな側」に向けることが推奨されています。
ただし、換気や空調システムなどの設備からの騒音によって、
静寂が損なわれる可能性があります。
この種の設備によって生成されるノイズは、
多くの場合、低周波数(20〜200 Hz)の大部分を占めており、
大きなアノイアンス/不快感や
睡眠障害の原因となる可能性があります。
この論文は、建物の片側の交通騒音と
建物の反対側の設備からの低周波騒音にさらされた
居住者の間で意図された介入研究の断面部分を説明します。
一般的な生活環境調査としてマスクされたアンケートが、
各世帯のランダムに選択された人に配信されました。
合計41人の回答者がアンケートに回答しました(回答率71%)。
設備からの騒音は、選択したアパートの
中庭に面した寝室の屋内と庭の屋外で測定されました。
24時間の交通騒音の屋外および屋内レベルが計算されました。
設置による騒音レベルは、
窓を閉めた状態での屋内の低周波騒音に関する
スウェーデンの推奨値をわずかに上回っており、
窓をわずかに開いたときの推奨値を約10 dBSPL上回っていました。
施設からの騒音で、屋内で非常に
または極めてイライラしていると報告した人の割合は、
交通騒音の2倍以上でした。
設置騒音は、
回答者が窓を開けて寝る意欲にも影響を及ぼしました。
この研究で見つかった設置騒音の高い妨害は、
建物の「静かな側」での騒音曝露も
調整することの重要性を示しています。
さらなる研究により、アノイアンス/不快感の程度と
設置騒音の許容レベルのより良い基盤が得られます
。―引用終わり



・2021年1月29日に次の記事をエントリしました。

<4-フランス:「キラー」風力タービン>
2021年1月21日
ぜひ!→
4-フランス、ロワール=アトランティック県ノゼ風力発電所
◇Éoliennes “tueuses” près de Nozay :
dans la ferme des Potiron, la 400e vache est morte mi-décembre
ノゼ(Nozay)近くの「キラー」風力タービン:
Potironファームでは、12月中旬に400頭目の牛が死亡しました

(actu.fr|2021年1月21日)
https://actu.fr/pays-de-la-loire/puceul_44138/
eoliennes-tueuses-pres-de-nozay
-dans-la-ferme-des-potiron-la-400e-vache-est-morte-mi-decembre_38499386.html
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/news/2021/01/25/eoliennes-tueuses-pres
-de-nozay-dans-la-ferme-des-potiron-la-400e-vache-est-morte-mi-decembre/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7187.html
―引用
ピュスル(ロワールアトランティック県)の
Potironファームで妊娠7か月のこの牛は、
2020年12月中旬に「明白な理由もなく」死亡しました。
2012年とQuatreSeigneurs風力発電所の建設以来、
このように死亡した400頭目の動物です。

▼風力発電所の建設から現れた過剰死亡率
DidierとMurielle Potiron夫妻だけでなく
隣のブリーダーであるCéline Bouvet氏にとっても、
彼らの動物のこの過剰な死亡の原因は、
近くの風力タービンに明確に関連しています。
彼ら自身がこれらすべての年の間
彼らの健康への影響に苦しんできたので、さらにそうです
:永続的な疲労、筋肉痛、頭痛、不眠症
...彼らが彼らの農場/家から離れるとすぐに消える非常に多くの問題。
12月19日、Potiron氏は娘のAlexandraを通じて、
この悲しい皮肉なメッセージを、
問題の動物の写真とともにソーシャルメディアに広めました:

▼調査報告書は1月に発行される予定です
今後、牛のブリーダーの最後の-端的な-希望は、
この厄介な問題に関係する
すべてのプレイヤーの話を聞くことによって
2020年6月にこれまでに実施された
すべての研究の統合の骨の折れる作業を開始した
調査委員会の報告書の発行にあります。
このアイデアは、 -存在する場合-
この風力発電所の近くに住む
人間と動物が苦しんでいる無数の病気と
この風力発電所との関連の科学的証拠を更新することです。
風力発電所の停止は、一時的であっても、
この趣旨の司法上の決定がなければ
ありそうもないように思われますが、
現在議論の中心となっているのは、
2つの事業の移転を担当する問題です
。―引用終わり



・2021年1月26日に次の論文をエントリしました。

2021/01/26
<論文:洋上風力発電の海洋生物への影響>
2019年12月17日
カナダ
◇How ‘Blue’ Is ‘Green’ Energy?
「海(ブルー)」はどのくらい「グリーン」エネルギーなのか?

(Trends in Ecology & Evolution|2019年12月17日)
DOI:https://doi.org/10.1016/j.tree.2019.11.002
■A Cell Press
https://www.cell.com/trends/ecology-evolution/fulltext/S0169-5347(19)30320-9
著者:Andrew J. Wright 他
Trends in Ecology & Evolution
VOLUME 35, ISSUE 3, P235-244, MARCH 01, 2020
DOI:https://doi.org/10.1016/j.tree.2019.11.002
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7183.html
―引用
ハイライト:
世界の洋上風力発電容量は、
中国での産業の確立に一部支えられて、
毎年15〜30%増加しています。
世界には90人以上の潮力エネルギー技術開発者がおり、
約半分は電流の流れに垂直な平面内で回転する
水平軸タービンに焦点を合わせています。
200以上の企業が
波力エネルギー変換器の開発を進めており、
最も一般的には、
フロートの垂直方向の動きを電気に変換する点吸収装置です。
建設騒音の影響は比較的よく理解されていますが、
海洋再生可能エネルギー装置の運用による影響は
ほとんどわかっていません。
将来の設置のためにこの知識のギャップに対処するには、
デモンストレーションサイトと
完全な商用プロジェクトでの監視が必要です。
海洋生物に対する設備の直接的および間接的な影響は、
相対的な規模と他の既存の産業からの影響との
相互作用に依存します。

多くの場合、環境に優しいと見なされている
「グリーン」な再生可能エネルギー技術には、
特に喫水線の下で発生するものなど、
見過ごされがちな生態学的コストがあります。
水力発電が淡水および海洋生物に与える影響について
簡単に説明した後、このレビューでは、
海洋再生可能エネルギー装置(MRED)が
水中の海洋生物、特に洋上風力発電所や
海洋エネルギー変換器(潮汐タービンなど)に
与える影響に焦点を当てます。
例として、洋上風力発電所と台湾のウスイロイルカ
(Sousa chinensis taiwanensis)を使用して、
累積的な影響と他の人為的圧力との
相乗的相互作用の両方を検討します。
MREDは間違いなく気候変動の緩和に役立つ可能性がありますが、
さまざまな種や生態系の感度のばらつきは、
MREDの使用の結果を完全に理解するために
厳密なケースバイケースの評価が必要であることを意味します
。―引用終わり



・2021年1月15日に次の論文をエントリしました。

2021/01/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2015年10月12日
ぜひ!→
イラン
◇Impact of wind turbine sound on general health,
sleep disturbance and annoyance of workers: A pilot-study in Manjil windfarm, Iran.
風力タービンの音が一般的な健康、睡眠障害、労働者のアノイアンス/不快感に与える影響:
イランのManjil風力発電所でのパイロット研究。

(Journal of Environmental Health Science and Engineering|2015年10月12日)
https://doi.org/10.1186/s40201-015-0225-8
オープンアクセス
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1186/s40201-015-0225-8
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/s40201-015-0225-8.pdf
著者:Milad Abbasi 他
Journal of Environmental Health Science and Engineering, 13, 71.
https://doi.org/10.1186/s40201-015-0225-8
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7168.html
―引用
要旨:
Background(バックグラウンド):
風力タービンの音は、風力発電所の近くに住む人々の健康に
比例した影響を与えるようです。
この研究は、イランのManjil風力発電所の労働者の
一般的な健康、睡眠、およびアノイアンス/不快感に対する
風力タービンから放出される騒音の影響を調査することを
目的としました。

Materials and methods(マテリアルと方法):
合計53人の労働者がこの研究に参加しました。
仕事の種類に基づいて、
彼らはメンテナンス、セキュリティ、
オフィススタッフの3つのグループに分類されました。
各仕事関連グループでの人の曝露は、
8時間相当の騒音レベル(LAeq、8時間)で測定されました。
労働者からデータを収集するために、
Noise annoyance scale(ノイズ・アノイアンス尺度)、
Epworth sleepiness scale(エプワース眠気尺度/日中の眠気指数)、
および28項目の一般健康アンケートが使用されました。
データは、Multivariate Analysis of variance(MANOVA)test
(多変量分散分析(MANOVA)テスト)、
Pillai’s Trace test(ピライのトレース・テスト)、
Paired comparisons analysis、
and Multivariate regression test
(ペア比較分析および多変量回帰テスト)によって分析されました。

Results and discussion(結果と考察):
結果は、反応変数(アノイアンス/不快感、睡眠障害、健康)が
仕事グループ間で有意に異なることを示しました。
結果はまた、睡眠障害と騒音曝露が
一般的な健康に重大な影響を及ぼしたことを示した。
騒音のアノイアンス/不快感と風力タービンからの距離は、
睡眠障害と労働者の一般的な健康状態の変動の
それぞれ約44.5%と34.2%を大幅に説明する可能性があります。
一般的な健康状態は年齢層によって大きく異なりましたが、
年齢は睡眠障害に大きな影響を与えませんでした。
健康に大きな影響を与えなかったため、
距離については結果が逆になりましたが、
睡眠障害は大きな影響を受けました。

Conclusions(結論):
風力タービンの騒音は、アノイアンス/不快感、睡眠、
健康に直接影響を与える可能性があるという結論に達しました。
このタイプのエネルギー生成は、
風力発電所の労働者に
潜在的な健康上のリスクをもたらす可能性があります。
ただし、この研究の結果を確認するには、さらなる研究が必要です
。―引用終わり



・2021年1月12日に次の記事をエントリしました。

2021年1月12日
<超低周波不可聴音と健康:2021/01/01~調布陥没>
2020年12月28日
調布市
◇「不眠続き避難」「家ずっと揺れ心療内科に」調布の道路陥没、健康被害も深刻

(読売新聞|2020年12月28日)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201228-OYT1T50057/
■おとしん
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7161.html

 東京都調布市の住宅街で、
東日本高速道路などによる東京外郭環状道路の
地下トンネルの掘削工事後に市道が陥没した問題を巡り、
住民団体「外環被害住民連絡会・調布」は27日、
市内で記者会見し、独自に実施した被害状況調査の結果を公表した。
家屋や塀などに被害があったのは58戸で、
振動などの体感被害も100戸を超える規模で確認された。

 調査は今月5日~20日、同連絡会が陥没現場付近の戸建て住宅308戸に
調査票を配布して行い、132戸から回答があった。

 家屋や塀などの構造物に被害があったと
回答したのは58戸で、具体的には複数回答で
「ドア・床の傾き」が19戸、「塀・タイルの変状」と
「コンクリートのひび割れ」が各17戸、「室内のひび」15戸と続いた。

 また、102戸が振動などの体感被害を訴えた。
内訳は複数回答で「振動」95戸、「騒音」72戸、「低周波音」51戸だった。

 自由記述では「音や振動が続いて不眠が続き、実家に避難した」
「ずっと家が揺れ、体調不良で心療内科に通っている」などの声も寄せられた。

 東日本高速道路は今月18日の記者会見で、
家屋被害について補償する意向を示したが、
同連絡会の担当者は「振動などによる健康被害も深刻だ。
家屋被害だけでなく、健康被害や資産価値の低下なども含めた
すべての賠償を求めたい」と話した。



・2020年12月25日に次の論文をエントリしました。

2020/12/25
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2020年12月7日
ぜひ!→
2/2-アイオワ州 マディソン郡
◇“A Madison County, Iowa,
cardiologist’s investigation and response to
industrial wind turbines in the rural residential countryside
regarding concerns of adverse health effects
and exploration of the relevant accompanying larger issues”
アイオワ州マディソン郡、
健康への悪影響の懸念とそれに伴うより大きな問題の調査に関する、
農村部の住宅地における産業用風力タービンに対する心臓専門医の調査と対応

(マニュアル|2020年12月7日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Johnson-health-effects-201207.pdf
著者:W. Ben Johnson, M.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7159.html
―引用
現在のより包括的な健康の定義を観察すると、
IWTSはAHE(健康への悪影響)を
アノイアンス/不快感(軽度から重度まで)として生成し、
通常の睡眠段階の進行を妨げることが示されています。

Austin Bradford Hill卿によって説明されているように、
生物学的妥当性の指標を利用することで、
疫学的目的でWTN(産業用風力タービン)と
AHE(健康への悪影響)の間に「因果関係」を確立できます。
Jerry PunchとRick Jamesが
2016年の包括的なレビュー(本文を参照)で調べたように、
Bradford Hill基準の9つすべてが、
IWTノイズとAHEの関係に関連するものとして
科学文献で特定されています。
・・・・・・・・
最後に、パート#15の最後に、
環境騒音による健康への影響の世界的リーダーと
見なされているMathias Basner, MD, PhDが
社説(2019)を作成し、
騒音が私たちの健康に及ぼす潜在的な影響をレビューしました。
彼は、結論の統計的力を困難にする
現在利用可能な研究におけるより小さな集団の問題を認めた。
彼は、2018年のWHOレポートからの
風切り音ガイドラインデータのどれも
「リスクの欠如」を発見しなかったことを強調しました。
彼はコメントで
「より多くの研究が必要であるという事実は、
私たちが緊急に必要とされている人々の
騒音からの保護を延期することにつながるべきではない」と述べた。
これまでに得た知識は、予防措置を講じ、
それぞれの法的な騒音規制でそれらを実証するのに十分です。

私たちは皆、すべての人がある程度
苦しんでいることを学びました
 –それは人間であることの一部です。
しかし、他人の経済的利益のために影響を受けた市民に
故意に苦しみを強いることは不道徳です。
巨大な「隣人の畑で回転する風車は沈黙している」と仮定し、
IWTが人的危害を引き起こすという「信頼できる証拠はない」という
風力エネルギーのマントラを信じることによって
「精神的に罪悪感から逃れる」ことは、
明らかに無礼で、専門家にふさわしくない、
不道徳で、ひどく無責任です。
私たちはもっとうまくやらなければなりません
。―引用終わり



・2020年12月24日に次の論文をエントリしました。

2020/12/24
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2020年12月7日
ぜひ!→
1/2-アイオワ州 マディソン郡
◇“A Madison County, Iowa,
cardiologist’s investigation and response to
industrial wind turbines in the rural residential countryside
regarding concerns of adverse health effects
and exploration of the relevant accompanying larger issues”
アイオワ州マディソン郡、
健康への悪影響の懸念とそれに伴うより大きな問題の調査に関する、
農村部の住宅地における産業用風力タービンに対する心臓専門医の調査と対応

(マニュアル|2020年12月7日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Johnson-health-effects-201207.pdf
著者:W. Ben Johnson, M.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7158.html
―引用
▼Purpose of this manual(このマニュアルの目的)
このマニュアルでは、
質問や懸念を明確にして解決するために、
最初は自分自身のために情報を収集しました。
答えが明らかになると
(確かに見つけ、明確にし、統合するのは困難ですが)、
この「侵入」がどのように起こったかの話が明らかになり、
それをあなたと共有します。
このマニュアルは、後で、産業用風力タービンの
近くに住むことに関連する可能性のある健康上のリスク
(2020年に知られている)を疑問視する
すべての人のためのリソースとして役立つことを願っています。

この情報の収集には数年かかりました。
風力産業が郡の許可を取得するプロセスは、
文字通りわずか数週間で「急いで」行われ、
この情報は、その性急なタイムラインを考えると、
事実上入手できません。

このマニュアルでは、私は、産業用風力タービン(IWT)が、
かつては静かだった農村部の住宅地域の住宅地の近くにあると、
健康に悪影響を与えるという私の意見を裏付ける証拠を提示します。
潜在的な深刻な健康への影響を超えて
…私たちは皆、塔の高いところに取り付けられた
これらの巨大な振動ブレードが私たちの個人的、社会的、
環境的コミュニティに与える影響を
完全に理解し、注意深く考える必要があります。
・・・・・・・
▼World Health Organization comments on wind turbines (2018 report)
風力タービンに関する世界保健機関のコメント(2018年のレポート)


セットバック距離(例:1500フィート)
またはLeqの平均騒音レベルとして
45〜50 dBAの以前の規制パラメーターは、
人間の健康への悪影響を保護しません。
それらは、変動する可聴
およびILFN音響エネルギーを考慮していません。
– これらはAHE(健康への悪影響)、
またはそれらのプロパティ上の
参加していない住居の場所に関連付けられています。

風力発電業者がタービンを設置する場合、
変動する音の放出の期間中に
プロジェクトがこれらの騒音制限のいずれかを超えないか、
「コンプライアンス違反」になることを確実にするために、
設計安全率を含める必要があります。
可聴およびILFNの伝搬/減衰、
またはコンピューターモデリングの精度について不確かな場合は、
居住者に害を及ぼす可能性を完全に排除するために、
距離を大きく離すか、
より静かな風力タービンのメーカーとモデルを使用する必要があります。
音の限界は居住者を保護するために注意深く定義されており、
産業の発展を促進するための妥協を反映するべきではありません。
居住者に危害をもたらす不遵守または制限の緩い騒音制限は、
合理的な「collateral damage/巻き添え被害」として
受け入れられません。
注目すべきことに、George Hesslerは、
主な特性として変動音を持たない産業ソースからの
低周波ノイズ放出について、
住宅コミュニティでのdBC基準を提案した
2004年の論文を公開しました。
―引用終わり



・2020年12月23日に次の論文をエントリしました。

2020/12/23
<論文-風車と睡眠>
2020年3月25日
ぜひ!→
スウェーデン
◇A Laboratory study on the effects of wind turbine noise on sleep:
results of the polysomnographic WiTNES study
風力タービン騒音の睡眠への影響に関する実験室研究:睡眠ポリグラフWiTNES研究の結果

(Sleep|2020年3月25日)
doi: 10.1093/sleep/zsaa046
オープンアクセス
■Oxford University Press
https://academic.oup.com/sleep/article/43/9/zsaa046/5811422
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/sleep-lab-study-2020.pdf
著者:Michael G Smith 他
Sleep, Volume 43, Issue 9, September 2020, 1–14
zsaa046,
https://doi.org/10.1093/sleep/zsaa046
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7156.html
―引用
要旨:
Study Objectives(研究の目的):

睡眠に対する風力タービン騒音(WTN)の
生理学的および自己申告による影響を評価します。

Methods(メソッド):
睡眠ポリグラフ検査、心電図検査、唾液コルチゾール、
および質問票のエンドポイントを使用した実験室睡眠研究
(n = 50人の参加者:風力タービンの近くに住むn = 24、
参照グループとしてn = 26)。
3連泊(23:00–07:00):
1回の慣れに続いて、ランダム化された静かなコントロールと、
合成された32 dB LAEqWTNによる介入夜。
WTNの夜のノイズは、閉じた窓と半開きの窓、
および低振幅変調深度と高振幅変調深度をシミュレートしました。

Results(結果):
WTNの夜には、より長いレム睡眠(+16.8分)と
より少ないレム睡眠(-11.1分、-2.2%)がありました。
客観的な睡眠の他の測定値は、
睡眠障害の主要な指標
(睡眠効率:コントロール86.6%、WTN 84.2%;
入眠後の覚醒:コントロール45.2分、WTN 52.3分;
覚醒:コントロールn = 11.4、WTN n = 11.5)
またはコルチゾール覚醒反応を含み
夜の間で有意差はありませんでした。
自己申告による睡眠は、
WTNの夜の後に一貫して悪化すると評価され、
風力タービンの近くに住む個人は、
対照群とWTNの夜の両方で
参照グループよりも自己申告による睡眠が悪化しました。

Conclusions(結論):
振幅変調された連続WTNは、
自己評価および生理的睡眠のいくつかの側面に
影響を与える可能性があります。
実験室の外でこれらの発見を一般化するために
将来の研究が必要であり、より多くの暴露夜を含み、
可能な馴化または感作をさらに調べるべきである。
―引用終わり



2019/12/29
<超低周波不可聴音と健康>
2019年6月17日
ぜひ!→
アイオワ州
◇Industrial Wind Turbines and Adverse Health Effects:
A Madison County, Iowa Cardio!ogist's view of the data
産業用風力タービンと健康への悪影響:
マディソン郡、データに対する心臓専門医の見解

■WINDWATCH
https://docs.wind-watch.org/Dr-Ben-Johnson-Presentation-Madison-County-IA.pdf
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6705.html
著者:W. Ben Johnson, M.D. (ベン・ジョンソン、医学博士)
―引用
私は、住民をIWTにさらすことは
職場でのアスベスト曝露と中皮腫の将来の発生の可能性に
類似していると考えています。
その関係は疑わしいものでしたが、後に確認されました。
認定されたAHE(健康への悪影響)での
アスベストの継続使用は違法であり、
訴訟を通じて補償的損害賠償の対象となることが判明しました。

関連するリスクをより定量化できるようになれば、
居住者の近くに置かれたIWTノイズ放射の
長期曝露によって引き起こされる
過剰な心臓血管死亡率と罹患率について、
風力エネルギーが最終的に責任を負う可能性があると思います。

現在、風力エネルギーは、
他の点ではコンセンサスが得られているにもかかわらず、
関連性があるかもしれないと認めることに抵抗しています。
その関連性は非常に可能性が高いため、
一部の科学者は、
インフォームドコンセントに基づく同意が
隣接して生きることを強制される人々から
倫理的に必要とされるどうかという問題を提起しました。
....その場合、立地の距離はすぐに大きくなります
(そして私たちの将来のコミュニティはより健康になります)。

これまでのデータは、最終的に、
IWTがAHEを直接引き起こすと述べるほど堅牢ではありませんが
データは、主にアノイアンス行為や
睡眠障害によって生じるストレス反応を介した
無数の心臓血管疾患への因果関係の可能性を裏付けています。
反対に、風力エネルギー産業は、
IWTへの曝露とその放射音が
現在実装されている距離(1500フィート)で安全であること、
および現在の実装が(世界保健機関の説明どおり)
健康のための必要条件を守っていることを示したことはありません

※ 1500フィート = 457.2 メートル―引用終わり



・2019年12月26日に次の論文をエントリしました。

2019/12/26
<WHO欧州地域の環境騒音ガイドライン (2018)>
2018年10月17日
◇World Health Organization: Wind Turbine Noise as a Health Hazard
(opening recognition likely to lead to more acknowledgement)
世界保健機関:健康被害としての風力タービン騒音
(より多くの承認につながる可能性がある始めの認識)

(Master Resource|2018年10月17日)
https://www.masterresource.org/wind-turbine-noise-issues/wto-wind-turbine-noise-as-a-health-hazard/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6699.html
―引用
「風力産業は、風力タービンと睡眠障害を直接結びつけ、
世界中の人間と動物への悪影響につながる証拠を否定し、
無視しました。
WHOの新しいガイドラインが、
この継続的な苦しみを排除しないにしても
軽減するための新しい基準を生み出すことを期待しています。」

「風力タービンでの環境騒音の負担は、
偶発的でもランダムでもありません:
その影響の大部分は、一定で容赦ないものです…。
これは非常に大きな否定できない
健康上のプレッシャーです。」

要旨:
「条件付き」の承認のみが、
脈動(スティーブンクーパー(Steven Cooper)が
呼んでいるような衝撃的な振幅の変更)
およびILFN(超低周波音および低周波ノイズ)
に与えられますが
新しい世界保健機関の報告書は、
世界中の産業用風力発電設備からの健康への影響を
管理する現在のdB規制の失敗を強調しています。

他の反論の余地のない結論は、
風力産業は非常に長い間、
睡眠不足(および関連疾患)の形で傷つける
計り知れないライセンスで
利益への規制の道を与えられているということです。

『Master Resource』は、風力タービンに関する
オーストラリア上院選考委員会※の
調査結果について以前に報告しました(2015年6月29日)。

この裁判所は、風力タービンの騒音に起因する
病気への直接の経路があることを確立しました。
―引用終わり



・2019年12月25日に次の文書をエントリしました。

2019/12/25
<超低周波不可聴音と健康>
2012年11月26日
ぜひ!→
ハワイ州
◇Bad vibrations: Health hazards of geothermal and wind turbine noise
悪い振動:地熱および風力タービンの騒音の健康被害

(Hawaii Reporter | 2012年11月26日)
http://www.hawaiireporter.com/bad-vibrations-health-hazards-of-geothermal-and-wind-turbine-noise/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6697.html
―引用
VADは、低周波ノイズへの曝露時間の長さに基づいて、
3段階に分けることができます。

I期は軽度で、1〜4年の暴露後に発生します。
軽度の気分変動、消化不良および胸焼け、
口/咽喉感染、気管支炎を引き起こします。

II期は中等度であり、4〜10年の暴露後に発生します。
胸痛、明確な気分のむら、背中の痛み、疲労、
真菌、ウイルス性および寄生性の皮膚感染、
胃の内壁の炎症、排尿時の痛み、尿中の血液、結膜炎、
およびアレルギーを引き起こします。

III期は重症であり、LFNへの10年以上の曝露で発生します。
精神障害、鼻粘膜、消化管、結膜の出血、鼻出血、静脈瘤、
痔疾、十二指腸潰瘍、痙性大腸炎、視力低下、頭痛、
激しい関節痛、激しい筋肉痛、神経障害を引き起こします。

低周波ノイズが軍隊によって武器として使用されることは
驚くべきことではありません。

結論:地熱および風力エネルギーの生産は、
低周波騒音公害を引き起こします。
LFNへの暴露は、病気や死を引き起こす可能性があります。
これらのLFNは現在、
政府規制当局および公衆衛生当局によって
認識、測定、または検討されていません。
この公害を引き起こす公益企業は、それを測定しません。
これらの技術とそのノイズの多い隣接地を拡大する計画は、
公衆衛生の脅威をもたらし、
また、絶滅危惧種とその重要な生息地を含む野生生物を脅かし、
生態系を劣化させる可能性があります。
―引用終わり




・2019年12月24日に次の論文をエントリしました。

2019/12/24
<論文-超低周波不可聴音 2019/07/01~>
1999年10月
ポルトガル
◇Vibroacoustic disease; the need for a new attitude towards noise
振動音響疾患; 騒音に対する新しい考え方の必要性

(Public Participation and Information Technologies 1999|1999年10月)
■FracDallas
http://fracdallas.org/docs/VAD1.html
■Waubra Foundation
https://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2014/08/
Alves-Pereira-Castela-Branco-Vibroacoustic-Disease-Need-For-New-Attitude-Towards-Noise.pdf
著者:Alves-Pereira M and Castelo Branco NAA.
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6695.html
―引用
要旨:
バックグラウンド。
環境問題に対する国民の認識における情報技術の重要性は、
新しい職業病が特定されたときに特に明確になります。
これは確かに、特に耳に関係のない
全身の騒音による病理である振動音響疾患(VAD)の場合です。

問題。
VADの社会的および経済的コストは驚異的であり、
環境騒音評価はVADを引き起こす騒音に
ほとんど注意を払っていないという事実によって
継続的に悪化しています-低周波(LF)騒音(* 500 Hz)、
主に聴覚障害を引き起こすものに焦点を当てています 。
誤った仮定は、
これらの不完全なノイズ評価要件を正当化します:
ノイズは耳にのみ影響します。
したがって、すべての騒音保護対策と評価手順は、
聴覚システムに影響を与える周波数(* 500 Hz)のみに
焦点を当てています。

ソリューション。
LFの大きな波長(メートル単位)を考えると、
LFノイズに対する物理的な保護は実行できません。
臨床的に重篤な段階へのVADの進化を防ぐことは実行可能です。
要件は2つあります。
a)求職者および被ばくした個人のエントリーレベルおよび毎年の心エコー図;
b)労働者、産業医、および経営者の教育。
すべての騒音評価にLFを含めることが緊急に必要です。
そして、この遍在する環境危険[災害]に対する予防医学を使用します。
ただし、これは十分な情報に基づいた
一般の人々の積極的な参加によってのみ達成できます
。―引用終わり



・2019年11月24、25、26日に次の記事をエントリしました。

2019/11/24
<1/3-超低周波不可聴音と健康>
2016年8月6日
ぜひ!→
オーストラリア
◇1/3-Heath Effects from Industrial Wind: Australian Testimony (Part II: Dr. Sarah Laurie)
産業風力による健康への影響:オーストラリアの証言(パートII:サラローリー博士)

(Master Resource|2016年8月6日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/au-testimony-laurie-ii/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6635.html


2019/11/25
<2/3-超低周波不可聴音と健康>
2016年8月6日
ぜひ!→
オーストラリア
◇2/3-Heath Effects from Industrial Wind: Australian Testimony (Part II: Dr. Sarah Laurie)
産業風力による健康への影響:オーストラリアの証言(パートII:サラローリー博士)

(Master Resource|2016年8月6日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/au-testimony-laurie-ii/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6637.html


2019/11/26
<3/3-超低周波不可聴音と健康>
2016年8月6日
ぜひ!→
オーストラリア
◇3/3-Heath Effects from Industrial Wind: Australian Testimony (Part II: Dr. Sarah Laurie)
産業風力による健康への影響:オーストラリアの証言(パートII:サラローリー博士)

(Master Resource|2016年8月6日)
https://www.masterresource.org/windpower-health-effects/au-testimony-laurie-ii/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6639.html
―引用
「放出される超低周波および低周波ノイズのレベルで
害の証拠がないというふりをしてきました。
これは真実ではありません。
30年前にNASAと米国エネルギー省が実施した
広範な研究があります。
それは、睡眠障害と
婉曲的に「アノイアンス/不快感」と呼ばれる
生理学的効果の直接的な因果関係を確立しました。」
–サラローリー博士(Dr. Sarah Laurie)、
Waubra Foundation CEO。
2015年6月29日、風力タービンに関する
オーストラリア上院選考委員会での証言。
―引用終わり



・2019年11月17日に次の論文をエントリしました。

<超低周波不可聴音と健康>
2013年10月19日
ぜひ!→
3/3-マサチューセッツ州、オーストラリア
◇Laurie, S. Wind Turbine Noise, Adverse Health Effects and Professional Ethics
ローリー、S。風車騒音、健康への悪影響と職業倫理

(Waubra Foundation|2013年10月20日)
https://waubrafoundation.org.au/resources/
laurie-s-wind-turbine-noise-adverse-health-effects-and-professional-ethics/
■PDF 全文
https://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2013/10/
LaurieS-9-Oct13-Address-Falmouth-Human-Rights-Conference.pdf
Sarah Laurie’s Address for the Human Rights Conference, Falmouth USA, October 2013
2013年10月、米国ファルマスの人権会議に向けたサラローリーの演説
“Wind Turbine Noise, Adverse Health Effects & Professional Ethics”
「風車騒音、健康への悪影響、職業倫理」


1/3-2019/11/15
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6617.html
2/3-2019/11/16
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6619.html
3/3-2019/11/17
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6621.html



・2019年11月14日に次の論文をエントリしました。

2019/11/14
<論文-風力発電所の振動と人間の知覚>
1982年4月28日
米国
◇Noise Induced House Vibrations and Human Perception *
騒音による住宅の振動と人間の知覚

https://doi.org/10.3397/1.2827592
著者:Harvey H. Hubbard
■Waubra Foundation
https://waubrafoundation.org.au/wp-content/uploads/2013/08/
Hubbard-1982-Noise-Induced-House-Vibrations-airports.pdf
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6615.html
―引用
要旨
騒音に対するコミュニティの対応の1つの側面には、
家の中の人々が含まれます。
家の構造物には、ノイズによって容易に励起され、
結合できる多くのコンポーネントがあるため、
複雑な振動システムとして応答します。
これらの動的な応答は、
家の中の観察者の環境に影響を与えるため、重要です。
このノイズによって引き起こされた
ハウス励起問題の性質を図1に示します。
家の中にいる人は、次の現象によって
家の外表面のノイズの衝突を感知できます:
構造を介して外部から内部に伝達されるノイズ
(参考文献1-6を参照);
床、壁、窓などの建物の主要コンポーネントの振動
(参考文献2、3、7および8を参照);
皿、装飾品、棚などの主要部品の振動によって
動かされる物体のがたつき
(参考文献2、3、および9を参照);
極端な場合には、石膏やタイル、家具などの二次構造の損傷
(参考文献7を参照)。

本稿の目的は、空中騒音の励起による
住宅の振動応答に関する利用可能なデータを要約し、
環境騒音の人間の知覚の問題における
そのような振動の役割を定義することです。
ここに含まれる建物の応答データは、
主に航空機の騒音、ヘリコプターの騒音、
ソニックブームのフライオーバーテストから得られます。
関連する調査結果は、空中騒音成分が
地震成分と比較して大きいあらゆる状況に
直接適用されると考えられています。
本稿のマテリアルは参考文献10のアペンディックスとして
最初に開発されました
そして、大型風力タービン発電機の
コミュニティ騒音評価に適用されています。
道路や鉄道の交通の場合と同様に、
家の構造物の地震励振が重要になる可能性がある状況では、
本稿の応答データが不十分になる可能性があります。
―引用終わり



・2019年11月12日に次の論文を再エントリしました。

2018/02/18、再2019/11/12
<論文:超低周波不可聴音>
1985年2月
ぜひ!⇒
米国
◇Acoustic Noise Associated with the MOD-1 Wind Turbine: Its Source, Impact, and Control
MOD-1風力タービンに伴う音響騒音:音源、インパクト、コントロール

(1985年2月)
■Kelley et al 1985 Acoustic Noise Associated with the MOD 1 Wind Turbine
http://waubrafoundation.org.au/resources/
kelley-et-al-1985-acoustic-noise-associated-with-mod-1-wind-turbine/
PDF
https://tethys.pnnl.gov/publications/
acoustic-noise-associated-mod-1-wind-turbine-its-source-impact-and-control
https://docs.wind-watch.org/Kelley-et-al_-Noise-MOD-1-wind-turbine-source-impact-control.pdf
著者 :Kelley, N.D. 他
■おとしん機械翻訳(1回目のエントリー<論文:超低周波不可聴音>)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5242.html
■おとしん機械翻訳(再-<論文:超低周波不可聴音 2019/07/01~>)
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6611.html
―引用
序文
このレポートには、
ノースカロライナ州ブーン近くに設置された
DOE / NASA MOD-1風力タービンの動作に関連した
音響障害の可能性
および改善の可能性を確立するために実施された
ソーラーエネルギー研究所
およびその下請け業者のスタッフによる
広範な調査がまとめられています。

結果は、この音響的アノイアンス(いらだたしさ)の
最も有力な原因は、大きな円筒形タワー支持体の
リーウェイクを通過する際に、
タービンブレードに与えられる
過渡的な「非定常空気力学的揚力」であることを示した。

近くの住民は、申立人が住んでいた構造物に伝播する
低周波の音響インパルスに悩まされました。
この状況は、地形と大気の集中によって制御される
複雑な音伝搬プロセスによってさらに悪化しました。
急激で不安定なブレード負荷過渡現象を低減するための
いくつかの技術が研究され、議論されている
。―引用終わり



・2019年11月09日に次の論文を再エントリしました。

2019/02/11
<論文-超低周波不可聴音 2019/01/01~>
2014年4月6日
ぜひ!→
ポルトガル
◇Reply to:
How the factoid of wind turbines causing ‘vibroacoustic disease’ came to be ‘irrefutably demonstrated’
次の文書へ返答する:「振動音響病」を引き起こす風力タービンの虚偽が、
どのようにして「反駁できないほどに証明される」ようになったのか

■Wind Watch
https://docs.wind-watch.org/Alves-Pereira-Castelo-Branco-Chapman.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira(マリアナ・アウベス-ペレイラ)、Nuno A. A. Castelo Branco
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6006.html
―引用
振動音響病(VAD)の主任研究者として、
私たちはChapmanらの論文を知っています[1]。
私たちの仕事はかなり誤って伝えられ誤解されていました。
したがって、訂正と説明が必要です。
・・・・・
LFNで汚染された住宅は
公衆衛生上の重大な懸念事項であり、
LFNが豊富な環境では
休むことなく住む人間や動物でかなりの健康悪化が
観察される可能性があるということを
私たちはあらためて表明します。
2013年5月30日、ポルトガル最高裁判所は、
最初2006年に建設された4つのWTの撤去を決定しました
。―引用終わり



・2019年10月17日に次の記事をエントリしました。

2019/10/17
<超低周波不可聴音と健康>
2019年1月10日
ぜひ!→
フィンランド
◇Pilot study shows no significant reduction in damage caused by infrasound
until more than 15 kilometers from wind farms
パイロット研究では、風力発電所から15キロメートル以上離れるまで、
超低周波音によって起こされるダメージの大幅な減少は見られません

(Suomen ympäristöterveys (Finnish Environmental Health)|2019年1月10日)
https://syte.fi/2019/01/10/pilottitutkimus-osoittaa-infraaaanihaitan
-vahenevan-merkittavasti-vasta-yli-15-kilometrin-paassa-tuulivoimaloista/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6559.html
■Pilot Study SYTe 2016 – WindWatch.org
https://www.wind-watch.org/news/2019/01/18/pilot-study-shows-no-significant
-reduction-in-damage-caused-by-infrasound-until-more-than-15-kilometers-from-wind-farms/
―引用
▽夜に起こる障害は、超低周波音によって引き起こされる典型的な症状です
基本的な研究の質問は、
家族が過去6か月または1年以内に
健康状態の変化に気づいたかどうかでした。
時間に関する質問の文言は、
最も近い風力タービンの影響がいつ始まったかに
依存していました。
インタビュー対象者は、
風力タービンとの接続の可能性について
事前に知らされていませんでした。
–回答者の大半は、全体的な健康状態の変化に
名前を付けることができませんでした。
しかし、彼らは別々の症候性の質問に対して
多くの反応を示した、とMehtätalo氏は言う。
–最も典型的なものは、
睡眠障害または夜の睡眠、疲労、
さまざまな痛みのニーズの変化でした。
ごく少数、一部の回答者のみ、
風力発電所が 考えられる原因として検討されました
。―引用終わり



・2019年10月14日に次の記事をエントリしました。

2019/10/14
<超低周波不可聴音と健康>
2018年1月15日
フィンランド
◇Infrasound Measurements of Wind Turbines in the Ilmajoki Region.
Ilmajoki地域の風力タービンの超低周波音測定

(Auniogroup|2018年1月15日)
https://www.auniogroup.com/en/2018/01/15/ilmajoen-alueen-tuulivoimaloiden-infraaanimittaukset/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6552.html
―引用
「風力発電所はこの地域を工業地帯に変えています。」
測定により、風力タービンの超低周波音が
風力タービンの周囲の広い範囲に広がることが
明らかに示されました。
特に風下では、発電所から
数十キロメートルで超低周波騒音を検出できます。
また、風力タービンによって引き起こされる超低周波騒音と、
過去2017年に人々が経験した症状との関係も調査しました。
ウインドファームの開始後に
健康症状が始まった人が調査に参加しました。
私たちは、人々が抱える症状の種類に関する
一時的な情報を収集しました。
この研究の参加者は、
風車によって生成される超低周波音と
症状の時間的関係をマッピングするために、
症状の日記を維持しています。
最も一般的な症状は、
頭痛、睡眠の問題、耳鳴り、高血圧と心臓の症状です。
この研究の目的は、使用した研究方法が
風力タービンの健康への影響の研究に
適しているかどうかを判断することでした。
計画を準備する過程で、イルマヨキ評議会は、
風力プロジェクトの進行中に、州の近々行われる
超低周波音健康影響調査の結果を待つことを決定しました。
責任ある意思決定者が、
風力発電所建設の環境と住民に
まだ未解決のリスクがあるという事実を
認識しているのは良いことです
。―引用終わり



・2019年10月8日に次の論文をエントリしました。

2019/10/08
<超低周波不可聴音と健康>
2011年9月22日
スウェ-デン
◇Infrasound and low frequency noise from wind turbines: Exposure and health effects.
風力タービンからの超低周波音および低周波ノイズ:曝露と健康への影響。

(Environmental Research Letters|2011年9月22日)
DOI: 10.1088/1748-9326/6/3/035103
フリーフルテキスト
■iopscience
https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1748-9326/6/3/035103/meta
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
231062171_Infrasound_and_Low_Frequency_Noise_from_Wind_Turbines_Exposure_and_Health_Effects
著者:Bolin K, Bluhm G, Eriksson G, Nilsson ME
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6537.html
―引用
要旨
風力タービンは低周波ノイズ(LFN)を放出し、
一般に大型タービンは
小型タービンよりも多くのLFNを生成します。
LFNの主な原因は、流入する乱流とブレード間の相互作用です。
測定により、屋外レベルが正面暴露の対応する
ガイドラインを超えない限り、
住居内のLFNの屋内レベルは
通常推奨ガイドライン値内にあることが示唆されています。
3つの横断アンケート調査では、
風力タービンの騒音による不快感は
放出レベルに関連していることが示されていますが、
低周波騒音以外のいくつかの説明が考えられます。
3つの研究のうち2つで、
騒音レベルと自己申告による睡眠障害との
統計的に有意な関連性が見つかりました。
風力タービンからのLFNは他の、
より深刻な、健康上の問題を引き起こすことが
示唆されていますが、
これらの主張に対する経験的なサポートは不足しています
。―引用終わり



・2019年10月7日に次の論文をエントリしました。

2019/10/07
<論文-超低周波不可聴音 2019/07/01~>
2014年4~6月
ぜひ→
英国
◇Low frequency noise and annoyance.
低周波ノイズとアノイアンス

(Noise and Health|2014年4~6月)
フリーフルテキスト
■Noise and Health
http://www.noiseandhealth.org/
article.asp?issn=1463-1741;year=2004;volume=6;issue=23;spage=59;epage=72;aulast=Leventhall
著者:Leventhall HG
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6535.html
―引用
要旨
周波数範囲が約10Hzから200Hzの低周波ノイズは、
特に家庭の敏感な人々にとって、
特別な環境ノイズの問題として認識されています。
アノイアンス/不快感を評価する従来の方法は、
通常はA加重の同等レベルに基づいており、
低周波ノイズには不十分であり、
規制当局による誤った決定につながります。
低周波ノイズによる
アノイアンス/不快感の実験室測定は多数あり、
それぞれスペクトルとレベルが異なるため、
比較は困難ですが、
主な結論は、低周波のアノイアンス/不快感が
レベルとともに急速に増加することです。
さらに、A加重レベルは
低周波ノイズの影響を過小評価しています。
低周波ノイズに対する学習嫌悪の可能性があり、
規制当局から同情的な治療を受ける可能性のある
アノイアンス/不快感やストレスにつながります。
特に、ハムの問題はしばしば未解決のままです。
概算では、人口の約2.5%が低周波数のしきい値を持ち、
これは平均しきい値より少なくとも12dB感度が高く、
EU-15諸国の50〜59歳のグループのほぼ1,000,000人に相当します。
これは多くの苦情を生み出すグループです。
一部の国では低周波ノイズ固有の基準が導入されていますが、
変動に適切に対処していません。
基準の検証が、
限られた範囲のノイズと被験者に対して行われています
。―引用終わり



・2019年9月29日に次の記事をエントリしました。

2019/09/29
<化学物質~SF 6(六フッ化硫黄)>
2019年9月13日
ぜひ!→
英国
◇Electrical industry’s ‘dirty secret’ boosts warming
電気産業の「誰にも言えないような秘密」が温暖化を促進

(BBC NEWS|2019年9月13日)
https://www.bbc.com/news/science-environment-49567197
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6514.html
―引用
「再生可能プロジェクトは
どんどん大きくなっているので、
特に風力タービン内で
それを使用しなければなりませんでした」と、
SF6をタービンで使用しない
新しいEast Anglia風力発電所の
『Scottish Power Renewables』のエンジニアである
Costa Pirgousis氏は述べています。
「ますます多くのタービンを投入するにつれて、
ますます多くのスイッチギアが必要になり、
その結果、より多くのSF6が
オフショアの大きなタービンに導入されています。」
・・・・・・
▽なぜこれが禁止されていないのですか?
SF6は、Fガスとして知られる
人間が生成する物質のグループに属します。
欧州委員会は、2014年に、冷凍および空調のガスを含む
これらの環境的に有害な物質の多くを禁止しようとしました。
しかし、彼らはヨーロッパ中の産業からの強い反対に直面しました。
「結局、電気業界のロビーは強すぎたので、
彼らに屈服しなければなりませんでした」・・・・・
―引用終わり



・2019年6月10日に次の論文をエントリしました。

2019/06/10
<超低周波不可聴音と健康>
2016年10月19日
ドイツ/オープンアクセス
◇Aftereffects of intense low-frequency sound on spontaneous otoacoustic emissions:
Effect of frequency and level.
自発耳音響放射に対する強い低周波音の影響:周波数とレベルの影響

(J Assoc Res Otolaryngol|2016年10月19日)
■NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5243261/
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10162-016-0590-8
著者:
Jeanson, L., Wiegrebe, L., Gu"rkov, R., Krause, E., & Drexl, M. (2017).
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6275.html
―引用
要旨
人間の耳に強い低周波(LF)サウンドを提示すると、
LFサウンドがオフセットされた後、
非常にゆっくりとした正弦波の蝸牛感度が
発生することがあり
「バウンス」現象を作り出しました。
自発耳音響放射(SOAE)のレベルと周波数の変化は、
バウンスの敏感な尺度です。

ここでは、LFの音量と周波数が
バウンスに与える影響を調べました。
具体的には、90秒のLFサウンド曝露の前後の
SOAE(自発耳音響放射)のレベルを数分間追跡しました。
いくつかのLFサウンドレベル(固定周波数30 Hzで
47から75フォーンに対応する93から108 dB SPL)と
異なるLFサウンド周波数(80フォンの固定音量レベルで
30、60、120、240、および480 Hz)で試験が行われました。

30 HzのLFサウンド周波数では、
102 dB SPL(64ホン)の最小サウンドレベルで、
大きなバウンスを引き出すのに十分でした。

しかし一部の被験者では、
使用されている最低レベルである
93 dB SPL(47 phons)で
バウンス現象を引き出すのに十分であり、
実際のしきい値はさらに低い可能性があります。

LF音の周波数を変えて測定したところ、
LF音の周波数が上がるにつれて
バウンス現象が緩やかに減少しました。
これは、バウンスの強さが
SOAE(自発耳音響放射)とLF音の周波数の間の
スペクトル分離の単純な関数であるだけでなく、
おそらくは
有毛細胞受容体電位のAC成分の大きさに関連する
絶対LF音の周波数にも依存することを示します。
―引用終わり




・2019年4月13日に次の記事をエントリしました。

2019/04/13
<11-フランス:風力タービンに関する問題>
2019年3月28日
ぜひ!→
11-フランス
◇French farmers claim cows are dying due to turbines and solar panels
フランスの農民は、牛がタービンと太陽電池パネルのために死んでいると主張する

(Farminguk|2019年3月28日)
https://www.farminguk.com/news/
French-farmers-claim-cows-are-dying-due-to-turbines-and-solar-panels_51660.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6160.html
―引用
不可解な牛の死によって、
あるコートダムール(Côte d’amour)の農家は
名前のない会社に対して訴訟を起こすことになりました
―引用終わり




・2019年4月14日に上記の記事に関連して次の論文を再エントリしました。

2017-01-17/再2019年4月14日
<論文:超低周波不可聴音>
2011年9月30日
全文公開
ぜひ!⇒
カナダ
◇Wind Turbines Make Waves: Why Some Residents Near Wind Turbines Become Ill
風力タービンは騒ぎを起こす:風力タービンの近くに住む一部の住人がなぜ悪化するのか

(Bulletin of Science, Technology & Society|2011年9月30日‐オンライン)
http://www.stetzerelectric.com/havas-colling-wind-article/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html
著者r(s): Dr. Magda Havas, BSc, Ph.D.  他
―引用  
要約:風力タービンの近くに住む人々は、
以下のいくつかの組み合わせを含む症状を訴えます:
疲労感、うつ病、過敏性、攻撃性、認知機能障害、胸痛/圧迫、頭痛、
関節痛、皮膚刺激、吐き気、めまい、耳鳴り、ストレスなどがある。

これらの症状は、風力タービンが
騒音と超低周波不可聴音の形で発生する圧力(音)波に起因しています。

しかし、風力タービンは、低質な電気(dirty electricity)
および接地電流(ground current)の形で電磁波を生成し
電気的に過敏である人に悪影響を及ぼすことがあります。

実際、上記の症状は電磁波過敏症と一致しています。
音と電磁波の両方の感受性は個人によって異なり、
なぜ同じ家庭の誰もが同様の影響を経験しないのか
その理由を説明することができます。

風力タービンの健康への悪影響を緩和する方法が提示されます
。―引用終わり

----------------------------------

Chapman, S., & Crichton, F. (2017).
Wind turbine syndrome: A communicated disease.
風力タービン症候群:伝染病
Sydney, Australia: Sydney University Press.

2018/01/30
<論文-超低周波不可聴音> oco18-80
2017年12月1日
ぜひ!⇒
オーストラリア
◇Waubra Foundation Statement re Simon Chapman & Fiona Crichton’s Book
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトンの本に関するワアブラ財団(Waubra Foundation)のステートメント

(Waubra Foundation|2017年12月1日)
http://waubrafoundation.org.au/2017/
waubra-foundation-statement-re-simon-chapman-fiona-crichtons-book/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5194.html
サイモン・チャップマンとフィオナ・クライトン共著
“Wind Turbine Syndrome: a Communicated Disease” に対するステートメントが
Waubra Foundation様より出されました。
その機械翻訳を2018年1月30日に拙ブログにエントリしました(2018/01/30)。
特に被害者の方にお読みいただけると幸いです。


これ以前の論文は、拙ブログの各論文のカテゴリをご参照ください。
・または、以下の
*2020年4月24日
*2020年5月29日
*2020年6月30日
*2020年7月31日
*2020年9月18日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6974.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6855.html
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6884.html

*2020年11月04日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7083.html
*2020年12月01日の拙ブログエントリーをご参照下さい。
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7083.html
*2020年12月25日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7127.html
*2021年1月29日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7167.html
*2021年3月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7191.html
*2021年4月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7233.html
*2021年4月28日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7233.html
*2021年6月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7323.html
*2021年7月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7394.html
*2021年8月2日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7399.html
*2021年9月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7442.html
*2021年11月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7538.html
*2021年12月1日
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7550.html



 (おとしん:若林)



=======================================

【お知らせ】



・懇親会について
 ご本人様確認等を兼ねて
 顔合わせ1回目は飯田橋に参加していただいています。
 ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

・初めて参加される方は、被害状況等の資料をご持参ください。


・メール相談を行っています。

拙ブログ管理人の都合により
メール相談はしばらく中止させていただきます。
直接、飯田橋にご参加いただければ幸いです。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。


---------------------------------------------------


New!⇒


※ 昨今の事情により3月29日(日)は中止になりました。
次回の日程は、決まり次第お知らせいたします。
よろしくお願いいたします。

(おとしん 若林)




次回の懇談会は2020年3月29日(日)に決定しました。



場所:飯田橋 東京ボランティアセンター10階 会議室C
日時:2020年3月29日(日)

   会場オープン 午前10時00分
   開始       午前10時00分
   終了      午後12時00分


参加費: 500円(当日のお茶代を含みます)

場所:
東京ボランティア・市民活動センター
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
セントラルプラザ10階
会議室C


アクセス・地図:
◆所在地──東京ボランティア・市民活動センターへのアクセス方法
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

・センター付近の地図
http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif

JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階です。

・JRをご利用の場合
飯田橋駅西口を出たら右に曲がり、右側前方のビルがセントラルプラザです。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

・地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線) をご利用の場合
「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。


おとしんアップキープ  若林      

<メールアドレス>
otosin2011▼gmail.com
▼マークを@にかえてご送信ください。
※ 休止中です

---------------------------------------------
エコキュート取り扱い業者の方へ
家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
---------------------------------------------


◇家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックについて
(社)日本冷凍空調工業会ホーム>関連製品>家庭用ヒートポンプ給湯機
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月15日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(上) 隣家の電気給湯機

(東京新聞|2016年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121502000197.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html


 家庭用の電気給湯機「エコキュート」などから発生する
低周波音の被害を訴える人が増えている。
人によって不眠や吐き気などの症状が現れるが、
通常の騒音と違って計測は難しく、環境規制はない。

発症の仕組みも未解明だ。
「新たな環境問題」に対し、国や自治体、
業界団体の対策はあまり進んでいない。 (寺西雅広)

 「何もしていないのに、
あの日から生活ががらりと変わってしまった」。

埼玉県の六十代夫婦は声を震わせる。
もう二年近く、不眠や吐き気、頭痛、肩こりに苦しんでいる。

 被害が始まったのは昨年一月下旬の夜。
妻が風呂から上がると、
「ゴーという音が響いているのに気付いた」。
音源を捜したところ、
隣家の敷地内に設置されたばかりの家庭用電気給湯機
「エコキュート」だった。

自宅との距離は約二メートル

夫は「部屋が音で震えるように感じた。
とても眠れる状態ではなかった」と話す。


 二人は体調を崩し、隣家に移設してもらうよう相談。

移設費用も負担すると申し出たが、
「不良品ではないのに、移設する理由がない」と断られた。


 やむなく昨年夏、メーカーと隣家などを相手取り、
稼働の差し止めと損害賠償を求めて
さいたま地裁川越支部に提訴。

被告側は「音は小さく、問題ない」などと反論し、
現在も争っている。


 夫婦はあまりに苦しいときは
近隣の宿などに避難する生活を続けており、
「家のどこにいても音の圧迫感があって逃げ場がない。
元の暮らしに戻りたい」と訴える。

 夫婦が音源と指摘するエコキュートは、
外気熱を利用して湯を沸かす「ヒートポンプ」を使った
電気給湯機の総称だ。
電気料金の安い夜間に湯を沸かし、貯湯タンクにためる。

ファンやコンプレッサー(圧縮機)が部品として使われている。

・・・・・・・・

----------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2016年12月16日

埼玉県
◇眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

(東京新聞|2016年12月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201612/CK2016121602000205.html

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

 愛知県の男性(71)は四年ほど前、
隣家の敷地内に
家庭用のガス発電・給湯機「エコウィル」などの設備が
設置されたのをきっかけに不眠や頭痛に悩み始めた。
少し前から妻(68)にも同じ症状が出ていた。

 夫妻は、機器から発生する低周波音が原因ではないかと考え、
一四年夏に市役所に相談した。
市職員が専用の機械を持って低周波音の測定に来たのは
一五年一月。だが、測定値を見た市職員の回答は
「参照値以下だから問題なし」「民事不介入で対応できない」だった。

 参照値について、環境省は「低周波音を不快と
感じるかどうかは個人差があり、
一律に基準を求めるべきではない。あくまで目安」と説明。
ただ、「下回っていても影響が全くないわけではない」と
含みを持たせる。

 消費者事故調は現在、エコウィルやガスを使った
家庭用燃料電池「エネファーム」についても、
苦情が寄せられているとして
運転音と健康被害の関連を調べている。
愛知県の男性は「消費者事故調の調査結果を、
行政やメーカーはきちんと受け止めてほしい」と訴える。 

(寺西雅広)

◆「メーカーには製造責任ある」

<消費者事故調のエコキュート低周波音問題担当専門委員だった
清水亮・東京大准教授(社会学)の話> 


高速道路の振動音や風車の音など低周波音の被害は
以前からあるが、いずれも付近の住民が影響を受けて
顕在化しやすかった。

エコキュートで影響を受けるのは隣家だけ。

原因が特定しにくく、埋もれている事例は多いと思う。
被害者の多くは周囲の理解を得られず、
精神的な二次被害を受けやすい。
メーカーには製品の製造責任があり、
個々の苦情に対して寄り添った対応をするべきだ。
行政も民民の問題として放置せず、
メーカーの窓口を紹介するなど問題解決への姿勢が求められる。


* 以上引用しました。詳細は上記サイトでご確認ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


--------------------------------------------
注目記事
--------------------------------------------

<エコキュート/エネファーム/エコウィル>

2017年12月21日

日本
◇「不眠や頭痛に影響も」=エネファームなどの運転音-消費者事故調

(時事メディカル|2017年12月21日)
https://medical.jiji.com/news/11447

■おとしんブログ
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5140.html

 東京ガスなどが販売する家庭用ガス発電システム
「エネファーム」「エコウィル」の低周波音により、
頭痛や不眠などの健康被害を受けたとする消費者の訴えについて、
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は21日、
「関連性は否定できない」とする報告書をまとめた。
複数のケースで
「運転音が症状に影響を及ぼしていると考えられる」との
見解を示した。

 消費者事故調に寄せられた原因調査の申し出や
消費者庁への相談は、8年間で73件。
事故調がうち27件について聞き取りを行った結果、
消費者側はいずれも不眠や頭痛、めまいといった症状を訴えた。
さらに8件で現地調査したところ、
5件で運転音が症状に影響しているとみられることが分かった。

 調査結果を受け事故調は、ガス会社やメーカーに、
運転音量や特定周波数の低減を要請。
運転により症状が発生する可能性があることを
消費者に周知することも求めた。

 環境省によると、低周波音は100ヘルツ以下を指し、
エンジン音や滝の音などに多く含まれる。
低周波音が大きくなると、
不快感で眠れないなどの不調を訴える人が出るという。 

(C)時事通信社

* 以上、引用しました。詳細は上記サイトをご確認ください。


2021-12-27 : ■フランス:風力タービンに関する問題 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ブラストン ジャケット(衿付)-青-LL BSC-41001-B-LL










38/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>




2019年11月4日




38/38
◇Case studies that have convinced me that industrial wind turbines make people sick
産業用風力タービンは人々を病気にさせると私に確信させたケーススタディ

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates



Some Of The Case Studies That Have Convinced Me
That Industrial Wind Turbines Make People Sick,
Which Supports My Belief That We Can Prove In A Court Of Law
That These Wind Turbines Are Causing Annoyance and Illnesses.
産業用風力タービンが人々を病気にすることを
私に確信させたいくつかの事例研究は、
これらの風力タービンが不快感と病気を
引き起こしていることを
法廷で証明できるという私の信念を支持しています。





38/38
38. Fight or Flight Response
闘争・逃走反応/戦うか逃げるか反応




2016年6月8日水曜日、ジェイ・ティベッツ博士
(Dr. Jay Tibbetts)はDaveとJim Protsmanと共に
Dave Enz氏の家にいました。

この会議の目的は、シャーリー風力タービンの
健康への影響にアクセスすることでした。

シャーリー風力タービンが稼働しているその日、
ジェイ博士は戦うか逃げるか
(ハイパーエアロゾルまたは急性ストレス反応とも呼ばれる)
と呼ばれる状態を経験しました。
これは、知覚される有害なイベント、攻撃、
または生存への脅威に応じて発生する生理学的反応です。

ジェイ博士は、
彼の症状はすぐには始まらなかったと私に話し、
彼は症状を経験する前にしばらく家にいたと言いました。

ジェイ博士が逃走反応(Flight Response)を経験し始めたとき、
彼はDaveとJimに彼が経験していることを話し、
彼がこのストレス反応に精通していたので
それが何であったかを彼らに話しました。

逃走反応を引き起こす刺激は、
体の部分の振動、皮膚の振動、
またはタワーを通過するブレードと
その高調波によって生成される超低周波音や
騒音のような威嚇するような音である可能性があります。

これらの刺激は感覚視床によって拾われ、
感覚皮質にメッセージを送り、次に扁桃体に信号を送ります。

場合によっては、感覚視床は皮質を通過せずに
扁桃体に直接信号を送信します。

扁桃体は、交感神経系に信号を送ることによって、
闘争・逃走反応に反応する脳の一部です。
それは、副腎を刺激して、アドレナリン(エピネフリン)、
コルチゾール、ノルアドレナリンを血流に放出します

これらのストレスホルモンは、
体にいくつかの変化を引き起こします。

自律神経系には、車のアクセルペダルのように機能する
交感神経系と呼ばれる要素があります。
それは闘争・逃走反応を引き起こし、
体にエネルギーのバーストを提供するので、
知覚された危険に対応することができます。

緊急行動のために体を刺激する
これらのストレスホルモンの放出は、
以下を引き起こす可能性があります:


1.安静時心拍数の増加。
2.収縮期血圧と拡張期血圧の上昇。
3.筋肉、腕、脚、肩、脳、目、耳、鼻への血流の増加。
4.消化器系および体の表面、指、足の指への血流の減少。
5.呼吸数の増加、したがって酸素摂取量の増加。
6.呼吸数の増加によって時々引き起こされる息切れとめまい。
7.瞳孔を広げて、より多くの光を取り入れ、視力を改善します。
8.コルチゾールレベルの増加
9.聴覚がより敏感になる可能性があります。
10.発汗
11.手のひらの発汗
12.ハートドキドキ。
13.緊張した筋肉。
14.胸の痛みまたは緊張。
15.吐き気、腹痛または下痢。
16.めまいまたは立ちくらみ。
17チクチクする、しばしば指に。


闘争・逃走反応は、風力タービンの騒音に
さらされたときに人々が経験する症状の1つです。



B. Cumulative Danger from Over-Activation of Our Fight or Flight Response
私たちの闘争・逃走反応の過剰活性化による累積的な危険



ストレスホルモンが累積的に蓄積しているという証拠は圧倒的です。

時間の経過とともに適切に代謝されない場合は、
過度のストレスは、(頭痛、過敏性腸症候群、
高血圧などを引き起こす)自律神経系の障害や
(感染症、慢性倦怠感、うつ病、および狼瘡や
関節リウマチアレルギーなどの
自己免疫疾患に対する感受性を生み出す)
私たちのホルモンおよび免疫系の障害につながる可能性があります。




=============================
関連する文書
=============================


2014/05/04
<⑦ 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>
⑦ ウィスコンシン州、レター、オーストラリア
◇Letter to AMA (Australia)
AMAへの手紙(オーストラリア)

(ジェイ·J·ティベッツ、医学博士, March 18, 2014 ~~)
https://www.wind-watch.org/news/2014/03/19/letter-to-ama-australia/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html



私は開業医です、
そしてブラウン郡の保健委員会のメンバーで
ブラウン郡保健局の医療顧問です
そして
ILFN(超低周波音)が人の健康に与える影響に関する彼らのポジション
AMAオーストラリアの見当違いのポジションに愕然としています。

過去4年間、委員会は人間の健康に関して
IWT(産業用風力タービン)の悪影響を研究しました。


我々は、アウト郡にシャーリー風力発電所を持っています。
それは、8台の500フィート、2.5メガワットの
IWT(産業用風力タービン)から成ります。
※ 500フィート = 152.4 メートル

最寄りのタービンから2〜3マイル
すぐ近くに住んでいる私たちの市民への影響は壊滅的にされています。
※ 2~3マイル = 3.218688~4.828032 キロメートル


耳の圧迫感、痛み、耳鳴り、めまい、頭痛、吐き気、胸の痛みと圧迫感、
腹痛、集中力の低下、睡眠悪化、神経過敏やうつ病は、
私たちの市民が経験している症状のいくつかです。


これらの症状は、我々の施設に特有ではなく
世界中で報告されているILFN(超低周波音)の直接的な影響です。


シャーリー風力発電所の3組の家族が家を放棄しました。
また、何人かの他の人は財政上の理由を除けば移動するでしょう。


40組の家族が、上記の言及された症状のために
オンタリオ州(カナダ)の風力発電所にある彼らの家を出ました。


一団の音響技師による
2013年のシャーリー風力発電所の研究は、かなりのILFNを確認しました。


アレック・ソルト教授は、ILFNの伝達の経路を内耳で特定しました。


ブラウン郡は、ウィスコンシン州に
スーパーバイザーの郡委員会によって可決された
2つの決議を送っている風力タービンの健康問題によく気づいています。


さらに、リック·ジェームスとともに作業を行ったブラウン郡は
ドイツ、オランダ、ポーランドと同様に
ILFN(超低周波音)が含まれるように私達の騒音条例を改正中です。


AMAオーストラリアの見解を認めることは
この主題に関するすべての理由と研究に疑問を呈します。


ジェイ·J·ティベッツ、医師

グリーンベイ、ウィスコンシン州



=============================
関連する論文
=============================

2017/09/21
ぜひ!⇒
⑧/⑭ ウィスコンシン州
■Cooperative Measurement Survey and Analysis of Low-Frequency
and Infrasound at the Shirley Wind Farm
シャーリー風力発電所における低周波騒音および超低周波不可聴音の
協調測定調査および解析

(2012年12月24日)
https://www.wind-watch.org/documents/
cooperative-measurement-survey-and-analysis-of-low-frequency
-and-infrasound-at-the-shirley-wind-farm/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4921.html


Author: 
著者:  Walker, Bruce;
ウォーカー、ブルース;
Hessler, George;
ヘスラー、ジョージ;
Hessler, David;
ヘスラー、デイビッド;
Rand, Robert; and
ランド、ロバート;
そして、 Schomer, Paul
ショーマー、ポール



音響技師リック・ジェームズによるコメントから:



(デューク・エナジーが所有)
シャーリー(Shirley )ウィンドプロジェクトの
占有領域の3家族は、
風力タービンの運転が開始されて以来、
健康への悪影響を報告しています。

2家族は家から追い出されました。

彼らは風力タービン症候群に関連するタイプの
症状を経験したと報告している。

これらの家族は、
別のウィスコンシン州のケース
申請の審理段階にあるハイランドウインドで
仲介人の働きをすると申し出ました。

Nordex N100 2.5MW風力タービンを使用する
8タービン・シャーリー・ウィンドプロジェクトの
健康への悪影響
および住居の放棄を説明するユーティリティに近い
50人の宣誓供述書が、
彼らと他の住民によって提出された。

この研究は、
ウィスコンシン州PSCによって要請され、
部分的にそれがスポンサーを務めた。

目的は、超低周波不可聴音が
3つの家族の住居に存在するかどうかを判断することでした。



3家族の住居を調査しました、
そのうち2家族(R1とR3)が私のクライアントであり、
私は低周波騒音と超低周波不可聴音の
サウンドテストを行い、その存在を確認しました。

R1は約3500フィート(約2/3マイル; 〜1キロ]。
最も近い風力タービンから、R2は約1100フィート
 [約1/5マイル;約1/3 km]、
R3は約7000フィート(約1-1 / 3マイル; 〜2.1キロ]。



当初、PSCは
ジョージとデイブ・ヘスラーで調査を行うつもりだった。

これは、参加人や他のプロジェクトからの
地位を知っている人たちとの信頼に重大な問題を提起した。

Wis。PSCのスタッフは長い関係を持っています
というのも、彼らは州の風力発電事業について
数多くの研究を行っており、
鑑定家の騒音レベルが国の制限を満たしており、
超低周波不可聴音と低周波音が問題ではないと主張して、
公益事業者に常に健康証明書を与えているからです。

市民団体の弁護士Anne Bensky氏と
Forest VoiceのPeter McKeever氏、
プロジェクトに反対する
Forest of Forestの弁護士Glenn Reynolds氏は、
テストを実施することを望んでいたが、
ヘスラー氏(Hessler)は
偏見のある研究を生み出すと懸念していた 。



彼らは、風力産業界(ヘスラー)、
独立系(ショーマーとウォーカー [Channel Islands])、
住居内で超低周波を見つける能力を実証した人
(ロブ・ランド)を含む
4人の音響専門家の研究を推進することに決めた。

提案されたテスト日には利用できなかったので、
私(リック・ジェームス)は参加できませんでしたが、
ロブ・ランドは非常に良い選択でした。

これにより私は自分自身で研究の評価を行い、
データとオーディオファイルを収集することができます。

私は、ヘスラー氏と
クリーン・ウィスコンシン
(Clean Wisconsin)の参加が、
風力産業界の業界団体にとって、
この仕事が偏っていると主張するのは
ずっと難しいと信じています。


すべての3つの家庭は、
距離が増すにつれてレベルが減少する
風力タービンからの測定可能な低周波騒音
および超低周波不可聴音を観測しました。 ...


報告書には問題がありますが、
この報告書のチームの部分は、
近代的な工業規模の
アップウィンド型風力タービンに近い人々が
健康への悪影響が報告する理由についての議論に
大きく前進していると言えるでしょう 。

チームの主な結論は次のとおりです


風力タービンが
超低周波不可聴音と低周波騒音を
発生するかどうかについての議論
そうした場合、
それが健康に悪影響を及ぼすのに十分であるかどうかは、
この結論を前にして大きな前進を成し遂げました。

その超低周波不可聴音と低周波騒音は、
風力タービンの主な特徴であり、
音響の放射はチームによって設定されました。

レーベンサール博士(Leventhall)のような専門家や
多くの音響学者、
そして彼の意見ををおうむ返しに言う他の人たちによって
風力産業によって賞賛された
現代のアップウィンド型風力発電機によって
生成される超低周波不可聴音が、
聴力の閾値に達するのに
十分な振幅を持たないという主張
(風力タービンによって放射される複雑な混合音ではなく、
安定した純音に設定される)は - 今は信用できません。


私はこれが大きな前進だと思う。

私たちは依然として、悪影響を引き起こすために、
超低周波不可聴音と低周波騒音のレベルや
その他の特徴が必要であることを
確立する必要がありますが、
存在しないという議論は偽であると示されています。

風力産業およびその支持者は、
音圧レベルが
可聴音の知覚の閾値まで上昇しないという理由だけで、
風力タービンがかなりのレベルの
超低周波不可聴音と低周波騒音を生成しないと
もはや言うことはできません。


Download original document:
“Cooperative Measurement Survey and Analysis of Low-Frequency
and Infrasound at the Shirley Wind Farm in Brown County, Wisconsin”
ダウンロード原本:
ウィスコンシン州ブラウン郡シャーリー風力発電所における
低周波騒音および超低周波不可聴音の協調測定調査および解析

https://docs.wind-watch.org/Shirley-LFN-infrasound.pdf



See section purged by Clean Wisconsin from the submitted report.
提出されたレポートから
Clean Wisconsinによって削除されたセクションを参照してください。

https://www.wind-watch.org/documents/purged-section-of-low-frequency-noise-report/



* 以上、引用しました。
  非公式の簡易機械翻訳です。
  詳細は上記サイトでご確認ください。



---------------------------------------------------




更新日:2021年12月27日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




【お知らせ】




ぜひ!→
著者:William G. Acker、Acker & Associates
「Case studies that have convinced me that industrial wind turbines make people sick
産業用風力タービンは人々を病気にさせると私に確信させたケーススタディ」
については
以下の拙ブログカテゴリーをご参照下さい。
<1~38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>




・2021年12月27日に次の論文をエントリしました。

2021/12/27
38/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/27
38/38
38. Fight or Flight Response
闘争・逃走反応/戦うか逃げるか反応

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7619.html
―引用
2016年6月8日水曜日、ジェイ・ティベッツ博士
(Dr. Jay Tibbetts)はDaveとJim Protsmanと共に
Dave Enz氏の家にいました。
この会議の目的は、シャーリー風力タービンの
健康への影響にアクセスすることでした。
シャーリー風力タービンが稼働しているその日、
ジェイ博士は戦うか逃げるか
(ハイパーエアロゾルまたは急性ストレス反応とも呼ばれる)
と呼ばれる状態を経験しました。
これは、知覚される有害なイベント、攻撃、
または生存への脅威に応じて発生する生理学的反応です。
ジェイ博士は、彼の症状はすぐには始まらなかったと私に話し、
彼は症状を経験する前にしばらく家にいたと言いました。
ジェイ博士が逃走反応(Flight Response)を経験し始めたとき、
彼はDaveとJimに彼が経験していることを話し、
彼がこのストレス反応に精通していたので
それが何であったかを彼らに話しました。
逃走反応を引き起こす刺激は、
体の部分の振動、皮膚の振動、
またはタワーを通過するブレードと
その高調波によって生成される超低周波音や
騒音のような威嚇するような音である可能性があります。
これらの刺激は感覚視床によって拾われ、
感覚皮質にメッセージを送り、次に扁桃体に信号を送ります。
場合によっては、感覚視床は皮質を通過せずに
扁桃体に直接信号を送信します。
扁桃体は、交感神経系に信号を送ることによって、
闘争・逃走反応に反応する脳の一部です。
それは、副腎を刺激して、アドレナリン(エピネフリン)、
コルチゾール、ノルアドレナリンを血流に放出します
これらのストレスホルモンは、
体にいくつかの変化を引き起こします。
自律神経系には、車のアクセルペダルのように機能する
交感神経系と呼ばれる要素があります。
それは闘争・逃走反応を引き起こし、
体にエネルギーのバーストを提供するので、
知覚された危険に対応することができます。
緊急行動のために体を刺激する
これらのストレスホルモンの放出は、
以下を引き起こす可能性があります:
1.安静時心拍数の増加。
2.収縮期血圧と拡張期血圧の上昇。
3.筋肉、腕、脚、肩、脳、目、耳、鼻への血流の増加。
4.消化器系および体の表面、指、足の指への血流の減少。
5.呼吸数の増加、したがって酸素摂取量の増加。
6.呼吸数の増加によって時々引き起こされる息切れとめまい。
7.瞳孔を広げて、より多くの光を取り入れ、視力を改善します。
8.コルチゾールレベルの増加
9.聴覚がより敏感になる可能性があります。
10.発汗
11.手のひらの発汗
12.ハートドキドキ。
13.緊張した筋肉。
14.胸の痛みまたは緊張。
15.吐き気、腹痛または下痢。
16.めまいまたは立ちくらみ。
17チクチクする、しばしば指に。
闘争・逃走反応は、風力タービンの騒音に
さらされたときに人々が経験する症状の1つです。


B. Cumulative Danger from Over-Activation of Our Fight or Flight Response
私たちの闘争・逃走反応の過剰活性化による累積的な危険


ストレスホルモンが累積的に蓄積しているという証拠は圧倒的です。
時間の経過とともに適切に代謝されない場合は、
過度のストレスは、(頭痛、過敏性腸症候群、
高血圧などを引き起こす)自律神経系の障害や
(感染症、慢性倦怠感、うつ病、および狼瘡や
関節リウマチアレルギーなどの
自己免疫疾患に対する感受性を生み出す)
私たちのホルモンおよび免疫系の障害につながる可能性があります
。 ―引用終わり
=============================
関連する文書
=============================
2014/05/04
<⑦ 音と健康~オーストラリア医師会への公開書簡>
⑦ ウィスコンシン州、レター、オーストラリア
◇Letter to AMA (Australia)
AMAへの手紙(オーストラリア)

(ジェイ·J·ティベッツ、医学博士, March 18, 2014 ~~)
https://www.wind-watch.org/news/2014/03/19/letter-to-ama-australia/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html



・2021年12月24日に次の論文をエントリしました。

2021/12/24
37/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/24
37/38
37. Acoustical Engineer Steven Cooper of Australlia proves
that wind turbine sensitized people can sense the inaudible
infrasound noise from wind turbines.
オーストラリアの音響エンジニアSteven Cooperは、
風力タービンに敏感な人々が風力タービンからの
聞こえない超低周波音を感知できることを証明しています

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7618.html
―引用
Steven Cooper氏は、
ケープブリッジウォーター(Cape Bridgewater)として知られる
風力発電所の重要な騒音研究を実施した音響エンジニアです
(このドキュメントの#1を参照)。
Steven氏は彼の研究室で可聴でない超低周波音を使用して、
風力タービンに敏感な人々をこの騒音にさらしました。
これらの人々は、ケープブリッジウォーター風力発電所の
近くの自宅での曝露中にこの騒音に敏感になりました。
Cooper氏は、この聞こえないノイズを使用して、
人々ができるかどうかを確認しました
この風力タービンの騒音を感知します。
Cooper氏がノイズをオン/オフするたびに、
すべての人がノイズを感じることができました。
風力発電業界は、騒音は聞こえないため、
人の健康に影響を与えることはできないと言っています。
聞こえないノイズを感知することは、
病気を証明するための第一歩です。
ウィスコンシン州グレンモアのShirely Wind Turbinesの近くに住む
Darren&Sue Ashleyの家族は、
風力タービンの起動時と停止時に、
風力タービンからの可聴ノイズなしに
風力タービンを感知できる家族です。
また、風力タービンは家の中からは見えないので、
何かを経験したときは、
タービンが回転しているかどうかを確認するために
外に出る必要がありました。
この感覚について話し合っている
Ashley家のU-Tubeビデオがあります。
このビデオは、
「Unvarnished Truth Shirley Wind Project Victims Speak Out」
と呼ばれています。
このビデオは、音響エンジニアが感作された人々の
多くが感知している可能性があると判断する
何年も前に作成されました( 超低周波音を聞く)。
一部の家には、可聴ノイズと非可聴の超低周波ノイズの
両方があることを指摘しておく必要があります
。―引用終わり
■youtube/Shirley Wind Victim Update: Ashley
https://www.youtube.com/watch?v=vBaOEgS3f1U
タービンが運転を開始した2010年12月以来、
ウィスコンシン州グレンモア(Glenmore)の
シャーリーウィンドファームプロジェクト
( Shirley Wind Farm Project)での
アシュリー家(Ashley Family)の生活。
=====================
関連する論文
=====================
2021/06/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2015年5月
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Cape Bridgewater Wind Farm Noise Study – Sensitisation, and Cause & Effect
ケープ ブリッジウォーター風力発電所の騒音調査 – 感作、および原因と影響

(Acoustical Society of America meeting|2015年5月)
http://acoustics.com.au/media/The_Cape_Bridgewater_Wind_Farm_Noise_Study_Cause_and_Effect.pdf
著者:Steven E. Cooper
Acoustical Society of America meeting, Pittsburgh, May 2015
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7372.html
―引用要旨:
2014 年に、オーストラリアのビクトリア南西部にある
ケープ ブリッジウォーター ウィンド ファームの近くにある
3 つの家屋で騒音調査が行われました。
それには、特定の地域住民によって報告された妨害に関連する
特定の風速と特定の騒音レベルを決定するための
測定を行うための具体的な概要が含まれています。
8 週間の監視期間中に使用された居住者の日記は、
3 つの異なる影響の重大性を説明しています:
騒音、振動、感覚を 1 ~ 5 のランクで評価します。
風力発電所の速度と出力と組み合わされた感覚指標は、
より高いレベルの感覚については、
風力発電所の特定の動作モードが最大レベルの妨害を
引き起こすと特定された因果関係を特定しました
。―引用終わり
=====================
関連する論文
=====================
2015-09-27
[11月8日付け(風力タービン症候群)の資料⑤/⑤]
<41-オーストラリア:ケープブリッジウォーターにおけるパシフィック・ハイドロ社の音響調査>
2015年1月24日
ぜひ!⇒
41-オーストラリア
◇Results of an Acoustic Testing Program – Cape Bridgewater Wind Farm
音響試験プログラムの結果 - ケープブリッジウォーター風力発電所

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
results-of-an-acoustic-testing-program-cape-bridgewater-wind-farm/
著者:Acoustic Group(音響グループ)
■ おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5354.html
=====================
関連する論文
=====================
2017/09/21
ぜひ!⇒
⑧/⑭ ウィスコンシン州
■Cooperative Measurement Survey and Analysis of Low-Frequency
and Infrasound at the Shirley Wind Farm
シャーリー風力発電所における低周波騒音および超低周波不可聴音の
協調測定調査および解析

(2012年12月24日)
https://www.wind-watch.org/documents/
cooperative-measurement-survey-and-analysis-of-low-frequency
-and-infrasound-at-the-shirley-wind-farm/
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-4921.html



・2021年12月23日に次の論文をエントリしました。

2021/12/23
36/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/23
36/38
36. Developmental Tissue Damage Causing Flexural Deformities
In The Front Limbs Of Foals at the Lusitano Stud Farm In Portugal.
ポルトガルのLusitanoスタッドファームにおける子馬の前肢に
屈曲変形を引き起こす発達組織損傷

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7617.html
―引用
2006年11月、ポルトガルのAlto Do Folgorosa Facilityと
呼ばれる風力発電所が、それぞれ2.0MWの合計9基の
風力タービンのうち最初の4基を始動させました。
4基のユニットのうちの1基は、
法的措置のために後で削除され、
2008年9月に6つの追加ユニットを設置しました。
この風力発電所の近くには、
Torres Vedras Portugalのリスボン市の近くにある
Lusitano Stud Farm(種馬飼育場)があります。
風力タービンは、スタッドファームから
約350 m(1148フィート)から
800 m(2625フィート)の距離にあります。
この種馬飼育場は2000年から操業しており、
正常で体調の良い馬を飼育しているが、
2008年には生まれたばかりの子馬は屈曲変形を発症しました。
タービンによる病気のため、
家族はスタッドファームの家を出なければなりませんでした。
欠損した腱の組織分析が行われ、
LFNによって誘発された生物学的反応の
古典的な特徴が明らかになりました:
炎症過程がない場合のコラーゲンの増殖による血管壁の肥厚。
これはすべて、獣医学校で行われた研究で明らかになりました:
ポルトガル、リスボン工科大学獣医学部。
修士論文として書かれた研究は、
Mariana Alves- Pereria教授
(マリアナ・アルベスペレリア教授)によって
「​Acquired Flexural Deformity of the Distal Interphalangic Joint in Foals」
(遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬)と題されました。
この研究では、これらの馬は4年間監視されました。
この研究は、Teresa Margarida Pereiraosta e Curto
によって実施されました。
9頭は種畜飼育場で生まれ、
2頭は別のブリーダーから取得された合計11頭の
罹患動物が調査されました。
6頭の馬は雄で5頭は雌でした。
種馬飼育場に持ち込まれた2頭の子馬が、
考えられる遺伝的原因の調査を支援するために連れてこられ、
これら2頭も6か月後に奇形を発症しました。
影響を受けた子馬のうちの2頭は
最初の1頭から離れた牧草地に置かれ、
他の2頭はリスボンの獣医学部に入院しました。
それらの動物では、人道的な理由で
安楽死させなければならなかった動物を除いて、
奇形の部分的な回復を伴う、
それらの状態の改善が観察されました
。 ―引用終わり
==========================
関連する論文
==========================
2018/08/27
<振動音響疾患>
2012年
ポルトガル 
◇Acquired flexural deformity of the distal interphalangic joint in foals.
遠位趾節間関節の屈曲性肢変形症を得た仔馬

■ダウンロード オリジナルドキュメント 英語
https://docs.wind-watch.org/Flexural-deformation-in-foals.pdf
■ポルトガル語 ドキュメントオリジナル ダウンロード
https://docs.wind-watch.org/Deformacao-flexural-adquirida-da-articulacao
-interfalangica-distal-em-poldros.pdf
■おとしん機械
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5637.html
―引用
要旨 (Abstract):
2008年以来、ルシターノ(Lusitano)
スタッドファーム(種馬飼育場)では、
前肢の屈曲変形の高い罹患率が観察された。
この研究は、影響を受けた動物の組織変化の結果、
ならびにこの観察に至りうる環境条件
および管理変化を報告することによって、
この問題を評価することを目指している。
合計11匹の罹患動物を研究した。
これらの中で、完全な物理的および整形外科的検査、
具体的には、背側の蹄壁と床との間の角度の決定が行われた。
生検および剖検で収集された
いくつかの組織の放射線写真検査、CT画像化、
第3中大脳皮質の皮質骨の厚さの決定
および組織病理検査を、罹患した仔馬のサブセットで行った。
すべての動物には、
ウマのバランスの取れた商業的飼料が補充されていた。
考えられる遺伝的原因を調べるために、
別個の血統からの2匹の子馬を飼育場に持っていきました。
これらはまた、6ヶ月後に変形を発症した。
影響を受けた子牛のうち2頭は
最初の牧草地から離れた牧草地に置かれ、
2頭の仔馬はリスボンの獣医学部
(Faculdade de MedicinaVeterináriade Lisboa)に入院した。
人道的理由のために安楽死させなければならなかったものを除いて、
それらの動物では、その状態が改善し、変形から部分的に回復した。
組織病理学は、
(i)1匹の子馬で外科的筋膜切開術
  (surgical desmotomy)により得られた腱から、
(ii)3匹の子馬で腱生検を行い、
(iii)剖検中に1匹の子馬の組織で実行されました。
組織学的に最も顕著な変化は、
平滑筋の筋原線維の解離であった。
これは主に小腸で見られたが、
腱維管束のものを含む小毛細血管の壁にも見られた。
屈曲変形は、複雑で多因子性の病因論を有する。
それらは、骨およびその隣接する軟組織の
縦方向の発達の解離に起因するだけでなく、
疼痛に応答する腱 - 筋肉単位の短縮からも生じる。
ここで提示されたケースシリーズでは、
この問題の発生の明白な原因はなかったため、
異常な環境条件がこの病気の発症、
特に近年導入された病気の発症において
重要な役割を果たすかもしれないと仮説を立てた
。―引用終わり



・2021年12月22日に次の論文をエントリしました。

35/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/22
35/38
35. Unusual Bleeding and Problems with Menstrual Cycles
異常な出血と月経周期の問題

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7616.html
―引用
デンマークのHolbaek市にある
Developer Vattenfallによって設置された
10タービン風力発電所には、
Lammefjordens Perennial Farmの女性労働者が
不規則な月経を訴え、永続的な頭痛を抱えています。
この種苗場のオーナーであるBoye Jensen氏は、
健康上の問題で5人の女性労働者を辞めさせました。
Boye氏は彼のビジネスを閉鎖しなければなりませんでした。
Holbaek市は、承認された騒音測定値を
生成できるようになるまで、Hageholmのタービンを停止するように
Vattenfallに指示しました。
風力タービンは2.3MWのSiemensユニットです。
このインスタレーションは、デンマークのHolbaekにある
Hageholm Windmills Parkと呼ばれています。
Boye Jensen氏と彼の妻は彼らの家で病気になり、
静かに眠るためにGislingの家を借りました。
他の家族は家を出ました。
一部の居住者は、手や胸の圧迫感のうずきを経験しています
。―引用終わり
===================
関連記事
===================
2015/03/18
4-デンマーク、ドイツ
◇Macht der Infraschall von Windkraftanlagen krank?
4-(2/4)風力タービンからの超低周波音のパワーは病気になりますか?

(Wetzel Wirtschaftsredakteur 02.03.15)
http://www.welt.de/wirtschaft/energie/article137970641/
Macht-der-Infraschall-von-Windkraftanlagen-krank.html
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2951.html
▼「胸の振動」
・・・2週間後、Jensen氏は、彼自身も不眠症で苦しんだ。
夜に、「胸の振動」を感じたと、彼は言います。
「私は、起床後すでに疲れ果てました。」
何人かの彼の庭師が、頭痛や月経の問題に苦しみました、
しかし、Jensen氏の本当の悪夢は、わずか数ヶ月後に開始しました。
▼低周波による聞こえない音
ロータブレードは、空気を圧縮しながら
風力タービンのタワーを越えて
掃引するときはいつでも、それが生じる。
20ヘルツ未満の振動は、
動物のためにだけでなく、人々のためにも有害です。
風力発電の反対派、
stilhed.eu、wcfn.org、windwahn.de
またはvernunftkraft.deのウェブサイトで、
科学出版の数十を参照してください。
自然保護の理由のために風力タービンを拒絶する
国際組織、『世界自然保護協議会』は、
「風力タービン症候群」の存在を示す
増大する文書を無視するデンマークの政府を
公開状で訴えました。
こういうことは、Jensen氏の
潅木市場向け菜園にパニックをトリガしました。
5人の従業員は、無断で彼女達の仕事をやめました。
Jensen氏は、会社を維持する方法がわからなかった。
彼はゆっくり縮小したチームと市場向け菜園を解決したかった。
「私の良心は、より多くの私のスタッフを
健康上のリスクにさらすことに合意できなかった」と彼は言う。
しかし、銀行は計画を受け入れず、
クレジットラインを終了しませんでした。
Jensen氏は、債務超過を発表しなければなりませんでした。
===================
関連記事
===================
2014/07/26
<音と健康:2014/01/06~>
2014年7月3日
ぜひ!→
デンマーク
◇Kæmpevindmøller lukker planteskole på Lammefjorden
巨大な風力タービンは、種苗生産所を閉鎖させる

(www.nordvestnyt.dk  | 3. juli 2ø14 )
https://www.wind-watch.org/news/2014/07/10/kaempevindmoller-lukker-planteskole-pa-lammefjorden/
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-2631.html
「ミンクの事例が一般に知られるところとなったとき
私のスタッフの5人は辞任しました。
あなたは、私のすべての女性従業員が
生理不順を訴えてきたことを
そして、数人の労働者は
永久的な頭痛がすることを知っている必要があります。
彼らはまた、慢性疾患を得ることを恐れています。
そして、私は、障害のある子を生む
彼らのうちの1人の原因になることを望みません。
だから、私は
私の生涯の企業を閉鎖しています。」と彼は言います。



・2021年12月21日に次の論文をエントリしました。

34/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/21
34/38
34. Towns That Have Voted Against Wind Farms
風力発電所に反対票を投じた町

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7614.html
―引用
バーモント州のStiles Brook風力発電所の
開発者であるIberdrola Renewablesは、
バーモントのWindhamとGraftonの町に
28基の風力タービン風力発電所を提案しました。
・・・・・2016年11月8日、町はこのプロジェクトに投票し、
Stiles Brook Wind Planを放棄しました。
投票者の61.63%がプロジェクトを拒否することに投票しました。
バーモント州の承認を得て、Iberdrolaは
このプロジェクトを進めることができましたが、
彼らはこのプロジェクトをキャンセルすることを決定しました。
・・・・・アメリカ鳥類保護協会とWindham財団は
このプロジェクトに反対しました。
バーモント州長官は、
居住者へのパートナーシップ支払いの合法性に疑問を呈しましたが、
バーモント州司法長官事務所はこの問題を検討し、
支払いが州選挙法に違反していないと判断しました
。―引用終わり
===================
関連記事
===================
2021/12/16
<7-バーモント州:Stiles Brook風力とWindham-Graftonの町>
2016年11月8日
ぜひ!→
7-バーモント州
◇Windham and Grafton reject controversial wind project
ウィンダムとグラフトンは物議を醸す風力プロジェクトを拒否する

(Vermont Public Radio | 2016年11月8日)
https://www.vpr.org/vpr-news/2016-11-08/windham-and-grafton-reject-controversial-wind-project
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7609.htm
―引用
火曜日にプロジェクトに投票した
バーモント州南部の2つの町によって、
産業用風力発電の開発はきっぱりと拒否されました。
スペインのエネルギー会社Iberdrola Renewablesは、
バーモント州で最大の風力発電プロジェクトを
ウィンダム(Windham)とグラフトン(Grafton)に
建設したいと述べました。
そして、火曜日に
両方の町がプロジェクトに反対票を投じました。

Anna Vesely Pilette氏はグラフトンに住んでいて、
彼女は計画に反撃するために働きました。
「2つの小さな町は、すべてのリソース、すべての弁護士、
すべてのロビイストを擁する巨大な企業に
立ち向かうことができました」とVesely Pilette氏は述べています。
「私はとても満足しています。」

火曜日の投票には拘束力はありませんでしたが、
Iberdrolaのスポークスマン、Paul Copleman氏は、
同社はプロジェクトから離れると述べています。
「私たちが示したように、ある時点でコミュニティが
彼らの決定を再考することを考えない限り、
私たちはプロジェクトの開発を中止する予定です」
とCopleman氏は言いました。
グラフトンでは、
風力発電プロジェクトは235対158の投票で倒れました。
ウィンダムでは、
有権者はプロジェクトを181から101で拒否しました。
どちらの町でも投票率は75%を超えていました
。―引用終わり



・2021年12月20日に次の論文をエントリしました。

33/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/20
33/38
33. Poland National Institute of Public Health & The Polish Senate
ポーランド国立公衆衛生研究所とポーランド上院

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7612.html
―引用
2016年7月1日、ポーランド国立衛生研究所と
ポーランド上院は、2.5MWタービンのタービン高さの10倍
または約4270フィートの産業用風力タービンの
強制的なセットバックを採用する新しい法律を可決しました。
※ 4270フィート= 1.301496 キロメートル
国立衛生研究所は、
産業用風力タービンで抱えている問題を評価しており、
恒久的な人間の職業を目的とした建物に
近すぎる風力発電所は、それらの近接居住する人々の
幸福と健康に悪影響を与える可能性があると考えています。
研究所の見解では、ポーランドで現在施行されている法律や規制は、
風力タービンからの騒音などの不十分な設備であるだけでなく、
十分な程度の公衆衛生保護を保証することもできません。
風力発電所(人間の健康を含む)の環境影響評価に
使用された方法論は、
毎秒5メートルを超える風速には適用できませんでした。
さらに、全周波数範囲(特に低周波数)と妨害レベルは
考慮されていませんでした。―引用終わり



2021/12/17
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2016年3月
ぜひ!→
ポーランド
◇Position of the National Institute of Public Health
–National Institute of Hygiene on wind farms
風力発電所における国立公衆衛生研究所-国立衛生研究所の見解

(国立公衆衛生研究所|2016年3月)
■国立衛生研究所
https://www.pzh.gov.pl/position-of-the-national-institute-of-public-health
-national-institute-of-hygiene-on-wind-farms/
著者:National Institute of Hygiene, National Institute of Public Health, Poland
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7610.html
―引用
国立公衆衛生研究所-国立衛生研究所は、
恒久的な人間の居住を目的とした建物に近すぎる風力発電所は、
近隣に住む人々の快適さと健康に
悪影響を与える可能性があるとの見解です。
研究所がその立場で考慮した人間の健康リスク要因は次のとおりです:
▪ 放射される騒音レベルと、タービンの技術仕様、
風速、および風力発電所周辺の地形と土地利用への依存性、
▪ 超低周波音放射および低周波ノイズ成分を含む空力ノイズレベル、
▪ 放出されるノイズの性質、
その変調/衝撃/音調特性および複数のタービンから
放射される波の干渉の可能性を考慮に入れて、
▪ ローターから氷が飛散するリスク、
▪ ローターブレードまたはその部品が落下してタービンが故障するリスク、
▪ シャドウフリッカー効果、
▪ 電磁放射レベル(タービンのすぐ近く)、
▪ 夜間の睡眠障害と騒音伝播の確率、
▪ 騒音の放出と騒音源の不受容の両方に関連する、
 (長時間の曝露の結果として)
 ストレスとうつ病の症状が発生するアノイアンスのレベルと確率。

研究所の見解では、ポーランドで現在施行されている法律や規制
(実際には騒音レベルのみを含むリスク要因に関して)は、
風力タービンなどの施設には不十分であるだけでなく、
また、十分な程度の公衆衛生保護を保証することもできません。
風力発電所(人間の健康を含む)の環境影響評価に
現在使用されている方法論は、5 m / sを超える風速には適用できません。
さらに、全周波数範囲(特に低周波数)と妨害レベルは考慮されていません
。―引用終わり



・2021年12月16日に次の論文をエントリしました。

32-m/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/16
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-m. Joe Yunk a farmer located at N2630 Townhall Road Kewaunee Wisconsin
lost 10 beef cattle after the start-up of the WPS Lincoln Wind Energy Facility
which started up in the summer of 2000.
Mr. Yunk had not lost any cattle prior to the wind turbine start-up.
Many families including Joe Yunk had experienced health problems
after the start-up. WPS bought two family homes near Joe’s home
who were claiming illness. So Joe retained a lawyer and filed suit with WPS.
Joe gave deposition in the summer of 2008 and was scheduled to go to trial
in September 2009. In August 2009 he was offered 3,000
(on a property appraised at 8,000, Joe took the offer.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7604.html
―引用
2000年夏に立ち上げられた
WPSリンカーン風力エネルギー施設の立ち上げ後、
ウィスコンシン州ケワニー(Kewaunee)の
N2630 Townhall Roadにいる農家のJoe Yunk氏は
肉用牛を10頭失いました。
Yunk氏は、
風力タービンの始動前に牛を失っていませんでした。
Joe Yunk氏を含む多くの家族は、
立ち上げ後に健康上の問題を経験していました。
WPSは、Joe氏の家の近くで病気を訴えている
2つの家族の家を購入しました。
そのため、Joe氏は弁護士を雇い、
WPSに訴訟を起こしました。
Joe氏は2008年の夏に寄託し、
2009年9月に裁判が行われる予定でした。
2009年8月に彼は163,000ドルを提供されました
(168,000ドルで評価された物件で、
Joe氏はその提案を受けました
。―引用終わり
----------------------
関連する文書
----------------------
2021/12/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年7月4日
ぜひ!→
ウィスコンシン州
◇My personal experience living in a wind farm
風力発電所での私の個人的な経験

(Comments|2010年7月4日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/my-personal-experience-living-in-a-wind-farm/
著者:Joe Yunk
2010年7月4日に提出されたコメント、
Wind Siting Rules、ウィスコンシン州公共サービス委員会:
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7602.html



・2021年12月15日に次の文書をエントリしました。

2021/12/15
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2010年7月4日
ぜひ!→
ウィスコンシン州
◇My personal experience living in a wind farm
風力発電所での私の個人的な経験

(Comments|2010年7月4日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/my-personal-experience-living-in-a-wind-farm/
著者:Joe Yunk
2010年7月4日に提出されたコメント、
Wind Siting Rules、ウィスコンシン州公共サービス委員会:
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7602.html
―引用
タービンが作動し始めたとき、問題を報告するために
WPSに直接ホットラインが設置されました。
私はタービンが作動する前の約2年間肉牛を飼っていましたが、
動物を失うことはありませんでした。
しかし、タービンが始動して間もなく、
肉用牛が病気になって死んでしまいました。
これをWPSホットラインで報告しましたが、
何も行われませんでした。
私は2年間で5,000ドル相当の10匹の動物を失い、
続ける余裕がありませんでした。
WPSに対する騒音苦情のため、1年以内に2つの家族の家
がWPSによって購入され、取り壊されました。
さらに、同時にWPSは他の隣人との妨害訴訟を解決していました。
彼らは私の隣人を買収することを申し出ていましたが、
苦情を止めるために
市場価格をはるかに下回る価格を申し出ました。
しかし、彼らは私に買収の機会を提供しませんでした、
私は抜け出したかったのです!
54年の故郷を離れるのは大変でした。
しかし、時間が経つにつれて、
絶え間ない睡眠不足と騒音とちらつきの苛立ちを抱えて
生活することで、私はWPSを訴えて、
引っ越す余裕があるように
家の公正な市場価値を支払ってもらうことにしました
。―引用終わり



・2021年12月14日に次の論文をエントリしました。

32-l/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/14
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-l. Ann & Jason Wirtz bought their farmhouse near the Town of Oakfield
in Dodge County on June 1, 1996. On this farm they raise alpacas.
In March of 2008 Invenergy started up their Wind Farm called
the Forward Energy Center located in Dodge and Fond du Lac County Wisconsin.
This Wind Farm has 86 wind turbines that are GE 1.5 MW units or 129 MW total.
The closest turbine is 1300 feet from the Wirtz home. Upon start-up the
Wirtz Family had troubles sleeping at night, and there was troubles
with their animals as well. Ann says the alpaca became jumpy
the first day the turbines went on line. Normally they are calm.
But on the day the towers started up, they seemed to panic.
They were on their back legs right away.
Ann said the herd had always been docile and healthy,
with no breeding problems. Since the wind farm started up,
their temperament has changed and none of the females have been able to
carry a pregnancy to full term.
Pregnancy always results in miscarriage or stillbirth.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7600.html
―引用
Ann&Jason Wirtzは、1996年6月1日に、
Dodge郡のOakfieldの町の近くにある農家を購入しました。
この農場で彼らはアルパカ(alpacas)を飼育しています。
2008年3月、Invenergyは、ウィスコンシン州Dodgeと
Fond du Lac郡にあるForward Energy Center
と呼ばれる風力発電所を立ち上げました。
この風力発電所には、GE 1.5MWユニットで
合計129MWの86基の風力タービンがあります。
最も近いタービンは、Wirtz家から1300フィートです。
起動時に、Wirtz家は夜寝るのに苦労しました、
そして彼らの動物にも問題がありました。
Annは、タービンがオンラインになった最初の日に
アルパカがびくびくしたと言います。
通常、彼らは穏やかです。
しかし、塔が建ち上がった日、彼らはパニックに陥ったようでした。
彼らはすぐに後ろ足でした。
Annは、群れは常に従順で健康であり、
繁殖の問題はなかったと述べました。
風力発電所が始まって以来、彼らの気質は変化し、
雌の誰もが満期まで妊娠することができませんでした。
妊娠は常に流産や死産につながります
。―引用終わり



・2021年12月10日に次の論文をエントリしました。

32-k/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/10
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-k.A recent study conducted by the Royal Veterinary College
and the Zoological Society of London conducted a study of health effects
on badgers by monitoring nine badgers living within 1km of wind turbines
verses 16 badgers (control group) living at least 10 km from
any wind turbines. They monitored the cortisol levels in the hair of
the badgers and found that the hair of the badgers living less than 1 km
from the wind turbines had 264 % higher cortisol level
than the badgers living at more than 10 km from any wind turbines. Their
conclusion was that the affected badgers suffer
from enhanced hypothalamo-pituitary- adrenal activity
and are physiologically stressed. So in summary the stress levels of the
badgers living near the wind turbines was 265 % higher
than the control group living more than 10 km away from the turbines.
This study was conducted in 2013.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7596.html
―引用
Royal Veterinary CollegeとLondon Zoological Societyが
実施した最近の調査では、
風力タービンから1 km以内に住む9匹のアナグマと、
風力タービンから10 km以上離れた場所に住む
16匹のアナグマ(コントロールグループ)を監視することにより、
アナグマに対する健康への影響に関する調査を実施しました。
彼らは、アナグマの毛のコルチゾールレベルを監視し、
風力タービンから1 km未満に住むアナグマの毛は、
風力タービンから10 km以上に住むアナグマよりも
264%高いコルチゾールレベルを持っていることを発見しました。
彼らの結論は、影響を受けたアナグマは
視床下部-下垂体-副腎活動の増強に苦しんでおり、
生理学的にストレスを受けているというものでした。
したがって、要約すると、
風力タービンの近くに住むアナグマのストレスレベルは、
タービンから10km以上離れた場所に住む対照群よりも265%高かった。
この調査は2013年に実施されました。
―引用終わり
-----------------
関連する論文
-----------------
2018/01/29
<風車による動・植物への悪影響> 
2016年5月
ぜひ!⇒
◇Wind turbines cause chronic stress in badgers (Meles Meles) in Great Britain
風力タービンは、英国のアナグマ(Meles Meles)に慢性的なストレスを引き起こす

(Journal of Wildlife Diseases|2016年5月)
■Stop These Things
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2016/06/agnew-wind-turbine-stress-badgers.pdf
著者:Roseanna C. N. Agnew 他
Journal of Wildlife Diseases
Roseanna Agnew, Valerie Smith and Robert Fowkes
May 2016 2016年5月
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-5186.html



・2021年12月9日に次の論文をエントリしました。

32-h/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/09
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-h. The Ocean Breeze Emu Farm owned by Dave and Deb Van Tassel in Gullver’s
Cove Nova Scotia was forced to close due to the loss of 30 of their 38 emus. The
deaths began in 2010 when Nova Scotia Power started up 20 Industrial Wind Turbines
that were 1.5 MW each. During the 18 + years before the wind turbine start-up they did
not have any problems with their birds, no unexpected deaths and no agitation. Nova
Scotia Power started up this wind facility called Digby Neck Wind Farm in December
2010. The closest wind turbine to the Ocean Breeze Emu Farm was 850 meters (2789 ft)
from the farm.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7595.html
―引用
Gullver’s Cove Nova Scotiaの
Daveと Deb Van Tasselが所有する
Ocean Breeze Emu Farm
(オーシャンブリーズエミューファーム)は、
38羽のエミューのうち30羽が失われたため、
閉鎖を余儀なくされました。
死亡は2010年にNova Scotia Powerがそれぞれ1.5MWの
20基の産業用風力タービンを始動させたときに始まりました。
風力タービンが始動する前の18年以上の間、
彼らは鳥に問題はなく、
予期せぬ死や動揺もありませんでした。Nova Scotia Powerは、
2010年12月にDigby Neck Wind Farmと呼ばれる
この風力発電施設を立ち上げました。
Ocean Breeze Emu Farmに最も近い風力タービンは、
ファームから850メートル(2789フィート)でした
。―引用終わり



・2021年12月8日に次の論文をエントリしました。

32-g/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/08
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-g. In

2012 when the Waterloo Australia Wind Farm started up farmer Neil Daws chickens
started laying yolkless eggs. Later they did not lay any eggs. One of his neighbors a
long term sheep farmer reports a three-fold spike in birth defects since the turbine
start-up. Lambs have been born with no ears, with three legs and hoofs turned
backward. THE Waterloo Wind Farm has 37 Vestas V90-3MW turbines each 80
meters (262.47 ft ) tall with 44 meter long ( 144.36 ft ) blades.

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7592.html
―引用
ウォータールーオーストラリア風力発電所
(Waterloo Australia)が立ち上がった2012年、
農家のニール・ドー氏(Neil Daws)の鶏は
卵黄のない卵を産み始めました。
その後、彼らは卵を産みませんでした。
彼の隣人の一人である長年の羊飼いは、
タービンの始動以来、
先天性欠損症の3倍の急増を報告しています。
子羊は耳がなく、
3本の足とひづめが後ろを向いて生まれました。
ウォータールー風力発電所には、
37基のVestas V90-3MWタービンがあり、
それぞれの高さは80メートル(262.47フィート)、
ブレードの長さは44メートル(144.36フィート)です
。―引用終わり
==================
関連記事/論文
==================
2021/07/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2012年4月
オーストラリア
◇Waterloo Wind Farm Survey April 2012
ウォータールーウィンドファーム調査2012年4月

■WindWatch
https://www.wind-watch.org/news/wp-content/uploads/2012/07/
Waterloo-Wind-Farm-Survey-April-2012-Select-Committee.pdf
著者:Mrs. Mary Morris
Submission to SA Parliamentary Select Committee into Wind Power, 2012
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7390.html
-------------------------------
Zhenhua Wang氏の論文
-------------------------------
2021/12/03
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2011年11月21日
南オーストラリア州
◇Evaluation of wind farm noise policies in South Australia: a case study of Waterloo Wind Farm
南オーストラリア州のウィンドファーム騒音政策の評価:
ウォータールーウィンドファームの事例研究[summary brief.(概要)]

(University of Adelaide/修士論文|2011年11月21日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia/
■Stop These Thing
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2013/02/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia-waterloo-case-study-copy.pdf
著者:Zhenhua Wang
This study was conducted as part of a Master’s dissertation
by Zhenhua Wang at the University of Adelaide
summary brief.(概要)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7588.html



・2021年12月3日に次の論文をエントリしました。

2021/12/03
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2011年11月21日
南オーストラリア州
◇Evaluation of wind farm noise policies in South Australia:
a case study of Waterloo Wind Farm
南オーストラリア州のウィンドファーム騒音政策の評価:
ウォータールーウィンドファームの事例研究[summary brief.(概要)]

(University of Adelaide/修士論文|2011年11月21日)
■WindWatch
https://www.wind-watch.org/documents/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia/
■Stop These Thing
https://stopthesethings.files.wordpress.com/2013/02/
evaluation-of-wind-farm-noise-policies-in-south-australia-waterloo-case-study-copy.pdf
著者:Zhenhua Wang
This study was conducted as part of a Master’s dissertation
by Zhenhua Wang at the University of Adelaide
summary brief.(概要)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7588.html
―引用
影響を受けた多くの回答者は、
風力発電所の騒音によって引き起こされている
アノイアンス/不快感に対処するために行動を起こしました。
例:「風が強いときによく眠るために他の場所に移動した」;
「よく眠れるように薬を飲んだり、医者に診てもらったりした」;
「風力発電所の騒音を遮断するために二重窓を設置」;
「木を植えた」;
「耳栓を使用した」;
「一晩中音楽を流した」。
何人かの回答者は、
風力エネルギー施設が設置されていない他の場所に
不動産を購入しました
。 ―引用終わり



・2021年12月2日に次の論文をエントリしました。

32-i/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/12/02
32/38
32. Effects Wind Turbines Have on Domestic Animals, Farms & Wildlife
風力タービンが家畜、農場、野生生物に与える影響
32-i. ・・・Out of 150 chickens Jim lost 50 chickens and numerous birth defects
which he never had before. The birth defects included missing eyes,
eyes sticking out of their head, twisted beaks, deformed heads and malformed legs.
He later found a study that was done by the United States Army Aeromedical
Research Laboratory on the Effects of Vibration and Amplitude on Developing Embryos.
This study goes into great depth and the procedure they used in the study of
how the birds hatch rates were diminished from low frequency vibration..・・・

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7584.html
―引用
養鶏場の経営者のJames Vollmer氏は、
ウィスコンシン州マローン(Malone)のWEエナジー
ブルースカイグリーンフィールド風力エネルギーセンター
(Blu Sky Green Field)の近くに住んでいます。
この風力エネルギーセンターには、
定格1.65MWのVestasV82タービンである
88の産業用風力タービンがあります。
Jimは、健康上の問題と家族の健康上の問題に加えて、
2008年5月19日にこの施設を開設して以来、
鶏に大きな健康上の問題を抱えています。
鶏を飼育してきた21年間、
ジムは2008年5月19日以降に始まった問題を
抱えたことはありません。
150羽の鶏のうち、Jimは50羽の鶏と、
これまでになかった多くの先天性欠損症を失いました。
先天性欠損症には、目の欠落、頭から突き出た目、
くちばしのねじれ、頭の変形、脚の奇形などがありました。
彼は後に、発生中の胚に対する振動と振幅の影響について、
米国陸軍航空医学研究所によって行われた研究※を発見しました。
この研究は非常に深く掘り下げられ、
鳥の孵化率が低周波振動によって
どのように減少したかについての研究で彼らが使用した手順です。
それはまた、彼が苦労していたのと同じ先天性欠損症を
引き起こしました。
彼は何年にもわたって数千羽の鳥を飼育しており、
風力タービンが始動するまで
これらの問題を経験したことはありませんでした。
Jimは彼の鶏のいくつかをタービンから離れた場所に
移動させようとしました、そして彼らは約3日間眠り、
そしてその後回復しました。
Jimはまた、自分の農場周辺の野生生物の減少に
気づいていました。風力タービンの前に、
彼は彼の納屋垂木の巣に最大22のツバメを持っていました、
しかしタービンが急に建ち上がったので、ツバメは去りました。
彼はまた、メンフクロウがいなくなったことにも気づきました。
問題を引き起こしているのは、
彼の鶏が適切に眠ることができないというのがJimの意見です
。―引用終わり



・2021年12月1日に次の論文をエントリしました。

2021/12/01
2/2-振動音響疾患~Lynne Knuth, Ph.D.>
2010年6月18日
ぜひ!→
2/2-ウィスコンシン州
◇AN EXCEPT FROM A POST TO THE DOCKET FROM A WISCONSIN BIOLOGIST:
6/18/10 What's on the docket for the Wind Siting Council?
Bad Vibrations: Wisconsin biologist weighs in on wind turbine siting guidelines.
ウィスコンシンの生物学者からのドケットへの投稿を除いて:
6/18/10 Wind Siting Councilのドケットには何がありますか?
悪い振動:ウィスコンシンの生物学者は、風力タービンの設置ガイドラインを検討する。

(Better Plan, Wisconsin|2010年6月18日)
■Better Plan, Wisconsin
http://betterplan.squarespace.com/todays-special/
2010/6/18/61810-whats-on-the-docket-for-the-wind-siting-council-bad-vi.html
著者:Lynne Knuth, Ph.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7582.html
―引用
風力発電所からの報告に基づくと、
風力エネルギーの結果として、
この国の石炭排出や原子力発電によるものよりも、
人や動物の生殖への影響
(不妊症、自然流産や流産、死産、先天性欠損症)が
はるかに悪化する可能性があります。
これは研究する必要があります。
ヨーロッパでは、
振動暴露は潜在的な生殖障害として認識されており
(EU指令92/85 / EEC)、
振動またはEMF暴露は、実験条件下で
人または動物に生殖問題を引き起こす可能性があります。
(Al-Akhras, 2008, Brown et al., 1992, Hardell and Sage, 2008,
Kim et al, 1999, Lahijani et al, 2007, Penkov , 2007,
Seidel, 1993, Uysal et al, 2004)
。―引用終わり



・2021年11月30日に次の論文をエントリしました。

2021/11/30
1/2-振動音響疾患~Lynne Knuth, Ph.D.>
2010年6月18日
ぜひ!→
1/2-ウィスコンシン州
◇AN EXCEPT FROM A POST TO THE DOCKET FROM A WISCONSIN BIOLOGIST:
6/18/10 What's on the docket for the Wind Siting Council?
Bad Vibrations: Wisconsin biologist weighs in on wind turbine siting guidelines.
ウィスコンシンの生物学者からのドケットへの投稿を除いて:
6/18/10 Wind Siting Councilのドケットには何がありますか?
悪い振動:ウィスコンシンの生物学者は、風力タービンの設置ガイドラインを検討する。

(Better Plan, Wisconsin|2010年6月18日)
■Better Plan, Wisconsin
http://betterplan.squarespace.com/todays-special/
2010/6/18/61810-whats-on-the-docket-for-the-wind-siting-council-bad-vi.html
著者:Lynne Knuth, Ph.D.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7576.html
―引用
科学文献によると、
低周波振動は排尿衝動(Frey et al、2007)、
月経不順、胎児死亡(Penkov、2007)を引き起こす可能性があります。
これは、妊娠できない、または自然流産、動物の先天性欠損症、
動物の腎臓の問題と解釈される可能性があります(Skilianov et al、2005)。
これらの影響はすべて、
Kewaunee(ケワニー)風力発電所で報告されています。
この風力発電所に残っている健康上の問題の多くは、
超低周波音/低周波音への曝露、または長期間にわたって
低周波音波への曝露によって引き起こされる
振動音響疾患によって説明できます
。―引用終わり



・2021年11月29日に次の論文をエントリしました。

2021/11/29
2/2-風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2001年7月2日
ぜひ!→
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡 リンカーン郡区(Township of Lincoln)
2/2-Excerpts from the Final Report of the Township of Lincoln Wind Turbine Moratorium Committee
リンカーン郡区風力タービンモラトリアム委員会の最終報告書からの抜粋

■ [AWEO.org]
http://www.aweo.org/windlincoln.html
著者:Elise Bittner-Mackin
[イリノイ州Bureau郡に、Stefan Noe(Illinois Wind Energy)が
IndiantownとMiloに提案した54.5MWの
33タービンCrescent Ridge風力施設に関する
ゾーニング審議会に提出するためにElise Bittner-Mackinが作成]
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7579.html
―引用
Russ Allen氏はウィスコンシン州DePereに
550頭の乳牛を所有しています。
彼の農場は、近くのWPSCタービンと
変電所の間の直線上にあります。
Russ氏は、農場の電流を減らすために
電気機器を設置する前の3年間、
1日に1頭か2頭の牛を失っていたと述べました。
約600頭の牛が死亡したと彼は言った。
Russ氏は、自分の農場には
非常に多くの電流が流れているため、農場の周りに
4番の銅線を5,000フィート敷設したと述べました。
ワイヤーは、建物や追加のワイヤーには接続されていません。
それでも、土壌との接触だけで電球を照らすことができます
。―引用終わり



・2021年11月26日に次の論文をエントリしました。

2021/11/26
1/2-風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2001年7月2日
ぜひ!→
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡 リンカーン郡区(Township of Lincoln)
◇1/2-Excerpts from the Final Report of the Township of Lincoln Wind Turbine Moratorium Committee
リンカーン郡区風力タービンモラトリアム委員会の最終報告書からの抜粋

■ [AWEO.org]
http://www.aweo.org/windlincoln.html
著者:Elise Bittner-Mackin
[イリノイ州Bureau郡に、Stefan Noe(Illinois Wind Energy)が
IndiantownとMiloに提案した54.5MWの
33タービンCrescent Ridge風力施設に関する
ゾーニング審議会に提出するためにElise Bittner-Mackinが作成]
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7577.html
―引用
ウィスコンシン州ケワ二ー(Kewaunee)郡で
風力タービンがオンラインになった後、
リンカーン郡区(Township of Lincoln)の監理委員会は
新しいタービン建設のモラトリアムを承認しました。
モラトリアムの目的は、
風力タービンの新築を18か月遅らせることでした。
これにより、1999年6月にオンラインになった
Wisconsin Public Service Corporation (WPSC)と
Madison Gas and Electric (MG&E)が設置した
22基のタービンの影響を評価する機会が町に与えられました。

次の文書は、タービン建設前に
町が直面していなかった問題に対処するために
モラトリアム委員会が直面した問題のいくつかと、
委員会が調査の結果として提案した
結果の変更のいくつかをまとめたものです。
この情報の検証は、
リンカーン郡区の職員から入手できます。
議題。
モラトリアム委員会は、
2000年1月17日から2002年1月20日までの間に39回会合しました。
(1)風力発電所が土地に与える影響を研究する。
(2)住民への影響を調査し、
(3)リンカーン郡区に2つの既存の風力発電所を
   建設するために使用される条件付き使用許可を確認します。
調査。
委員会は、町に住むすべての不動産所有者に送られた
風力タービンの知​​覚された影響に関する調査を実施しました。
各世帯は1票を獲得しました。
結果は、風力発電所の建設から2年後の2001年7月2日に
タウンボードに提出されました。
―引用終わり



・2021年11月25日に次の論文をエントリしました。

2021/11/25
<振動音響疾患/米国陸軍航空医学研究所によって行われた研究>
1994年10月
ぜひ!→
米国
◇Effect of Vibration Frequency and Amplitude on Developing Chicken Embryos
鶏胚の発育に及ぼす振動周波数と振幅の影響

(United States Army|1994年10月)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Shannon_Vibration_Pregnancy_Aviation_Study.pdf
著者:Samuel G. Shannon 他
Samuel G. Shannon
Al W. Moran
Linda C. Shackelford
and
Kevin T. Mason
Aircrew Protection Division
October 1994
United States Army Aeromedical Research Laboratory
Fort Rucker, Alabama 36362-0577
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7573.html
―引用
要約:
これらの調査結果を定義および検証するには、
さらなる研究が必要です。
全身の振動曝露は、発育中のニワトリ胚に有害です。
動物およびヒトの妊娠結果に対する
この潜在的な健康被害の
さらなる実験室および疫学研究が完了するまで、
妊娠中の陸軍飛​​行士は回転翼航空機で飛行してはなりません。
―引用終わり



・2021年11月5日に次の論文をエントリしました。

2021/11/05
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2012年8月19-22日
米国
◇Perception-based protection from low-frequency sounds may not be enough
低周波音からの知覚ベースの保護では不十分な場合があります

(Presented at Inter-Noise 2012|2012年8月19-22日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/salt-lichtenhan-internoise2012.pdf
著者:Alec N. Salt & Jeffery T. Lichtenhan
Presented at Inter-Noise 2012, New York, N.Y., August 19-22
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7544.html
―引用
要旨:
哺乳類の耳の聴覚と知覚は、
内有毛細胞(IHC)によって媒介されます。
IHCは、機械的振動と流体継手で結合されており、
速度に敏感であると特徴づけられているため、
低周波音にはまったく反応しません。
しかし、耳には、流体結合されておらず、
変位に敏感であると特徴づけられる、
より多くの外有毛細胞(OHC)も含まれています。
OHCはIHCよりも低周波数に敏感であり、
知覚されるレベルよりも低いレベルの
非常に低い周波数の音に反応します。
OHCは、II型求心性線維によって脳に接続されており、
ネットワークは低周波の知覚を
さらに減衰させる可能性があります。
これらの同じ経路は、
警告音や幻音(耳鳴り)にも関係しています。
これらの解剖学的構成のために、
知覚されない低周波音は、
まだ十分に研究されていない方法で
影響を引き起こす可能性があります。
低周波数の音に対する耳の反応は、
音声周波数範囲の音などの
高周波数の音の存在によって影響を受け、
高周波数の成分がない場合に生成される応答が
大幅に大きくなることを示すデータを提示します。
低周波音の生理学的効果は、
広く認識されているよりも複雑であると結論付けています。
この知識に基づいて、私たちは、知覚されない音が
耳によって明確に伝達され、
まだ完全に理解されていない方法で
人々に影響を与える可能性があることを
懸念する必要があります
。―引用終わり



・2021年11月1日に次の論文をエントリしました。

2021/11/01
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2014年3月27日
ぜひ!→
日本
◇Analysis of aerodynamic sound noise generated by a large-scaled wind turbine
and its physiological evaluation
大規模風力タービンが発生する空力騒音の解析とその生理学的評価

(International Journal of Environmental Science and Technology|2014年3月27日)
doi: 10.1007/s13762-014-0581-4
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs13762-014-0581-4
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/inagaki2015.pdf
著者:T. Inagaki, Y. Li, Y. Nishi
International Journal of Environmental Science and Technology
June 2015, Volume 12, Issue 6, pp 1933-1944
doi: 10.1007/s13762-014-0581-4
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7538.html
―引用
現代の大規模風力タービンから発生する空力騒音が、
工学的観点から測定および分析されました。
測定項目は、音、音圧レベル(超低周波音を含む)、
それに対応する生理学的評価でした。
15人の被験者は、記録された空力ノイズや合成周期音など、
さまざまな音刺激を受け、
[そして]生理学的評価として脳波で検査されました。
脳波のマッピングパターンから、
20Hzの周波数帯の音刺激後、
リラックスして集中した状態を示すアルファ1リズムが
他のケースの中で最も低い値を示したことが観察されました。
つまり、被験者は20 Hzの周波数帯域で音刺激を聞いた後、
リラックスして集中力を保つことができませんでした。
被験者がすべての音刺激を聞いたとき、
アルファ1リズムの誘発率はほとんど減少し、
周波数の減少とともにさらに減少しました。
一方、20Hzの周波数帯域での音刺激後の
ひずみ状態を示すベータ1リズムは、
他のケースの中で最も高い値を示しました。
したがって、超低周波音
(たとえば、低周波で人間の聴覚には聞こえない)は、
現代の大規模風力タービンのすぐ近くで
作業する技術者にとって
アノイアンス/不快感であると考えられました
。 ―引用終わり



・2021年10月29日に次の論文をエントリしました。

<27/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/29
27/38
27. Sensitization of people exposed to industrial wind turbine noise.
産業用風力タービンの騒音にさらされた人々の感作。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7537.html
―引用
一部の人々は、産業用風力タービンからの騒音に
さらされるとすぐに、不快感や健康上の問題を経験します。
しかし、しばらくの間騒音にさらされるまで
症状を経験しない人もいます。
この良い例は、ウィスコンシン州グレンモアの
シャーリーウィンドプロジェクト
(Shirley Wind Project in Glenmore Wisconsin)の近くで
家族と一緒に住んでいるPam Schauerです。
Pamの家族は風力タービンが始動するとすぐに症状を経験しましたが、
Pamは始動後約6か月まで症状を経験しませんでした。
したがって、要約すると、彼女が騒音に敏感になるまでに
6か月の騒音への暴露が必要でした。
オーストラリア上院に対するサラ・ローリー博士
(Dr. Sarah Laurie)の証言は、
産業用風力タービンからの負の健康症状を持っている
カップルのDavidとAlidaについて話します。
Davidはタービンの始動時に健康上の問題を経験しましたが、
Alidaは始動後4年まで症状を経験しなかったため、
風力タービンの騒音に敏感になるまでに少し時間がかかりました。
NASAと協力して産業用風力タービンを開発した
ニールケリー博士(Dr. Neal Kelly)は、
ブーン郡(Boone County)の住民に
重大な健康問題を引き起こした新しい2.0MWの
産業用風力タービンに関する重要な音響調査に関与しました。
この1985年の報告は、住民が風力タービンの騒音に
敏感になったということを示しています。
―引用終わり



・2021年10月28日に次の論文をエントリしました。

<26/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/28
26/38
26. Fibrosis ,Thickening and Scaring of Connective Tissue as a Result of Injury from
Exposure to Low Frequency Noise and Infrasound. This includes damage to Lung
Tissue, Heart Tissue, Blood Vessel Walls, Cardiac Valves and Pericardium Sac.
Exposure will result in abnormal growth of collagen in blood vessel walls, tracheal wall
pleural sac, stomach wall, and kidney glomeruli. Also the cilia that line the respiratory
tract are severely damaged. The following article on Vibroacoustic Disease was
presented at the 11 th International Meeting on Low Frequency Noise and Vibration
and its Control
“Vibroacoustic Disease- The Response of Biological Tissue To Low Frequency Noise”.
低周波音および超低周波音への曝露による損傷の結果としての
結合組織の線維症、肥厚および瘢痕化。
これには、肺組織、心臓組織、血管壁、心臓弁、
心膜嚢への損傷が含まれます。
曝露すると、血管壁、気管壁、胸膜嚢、胃壁、
および腎糸球体でコラーゲンが異常に増殖します。
また、気道を覆う繊毛はひどく損傷しています。
振動音響疾患に関する次の論文は、
低周波騒音と振動およびその制御に関する第11回国際会議
「振動音響疾患-低周波騒音に対する生体組織の応答」で発表されました。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7533.html
===============================
関連する論文
===============================
2021/10/27
<振動音響疾患>
2004年8月30日ー9月1日
ポルトガル
◇Vibroacoustic Disease – The Response of Biological Tissue to Low-Frequency Noise
振動音響疾患–低周波ノイズに対する生体組織の応答

(the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control|2004年8月30日ー9月1日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/bioresponse-sm.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira 他
Presented at the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control, Maastricht, The Netherlands,
30 August to 1 September 2004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7532.html 



・2021年10月27日に次の論文をエントリしました。

2021/10/27
<振動音響疾患>
2004年8月30日ー9月1日
ポルトガル
◇Vibroacoustic Disease – The Response of Biological Tissue to Low-Frequency Noise
振動音響疾患–低周波ノイズに対する生体組織の応答

(the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control|2004年8月30日ー9月1日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/bioresponse-sm.pdf
著者:Mariana Alves-Pereira 他
Presented at the 11th International Meeting on Low Frequency Noise
and Vibration and Its Control, Maastricht, The Netherlands,
30 August to 1 September 2004
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7532.html
―引用
Summary 概要:
背景:振動音響疾患(VAD)は、低周波ノイズ(LFN)への
過度の曝露によって引き起こされる全身性の病状です。
1987年まで、過剰なLFN曝露の病理学的影響は、
認知および神経障害の領域に限定されていると
考えられていました。
死亡したVAD患者の剖検所見の後、LFNが全身、
特に心臓呼吸器系に影響を与えることが明らかになりました。
1992年に、げっ歯類はLFNに曝露され、気道は走査型
および透過型電子顕微鏡によって研究されました。
VAD患者からのインフォームドコンセントを得て
除去された心膜、気管、および肺の断片も、
光学顕微鏡および電子顕微鏡で研究されています。
このレポートは、LFN曝露に対する組織
および細胞の反応について
これまでに知られていることをまとめたものです。
■TUBULIN-BASED STRUCTURES(チューブリンベースの構造):
繊毛はチューブリンベースであり、
正常な心膜と気道に存在します。
VAD患者では、心膜繊毛は存在しなくなりますが、
気管と気管支の繊毛は異常な配置で分布します。
LFNに曝露されたげっ歯類では、気道の繊毛が剪断されたり、
クリップされたり、毛羽立ったりしているように見えます。
■ACTIN-BASED STRUCTURES(アクチンベースの構造):
蝸牛繊毛はアクチンベースの構造であり、
気道の気道に突き出ているブラシ細胞の微絨毛も同様です。
LFNに曝露されたげっ歯類では、
両方の構造が融合しているように見えます。
アクチンフィラメントは、細胞骨格の基本的な要素でもあります。
VAD患者の心膜では、細胞骨格の変形は、
LFNによって誘発されるアクチンフィラメントの
変化の結果である可能性があります。
■BIOTENSEGRITY HYPOTHESIS(バイオテンセグリティ仮説):
ほとんどすべてのヒトおよびげっ歯類の組織断片で
最も一貫した所見の1つは、
コラーゲンとエラスチンの異常な増殖です。
生体張力構造の原理は、
LFN曝露に対する組織および細胞の反応の説明に
寄与する可能性があるとの仮説が立てられています
。―引用終わり



・2021年10月26日に次の論文をエントリしました。

<25/38-産業用風力タービンは人々を病気にさせる・・・William G.>
2019年11月4日
ぜひ!→
2021/10/26
25/38
25. The Royal Society is an independent Scientific academy of
the United Kingdom and the Commonwealth, dedicated to promoting
excellence in science.
The Royal Society Open Science is a peer-reviewed open access
scientific journal published by the Royal Society which covers
all scientific fields.
In August 2014 the journal published a study called
“Low-Frequency Sound Affects Active Micromechanics In the Human Ear”
by Dr. Markus Drexl and his team at the University of Munich.
Dr. Drexl is with the German Center for Vertigo and Balance Disorders
and the Department of Otorhinlaryngology, Head and Neck Surgery.
王立学会は、英国と連邦の独立した科学アカデミーであり、
科学の卓越性を促進することに専念しています。
Royal Society Open Scienceは、すべての科学分野をカバーする、
RoyalSocietyによって発行された査読付きの
オープンアクセス科学ジャーナルです。
2014年8月、ジャーナルは、
ミュンヘン大学のMarkus Drexl博士と彼のチームによる、
「低周波音は人間の内耳の能動的マイクロメカニクスに影響を与える」
という研究を発表しました。
Drexl博士は、ドイツのめまいおよび平衡障害センター
および耳鼻咽喉科、頭頸部外科に所属しています。

(作成日:2015年12月27日〜2019年2月18日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Acker.pdf
著者:William G. Acker、Acker & Associates
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7530.html
―引用
騒音性難聴は、非常に敏感なマイクロメカニカルデバイスである
人間の蝸牛の過剰刺激に起因する最も一般的な聴覚障害の1つです。

蝸牛は、聴覚とバランスに不可欠ならせん状の空洞です。

Drexl博士は、実験室の条件で、低周波音(超低周波音を含む)が
内耳の感覚細胞に驚くほど強い影響を与えることを示しました。

正常な聴力を持つ合計21人のボランティアが、
80デシベルに相当する音圧レベルで90秒間30Hzの音にさらされました。

研究者たちは、自発的耳音響放射/(spontaneous otoacoustic emissions)
(SOAE)と呼ばれる現象を使用して、
内耳が信号にどのように反応するかを調べました。

SOAEは、内耳によって生成されるほとんど知覚できない音響信号であり、
外耳道に挿入された高感度のマイクで検出できます。

Drexl博士は、次のように述べています。
低周波音は、自発的な耳音響放射に対して
明確に定義可能な変調の影響を及ぼします。

30 Hzの信号に90秒間さらされた後、
被験者のSOARは周波数とレベルのゆっくりとした振動を示し、
それは最大2分間持続しました。

耳音響放射は通常同じ周波数のままですが、
ボランティアが低周波数のノイズを聞くと、
耳から発せられる音の周波数がゆっくりと振動し始めました。

研究者たちは、これは低周波数が内耳で働くメカニズムを
変えていたことを示していると言います。
ボランティアに低周波音を鳴らした後、振動は最大2分間続きました。

「驚くべきことに、蝸牛に対する低周波刺激の効果は、
刺激自体の持続時間よりも長く持続します」とDrexlは指摘します。
これは、低周波音によって生成される
内耳のメカニズムの変化として解釈できます。
これは、内耳に損傷が生じている可能性があることを示す
最初の兆候である可能性があります。
さらなる実験により、この現象が、
先進国における聴覚障害の最も一般的な原因の1つである
騒音性難聴に関連している可能性を探ります。

耳の音波を増幅する役割を担う外有毛細胞は、
内有毛細胞よりも低周波音に敏感です。

それらは耳音響放射の原因であると考えられており、
これらの結果は、低周波音波にさらされたときに
影響を受ける可能性があることを示しています。
チームは、結果が、たとえば風力タービン、
ブロック型火力発電所、および空調システムによって
生成される低周波音への曝露の潜在的なリスクの評価に
影響を与える可能性があると述べています。
「たとえば、風力タービンの隣に住んでいて、
これらの音を数か月または数年聞いた場合など、
長時間さらされた場合にどうなるかはわかりません。」
したがって、要約すると、風力発電所の超低周波音が
聴覚障害を引き起こす可能性があります。
これは、Green Bayの東側にある
クーリングタワー/冷却塔によって生成された
超低周波音にさらされている
Leona Ehrfurthに起こっているのを見ています。
また、Alec Salt教授が低周波ノイズにさらされた
モルモットの内有毛細胞に損傷を発見したことを
指摘したいと思います。
これは、彼のSAGEの論文
“Large Endolymphatic Potentials from Low Frequency
and Infrasonic Tunes in The Guinea Pig”
「モルモットの低周波音と超低周波音からの
大きな内リンパ電位」で取り上げられています
。―引用終わり



・2021年10月25日に次の論文を再エントリしました。

追加による更新→
2021/10/25
2019/05/26
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年1月9日
米国
◇Large endolymphatic potentials from low-frequency and infrasonic tones in the guinea pig.
モルモットにおける低周波および超低周波音からの大きな内リンパ電位

(Acoustical Society of America|2013年1月9日)
doi:10.1121/1.4789005
■The Journal of the Acoustical Society of America
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.4789005
■Wind Watch
https://docs.wind-watch.org/salt2013.pdf
著者:Salt, A. N., Lichtenhan, J. T., Gill, R. M., & Hartsock, J. J. (2013).
The Journal of the Acoustical Society of America, 133(3), 1561–1571.
doi:10.1121/1.4789005
The Journal of the Acoustical Society of America
2013 Mar;133(3):1561-71.
doi: 10.1121/1.4789005.
■おとしん機械翻訳
http://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-6239.html
追加による更新→
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7528.html
―引用
要旨
低周波音および超低周波音に対する耳の反応は
広く研究されていません。
耳がどのように低周波音に反応するのかを理解することは、
環境における超低周波音が
風力タービンのような音源からより広く普及するにつれて、
ますます重要になっています。
この研究は、音響超低周波音(5Hz)からの
第3の蝸牛ターンにおける内リンパ電位が、
可聴範囲内のトーン
(例えば、50および500Hz)よりも大きいことを、
場合によっては、
ピーク間振幅は20mVより大きいことを示します。
これらの大きな電位は、
より高い周波数のトーンによって抑制され、
そして蝸牛の頂点でのKClの外リンパ注入によって
急速に廃止され、それらの第3ターンの起源を実証した。
5〜500Hzの内リンパ性等電位は、
周波数が低下するにつれて、
外リンパ電位と比較して増強された。
増強電位の起源を研究するために
プローブおよび低周波バイアストーンを使用した。
ポテンシャルは、正弦波電圧(Vo)と
加算された飽和応答として最もよく説明されました。
これは、超低周波音のバイアス効果に対して
平均60°位相が遅れていました。
V 0は、超低周波音の各半周期における
有毛細胞を通る持続的な電流変化によって引き起こされる
線条体電位変化からなど、
有毛細胞活性から間接的に生じると考えられる
。―引用終わり



・2021年10月20日に次の論文をエントリしました。

2021/10/20
<音と健康:2021/01/01~>
1960年
米国
◇(1960). Experiments in Hearing (McGraw-Hill, New York)
聴覚の実験 (McGraw-Hill, New York)

■Acoustical Society of America
https://www.abdi-ecommerce10.com/asa/images/product/medium/0-88318-6306.pdf
著者:von Békésy, G.
Experiments in Hearing
pp. 672–682.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7520.html
―引用
復刻版の序文:
この本の残りの部分は、ベケシーの研究の本質に関係しています。
それは、中耳と頭蓋骨を介した音の伝達から始まり、
その後、音の伝達に戻って蝸牛への音をたどる前に、
やや意外にも音響心理学に切り替わります。
蝸牛の力学と電気生理学は、
ベケシーの時代の知識の限界まで説明されており、
その多くはベケシー自身によって提供されました。
ベケシーの観察と測定の多くは取って代わられましたが、
これが起こる前に、それらはそれらに取って代わった
研究のために1つではなくいくつかの足がかりを提供しました。
「Experiments in Hearing(聴覚の実験)」には、
現代の聴覚知識の最も重要なルーツのいくつかが含まれており、
聴覚科学のリテラシーを主張したいすべての人が
必読と見なす必要があります。
―引用終わり



・2021年10月18日に次の論文をエントリしました。

2021/10/18
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1950年10月13日
米国
◇(1951) Microphonics produced by touching the cochlear partition with a vibrating electrode
蝸牛管体を振動電極で接触させることによって生成されるマイクロホン電位

(The Journal of the Acoustical Society of America|1950年10月13日)
https://doi.org/10.1121/1.1906721
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.1906721
著者:von Békésy, G.
The Journal of the Acoustical Society of America
Volume 23, Issue 1 , 18–28.
https://doi.org/10.1121/1.1906721
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7518.html



・2021年10月14日に次の論文をエントリしました。

2021/10/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2009年2月13日
米国、ドイツ
◇(2009) Displacements of the organ of Corti by gel injections into the cochlear apex
蝸牛頂へのゲル注入によるコルチ器官の変位

(Hearing Research|2009年2月13日)
https://doi.org/10.1016/j.heares.2009.02.001
■ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0378595509000306?via%3Dihub
著者:Alec N.Salt
Hearing Research
Volume 250, Issues 1–2, April 2009, Pages 63-75
https://doi.org/10.1016/j.heares.2009.02.001
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7516.html



・2021年10月14日に次の論文をエントリしました。

2021/10/14
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
1999年7月27日
ぜひ!→
米国
◇(1999) Longitudinal endolymph movements and endocochlear potential changes induced
by stimulation at infrasonic frequencies
超低周波音周波数での刺激によって誘発される縦方向の内リンパの動きと蝸牛内電位の変化

(The Journal of the Acoustical Society of America|1999年7月27日)
https://doi.org/10.1121/1.427101
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.427101
著者:Alec N. Salt and John E. DeMott
The Journal of the Acoustical Society of America
Volume 106, Issue 2 , 847–856.
https://doi.org/10.1121/1.427101
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7516.html



・2021年10月1日に次の論文をエントリしました。

2021/10/01
<振動音響疾患>
2007年1~4月
ぜひ!→
ポルトガル
◇(2007). “ Vibroacoustic disease: Biological effects of infrasound
and low-frequency noise explained by mechanotransduction cellular signaling,”
振動音響疾患:メカノトランスダクション細胞シグナル伝達によって説明される
超低周波音と低周波ノイズの生物学的影響

(Progress in Biophysics and Molecular Biology|2007年1~4月)
https://doi.org/10.1016/j.pbiomolbio.2006.07.011
オープンアクセス
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0079610706000927?via%3Dihub
著者:Alves-Pereira, M., and Castelo Branco, N. A.
Progress in Biophysics and Molecular Biology
Volume 93, Issues 1–3, January–April 2007, Pages 256-279
https://doi.org/10.1016/j.pbiomolbio.2006.07.011
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7496.html
―引用
要旨:
現在、超低周波音(0〜20 Hz)と
低周波ノイズ(20〜500 Hz)(ILFN、0〜500 Hz)は、
チェックされていない病気の原因です。
振動音響疾患(VAD)は、
ILFNに過度にさらされた個人に発症する全身の病状です。
VADは、航空業界やその他の重工業で採用されている
いくつかの専門家グループで診断されています。
しかし、ILFNの遍在性と、
ILFNに関する法律がないことを考えると、
VADは子供を含む一般集団のメンバーの間で
ますます診断されています。
VADは、炎症過程がない場合、
細胞外マトリックス(コラーゲンとエラスチン)の
異常な成長に関連しています。
VADでは、コラーゲンとエラスチンの成長の最終産物は、
構造的完全性の強化です。
これは、VAD患者とILFNに曝露された動物の両方の血管、
心臓構造、気管、肺、および腎臓に見られます。
VADは、本質的に、メカノトランスダクション病です。
細胞間および細胞内コミュニケーションは、
生化学的および機械的伝達シグナル伝達の
両方を通じて達成されます。
ILFNに曝露された標本に見られるように、
組織の構造成分が変化すると、
機械的に媒介されるシグナル伝達はせいぜい損なわれます。
EKG、EEGなどの一般的な医療診断テスト、
および多くの血液化学分析は、
生化学的シグナル伝達プロセスの機能不全に基づいています。
VAD患者は通常、これらの検査で正常値を示します。
ただし、心エコー検査、脳MRI、
または組織学的研究が行われ、
構造変化を特定できる場合、
すべてがVAD患者とILFNに曝露された動物で
一貫して有意な変化を示します。
周波数固有の影響はまだわかっておらず、
有効な用量反応を特定することは困難であり、
大規模な疫学研究はまだ不足しています
。―引用終わり



・2021年8月31日に次の論文をエントリしました。

2021/08/31
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月30日
ぜひ!→
南オーストラリア州
◇South Australia Wind Farm Guidelines Consultation
南オーストラリアウインドファームガイドラインコンサルティング

(The Acoustic Group|2019年9月30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/wind-farm-guidelines-consultation.pdf
著者:Steven Cooper,The Acoustic Group

Wind Farm Guidelines Consultation
Environment Protection Authority
GPO Box 2607
ADELAIDE SA 5001
DRAFT FOR CONSULTATION
WIND FARMS
ENVIRONMENTAL NOISE GUIDELINES 2019
ウィンドファームガイドラインコンサルテーション
環境保護局
GPOボックス2607
アデレードSA5001
相談のための草案
風力発電所
2019年環境騒音ガイドライン
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7453.html
―引用
Conclusion 結論:
南オーストラリア州の風力発電所の開発は、
農村住民に混乱を引き起こす
新しい産業騒音源の作成をもたらしました。
後知恵の恩恵を受けて、
南オーストラリアEPAによって導入されたガイドラインは、
実際の風力タービン騒音ではなく、
他の騒音源の基準に基づいており、
確立された騒音源と風力タービン騒音の違いを
特定していないことは明らかです。
保証期間中、風力タービンのサイズは大きくなり、
影響も大きくなりました。したがって、
ヨーロッパで大幅に容量の少ないタービンで
実施された風力タービンの騒音に関する
独自の研究の関連性に疑問が投げかけられます。

南オーストラリア州の
ウィンドファームガイドラインは当初から、
風力タービンの運転の結果として発生する音響的影響や
健康への悪影響を特定しないことにより、
ガイドラインの目的がどのように満たされるかを
特定する資料を提供していませんでした。
統計的には、風力タービンに近接する
コミュニティからの苦情の数は標準をはるかに上回っており、
居住者の快適さを保護するために行動する場合、
規制当局はそれ自体を無視することはできません。
著者が風力発電所に関して
住宅物件に参加する際に経験した主な問題は、
居住者が睡眠障害を報告することです。
影響を受ける一部の人々にとっては、
時間の経過とともに悪化しているように見えます。
これは、船酔いのアナロジーと互換性がありますが
すべての人が風力タービンの影響を
受けるわけではないことに注意してください。 …

風力発電所が健康への影響を生み出すことを示す
研究がないという条件で、言い訳がしばしばあります。
逆の場合、健康への影響がないことを示す研究がないと
言うこともできます。

研究が不足しているからです。

著者が行った研究により、実験室の状況では、
風力タービンに敏感になった人は、
聞こえない場合でも
風力タービンのsignal/シグナルの存在を
検出できることがわかりました。

風力タービンの悪影響を受けて(恒久的または定期的に)
施設から移転しなければならなくなった人や、
最近フリンダース大学が実施したテストに参加した人から、
睡眠研究の観点から
睡眠障害が発生したとのアドバイスを受けました。

変動(風力タービンの騒音だけに限定されない)の
調査に関連する著者によるさらなる研究は、
風力タービンから定期的に発生する過度の変調の存在が、
より大きなレベルの不快感を引き起こすことを
明らかにしています。
風力タービンの騒音に関しては、
A加重レベルに追加する必要があります。
―引用終わり



・2021年8月27日に次の論文をエントリしました。

2021/08/27
<論文:風力発電所の環境への影響~前縁侵食(LEE)とビスフェノールA(Bisphenol A)汚染>
2021年4月22日
ぜひ!→
ノルウェー
◇Forurensing fra vindturbinvinger
[Leading edge erosion and pollution from wind turbine blades]
風力タービンブレードによる前縁侵食と汚染

(THE TURBINE GROUP|2021年4月22日)
ノルウェー語バージョン
https://docs.wind-watch.org/Forurensin_Leading-Edge-Erosion.pdf

英語バージョン
◇Leading Edge erosion and pollution from wind turbine blades
5 th. Edition - English
風力タービンブレードからの前縁侵食と汚染
5 th.エディション-英語

(Leading Edge erosion|2021年7月8日)
DOI:10.13140/RG.2.2.33339.34080
■ResearchGate
https://www.researchgate.net/publication/
353395665_Leading_Edge_erosion_and_pollution_from_wind_turbine_blades_5_th_Edition_
-_English?channel=doi&linkId=60fa20db169a1a0103aefae3&showFulltext=true
著者:Bård-Einar Rimereit 他
Leading Edge erosion
DOI:10.13140/RG.2.2.33339.34080
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7448.html
―引用
序文:
コミュニケーション不足のトピックに関するレポートを
まとめました;
風力タービンからのマイクロプラスチック
および可能性のある有毒化合物の排出。
排出量の推定値は、
ストラスクライド大学(University of Strathclyde)、
2021年のレポート
「Rain Erosion Maps for Wind Turbines Based on Geographical Locations
: A Case Study in Ireland and Britain」
(地理的位置に基づく風力タービンの雨による侵食マップ:
アイルランドと英国での事例研究)※
に基づいています。
風力タービンのブレードからの放出の問題について、
適切で公平な情報源を見つけることは困難です。
www.epoksy-europe.euからのレポートなど、
このトピックに関して公開されたレポートと行われた調査は、
ほとんどの場合、風力発電からの最も重要な収入源を
持っている著者によって実行されます。
Strathclyde(ストラスクライド)からのレポートは、
タービンブレードからの排出量を扱った数少ないレポートの1つです。
初版がリリースされてからわずか数日後、
ストラスクライド大学は
「Aker Offshore Wind、Aker Horizo​​ns、Strathclydeが協力して
ガラス繊維製品のリサイクルを加速する」と発表しました。
ストラスクライド大学の報告に基づいて
ノルウェーの風力タービンからの質量損失を計算することにより、
風力タービンブレードの前縁からの排出量を推定しました。
すでに2013年には、風力タービンのローターブレードが
ヨーロッパのエポキシ消費量の27%を占めていました。
製造方法にもよりますが、
ローターブレードのエポキシには
約33%ビスフェノールA(Bisphenol A)が含まれています。
それにもかかわらず、タービンブレードからの
マイクロプラスチック放出に関する入手可能な情報は
著しく少ない。
ただし、摩耗とメンテナンスに焦点を当てた
業界からの多くの報告があります。
これは、私たちが説明する問題を間接的に確認します。
ビスフェノールA(Bisphenol A)は
「ノルウェーの危険物質の優先リスト」に含まれています。
これらは健康と環境に深刻な脅威をもたらすと
考えられている化学物質であり、
ノルウェーの優先リストに掲載されています。

このリストは、当局が具体的に取り組むべき物質の
重要なツールとして機能し、
これらが使用量または排出量の削減のために取り組むことが
重要な物質であることを経済界に重要なシグナルを与えます。
この版は英語であり、ストラスクライド関係の研究者から
私たちに与えられた事実と情報を追加しました。
私たちは、見積もりと計算をサポートするための
事実と情報を理解しています

--------------------
文中のリンク先
--------------------

2021/08/26
<論文:風力発電所の環境への影響~前縁侵食(LEE)>
2021年1月22日
英国
◇Rain erosion maps for wind turbines based on geographical locations:
a case study in Ireland and Britain
地理的位置に基づく風力タービンの雨浸食マップ:アイルランドと英国での事例研究

(Journal of Bio- and Tribo-Corrosion 2021|2021年1月22日)
doi:10.1007/s40735-021-00472-0.
オープンアクセス
■Springer
https://link.springer.com/article/10.1007/s40735-021-00472-0
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Pugh-Stack-2021_RainErosionMapsWindTurbines.pdf
著者:Kieran Pugh and Margaret Stack
Journal of Bio- and Tribo-Corrosion 2021;7:34.
doi:10.1007/s40735-021-00472-0.
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7447.html
。―引用終わり



・2021年8月6日に次の記事をエントリしました。

2021/08/06
<8-オランダ:条例、風力問題>
2021年7月5日
ぜひ!→
8-オランダ
◇Doctors concerned about planned wind turbines’ proximity to residential neighborhoods
計画されている風力タービンが住宅街に近接していることを懸念する医師

(NL Times | 2021年7月5日)
https://nltimes.nl/2021/07/05/
doctors-concerned-planned-wind-turbines-proximity-residential-neighborhoods
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7439.html
―引用
多くの医師が住宅街の近くに
風力タービンを建設する計画について心配している、
と彼らはTelegraafに言った。
彼らは、独立した疫学者に、これらのタービンを
家にどれだけ近づけることができるかについて、
公衆衛生研究所RIVMからの多くの報告を
研究するように依頼しました。
結果は8週間で期待されています。
疫学者の分析はまだ行われていませんが、
『Windwiki』という名前で結ばれた医師たちは、
風力タービンが住宅街に近いことが
地元の人々の健康に影響を与える可能性があると信じています。
『Windwiki』によると、
風力発電所に関連する騒音と距離の現在の基準は
柔軟性が高すぎるため、
不眠症や長期的なストレスなどの
深刻な健康への影響をもたらす可能性があります。・・・
―引用終わり



・2021年7月27日に次の論文をエントリしました。

2021/07/27
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2010年6月16日
ぜひ!→
米国
◇Response of the ear to low frequency sounds, infrasound and wind turbines
低周波音、超低周波音、風力タービンに対する耳の反応

(Hearing Research|2010年6月16日)
https://doi.org/10.1016/j.heares.2010.06.007
■Science Direct
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0378595510003126?via%3Dihub
著者:Salt, A. N., and Hullar, T. E.
Hearing Research
Volume 268, Issues 1–2, 1 September 2010, Pages 12-21
https://doi.org/10.1016/j.heares.2010.06.007
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7424.html
―引用
要旨:
超低周波音は、体内で(呼吸、心拍、咳などによって)発生し、
空調システム、車内、一部の産業プロセス、
そして現在ますます普及している風力タービンなどの
外部ソースによって生成されます。
可聴域よりも低い振幅で提示される超低周波音は、
耳に影響を与えないと広く考えられています。
このレビューでは、聞こえるかどうかにかかわらず、
低周波音が耳の機能に
影響を与える可能性のある方法を検討します。
内耳には、低周波音の成分が脳に伝達される前に
それらを減衰させる精巧なメカニズムがあります。
耳の聴覚部分である蝸牛には、
内有毛細胞(IHC)と外有毛細胞(OHC)の2種類の感覚細胞があり、
IHCは「聴覚」を脳に伝達する求心性線維に結合しています。
IHCの感覚不動毛(「hairs/毛」)は
機械的刺激に「流体結合」されているため、
それらの応答は刺激速度に依存し、
音の周波数が低くなると感度が低下します。
対照的に、OHCは機械的刺激に直接結合されているため、
低周波数ではIHCよりも入力が大きくなります。
非常に低い周波数では、OHCは聞こえるレベルよりも
低いレベルの音によって刺激されます。
球形嚢などの他の感覚構造の有毛細胞は
超低周波音周波数に調整できますが、
これらの構造に結合する聴覚刺激は非効率的であるため、
空中超低周波音の影響を受ける可能性は低くなります。
内リンパの体積調節に関与する構造も
超低周波音の影響を受けることが知られていますが、
その感度も低いと考えられています。
ただし、耳が超低周波音に対して過敏になる
異常な状態があります。
ほとんどの場合、超低周波音に対する内耳の反応は
正常と見なすことができますが、
慣れない感覚や生理機能の微妙な変化に
関連している可能性があります。
これにより、風力タービンの騒音の
超低周波音成分への曝露が
耳の生理機能に影響を与える可能性が高まります
。―引用終わり



・2021年7月14日に次の論文をエントリしました。

2021/07/14
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2019年9月9–13日
ぜひ!→
オーストラリア
◇Use of synthesised or actual wind turbine noise for subjective evaluation purposes
主観的評価目的での合成または実際の風力タービン騒音の使用

(Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics|2019年9月9–13日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Cooper-synthesised-v-actual-WT-sound.pdf
著者:Steven Cooper
Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics,
9–13 September 2019, Aachen, Germany: pages 912–919
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7410.html
―引用
要旨:
風力タービンのさまざまな運用シナリオの騒音特性を
主観的にテストするための正確な風力タービン騒音信号を
生成することには、技術的な困難があります。
テスト信号を超低周波音のみに制限する場合と、
フルスペクトルを使用する場合では、
主観的な応答に違いがあります。
提示された「ノセボ」効果の概念は、
フルスペクトルフィールド測定で観察された特徴
または圧力脈動を反映しない
「合成風力タービン超低周波音」の使用に依存してきました。
このようなテストで使用された
「合成風力発電所の超低周波音信号」の有効性が調べられ、
フルスペクトル信号と比較されます
。―引用終わり



・2021年7月13日に次の論文をエントリしました。

2021/07/13
<風力タービンの人間に対する健康への影響:2020/08/03~>
2018年5月27-31日
ぜひ!→
オーストラリア
◇The Inaudible Soundscape of a Wind Farm
風力発電所の聞こえないサウンドスケープ

(Euronoise 2018|2018年5月27-31日)
https://www.euronoise2018.eu/docs/papers/395_Euronoise2018.pdf
著者:Steven Cooper
Euronoise 2018, (May 27-31, Heraklion - Crete, Greece)
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7408.html
―引用
サマリー:
人々が交通騒音に慣れている一方で、
風力タービンの騒音に長期間さらされると逆のことが起こります。
人々は最終的に彼らに影響を与える騒音に敏感になり、
極端な場合にはこれらの人々に彼らの家を放棄することを要求します。
典型的な騒音目標は住居の外部に適用され、
内部の騒音環境には対応していません。
住居内の現場測定から
聞こえない風力タービンの騒音を使用するパイロット研究では、
敏感な人々が頭と足の感覚として
聞こえない風力タービンの騒音に反応することがわかりました。
風力タービンの拍子記号の脈動の性質と、
被験者による知覚に対する
そのような信号の変動の性質について説明します
。 ―引用終わり



・2021年7月12日に次の論文をエントリしました。

2021/07/12
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2013年8月28-30日
ぜひ!→
米国
◇A proposed theory to explain some adverse physiological effects of the infrasonic emissions
at some wind farm site
いくつかのウィンドファームサイトでの超低周波音放出のいくつかの有害な生理学的影響を
説明するために提案された理論

(5th International Conference on Wind Turbine Noise|2013年8月28-30日)
■WindWatch
https://docs.wind-watch.org/Schomer-et-al-physiologic-effects-infrasound-wind.pdf
著者:Paul D. Schomer 他
5th International Conference on Wind Turbine Noise, Denver August 2013
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7406.html
―引用
要旨:
少なくとも40年間、科学文献には、
低周波音と超低周波音によって
病気になっている人々の報告があります。
過去数年間で、風力タービンに関する
そのような報告の数が増えており、これは明らかに、
風力タービンがより普及していることに対応しています。
ウィスコンシン州シャーリーでの調査により、
次のような興味深い発見がありました。

(1)主要な効果については、
   ソースは非常に低い周波数、約0.8 Hz以下で、
最大の効果は約0.2Hzである必要があるようです。
(2)最大で最新の風力タービンは、
周波数がこの範囲に下がっています。
(3)乗り物酔いと風力タービンのアコースティックエミッションの
「病気」の症状は非常に似ています。
(4)内耳の同じ器官である耳石が、
両方の状態の中心にある可能性があるようです。

同じ臓器が同じ症状を引き起こす可能性があることを考えると、
1つの説明は、風力タービンのアコースティックエミッションが
実際にこの苦痛を起こしやすい人に
乗り物酔いを引き起こす可能性があるということです。
最後に、乗り物酔いに対する感度と
風力タービンのアコースティックエミッションに対する感度が
無関係である確率は、
1,000,000分の2未満であることが示されています。
―引用終わり



・2021年7月9日に次の論文をエントリしました。

2021/07/09
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2017年6月10日
オーストラリア
◇Reproduction of wind turbine infrasound and low frequency noise in a laboratory
実験室での風力タービンの超低周波音と低周波ノイズの再現

(The Journal of the Acoustical Society of America 141|2017年6月10日)
doi.org/10.1121/1.4988405
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/10.1121/1.4988405
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical Society of America Volume 141, Issue 5 3805 (2017);
https://doi.org/10.1121/1.4988405
■おとしん機械翻訳
https://otosinupkeep.blog.fc2.com/blog-entry-7404.html
―引用
要旨:
対象の医療検査のために風力タービンから
超低周波音/低周波ノイズを生成するための
大型バッフルスピーカーシステムの使用には、
元の記録された信号の再現に問題があることがわかりました。
元の過渡時間信号の再現は達成されませんでした。
超低周波音の主観的テストに
合成信号を使用することが検討されており、
実際の実世界のサウンドファイルと比較した場合は推奨されません。
テストの結果と、臨床検査ではなくフィールドで
医学研究を使用するための推奨事項について説明します
。―引用終わり



・2021年7月9日に次の論文をエントリしました。

2021/07/09
<超低周波不可聴音と健康 2021/01/01~>
2016年4月21日
オーストラリア
◇Threshold of hearing versus threshold of sensation for low frequency and infrasound
聴力の閾値v低周波および超低周波音の感覚の閾値

(The Journal of the Acoustical Society of America|2016年4月21日)
■ASA
https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/1.4950352
著者:Steven E. Cooper
The Journal of the Acoustical